FC2ブログ

リンダ・マッカートニー『ワイド・プレイリー』再発売決定 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » リンダ・マッカートニー『ワイド・プレイリー』再発売決定

リンダ・マッカートニー『ワイド・プレイリー』再発売決定

リンダの遺作ともいえる最初で最後のソロアルバム『ワイド・プレイリー』が8月2日に再リリースされる。

リリース情報の詳細についてはユニヴァーサル・ミュージックの以下のページを参照ください。

https://www.universal-music.co.jp/paul-mccartney/news/2019-06-07-release/

僕は個人的にはこのアルバムに特別な思い入れはないのだが、このアルバムは他の作品にはない一つの大きな特徴がある。

それは、このアルバム1枚でウイングス歴代のメンバーたちの演奏がまとめて聴けることである。

実際に参加メンバーを以下にピックアップしてみよう(ポールはほとんど参加しているので除く)。
1.Wide Prairie
ジミー・マッカロック(ギター)、デニー・レイン(ギター)
2. New Orleans
デニー・レイン(ギター)、ジョー・イングリッシュ(ドラムス)
3. The White Coated Man
ロビー・マッキントッシュ(ギター)
4. Love’s Full Glory
ローレンス・ジューバー(ギター)
5. I Got Up
ジミー・マッカロック(ギター)、デニー・レイン(コーラス)
6. The Light Comes from Within
ジェームス・マッカートニー(ギター)
7. Mister Sandman
8. Seaside Woman
デニー・レイン(ピアノ、ギター、コーラス)、ヘンリー・マッカロック(ギター)、デニー・シーウェル(ドラムス)
9. Oriental Nightfish
デニー・レイン(フルート)
10. Endless Days
11. Poison Ivy
12. Cow
13. B-side to Seaside
14. Sugartime
15. Cook of the House
デニー・レイン(ギター)、ジョー・イングリッシュ(ドラムス)
16. Appaloosa (L. McCartney, P. McCartney)

ここまで懐かしい顔ぶれが並ぶと、やはりオールドファンとしては一度は聴いてみたい気持ちになるのではないだろうか。

残念なのは、今のところCDでの発売がアナウンスされていないことで、発売されるフォーマットはアナログLPとデジタルダウンロード&ストリーミングのみだという。またアナログLPも日本盤はなく、海外盤のみだとのこと。

たまにはリンダも思い出さなくちゃね。

Wide Prairie [12 inch Analog]


6500万曲以上が聴き放題 Amazon Music Unlimited

関連記事