FC2ブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 

ジョンとヨーコの『BED PEACE』

今日の1曲:『ラムールは貴方のよう』/ケイト・ブッシュ

1969年3月にジョンとヨーコは結婚し、彼らの新婚旅行を利用して「平和」を世界に訴える方法はないかと考えた。

そして行われたのが有名な「ベッド・イン」である。ビートルズのファンであれば誰でも1度は聞いたことがあるだろう。

このときの模様は撮影され、『ベッド・ピース(BED PEACE)』というドキュメンタリー映画にもなったが、この映画が現在YouTube等で無料で公開されていることを知った。今となっては人類史に残る貴重な1ページであり、偉業であると思う。今こそ私たち一人一人が「見るべき」映画であるとも思う。


このドキュメンタリー映画、僕自身は遠い昔にビートルズのフィルムコンサート(死語ですね、笑)で観た覚えがある。だが当時はわけもわからず、「どうでもいいけど、ジョンもヨーコもなんだか面倒くさいことをやっているなぁ」ぐらいにしか感じていなかった。つまるところ、僕はビートルズの音楽以外には興味がなかったのである。

しかし、今50才を過ぎてから改めてこのフィルムを観ると、様々な思いが湧き上がってきた。

まず、自分たちの新婚旅行を、世界に平和を訴えるために利用しようというその発想・・・。その発想自体があまりにも凄すぎる。利己的な人間にはけっしてできない行動である。

普通は新婚旅行といえば、「誰にも邪魔されずに二人だけの時間を過ごしたい」というのがごくごく当たり前の考え方であろう。それをわざわざマスコミ関係者等を自分たちの部屋に招き入れて、平和について熱く語り合おう、というのである。

まずはその出発点からして一般人とはレベルが違いすぎる。30才いくかいかないかの年令でこの境涯、この志の高さにはとにかく驚くしかない。

そして、この平和活動をバックから強力にあと押ししたのは、紛れもなくヨーコさんであった。彼女の存在なくして、ジョンの平和活動はけっして語ることができない。

しかし、なんという女性だろう。1960年代に、こんなにも、なんのためらいもなく自己主張のできる日本人が存在したとは。その超然とした姿、立ち振る舞いに僕はただ単純に感動を覚える。そして心の底から尊敬する。あの時代に、英語で欧米人と完全に対等に渡り合っている。その姿は性別を超えてある意味「真のサムライ」と呼んでもいいのではないかと思えるほどだ。2020年の現在でさえ、日本人でオノ・ヨーコを超える強烈な個性は現れていないと思う。日本人という枠には入りきれなかった真の国際人、その先駆者、それがオノ・ヨーコさんという人だったのだろう。



そんな女性をあのジョン・レノンが見つけ出し、パートナーとして選んだというのも、偶然を超えた深い縁を感じさせる。


ところで、二人の精神を今私たちは受け継ぐことができているだろうか?

答えは残念ながら「ノー」ではないだろうか。

この映画を観て、ジョンとヨーコがたった二人で起こした革命を今一度思い起こし、私たち一人一人がその精神を後世に受け継いでゆかなくてはと強く思ったしだい。

ギミ・サム・トゥルース.(完全生産限定盤)(2SHM-CD+Blu-ray)

今日の1曲:『ラムールは貴方のよう』/ケイト・ブッシュ
アマゾン・ミュージック・アンリミテッドの会員は直接曲にアクセスできます。

昨年末に立ち上げた新ブログ『昭和・平成・令和 そして今を生きる』もよろしくお願いいたします。

関連記事

来たっ!映画『ゲット・バック』のオフィシャルブック(2)

今日の1曲:『ウォッチング・ザ・ホイールズ』/ジョン・レノン

映画『ゲット・バック』オフィシャルブックの発売がアナウンスされてから興奮が止まらない。

まず『レット・イット・ビー』関係の書籍というのは、過去多種多様なものが発売されているに違いなく、ひょっとしたらマニアにとってみればその内容はそれほど目新しいものではないのかもしれない、という思いがある。というのは、僕はファンでありながらビートルズ関係の本をほとんど読まないからなのだが(笑)、ともかく今回この本が『アンソロジー』以来のビートルズ・オフィシャルブックという認定を受けたことで、今後はこの本がスタンダードな解説書になってゆくことは間違いないだろう。

