FC2ブログ

奇跡が現実に。ポールおめでとう!! - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » 奇跡が現実に。ポールおめでとう!!

奇跡が現実に。ポールおめでとう!!

ポールの最新アルバム『エジプト・ステーション』の全米No.1が確定した。

本当におめでとうポール!!

記事はのちほど書きます。


9/17追記:
すでにお伝えしたとおり、『エジプト・ステーション』の全米ビルボードチャートでの初登場1位が確定した。

この快挙を受けて、ビルボードの公式サイトでもかなりのスペースを割いてポールの全米1位カムバックに関する記事を掲載しているので、内容を要約して以下に紹介する(元記事は下記リンクを参照)。

ポール・マッカートニー、36年以上の時を経て『エジプト・ステーション』で再びビルボードアルバムチャートの首位に立つ。

・ニールセン・ミュージックによれば、ポールの『エジプト・ステーション』は今週末(9/13)までに当初の予測を上回る153,000ユニットを売り上げ、チャートのトップに立った。

・ビルボード200に『エジプト・ステーション』のチャート1位が掲載されるのは9/18(2018年9月22日付チャート)

・ポールがビルボードアルバムチャート1位を獲得したのは今回で8作目となる(ビートルズでは19作)。

・前回ソロで1位になったアルバムは1982年発売の『タッグ・オブ・ウォー』(3週)、ビートルズでは2000年発売の『1』(8週)が最後だった。

・『エジプト・ステーション』はポールにとって初の初登場1位作品となった。(ビートルズでは『アンソロジー』1~3、『1』の4枚が初登場1位。1991年以前はチャートの集計方法が異なったため、初登場1位作品はほとんどなかった。)

・ポールの1位返り咲きは『タッグ・オブ・ウォー』から数えて36年3ヶ月10日で、史上2番目に長い記録。史上1位はジョニー・キャッシュの36年10か月9日。

・『エジプト・ステーション』はソロで初の1位を獲得した『マッカートニー』から数えて48年3ヶ月16日。こちらも史上2番目に長い記録。1位はバーブラ・ストライザンドの51年9カ月20日。(しかし、ビートルズを入れると52年以上となり、こちらは史上1位となる)

・今週2位となったエミネムの『Kamikaze』の売り上げは136,000ユニットだった(最終的に差を広げてのフィニッシュだった。ホッ。)


さてさて、今後は全米1位となった反響が楽しみである。こうなったらもちろん2週連続1位を達成してもらいたいものだ。まだまだポールの快進撃は続く!!なぜなら、本当にいいアルバムだから。また奇しくも今日から始まるカナダでのツアーもお忘れなく~。


9/17追記2:
以下はビルボードチャートにおける『フレイミング・パイ』以降のオリジナルアルバムの最高位と発売初週の売り上げ枚数である。

『フレイミング・パイ』 2位 121,000枚
『ドライヴィング・レイン』 26位 66,000枚
『ケイオス・アンド・クリエーション』 6位 92,000枚
『メモリー・オールモスト・フル』 3位 161,000枚
『NEW』 3位 67,000ユニット
『エジプト・ステーション』 1位 153,000ユニット

まずパッと見てわかるのは、売上枚数とチャート順位は必ずしも連動していないということである。枚数だけでいえば『メモリー・オールモスト・フル』は『エジプト・ステーション』の初週売り上げ枚数を上回っているが、最高位は3位だった。これはチャートには相手がつきものなので、強力なアーティストが同時期にチャートインすると運悪く1位を逃してしまうことになりかねないということだ。
つまり記録だけを見れば『メモリー・オールモスト・フル』は1位に相当する作品だったという評価が可能だ。

また『NEW』は初週の売上枚数だけでいえば『ドライヴィング・レイン』とほぼ同じだが、チャート順位は3位である。これはレコードの総売り上げ自体が年々下がってきたことと、『NEW』の発売時にはダウンロードやストリーミングその他の集計方法が確立していなかったことにも関係していると思われる。

『エジプト・ステーション』の売り上げも「枚数」ではなく「ユニット」になっているのも、ダウンロード、ストリーミングの回数が加味されているからだ。しかしながら、今回の『エジプト・ステーション』に関しては、CDやLP等のいわゆる「フィジカルセールス」が圧倒的に強く、フィジカルセールスにかぎっていえばイギリスでも1位の枚数であったことが報告されている。
つまり、『エジプト・ステーション』はCDが売れない現在の状況の中ではかなり特別な売れ方をしているということができるのだ。

結論:『エジプト・ステーション』は運にも恵まれたが、作品の中身や売り上げもしっかり伴った「本当の本物のNo.1アルバム」である!!

チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2018 一般発売icon

エジプト・ステーション(初回生産限定盤)(特殊ソフトパック仕様)

関連記事