FC2ブログ

2000年代ポールのベストアルバムは? - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » 2000年代ポールのベストアルバムは?

2000年代ポールのベストアルバムは?

海外の某掲示板で、「2000年代ポール・マッカートニーのベストアルバムは?」というテーマでファン投票が行なわれていた。その結果が興味深かったので紹介しておこう。

投票の対象となるのはもちろん2000年以降に発売されたポール名義のアルバムすべてである。つまりは、『ドライヴィング・レイン』から『NEW』までのアルバムということだ。

以下がその結果である。

1位 『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』 43.9%
2位 『NEW』 21.4%
3位 『追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル』 15.2%
4位 『エレクトリック・アーギュメンツ』 9.9%
5位 『ドライヴィング・レイン』 6.5%

結果的に『ケイオス』の圧勝である。客観的に見ても極めて妥当な結果だと思う。

僕自身『ケイオス』はもちろん好きなアルバムだし、ポールの代表作の一つだと思っている。過去のレビューでもとにかく手放しで絶賛してきたという経緯がある。3年ぐらい前までならば、迷わず僕も『ケイオス』を選んだであろう。

しかしながら、近年は僕の中で少し評価が変化してきている。

1枚のアルバムとしての完成度の高さならば『ケイオス』を選ぶとしても、個人的に好きでよく聴くのは1番が『NEW』であり、2番が『メモリー・オールモスト・フル』だからだ。

だからこれら3枚に順位をつけること自体がかなり大変なことなのだが、あえて2018年4月現在で順位をつけるとすれば・・・
1位 『NEW』
2位 『ケイオス』
3位 『メモリー・オールモスト・フル』 ということになる。

『NEW』が発売されてからもうすぐ5年になるが、改めていいアルバムだと思うし、70代でこれだけの作品を作ったポールはやはりすごいと思う。また、上記3枚はそれぞれにサウンドも違っているので聴き比べると面白い。

とにかく2000年代に入ってもポールのオリジナル作品は充実している。特に『ケイオス』以降は創造性に再び火がついたように感じられる。今は2010年代という括りになるが、なんとか2019年までにもう1枚上記3枚に負けないようなアルバムを作ってほしいと思う。そして2020年代も・・・。

広告リンク
楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

お部屋がすっきり、ご指定の口座にすぐ入金! 宅配買取ならhobby man!

関連記事