装丁や内容のすばらしさについてはすでに『アンソロジー』で確認済みであるから、その価格は別にしても安心して購入できる本にはなると思う。

それにしても、この本もさることながら、映画『レット・イット・ビー』のリメイク版である、ピーター・ジャクソン監督の映画『ゲット・バック』に対する期待は高まるばかりだ。

今回リメイク版の監督を務めたピーター・ジャクソンは、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作で世界的な成功を収めた。特にこの3部作についてはうるさい映画マニアたちからの評価もすこぶる高いことで有名である。つまり現代の映画監督の中でも今や巨匠の一人と呼んで差し支えないほどの実力者である。

オリジナルの映画『レット・イット・ビー』の監督を務めたマイケル・リンゼイ・ホッグが映画監督としては目立った成功を収めていないことを考えれば、今回のリメイク版にピーター・ジャクソン監督を起用したことは、絶対的なプラス効果をもたらすであろうことは想像に難くない。

そして、ジャクソン監督がこの映画に賭ける意気込みは、以下彼の言葉から十分に伝わってくる。

「現在は『レット・イット・ビー』がビートルズの解散を象徴している、と一般的には考えられている。

それは神話のようなものだ。だが、真実は幾分異なっている。

『レット・イット・ビー』の真実の物語は、アップル社の保管庫に過去50年間封印され続けていたのだから。」


監督自身によるこの言葉は、映画『レット・イット・ビー』には「ある秘密」が隠されてきたことを意味している。

そして今回、その「秘密」が50年ぶりに明かされることになるのである。


して、その「秘密」とは・・・

それは映画『レット・イット・ビー』が当初の目的を外れて、いつの間にか一つのプロパガンダ映画へと移行してしまったという事実である。当時もはや解散が決定的になっていたビートルズにとって、この映画は営業的な側面からいえば「ビートルズ最後の映画」として大々的に売り出す必要があったのだ。つまり、解散の原因になりそうな部分だけを「意図的に」抜き出して、印象操作を行なったのである。

結果的にビートルズ解散の原因として映画の中に残されたものは・・・メンバー同士の仲たがいであり、意見の食い違いであり、ぎこちないヨーコの存在であり、ポールの性格の悪さ等々、であった。またその異常に暗い画面は、観る者すべてにビートルズ解散をいやおうなしに植え付ける効果を与えていた・・・。

こうして、単なるロックバンドのドキュメンタリー映画になるはずであった『レット・イット・ビー』は、解散という追い風を受けて一つの社会現象を巻き起こしたのである。当然映画とレコードは大ヒットした。ビートルズ自身の意志とは関係のないところで・・・。

というのが、僕個人の現在の解釈である(笑)。ゆえにこの映画によってビートルズの歴史は変わるのである。読者の皆さんはどのように考えられるだろうか?

それにしても、現代技術でリストアされたと思われるオフィシャルブック表紙の写真が明るいこと!

まるでオリジナル映画の陰鬱なイメージとは正反対である。果たして、この写真が映画『ゲット・バック』全体を象徴するような写真となるのかどうか??その答えは映画の中にある!!

The Beatles: Get Back (オフィシャルブック 英語) ハードカバー – 2021/8/31

今日の1曲:『ウォッチング・ザ・ホイールズ』/ジョン・レノン

昨年末に立ち上げた新ブログ『昭和・平成・令和 そして今を生きる』もよろしくお願いいたします。

関連記事

来たっ!映画『ゲット・バック』のオフィシャルブック(1)

今日の1曲:『イッツ・ユー』/スティーヴィー・ワンダー&ディオンヌ・ワーウィック

夏バテで死んでましたが、今日から再始動します(笑)。

2021年8月に公開が延期されていたビートルズの映画『ゲット・バック』のオフィシャルブック、言うなれば公式ガイドブックともいえる豪華本が2021年8月31日に発売されることが正式にアナウンスされた。

まだ1年も先の話とはいえ、ビートルズ関係では久々にワクワクするようなニュースである。ちなみにいわゆるビートルズ公式・公認のオフィシャルブックの発売は『ビートルズアンソロジー』以来だという。

公式のトレーラー映像は以下をご覧ください。


ちなみに映画『ゲット・バック』は、ビートルズの歴史、特に解散直前のバンドの状態がいかなるものであったのか・・・これが実際の未発表映像の数々によって大幅に修正が加えられる可能性を秘めた「ビートルズ最後にして最大のプロジェクト」であると僕自身は思っている(いや、確信している)。ポールは生きている間に重荷から解き放たれるのだ・・・。時は満ちた。

