FC2ブログ

『エジプト・ステーション』雑談的レビュー その7 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » 『エジプト・ステーション』雑談的レビュー その7

『エジプト・ステーション』雑談的レビュー その7

チケットぴあ:ポール・マッカートニー日本公演2018 両国国技館 東京ドーム 名古屋ドームicon

9.People Want Peace/ピープル・ウォント・ピース

『ハッピー・ウィズ・ユー』を『マザー・ネイチャーズ・サン』PartⅡとするなら、『ピープル・ウォント・ピース』は『パイプス・オブ・ピース』PartⅡといったところだろうか。

平和と自由を歌った『フリーダム』では、肩に力が入り過ぎてメッセージが空回りしたという印象があったものだが、『ピープル・ウォント・ピース』のメッセージは自然で力みがない分、多くのファンに受け入れられるだろうと思う。ビートルズ後期の雰囲気漂う楽曲自体の出来も秀逸だ。

ポールは近年ライヴでファンが一緒に歌える、いわゆる「聴衆参加型」の曲を発表することが以前よりも多くなったと思うのだが、この曲もライヴで”People want peace~♪”の部分を一緒に大合唱できれば楽しいだろうな、と思わせるものがある。個人的には日本公演でも是非やってほしい曲の一つだ。

演奏はほぼすべての楽器をポールとグレッグ・カースティンだけでこなしている。イントロはポールらしい創意工夫に満ちているし、この曲でも僕はポールのドラムスのたしかな演奏に感心した。それでも大合唱部分ぐらいはバンドメンバーが参加しているのかと思いきや、全然知らない名前が数名並んでいるだけだった(笑)。

ただ、この曲のバッキング・ヴォーカルにイナラ・ジョージという名前がクレジットされていることに僕は注目した。

彼女はアメリカのシンガーソングライターで現在44才。アマゾンミュージックにアルバムがあったので聴いてみたらとてもすばらしいシンガーであることがわかった。ノラ・ジョーンズに近い雰囲気を感じたので興味のある人は聴いてみてください(今年最大の発見かも?)。『サプライズ』という曲がオススメです。


10.Hand In Hand/ハンド・イン・ハンド
ポールが甘くささやくように歌うスローバラードの名品。

ほんとうに大好きな曲で、個人的にはこの1曲だけでアルバムを買った価値はあったと思っている。

この曲を初めて聴いたとき、僕は『キス・オン・ザ・ボトム』のボーナス・トラックとして収録されていた『マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ』という曲を思い出していた(僕は『マイ・ヴァレンタイン』よりもこの曲が好きなのだ)。数こそ少ないが、ポールがこの手のスローバラードを甘く、せつなく、そして優しく歌い上げたなら彼の右に出る者はいない。要するにバラードをやらせてもポールは世界一なのである。

ビートルズに似たような曲がないことから、ある意味ポールはこの曲でビートルズを超えたともいえる。

ともかくポールのバラードの名曲に新たなる1ページが加えられたことだけはたしかである。僕はこの曲を死ぬまで愛聴し続けるだろう。

演奏はチェロとフルートを除いてすべてポール一人で行なっている。

エジプト・ステーション(初回生産限定盤)(特殊ソフトパック仕様)

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(スーパー・デラックス・エディション)(限定盤)(6SHM-CD+Blu-ray)

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(3CDデラックス・エディション)(限定盤)(3SHM-CD)

50年目に聴き直す『ホワイト・アルバム』深掘り鑑賞ガイド (シンコー・ミュージックMOOK)

関連記事