FC2ブログ

『ホワイト・アルバム』リミックスの感想 その1 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ビートルズ » 『ホワイト・アルバム』リミックスの感想 その1

『ホワイト・アルバム』リミックスの感想 その1

『ホワイト・アルバム』50周年記念盤スーパーデラックス・エディション(Disc1~Disc6)も聴ける!!
Amazon Music Unlimited

待ちに待った『ザ・ビートルズ』、通称『ホワイト・アルバム』のリミックスがついにリリースされた。

以下は完全に個人の感想であることを了解した上でお読みください(笑)


まだ1回しか聴いていないし、しかも全編通しでさえなく飛ばし飛ばし聴いた感想、つまり第一印象にしかすぎないのだが、もうこの時点で僕は今回のリミックスは失敗に近いと感じている。

1曲1曲個別にはいろいろと変わった点が聴きとれるし、「音がクリアになった」「低音が響く」「今まで聴こえなかった音が聞こえる」などなど一見改善されたと思えるポイントも多々あるように思う。

一度もこのアルバムを聴いたことがない人がこのリミックスを聴けば、きっと素直にビートルズってすごいと思うだろう。

しかし、40年ほどもこのアルバムを聴き続けてきた僕にしてみればそんな簡単な話ではない。

ハッキリ言って現時点では今回のリミックスは『ホワイト・アルバム』を台無しにしてしまったと思えるほどの低評価にならざるをえないからだ。


かつて『サージェント・ペパーズ』のリミックスをべた褒めした僕のことだから、もちろんこんなあからさまな批判は本意ではない。今回のリミックスだってべた褒めしたかったことはやまやまなのである(いやこれホント)。

しかし、お祭り気分に流されて本心を偽るわけにはいかない。このリミックスはいただけない。僕の評価は30点だ。


1曲1曲を取り出して別々に聴くのであればまだいいだろうが、「1枚のアルバム」「1つの作品」としてトータルに聴くなら2009年のリマスターのほうが断然上である。(続く)

『ホワイト・アルバム』50周年記念盤スーパーデラックス・エディション(Disc1~Disc6)も聴ける!!
Amazon Music Unlimited

関連記事