もちろんこのオフィシャルブックの中には今まで一度も公開されたことのない数多くの写真と共に、120時間を超えるレット・イット・ビーセッションで交わされたメンバーたちの主な会話までもが記録されているという。

2020年まで生きてきたからこそ味わえるこの幸せ・・・予約は早くもアマゾンからできる。

The Beatles: Get Back (オフィシャルブック 英語) ハードカバー – 2021/8/31


ジョン・レノン生誕80周年記念、ニュー・ベスト・アルバムも予約受付中!


今日の1曲:『イッツ・ユー』/スティーヴィー・ワンダー&ディオンヌ・ワーウィック

関連記事

日本の至宝 宇多田ヒカル

今日の1曲:『きらめきの序曲』/アバ

かつて天才少女の名を欲しいままにした宇多田ヒカルも、もう37才(オレも年を取るはずだ、笑)。その彼女もすっかり中年の域を迎え、ひと昔前であれば様々な面で劣化が感じられても不思議はないところなのだが、いやいや彼女にかぎっては輝く才能と美貌はいまだ健在である。いや、むしろそのオーラは年令と共に威力を増していると言っていいだろう。

その事実を実感させられたのがYouTubeで見つけた以下の2つの動画であった。

僕にとって若い頃は必ずしも好きなアーティストではなかった彼女だが、今回ばかりは感動を通り越して戦慄にも近い感情を抑えることができなかった。

こんなにすばらしいアーティストが実在する、この国日本とはなんと幸運な国なのだろうと僕は心の底から思ってしまった。そして自分が日本人であることを誇りに思った。僕たちは今なんというすばらしい時代を生きているのだろうと・・・。そんなことをリアルに感じさせてくれるアーティストというのは、そうそういるものではない。

さて、一つ目の動画は、以下の動画である。特に1曲目がすごすぎる。まさしく神(女神)が舞い降りている。ライヴでこのレベルのパフォーマンスができるアーティストというのは、世界中を探してもほんの一握りしかいないであろう。とにかく人間離れしているとしか言いようがない。まさに円熟の域に達した究極のパフォーマンスであり、完成されたひとつのエンターテイメント・ショーの姿がここにある。




二つ目の動画は、彼女自身が初監督を務めた『Goodbye Happiness』のミュージックビデオである。今から10年も前に製作されたこのビデオは、まるで現在の「Stay Home」の世界を予言するような内容となっている。が、そんなことはどうでもよくなってしまうくらい、宇多田ヒカルがどこまでも、とてつもなくキュートなのである。固定画面長回し一発撮り(たぶん)の中で繰り広げられる、めくるめくヒカルワールドは、観る者をこの世にいながらにして異次元の別世界へといざなってくれる。まさに日本の、そして世界の至宝である。宇多田ヒカル偉大なり。




『初恋』/宇多田ヒカル



今日の1曲:『きらめきの序曲』/アバ

関連記事

GQ Japanのインタビュー記事

今日の1曲:『ヒール・ザ・ペイン』/ジョージ・マイケル with ポール・マッカートニー

ファンならばもうすでに読んでいるかもしれないが、GQ Japanにポールの最新インタビュー記事が載っていたので共有します。リンクは以下です。

https://www.gqjapan.jp/culture/article/20200822-paul-maccartney-1

まず安心したのは、ポールがとても元気でいること。そして、予想していたとおり、ポールは現在の状況をとてもポジティブに捉えていて、家族といる時間を長く取ったり、レコーディングにより集中したりしているということだ。インタビューでも実際に未完成だった曲を何曲か仕上げたという話も出てくる。

これは楽しみになってきたぞ。

そういえば前作『エジプト・ステーション』が発売されてからもうすぐ2年になる。通常のポールのペースならば、まだまだ次のアルバムの発売までには時間がかかると考えるところなのだが、意外と次回作のリリースは早まったりするのかもしれない。いやきっとそうなるであろう(と信じていたい・・・)。

延期になってしまった映画『レット・イット・ビー』のリメイクだってあとたった1年後である。

こうなったら、ファンとしては『レット・イット・ビー』公開前に超強力なニューアルバムを発売してもらい、大きな盛り上がりの中で怒涛の『レット・イット・ビー』祭りへと一気になだれ込んでもらいたいと切に望むしだいだ。

