FC2ブログ

ポールの曲:『トゥー・メニー・ピープル(Too Many People)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『トゥー・メニー・ピープル(Too Many People)』

ポールの曲:『トゥー・メニー・ピープル(Too Many People)』

最近ポールの音楽から遠ざかっていた管理人です(笑)。

人生も50年以上生きていると、どんなに好きなビートルズやポールの音楽でも、「しばらくは聴きたくない」「聴かないでもやっていける」と思える期間というのがあるものである。

振り返れば、若い時には「音楽なしには1日も生きていけない」などと思っていたものだが、それも遠い昔の話になりつつある・・・。

きっとこれが年を取るということなのだろう(しんみり)。


しかし反面、音楽から遠ざかっている時間が長ければ長いほど、戻ってきたときの感動もまた深い。

それは、初めて聴いた頃の生き生きとしたリアルな体験をほんの少しだけ呼び戻してくれる。

よって、いくら好きな音楽でも、聴きすぎはイカンというのが僕の持論である。


さて、ここ2、3年僕の生活においてポールの音楽を聴くことの優先順位が下がっていたせいで、先日久しぶりにクルマの中でポールのアルバムを何枚か続けて聴いたことは、僕にとってちょっとした「事件」になった。

このときにいろんな考えが僕の頭の中をよぎったのだが、その中の1つがアルバム『ラム』が発売当時批評家たちから大変に酷評されたという事実についてだった。

というのも、僕は1曲目の『トゥー・メニー・ピープル』で完全にノックアウトされてしまったからだった。

斬新なオープニング。

完璧な楽曲、ヴォーカル、コーラス、アレンジ、そして驚くべきアイディアの数々・・・。

ベースもビートルズばりにうなっている。

ワイルドなエレキギターと、魅惑的なアコースティックギターの対比。

ポール自身が弾いたという中間部ギターソロの鮮やかさ(一発録りらしい)。

何から何まで完璧なのである。

ただこの1曲だけで・・・。

評論家たちはいったい何を聴いていたのだろう?

世界的に有名な音楽雑誌ローリングストーン誌などは、オリジナル発売当時3つだったレビューの★の数を『ラム』のアーカイヴ発売時には四つ星半にに変えたとか・・・。

その謙虚な姿勢は認めるが・・・アホか!と言いたくなる。

たったこのオープニングの1曲だけで明白ではないか!!

『トゥー・メニー・ピープル』がこの世に出てからもう47、8年は経つわけだが、この曲が持つ魔力はいささかも色褪せてはいない。

時はポールが正しかったことを証明した。

知ったかぶりした評論家どもに何がわかる。

勝者はポールだ!

参考:ラム スーパー・デラックス・エディション(完全生産限定盤)(DVD付)

関連記事