FC2ブログ

ポールの曲 “Maybe I'm Amazed(メイビー・アイム・アメイズド)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Maybe I'm Amazed(メイビー・アイム・アメイズド)”

ポールの曲 “Maybe I'm Amazed(メイビー・アイム・アメイズド)”

ポール初のソロアルバム“McCartney”に収録された名曲中の名曲。
ビートルズ解散直後に発表されたためか、かなりビートルズ色の濃い仕上がりになっている。

ビートルズ時代、ポールはまるで神が降臨したかのような奇跡的な名曲をたくさん書いているが、この曲もそんな1曲であると思う。
このような曲を語るときに、多くの言葉は必要としない。
とにかく聴けばわかる。聴こうと思わなくても心を奪われてしまう。そんな曲だ。

ポールのボーカルは時にワイルドで力強く、時に甘く優しく、変幻自在である。まさに円熟の領域に足を踏み入れたと言っても過言ではない。
重厚なベースプレイはまさしくビートルズそのものであるし、ギターはリードから小技に至るまで完璧に弾きこなしている。
演奏は全体的に少々荒削りな印象もあるが、録音機器が現在に比べはるかに遅れていたという時代背景を考えると、すべての楽器を一人でこなしたというのは本当に気の遠くなるような作業であったに違いない。

「恋することのもどかしさ」がオリジナルの邦題であるが、実は僕はこのタイトルがかなり気に入っている。
曲の邦題には、たとえば「出ておいでよお嬢さん」というように、かなりウンザリするようなものもあるのだが、この曲については僕自身は容認している。
のちにシングルとして発売されたライブバージョンの「ハートのささやき」もなかなかいいタイトルだと思う。

またこの曲はポール自身が大のお気に入りの曲であり、おそらくソロ期の作品の中では“Jet”、“Band On The Run”、“Live & Let Die”などと並び、ライブで最も数多く演奏された曲に入るだろう。
正直“Live & Let Die”などは、もういいや、と思う時もあるのだが、“Maybe I'm Amazed”だけは何度聴いても感動してしまうところがすごいと思う。

よってライブバージョンも複数存在するが、個人的には「ハートのささやき」で発売された“Wings Over America”のバージョンが最高であると思う。
その後ポールの声に衰えが見られたことから、この時の出来を上回るものは永久に現れないだろうと思っていたが、“Back In The U.S.”では久しぶりに“Over America”バージョンに肉薄するすばらしい歌と演奏を披露してくれた。

参考:ポール・マッカートニー(デラックス・エディション)


関連記事