FC2ブログ

【AMU】『ペット・サウンズ 40th アニヴァサリー・エディション』 by ビーチ・ボーイズ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » Amazon Music Unlimited 【AMU】 » 【AMU】『ペット・サウンズ 40th アニヴァサリー・エディション』 by ビーチ・ボーイズ

【AMU】『ペット・サウンズ 40th アニヴァサリー・エディション』 by ビーチ・ボーイズ

以下のアルバムは『Amazon Music Unlimited』で聴けます。

読者の皆さまのご指南により、ついについにたどり着いた『ペット・サウンズ』の終着点。それはAMUにひっそりと用意されていた。

Pet Sounds 40th Anniversary Edition


つまり『ペット・サウンズ』40周年を記念して新たに発売されていたこの地味なジャケットのステレオミックス版が僕にとっての答えだったというわけだ。冗談抜きに僕はこのステレオ・ミックスにとんでもない衝撃を受けたのだった。

信じられないことだが、このステレオ・ヴァージョンを聴いて、僕の『ペット・サウンズ』に対する印象は180度変わってしまった・・・。
何度か聴き直しては挫折・・・を繰り返し、もう2度と聴くことはないであろうと思われたこの名盤を、今僕は飽きることなくリピート再生を繰り返している。うん、たしかにいいよ『ペット・サウンズ』。それもこれも読者の皆さまのおかげである。

とはいっても、元は同じ音楽なんだけどね(笑)。

しかし、理屈ではわかっていても、とにかく僕の耳が音が一つに固まったモノラルヴァージョンというものを全く受け入れないのだから仕方がない。モノ→ステレオに変わるだけで全く別モノの音楽に聴こえてしまうから自分でも本当に不思議だ。

ともかく、これで第一の難関はクリアである。今後もステレオ・ミックスを中心として僕のビーチ・ボーイズ探索は続くであろう。

そんなこんなで聴くものがあり過ぎて困るけれど、それも今は楽しい悩みだ(笑)。

Pet Sounds 40th Anniversary Edition

Amazon のウェディング準備ストア開店中

コメント
非公開コメント

また、お邪魔します。新たな探索、きっと楽しくなると思います!。
ステレオだと更に綿密なアレンジが楽しめます。

よく言われるのが、65年当時、ブライアン・ウィルソンはジョン、ポールだけでなく、ジョージ・マーティンの役割も一人で担っていたこと。ポールのブライアンへのリスペクトはそれは凄いものです。
ポール・ウイングス時代の76年、ブライアン面会拒否(ポールへ合わせる顔・自信無し)を経て、02年のポールとのライブ共演、04年の共演音源発表(FRIEND LIKE YOU 、今聴くとポールの声がかなりが若い。)と徐々に関係も氷解した経緯も興味深いです。

そう、この記事は、ポール・マッカートニーとの関連記事に他ありません!。


2019-02-26 00:36 │ from PIROURL

No title

PIROさん

個人的にはポールとブライアンとの関係性にはほとんど注目してこなかったですが、ポールに面会拒否とはなかなかやってくれますね。ブライアンの『スマイル』は一聴してすばらしく、これからビーチ・ボーイズと共に掘り下げてゆきたいと思ってます。ありがとうございました。

2019-02-26 16:53 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

もう知っている内容だったらごめんなさい。

なぜブライアンがポールと面会拒否したのかについては『スマイル』の制作背景を説明しなければいけません。

『スマイル』は『ペット・サウンズ』の次に発売が予定されていたビーチ・ボーイズのアルバムで、実際にレコーディングも進めていました。

『ペット・サウンズ』を高く評価していたポールは『スマイル』の発表を誰よりも待ち望み、レコーディングにも参加していました。
しかしブライアンは『ペット・サウンズ』の商業的失敗やドラッグ中毒、周囲からのプレッシャー、そして『サージェント・ペパーズ』に打ちのめされアルバム発表を断念(発売中止の理由は諸説あります)、精神崩壊まで起こし以後20年近く引きこもり状態になってしまいます。つまりこの頃ブライアンは他人と会える状態ではなかったのです。でももしかしたら「期待を裏切ってしまった僕にポールと会う資格はない」と思っていたかもしれませんね。

1980年代後半、ブライアンは奇跡的に復活を果たし、そして2004年には37年越しに前述した『スマイル』を完成させました。そのお披露目コンサートでブライアンをスタンディングオベーションで讃える客席にはポールの姿もありました。

『スマイル』はポップス史上最も難産のアルバムで、この話だけで本がいくつも出ています。興味が湧いたらそちらも調べてみてください。

2019-02-26 18:31 │ from 鈴衛門URL

No title

鈴衛門さん

解説ありがとうございます。『スマイル』の出来の良さを聴けば、まさしく奇跡のカムバックと言えますね。ポール同様まだまだ現役でがんばってほしいと思います。

2019-02-26 20:35 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

No title

僕もモノラル盤しか持っていなくて、ステレオは未聴なんです。
聴いてみたくなりました。買ってみようかな。
『神のみぞ知る』とか特に感動しそう。

2019-02-28 11:48 │ from りょうたまるURL Edit

No title

りょうたまるさん

さすがにサージェントのリミックスほどではありませんが、モノとの違いは僕には圧倒的でしたよ。ぜひ。

2019-02-28 20:01 │ from Macca Go Go Go!管理人URL