なおGQのインタビューはまだ前編なので、後半も楽しみにしよう。

今日の1曲:『ヒール・ザ・ペイン』/ジョージ・マイケル with ポール・マッカートニー

関連記事

iPhone内蔵スピーカーの実力

今日の1曲:『最愛』/柏原芳恵

以前はアンチiPhone、アンチAppleだったのも、もはや過去の話(笑)。僕も今はしっかりiPhoneユーザーの1人である。しかもiPhone2台持ちときている。

だが、それでも毎月のスマホ代は2台合わせても5千円以下だ。

理由は、型落ちの旧機種を使用しているから。僕が初めて買ったiPhone6sはいまだにバリバリの現役でこちらが今でもメインである。そして2台目がiPhone7で、こちらは主に音楽プレーヤーや、携帯ゲーム機として使用している。

それにしても、1台目のiPhone6sは購入から約5年が経過したが、今でもまったく使用に問題がないというのはただただ驚異の一言である。改めてAppleの技術力の高さには驚くほかはない。ジョブズ偉大なり。
こちらはもう端末代は払い終えて、毎月1250円の通信料だけで稼働している。僕は画面にフィルムは貼らない派だが、5年を経過しても、画面にはキズ一つないし、故障も今のところゼロである。

そして2台目のiPhoneは、iPhone11が出ているというのに、あえて大幅型落ちのiPhone7を選択した(笑)。理由はただただ値段が安いからだ。端末代、通信料込みで月額3000円以下で収まる。しかし、それでも機体の実力は僕の想像を超えていた。音楽プレーヤーとしても、ゲーム機としても十分に満足がいく使用感なのだ。

特に最近になって気がついたのが、内臓スピーカーの音質のすばらしさである。僕は元々ヘッドフォン、イヤフォン派なので、スマホのちっちゃな内臓スピーカーにはまったく期待していなかったし、ハナから意識が向いていなかった。

しかし、ある日僕は気づいてしまったのだ・・・。iPhone7の内臓スピーカーから聞こえてくる音があまりにもすばらしいことを・・・。

とにかくその音質は僕の想像をはるかに超えていた。ちょっと信じられないレベルだったのだ。

それからというもの、家の中にいるときも、外出したときも、内臓スピーカーをオンにした状態でアマゾンミュージックを聴くことが増えた。車の中にいるときでさえ、僕はカーステレオは一切使わず、ポケットの中にiPhone7を入れたままで(スピーカーを上に向けて)音楽を聴いているのである。その満足度といったら、カーステレオの比ではないのだから、いかにその音がすばらしいかということだ。ちなみにiPhone6sの内臓スピーカーは7には相当劣る。

iPhone7でこの音の良さなのだから、8以降の音はどんなにすごいのだろう・・・。今後も型落ちを狙って全機種を制覇してみたいと思う今日この頃なのであった(笑)。

今日の1曲:『最愛』/柏原芳恵

関連記事

コロナがポールにもたらすもの


今日の1曲:『呪われた夜』/イーグルス


特に海外で猛威をふるっているコロナウィルス。少なくとも我々一般人にとって、もはやこの先5年~10年くらいは生でライヴを観る機会は訪れないであろうと僕は本気で思っている。

もしかしたら、アリーナやスタジアムで、熱気ムンムン、ぎゅうぎゅう詰めの中、コンサートやスポーツ観戦をしたなんていうこと自体がまったく信じられない時代がやって来るのかもしれない。

なんとなれば、我らがポール・マッカートニーについても、もちろん例外ではない。単純に現実問題として、現在78才の彼が生きている間に、我々が再び彼の生ライヴを観られる可能性というのは今や限りなくゼロに近くなったと言わざるを得ない。彼と同じ空間を共有できた・・・ただそれだけでもどれだけ貴重な贈り物であったのかを僕は今しみじみと噛みしめているところだ。

ひょっとしたらそんな悲しいこと言わないでくれ、と言われるかもしれない。だが仕方がない。それが厳しい現実というものである。世の中というのは、変わるときはあっという間に変わるものなのだ。


しかしながら、僕自身はこの状況をまったく悲観的にはとらえていない。むしろ大いにプラスに考えているのである。

一つは、ポールはもう十分すぎるほどライヴ活動をやってきたということ。しかも、彼ときたらどんなに声が出なくなってもいっこうにツアーをやめる気配はなかったのだから、彼の喉の事を考えればこの状況はむしろ歓迎すべきなのではないかとさえ思うのだ。

