FC2ブログ

『エジプト・ステーション』クイックレビュー - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » 『エジプト・ステーション』クイックレビュー

『エジプト・ステーション』クイックレビュー

前作『NEW』は個人的には非常にとっつきにくいアルバムであった。初期のレビューで僕は以下のように書いている。

『NEW(ニュー)』というアルバムは非常に評価の難しい作品である。なぜならこのアルバムは聴く側に何度も何度も繰り返し聴き込むことを要求する、ある意味ではポールらしくない特殊な作品だからである。

そして実際『NEW』の本当の良さがわかるには数カ月の時間を要したと記憶している。

だが、今回の『エジプト・ステーション』に関しては、状況はまるで真逆であった。僕は一聴してすぐにこのアルバムが好きになり、繰り返し聴くたびにますます好きになっていった。そして発売からまだ丸3日も過ぎていないのに2000年代以降の最高傑作とか言い出す始末である(笑)。

『NEW』は好きになるのに時間がかかった分、その後も長期間に渡っていわゆるヘビーローテーションを維持できたアルバムであった。果たして『エジプト・ステーション』は早く恋に落ちた分、冷めるのも早いのか?(笑)それとも・・・


僕が今回のアルバムで特に感じること。それは、「ポールのビートルズ回帰の傾向がさらに強まったのではないか」ということである。

前作『NEW』では遠慮ぎみに、ある意味小出しにしていたビートルズ色が、今回はもう何のためらいもなく前面に押し出されてきているように僕には感じられるからだ。「オレがビートルズをやって何が悪い?」といったような潔さ、とでも言ったらいいだろうか。

自身がビートルズの一員であったにもかかわらず、ポールは真正面からビートルズミュージックを再生産することに極めて憶病な一面を持ち続けている、と僕は常々考えていた。それはまるでポールが「その権利をはく奪された」と信じ込んでいるようでもあり、またビートルズという名の亡霊に未だに憑りつかれているようでもあった。

だが、実際は彼だけがその権利を有する世界でたった一人の人間だったのである。

キャシャーンがやらねば誰がやる。ポールがやらねば誰がやる、というわけだ(古・・・)

というわけで、ビートルズ解散からほぼ40年近くに渡って小出しにはしてきたものの、大半は封印し続けてきた「ビートルズ」というパンドラの箱を、今回初めて全開にしてみました~~というのが『エジプト・ステーション』というアルバムなのではないだろうか?

以上が、僕がこのアルバムを聴いて最も強く感じるところなのである(個人的な感想です)。

だからこそ、こんなにも思い切り、ノビノビと、そして自由に音楽作りを楽しんでいるポールがアルバムの隅々まで充満しているのではないだろうか。

『エジプト・ステーション』は2018年のベストアルバムの1枚になるだろう。今度こそグラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤー取れるね。


以下、今のところベスト3。

Hand in Hand:この1曲が聴けただけでもう十分と思わせた超一級のバラード。いや~、すごいわポール。

Get Started:なんでこの曲がボートラなのか。でもなんか聴いたことのあるような曲だから意外と古い曲なのかも?

Despite Repeated Warnings:曲の展開がかっこよすぎる。大作だけど長さを感じさせないね。成功。

チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2018 一般発売icon

エジプト・ステーション(初回生産限定盤)(特殊ソフトパック仕様)

関連記事