FC2ブログ

新たなる始まり(4):『サージェントペパーズ』リミックスの衝撃 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ビートルズ・リマスター日記 » 新たなる始まり(4):『サージェントペパーズ』リミックスの衝撃

新たなる始まり(4):『サージェントペパーズ』リミックスの衝撃

『サージェントペパーズ』リミックスの衝撃

ビートルズであるがゆえにけっして侵してはならない聖域と考えられたオリジナルアルバムのリミックス。

それがついに実現するのである。

僕を含めて興奮を禁じ得ないファンは多いことだろう。

なにしろ、ビートルズの作品はそれが作られた時代と、使用された機材と、当時存在したテクノロジーからは想像もつかないほどの高い完成度を誇っている。

技術的な問題点は2009年のリマスター版ですでに解決していると思われ、今さら何をいじる必要があるのかという声も一方には根強いはずである。

ちなみに2009年リマスター版は、細部に至るまで極力オリジナルの雰囲気、ニュアンスを損なわない範囲で手が加えられた点が大きく評価された。

だが、リミックスとなるとそうはいかない。

むしろ改善が改悪になってしまう可能性だって十分にあることだろう。

だが、僕はそれでも扉を閉ざす必要はないと思っている。

未来は常に大きな可能性に満ちているからだ。

少なくとも1度ぐらいは「古典(クラシック)」に挑戦した記録があっても良いではないか。

たとえそれが無謀な挑戦だとしても・・・。

それに、ひょっとしたら僕たちが想像もつかない「何か別もの」が生まれないとも限らない。

ゆえに僕個人は今回のリミックスを基本的に歓迎する立場である、

ただし、あくまでも別バージョン、オルタネイティヴ・リミックス(もう1つのリミックス)としてである。

そう考えれば深刻になる必要はないし、純粋に違いを楽しめるのではないだろうか。


さてリミックスといえば『ビートルズ1+』が記憶に新しい。頭の固い僕は未だにあのリミックスを認められずにいるが(笑)、若い人たちには意外と好評だったという声も聞く。

未来は常に若い魂のためにある。

ひょっとしたらビートルズのバージョンも世代と共にリミックスを繰り返していくなんていうことも案外あり得るのかもしれない。

しかし、いつも思うが長生きはするものだ。まさか生きている間に『サージェントペパーズ』のリミックスが聴けるとは・・・。


5月26日発売予定。

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(2CD)

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(2LP)

関連記事