近年ほとんど変わることのなかったセットリストを見ても、またビートルズ時代の曲をほとんどやり尽くしてしまったという事実を見ても、ここでライヴ活動をストップしたからといってファンはそれほど嘆き悲しむべきではないだろう(ただ新しいファンには申し訳ないとは思うが・・・)。それよりも、今僕が思うのは、よくぞここまで長きに渡りライヴ活動を継続してくれたという深い感謝の気持ちであって、けっして心残りや悲しみなどではないということだ。実際、記録という観点から見れば、ポールはもうすでに十分すぎるほどの映像と音源を残してくれたといえる。ありがとうポール。


だからいいのである。少なくともポール・マッカートニーにとって、ツアーの無期限中止というのはけっして悪いことではない。

そして、それはすなわち彼の音楽活動がスタジオワーク中心に移行せざるを得ないことを意味している。

かつてビートルズがライヴ活動を休止してから歴史に残る傑作アルバムを次々と発表したように、これから80代を迎えようとするポールに再び創造性の息吹が蘇ったとしても、僕はけっして不思議には思わない。実際『エジプト・ステーション』や近年の作品群を見ても、ポールの創造性に陰りは感じられない。問題は彼の声の衰えであって、作品自体の質の低下ではないからだ。

というわけで、僕個人はこれからのポールの活動にこれまで以上に期待したいと思っている。きっとポールはスタジオワークに没頭して、世間があっと驚くようなアルバムをあと2、3枚は作ってくれるにちがいない(笑)。まずは最新オリジナルアルバムに期待したい。そして、来年に公開される映画『レット・イット・ビー』のリメイク版、そしてアーカイヴコレクションの継続と、ファンにとってはまだまだ楽しい日々が続くだろう。もちろん、これから主流になると思われるオンライン限定ライヴにも期待しよう!

今日の1曲:『呪われた夜』/イーグルス

フレイミング・パイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2DVD付)

フレイミング・パイ スペシャル・エディション(2CD 生産限定盤)(日本版)

Flaming Pie Special Edition(2CD)(海外版)

関連記事

ディランが好きになりたかった

今日の1曲:『モナ・リザ・アンド・マッド・ハッターズ(パートⅡ)』/エルトン・ジョン


僕がこのブログを運営してゆく上で、いくつか自分なりに決めたルールというものがある。特に今まで明文化してきたわけではないが、漠然と自分の頭の中で描いてきたルールである。

そのうちの重要なものの一つは、「好きな音楽についてのみ書き、嫌いな音楽については(なるべく)書かない」というものだ。

理由は、嫌いなものについてあれこれ書くのは不毛だし、虚しいし、時間の無駄だと思うからだ。

それに、自分が嫌いなものについても、必ずそれが好きな人というのがいるはずなので、わざわざその人の気分を害する必要はなかろう、という気持ちもある。


だが、これからは少しずつその「禁断の分野」にも気が向いたら足を踏み入れてみたいと思う。特に今回のようなテーマの場合には・・・。


さて、ボブ・ディランである。

言うまでもなく、フォーク、ロック界の巨人であり、生きる伝説の一人である。

今ではノーベル文学賞を受賞した偉人という変な肩書きまでついてしまったが、そんなものがあろうがなかろうが、彼の偉大さには何の変わりもない。

ビートルズと同じ1962年にデビューアルバムをリリースし、79歳となった2020年の現在も最新アルバム『ラフ&ロウディ・ウェイズ』が全英1位、全米2位に輝くというまさにバリバリの現役感・・・。これにはただただ驚くよりほかはない。

彼は現在もなお強烈に支持され続けている。

まさに伝説・・・それがボブ・ディランという人なのだ。


だからですねぇ・・・、僕もビートルズ体験の時のように、そのボブ・ディラン伝説に身も心も、そして魂さえも揺さぶられてみたかった・・・と思うのである。

彼の偉大なる作品のすべてを、この魂に刻み込むほどに聴き倒したかったと・・・。

しかし、しかしダメなのだ。僕はディランの音楽をまったく受け付けないのである。

これまで何度となく挑戦してみたが、聴くに堪えない。1枚のアルバムを通しで聴くことさえ苦痛になってしまうほどだ。

はっきり言って彼の音楽のどこがすごいのかがまったく理解できないのである。

それでもまだ彼の初期の曲の中にはそれなりにいいなと思うものがある。僕が一番好きな曲は『ライク・ア・ローリング・ストーン』だ。しかし、そこで止まってしまう。そこから先へは一歩も進めない。

