FC2ブログ

【AMU】ビージーズとサイモン&ガーファンクルのベスト盤 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » Amazon Music Unlimited 【AMU】 » 【AMU】ビージーズとサイモン&ガーファンクルのベスト盤

【AMU】ビージーズとサイモン&ガーファンクルのベスト盤

【本記事はポールマッカートニーとは関連のない記事となります】

以下のアルバムは『Amazon Music Unlimited』で聴けます。

今日は1970年代の大物アーティスト2組、ビージーズとサイモン&ガーファンクルのベスト盤を紹介したい。

どちらも選曲と音が抜群によいので、彼らのアルバムを持っている人も試しに聴いてみるといいと思う。意外と新しい発見があるかも?


ビージーズについては個人的には『サタデーナイトフィーバー』以降の名曲が網羅されているディスク2が特にお気に入り。当時はポールの『ロンドン・タウン』の全米1位獲得を阻んだアルバムということで随分と彼らの活躍を恨んだりしたものだが(笑)、今ではそれも良い思い出である。今思い返しても当時の彼らの勢いは尋常ではなかった。まちがいなくあの時の彼らには「何かが降りていた」。

そしてサイモンとガーファンクル。『明日に架ける橋』や『ミセス・ロビンソン』などを聴けば、彼らにも時々「何かが降りていた」ことは明らかである。そういう作品は時間を超えて存在し続けることを今回改めてしっかりと確認した次第。いいものはどこまでもいいのである。

1/27追記:ビージーズ最後のヒットといえる『Alone』はこのアルバムを聴くまで知らなかった。が、最高にいい曲なので何度もリピートすることになった。ビージーズ万歳と叫びたくなるような名曲である。

ザ・ビージーズ Their Greatest Hits: The Record

Best of Simon & Garfunkel



関連記事