FC2ブログ

ポールのベースプレイ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの演奏、名演 » ポールのベースプレイ

ポールのベースプレイ

ポールは古今東西を通じ世界最高のベースプレイヤーの一人に数えられている。

僕はベースを弾いたことがないので、技術的な側面から語ることができないのが残念なのだが、素人の立場で聴いたとしても彼の弾くベースプレイは本当に素晴らしいと思う。

ポールの曲を聴いていると、曲そっちのけでベースラインに聴き入ってしまうことが多々ある。ベースに関して言えば、最もすごいと思うのはアルバム「リボルバー」以降のビートルズ後期の作品群だ。この時期はポールの作品だけにとどまらず、ジョンやジョージの曲でも数々の名演を残している。ジョージに至っては、「ポールはベースを弾きすぎている(「サムシング」について)」と多少皮肉を込めたコメントを残しているほどだ。たしかにそう思えなくもないが、逆に言えばそれくらい有名なベースプレイということの証でもある。

ビートルズ時代のベースプレイにについては、おそらく語り尽くされた感があるので、今日はソロ期だけに絞って語ってみたい。

全体的に見ると、ソロ期のベースプレイはビートルズ時代に比べるといくぶん抑えぎみであるように思われる。ソロになってベースを思う存分弾きまくるのかと思いきや、ベースが前面に押し出されている曲は意外なほど少ない。この事実はポールがベースという楽器をどのように考えているかを理解する助けになる。世界屈指のベーシストという称号を欲しいままにしながらも、彼はベースという楽器を決して主役とは捉えていないということだ。それはつまり、世間の名声に惑わされることなく、客観的に音楽を見る目を備えているということも意味している。

ベースプレイという観点から、僕が好きなソロ期の3曲を挙げてみよう。

ソロとして最高の名演の一つに「心のラブソング」がある。シングルカットもされたこの曲はソロとして最大のヒットを記録した超有名曲だが、ベースプレイだけを取ってみても、ビートルズ後期に負けず劣らずの名演奏を披露している。ベースラインを思わず追っかけてしまう典型的なパターンの曲といえるだろう。メロディーラインとベースラインが互いに独立しているかのような見事な曲作り…。まさに天才ポールの面目躍如だ。

ソロ期のベースプレイといえば、絶対に忘れてはならないのが「ママ・ミス・アメリカ」だろう。ポールにしては珍しい完全なインストゥルメンタル作品だが、前半が完全なベースソロ、後半がギターソロという構成になっている。イントロが印象的なドラムスはもちろんポール自身が叩き、シンセサイザーが効果的に使用され、曲のアクセントをつけるのに重要な役割を果たしている。
その昔関西のFM局で「ビート・オン・プラザ」というポップス番組があった(DJは田中正美さん)。かなりの人気番組だったのだが、この「ママ・ミス・アメリカ」がオープニングで使われていた。まだビートルズも知らなかった頃から、この曲が持つ不思議な魅力にとりつかれていたのを思い出してしまう。「ママ・ミス・アメリカ」は少々荒削りながらも、ポールのセンスのよいベースとギター両方の演奏が楽しめる作品だと思う。

3曲目に紹介したいのは「グッドナイト・トゥナイト」だ。ウイングス最後のヒット曲と言ってもいいこの曲で、ポールは久々にベースを思う存分に歌わせている。ベースプレイだけでなく、曲自体も最高にカッコイイと思うし、ポールにしか作れない独創的な作品だと思う。

ポールのもう一つのすごさは、かなり難しいベースプレイを「歌いながら」こなしてしまうところにある。純粋にテクニックの面から見れば、ポールを超えるプレイヤーはたくさん出現したかもしれない。だが歌いながらベースを弾くという点に限って言えば、現代でも彼の右に出る者はそれほど多くないはずだ。

そのスタイルはビートルズのファーストアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」の「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」で既に完成の領域に達しているから驚きだ。ほとんど一発録りに近い状況の中で、ポールはあのメロディアスなベースラインをリードボーカルをとりながらいとも簡単に弾きこなしている。まだ20才そこそこの若さで独自のプレイスタイルを確立していたのだから、やっぱり天才は違う。

また機会があればビートルズ時代のベースプレイについても語ってみたいと思う。




関連記事