最新アルバムも1、2曲聴いたら、もう先へは進めなくなってしまった。

定額制音楽サービスのおかげで可能になったディランの全カタログ制覇の夢は、こうしてあえなく夢と散ってしまった。ああ無残・・・。

ディランが好きになりたかった。これは僕の偽らざる告白である。

『ラフ&ロウディ・ウェイズ』/ボブ・ディラン

関連記事

『フレイミング・パイ』リマスター盤の感想

今日の1曲:掌の夏/太田裕美

『フレイミング・パイ』リマスター盤が発売された。めでたし、めでたし。

だが、僕は未だどのヴァージョンも買っていない。なぜなら、アマゾン・ミュージックでいち早くデラックス・エディションの大半の曲が聴けてしまうからだ(笑)。

月額760円を支払っているとはいえ、3万円以上もするデラックス・エディションのほとんどの曲が無料で聴けてしまうのだから、ほんとうにありがたいかぎりである。これだけで実質何万円分も得をした気分になる(笑)。

実際にはCD4の『ザ・バラッド・オブ・ザ・スケルトンズ』と、CD5(フレイミング・パイ・アット・ザ・ミル)以外は全曲が聴ける。(といっても、『ザ・バラッド・オブ・ザ・スケルトンズ』はアマゾン・ミュージック内でそれだけを単独で聴けるし、CD5はポールによるスタジオ内ツアーで楽曲はないと思われるから、ほぼ問題はなしだ。)

とはいえ、やはりデラックス・エディションのパッケージはファンとしては超貴重だから、懐に余裕のある時に再度購入を考えるとしよう。


さて、実際に音を聴いた感想についてだが、一度通しで聴いたかぎりでは、個人的にはこれまでに発売されたアーカイヴ・コレクションの中でも1、2を争う内容ではないかとの印象を受けた。

ボーナスディスクのCD2、CD3、CD4、そのどれもが非常に聴きごたえがある。

CD2はポールがギター1本、もしくはピアノ1台で弾き語る初期のデモヴァージョンの数々がアルバムと同じ曲順で並べられている。極めてプライベートな音源であるために音自体はあまりよくないのだが、そんなことはまったく気にならないほどシンプルで強烈な魅力に溢れている。まさにポールの日常的な創作活動にじかに触れられるかのような、ファンにとってはたまらない内容といえる。ポールがいかに巨大な才能を持つ類いまれなアーティストであるかを知る道しるべともなるであろう。

CD3はレコーディングの空間をスタジオに移し、不完全ではあるが、作品としてかなりまとまりのあるヴァージョンがアルバムとは異なった曲順で再構成されている。時にはポール、リンダ、リンゴの親密な会話さえも収録されているこのCD3は、実際その完成度もなかなかのもので、僕にとっては「もう一つのフレイミング・パイ」と呼んでも差し支えないほどの感動を与えてくれた。ひょっとすると、このCD3は長く愛聴することになるかもしれない。

CD4は、これまでファンの間でも入手が比較的困難であった曲の数々とポールのラジオショー『ウブ・ジュブ』の編集版が聴ける。それにしても『ウブ・ジュブ』は聴いているだけで楽しい気分になる。ストリーミングのみでもよいから、ぜひとも完全版を公開してもらいたいものだ。

今回改めてすべてを聴き終えて思うことは、『フレイミング・パイ』はやはりポールにとって一つの大きな区切りとなる作品であり、同時にポールソロ期における最高傑作の一つということである。このアルバムと共にポールは現代最高のクリエイターとしての威信を取り戻し、本格的なカムバックを果たした、そしてこの流れは紆余曲折を経ながらも、2000年以降の黄金期へと引き継がれてゆくのである。


フレイミング・パイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2DVD付)

フレイミング・パイ スペシャル・エディション(2CD 生産限定盤)(日本版)

Flaming Pie Special Edition(2CD)(海外版)

