FC2ブログ

ポールの曲:『ザ・メス(The Mess)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『ザ・メス(The Mess)』

ポールの曲:『ザ・メス(The Mess)』

昨年末に発売された『レッド・ローズ・スピードウェイ』リマスター版のボーナストラックとしてめでたく収録された隠れた名曲『ザ・メス』。

もともとは1973年、大ヒットシングル『マイ・ラヴ』のB面として発売されたが、当時のアナログシングル盤を買いそびれた人はなかなかこの曲を聴く機会がなかったにちがいない。

幸い僕はこのシングル盤を持っていたので、学生時代それこそ針が擦り切れるほど(死語)聴いたものだ。

なにしろこの曲、『ウイングス・オーヴァー・アメリカ(旧ウイングスUSAライヴ)』が発売されるまではほとんど唯一とも言えるポール・マッカートニーのライヴ音源であり、しかもその出来がすこぶるよかったために、未だポールのライヴを見ることなど夢のまた夢であった僕たち日本人ファンの想像をかき立てるには十分すぎる、また貴重すぎる作品であったのだ。

おそらくこの曲、スタジオバージョンというのもしっかり存在しているものと思われるが、とにかくこのライヴバージョンの出来が良すぎたために、スタジオバージョンはお蔵入りになってしまったのだろうと勝手に想像している。

歌、演奏、ノリ、ライヴの臨場感・・・どれをとっても最高の出来に仕上がっていると思う。特にポールのヴォーカルとデニー・シーウェルのドラムがすばらしい。

同じボーナストラックとして収録されている『ベスト・フレンド』などと比べても演奏がタイトで緊張感がある。ウイングス初期のもっさりした感じがないのがいい。久しぶりに聴いたがやはりこのライヴテイクは秀逸だ。

それにしてもポールの声の艶っぽいこと。この頃のポールのライヴを観ることができた人は本当に幸運だと思う。

余談になるが、オリジナルのシングル盤には曲の前にポールの短いMCが挿入されていた。「休憩の前にもう1曲やろう。」という内容だったが、今では3時間近いコンサートであっても休憩一つ取らないポールも、当時は休憩を挟んでいたのかと思うと興味深い。

レッド・ローズ・スピードウェイ(ストリーミング、CD、アナログ)



関連記事