FC2ブログ

ポールの曲:『ママズ・リトル・ガール/Mama's Little Girl』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『ママズ・リトル・ガール/Mama's Little Girl』

ポールの曲:『ママズ・リトル・ガール/Mama's Little Girl』

いよいよ発売になった『ワイルド・ライフ』と『レッド・ローズ・スピードウェイ』のリマスター版。どちらも出来は良いが、やはり元々作品と録音のポテンシャルが高い『レッド・ローズ・スピードウェイ』ほうがよりリマスターの恩恵を受けていると思う。特に『レッド・ローズ・スピードウェイ』はヘッドフォンで聴くと左右のチャンネルの音がスッキリ、クリアになり完全に生まれ変わった印象を受ける。これまで個人的にあまり評価してこなかったアルバムだが、久しぶりに聴き込んでみようかと思わせるすばらしいリマスター版になった思う。

というわけで、これから年末年始にかけてじっくり聴き込んでみたいと思っているのだが、今日のところは特別気になった1曲をピックアップしてお届けしたい。

『ママズ・リトル・ガール』である。

この曲は今回『レッド・ローズ・スピードウェイ』のボーナストラックの1曲として収録されているが、公式発売は初めてではなく、1990年のソロ初来日公演前に『フラワーズ・イン・ザ・ダート・スペシャル・パッケージ』(現在は廃盤)で初お目見えした。オールド・ファンにはおなじみの作品でもある。

しかしながら、この曲が前から好きだった僕は『フラワーズ・イン・ザ・ダート』のリマスター版のボーナストラックにこの曲が収録されなかったことで、実はずっと気をもんでいた。というのも、この曲はてっきり『フラワーズ・イン・ザ・ダート』のアウトテイクの1曲だと思い込んでいたからである。

だが、今回『レッド・ローズ・スピードウェイ』のボーナストラックに収録されたことで意外にもウイングス初期の作品だったのだと納得し、安心した次第。なんといってもこの曲はビートルズ以降のアコースティックの名品として忘れてはならない一曲だと思うからだ。しかも同時期の作品にしては完成度が高い。

さて曲についてだが、これはリマスターというよりは、完全に別ミックスだと思う。ヴォーカルについては従来のバージョンとほぼ同じと思われるのだが、より繊細で、息づかいが聞こえるような空気感とミキシングでこの曲の良さを最大限に引き出しているように思われる。

『マザー・ネイチャーズ・サン』
『ママズ・リトル・ガール』
そして『ハッピー・ウィズ・ユー』

これら3曲は同系統の名曲としてこれから先も長く愛聴することになるだろう。

「本を耳で聴く」Amazonの新サービス。30日間無料体験。

ウイングス・ワイルド・ライフ(デラックス・エディション)(完全生産限定盤)(DVD付)

ウイングス・ワイルド・ライフ(2CDスペシャル・エディション)

レッド・ローズ・スピードウェイ(デラックス・エディション)(完全生産限定盤)(DVD+Blu-ray Disc付)

レッド・ローズ・スピードウェイ(2CDスペシャル・エディション)




コメント
非公開コメント

No title

お邪魔します。

この曲、私の場合、「ポール・マッカートニー・コレクション」の「ワイルド・ライフ」のボートラで聞いたのが最初でしたから、今回「レッド・ローズ」ボートラに入っていたのは意外でした。 やっぱり「ワイルド・ライフ」のボートラも今回の「レッド・ローズ」ボートラとは違う。 たぶん「フラワーズ・イン・ザ・ダートSP」のボートラと同じバージョンでしょう。 今回の「レッド・ローズ」ボートラバージョンでは、ギターの音とかパーカッションが余計についてる気がします。 それと、たぶんポールが弾いているアコギの音が結構ナマの音。 今まで聴いていたこの曲のアコギには、何かしらエフェクトが加えられていたように感じます。

それにしても、前回シークレットコメントで(笑)「レッド・ローズ」は2枚組で出さなくて正解だったとかコケにしてましたけど(笑)、ちょっと訂正いたします。
今回英国盤CD2枚組を買って、それをアナログ2枚組の曲順でプレイリストを作成して聴いてるんですけど、これにハマりまくってるんですよ。
アナログでいうとA面1曲目の「ナイト・アウト」。 CDの並び方だとどうってことない単純な曲だけれど、A面1曲目にこれが来るとプレスタートみたいでかなり気分がアガリます。 そして2曲目が「ゲット・オン・ザ・ライト・シング」。 この曲順、いいなぁ。 一度この曲順で並び替えて聴いてみて下さい。 かなりいいっスよ。 欲を言えば2枚組のくせに曲が少なすぎ(シングルB面曲も多いし)。 1面に5曲計算ですからね(C面はメドレーがあるけど実質3曲)。 これはジョージの「オール・シングス・マスト・パス」の曲数の少なさを真似たのかもしれない(笑)。

ともかくポール、かなり考えてLP2枚、4面の曲順を考えてるな、というのが分かります。

それにしても今年もダラダラと長いコメントばかり、誠に失礼いたしました。 来年もよろしくお付き合いいただけたら幸せです。

よいお年を!

2018-12-30 20:38 │ from 橋本リウURL

No title

リウさん

今年も楽しいコメントをたくさんありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。

2018-12-31 10:37 │ from Macca Go Go Go 管理人URL