FC2ブログ

涙なしでは聴けない名曲 中島みゆき『エレーン』 その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 僕の好きな曲 » 涙なしでは聴けない名曲 中島みゆき『エレーン』 その2

涙なしでは聴けない名曲 中島みゆき『エレーン』 その2

【本記事はポールマッカートニーとは関連のない記事となります】

インターネットを通してあらゆる情報がいとも簡単に手に入る現在とは違い、当時は携帯電話もパソコンも未だ存在していない時代であった。

ゆえに発売当時『エレーン』という曲がいったいどういった経緯で書かれたかを知る者は僕を含め誰一人としていなかった。

たとえそれが実話ではないかと想像し、疑う人がいたとしても、それが中島みゆき本人の口から語られでもしないかぎり、その真偽を確かめるすべがなかったのである。

『エレーン』を聴くたびに、わけもなくとめどなく流れ出す涙・・・

中島みゆき自身の創作にしてはあまりにもリアルな詩だなと思いつつも、僕はいつしか彼女の音楽から離れ、30数年という時が流れた・・・

あまりにも長い時間・・・


そして今、僕は再び中島みゆきの世界に帰ってきた。

主な理由は、昔に聴いた名盤の数々を本当に久しぶりにリマスター盤で聴き直してみたいと思ったからだった。

僕が聴きたかったのは特に初期のアルバムであり、その中に『生きていてもいいですか』も含まれていた。

そして、僕はあまりにも衝撃的な真実を知ることになるのである。(続く)

生きていてもいいですか【リマスター(HQCD)】


関連記事