FC2ブログ

【AMU】ビーチ・ボーイズ入門編 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » Amazon Music Unlimited 【AMU】 » 【AMU】ビーチ・ボーイズ入門編

【AMU】ビーチ・ボーイズ入門編

【本記事はポールマッカートニーとは関連のない記事となります】

以下のアルバムは『Amazon Music Unlimited』で聴けます。

『トラベラーズ・エディション』の〇〇商法に気を悪くしている場合ではない。腹を立てているヒマがあったらいい曲をたくさん聴いたほうがよい。そのほうがはるかに健康的でお得である。さあ、今日もレッツゴー!

というわけで今日紹介するのは1960年代、ビートルズ、ストーンズと並んで一世を風靡したアメリカのスーパーグループ、ビーチ・ボーイズである。

なんてエラそうなことを言っているが、僕自身がビーチ・ボーイズをまともに聴いたことがなく、大ヒット曲を数曲知っている程度の超初心者である。

だから今回はAmazon Music Unlimitedとウィキペディアをいろいろと探索して見つけた初心者用(つまり自分用)のアルバム2枚を紹介したい。

以下の2枚を聴くだけでビーチ・ボーイズというグループがいかに偉大なグループであるかが誰でも簡単に理解できると確信している。

まず1枚目は月並みだが30曲入りのベストアルバムである。

『サウンズ・オブ・サマー ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビーチ・ボーイズ』


僕がビーチ・ボーイズのアルバムを敬遠してきた理由の一つにはレコードの音が悪い、というのがあったのだが、このベスト盤は多くの曲がリマスタリングを施されており、とても聴きやすくなっている。主要なヒット曲はすべて網羅されており、入門盤として最適の1枚だと思う。このベストでツボに入った人はオリジナルを探索してゆけばよい。

2枚目は2012年に発売された『ゴッド・メイド・ザ・ラジオ〜神の創りしラジオ〜』という再結成アルバム。今のところ彼らの最も新しいオリジナルアルバムである。実は僕自身何から聴き始めて良いかが全くわからず、まずこのアルバムから入って大きな感銘を受け、ベスト盤に移行したという経緯があった。長い長いブランクがあったにもかかわらずこのアルバムは世界中のチャートを賑わしたそうだが、それも十分に納得できるすばらしいアルバムに仕上がっている。サーフィンサウンドがどうも・・・という人もこのアルバムなら良質なポップアルバムとしてきっと気に入ってもらえるにちがいない。ホントにクオリティ高いです。

『ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオ 』


それにしても最近の僕はまるで高校時代に時間がタイムスリップしたかのようである(笑)。毎日たくさんの音楽と出会い、実に楽しい毎日を過ごしている。それもこれもすべてAMUのおかげである。最近は精神さえも若返ってきたように感じている。やっぱり、やっぱりインプットは大事だ。

美容用品もAmazonで。限定セールも実施中!

コメント
非公開コメント

No title

お邪魔します。

確か管理人様には以前、「ペット・サウンズ」をおすすめした記憶があるのですが、どうも反応がよろしくなかったような気が…(笑)。

そう、このアルバムは「ラバー・ソウル」(アメリカキャピトル盤)に影響を受けたブライアン・ウィルソンがほかのメンバーそっちのけで作り出した希代の傑作。 そしてこのアルバムにショックを受けたポールが「サージェント・ペパー」を考え出した、という、ポップ界最高のしのぎの削り合いが行なわれた痕跡なのです。

これを聞かずしてビーチ・ボーイズは語れない!(笑)

2019-02-22 08:37 │ from 橋本リウURL

No title

リウさん

リウさんにお勧めいただいたからだったかどうかは忘れましたが、『ペット・サウンズ』は僕がビーチ・ボーイズで唯一持っているCDなのです。

しかし、これがまったく刺さらなかった。なんじゃこれ?サージェントと比べるなよ!てな感じです(笑)僕の中でこの評価は今も変わらないですね。音も悪いし、僕のビーチ・ボーイズ食わず嫌いはこのアルバムが原因だったとも言えます。「最高傑作でこれなんだから・・・」というわけです。

今は記事にも書いたとおりコマーシャルなヒット曲は評価しているし、『ゴッド・メイド・ザ・レディオ』も最高だと思ってます。他のオリジナルアルバムもこれからぼちぼち聴くつもり。

2019-02-22 09:58 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

No title

こちらもふたたびお邪魔です。

管理人様はビートルズのモノラルリマスターも敬遠してましたし、「音がダンゴ状態」とか個々の楽器が聞こえないとダメなタイプなんだろうなー、というのは分かります。

まあ、「サージェント」は「ペット・サウンズ」を超えようとしたわけですから、「サージェント」と比べては酷です(笑)。 あくまで「ペット・サウンズ」の土俵に立っているのは「ラバー・ソウル」と「リボルバー」なわけです。 次のアルバム「スマイリー・スマイル」では精神崩壊しだしたブライアンの独り相撲が目立ってしまったわけですが、その代わり、「グッド・バイブレーション」という名曲が1曲、誕生したわけですから。

音の良さから言えば、80年代に映画「カクテル」の主題歌で大大復帰した「ココモ」、続いてのヒット「ゲッチャ・バック」なんかが管理人様の耳によく馴染むのではないでしょうか。

BBで1曲、と言われれば、私はなんと言っても「アイ・ゲット・アラウンド」ですね!

