FC2ブログ

これが最後だ。ビートルズ最後の超ビッグプロジェクトついに始動!:映画『レット・イット・ビー』リメイク&復刻(その3) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ビートルズ » これが最後だ。ビートルズ最後の超ビッグプロジェクトついに始動!:映画『レット・イット・ビー』リメイク&復刻(その3)

これが最後だ。ビートルズ最後の超ビッグプロジェクトついに始動!:映画『レット・イット・ビー』リメイク&復刻(その3)

さて、それではそろそろ本題に入っていこう。

僕がなぜにここまで映画『レット・イット・ビー』のリメイクにワクワクしているのか?

その理由を知ってもらうには監督のピーター・ジャクソンのコメントを引用する必要がある。

以下、ネットニュースに掲載されたピーター・ジャクソン監督のコメントである。

「55時間分の未公開映像と、140時間分の音源を使わせてもらうことができるので、この映画をビートルズのファンが長らく夢見ていた「現場に立ち会う」という究極の映像体験にしようと思っています。つまりタイム・マシーンに乗って1969年に戻り、スタジオで4人が素晴らしい音楽を作っている現場に居合わせるような体験です。」

『Let It Be』のアルバムと映画は、解散後にリリースされたこともあり、当時バンドがうまくいかずに苦しんでいたというニュアンスで、しばしば語られてきた。

しかし、ピーター・ジャクソンは「しかしながら、実際はその神話とはずいぶん違うものだったと知って、安心しました」と語る。

「マイケル・リンゼイホッグが、解散の18ヶ月前に撮影した映像、そして音源をすべて確認したところ、これらが素晴らしい宝の山だということに気づいたのです。もちろん感情的な行き違いの瞬間も捉えられていますが、これは、このプロジェクトが長年言われてきたような仲違いの記録ではありません。ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人が、今では名曲となっている楽曲をいちから共に作りあげていく様子は、素晴らしいだけでなく、面白く、気分が高揚する体験で、また彼らの仲の良さには本当に驚かされます」

「このような素晴らしい映像を託してもらえたことを非常に光栄に思っています。この映画製作は、私にとっては心から楽しい作業になるでしょう」

以上、引用元(タワーレコードオンラインニュースより)


つまりですね・・・。僕たちがずっとずっとこの50年間観てきた映画『レット・イット・ビー』に映っていたビートルズ4人の姿というのは、かなりの部分がいわゆる「印象操作」によって意図的に作り上げられた映像ではなかったかという疑惑が生ずるのである。

ビートルズってこんなにも仲が悪かった。ポールもこんなにイヤな奴だった。だからビートルズは解散したんだ。

そんな印象をいやでも観た人に植え付けるような映像ばかりを寄せ集めて一本の映画としてまとめた作品。それが映画『レット・イット・ビー』ではなかったのかということである。

もちろん現時点では上記は単に僕の勝手な想像にすぎないわけだが、この「印象操作」はファンはもとより、ビートルズ本人たちでさえも巻き込まれて行なわれたのではないかというのが僕の個人的な推測である。

ちょっと待て。ビートルズってホントにメチャクチャ仲が悪くて解散したんだっけ?じゃ何?あの『アビイ・ロード』の完成度は?じゃ何?当時の彼らの写真、一緒に笑ってる写真けっこう多くない?

それは、まさに当事者であるポール・マッカートニーまでもが、解散当時の4人の関係性が自分が考えていたほど悪いものではなかったのだと知ってホッとした、などというコメントを最近になって発しているほどなのである。


だからこのリメイク版『レット・イット・ビー』(タイトル未定)の知らせを聞いて、僕はものすごくワクワクしたし、ピーター・ジャクソンの言葉の端々に、一筋の希望の光を見いだしたというわけなのだ。

この映画はひょっとしたら世界中のビートルズファンの心を深く癒すようなものすごい作品になるのかもしれない。

そして僕がもっと期待していること。

それは我らが愛するポール・マッカートニーの「威信回復」である。

ビートルズ解散に関して、ポールはあまりも不当に悪者にされ、バッシングされ、傷つけられたのではなかったか。だってかわいそうじゃん、ポール(涙)。ポールがそんな悪い人間ではないことはその後の彼の言動すべてが証明しているし、僕たちファン全員がその目撃者である。あのときのポールバッシングは絶対に間違っていた。少なくとも行き過ぎていた。

長年僕の心の中でくすぶってきたこの深い思いを、この新しい映画が癒してくれることを、そして何よりもポール自身の心の重荷を解き放ってくれることを・・・僕は心から期待するのである。

その真相は2年後に明らかになる。



関連記事