2019-02-23 08:29 │ from 橋本リウURL

No title

リウさん

そうなんすよ、私モノはまったくダメですね。耳が受け付けない。それでだいぶ損してると思います。

『ゴッド・メイド・ザ・レディオ』がすんなり受け入れられたのも同じ理由からでしょう。

『ペット・サウンズ』はサージェントとの比較以前にいい曲が少ないと感じますね。一緒に盛り上がれなくて残念です(笑)。

2019-02-23 20:11 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

金睡から改名しました。

管理人様や橋本リウ様が言及されている「モノで音質が悪い」問題ですが、現行盤は2012年にモノ/ステレオ2in1で再発された際に新たに作成されたステレオ・リミックスバージョンが収録されているため、音質が大幅に改善されています。なのでそちらかを買い直して聴いてみることをオススメいたします。

余談ですが、僕としては「ペット・サウンズ」よりも「オール・サマー・ロング」の方を入門編としてオススメします。いきなり「ペット・サウンズ」は難易度が高いかと(笑)。

2019-02-24 06:59 │ from 鈴衛門URL

はじめまして、以前より拝見させていただいています、40代のポールファンです。
BBの話題、私もダンゴ状態の音に抵抗がありBBを避けてきた過去がありまして、ちょっと書かせていただきます。

ポールが大好きなペットサウンズは私もはじめはよくわかりませんでしたが、ある日の夕暮れ時などに突然クるんです。そうしたらドント・トーク、ゴッド・オンリー・ノウズ、キャロライン・ノーなどが突然名曲に聴こえ始めるはずです。ヒア・トゥデイのベースラインにも耳を傾けて下さい。ステレオ盤は聴きやすいので是非!。

管理人様はBBの再結成作がお好きのようですので、是非ブライアン・ウィルソンの比較的近年のソロ作、「IMAGINATION」、「I JUST WAS'T MADE FOR THESE TIMES」も是非聴いてみてください。AMUでも聴けます。
後者はBBのセルフカバー集であり、シンプルなアレンジで曲の良さが際立ちます。
ここでハマれば後はBBファン真っしぐらです(笑)。

私のフェイバリットはアルバム「TODAY」、曲は「SURF'S UP」です。60年代の陰の部分を感じます。

2019-02-24 13:18 │ from PIROURL

No title

鈴衛門さん

AMUでステレオリミックスヴァージョンがあればいいんですがね。

「オール・サマー・ロング」今聴いてますが、いい感じです。

2019-02-24 20:25 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

No title

PIROさん

はじめまして。いろいろ参考になりました。ありがとうございます。

ブライアン・ウイルソンも聴いてみたいと思います。

2019-02-24 20:28 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

確かあったと思いますよ。もし不安でしたら「ペット・サウンズ・セッションズ」と「ペット・サウンズ 50周年アニバーサリー・エディション」には確実にステレオ・ミックスが収録されているのでその二つを検索するのが良いと思います。

ただくどく言うようですが、ビーチ・ボーイズはアルバムの順番が本当に重要で、これを誤ってしまうと一生ビーチ・ボーイズに興味を抱かなくなってしまうリスクがあります。橋本リウ様が「ペット・サウンズ」を真っ先に薦める気持ちも分かりますが、一度聴いて分かったように非常に難解なアルバムでして、最初にアルバムを聴いたメンバーのマイク・ラブが「こんなもの誰に聴かせるんだ!!犬か?!」と言い放った逸話があるくらいです。

管理人様にオススメですが、「ビーチ・ボーイズ・ガイド」という僕が愛読しているウェブサイトがあります。僕もこのサイトを参考にビーチ・ボーイズを聴いてみたところ見事にハマりました。「ビーチ・ボーイズ どれから聴くかガイド」と「ビーチ・ボーイズのオリジナル・アルバムのCD化(デジタル化)の歴史」にはビーチ・ボーイズをどう聴けばいいか、そしてなぜ音質が悪かったのかの答えが書いてあるはずです。以下にリンクを貼っておきます。

http://agttbb.web.fc2.com/osusume.html

http://agttbb.web.fc2.com/bbcd.html

長文失礼しました。

2019-02-25 04:11 │ from 鈴衛門URL

No title

鈴衛門さん

ご丁寧にありがとうございます。ガイドを参考に無理せず聴き進めてゆきたいと思います。

どうやらAMUにもリミックスのステレオバージョンがたくさんありそうです。これは楽しみ。

2019-02-25 12:56 │ from Macca Go Go Go!管理人URL