関連記事

【AMU】ポールの弟マイクのアルバム:『Mcgear』

今日の1曲:『セーラ』/フリートウッド・マック


ポールの弟、マイク・マッカートニーがソロアルバムを出していることはずっと前から知っていた。

でもはっきり言ってまったく興味がなかった。というのも、そのマイクのアルバムは全然売れていなかったし、彼のミュージシャンとしてのキャリアは一般的に見れば一流はおろか、二流としての評価さえも確立しているとは言い難かったからだ。
だから、彼がソロアーティストとしてアルバムを発売できたのは親の七光りならぬ、「ポールの七光り」があったから、ただそれだけの理由だと勝手に思い込んでいたのである。
注)ただし、厳密には彼を二流と呼ぶのは大間違いで、本国イギリスにおいて、彼はスキャッフォールドというグループのメンバーとしてなんと全英No.1シングル『Lily The Pink』を含め、合計3枚のシングルをチャートトップ10に送り込んでいるのだ。しかし、それにしても兄弟そろって全英No.1獲得とは!ごめんねマイク。

参考:
Thank U Very Much - The Very Best Of The Scaffold


ところがである・・・。いつの頃だったか、アマゾンで彼のセカンドアルバム『McGear』(1974年発売)のアルバム評価が4つ星以上であるのを見てから、このアルバムだけは1度は聴いておきたいとずっと思い続けていた。ただ、わざわざお金を出してまで買おうとは思わなかっただけだ(笑)。

そんなわけで、僕はアマゾン・ミュージック・アンリミテッドでこのアルバムが無料で聴ける日が来ることを待ちわびていたのである。

そして、ついにその日が来たのだ。つまり、アマゾン・ミュージックで、『McGear』の配信が開始されたのである。

もちろん、僕は飛びついた。そしてアルバムを初めから終わりまで聴いた・・・。

感想は、よい意味で期待を裏切られた。まず各楽曲のレベルが高い。そしてポールをはじめとする当時のウイングスのメンバーたちによる演奏、コーラスがすばらしい。そこにはまったく手抜きのかけらも感じられない。むしろポールの弟だから精一杯サポートしてやろうという意気込みに溢れているのである。

とにかくこのアルバムは不思議なことに途中で飛ばすことなく聴けてしまうのである。

楽曲の作者は10曲中6曲がマイク本人の手になるもの。自作曲の出来はどれもなかなかのものだ。そして3曲がポールとリンダの共作(2、4、6)、1曲がブライアン・フェリー(1)のカバーというところも興味深い。特にシングルカットされた『Leave It』はいかにもポールらしいアップテンポのポップソングで、僕は即座に気に入ってしまった。

マイクのヴォーカルは特別優れているというわけではないが、なんというかクセがなくてすんなりと入ってくる。うん、けっして悪くはない。

結論:ポールの七光りでないことだけはたしかである。反省・・・。

とにかく、このアルバム、プロデュースもポール自身だし、ファンならば一度は聴いておくべきだと思う。若き天才、ジミー・マッカロックのギタープレイも聴けるしね。オススメです。

『McGear』/マイク・マクギア(マイク・マッカートニー)

関連記事

ポールの曲:『Beautiful Night(ビューティフル・ナイト)』

今日の1曲:『イエスタデイ・ワンス・モア/カーペンターズ』


今回『フレイミング・パイ』のリマスター盤を発売するに当たり、ポールは1997年の発売当時と同じ時系列でシングル盤①『ヤング・ボーイ』②『ワールド・トゥナイト』を順に無料公開してきた。そして今回の『ビューティフル・ナイト』が3枚目のシングルとなる。ファンにとっては誠にありがたい話で、ここまで既にデモバージョンを含めて12トラックが無料公開されたことになる。個人的にはこれらだけでも十分に楽しむことができた。

Amazon Music Unlimited会員の方は以下のリンクから公開済の12トラックが聴けます。

『フレイミング・パイ』(アーカイヴ・コレクション)

『ビューティフル・ナイト』・・・名曲である。ポールが1990年代に発表した最も美しい曲と言ってもいいかもしれない。

この曲が発売されてから、早や23年の月日が流れたが、実際にポールがこの曲を書いたのはそれよりもずっと以前にさかのぼる。

そして、ポールがこの曲を初めてレコーディングしたのが1986年。プロデュースはフィル・ラモーンであった。しかし、ポールはこのヴァージョンには満足せず、1度お蔵入りになってしまった。『ウブ・ジュブPart5』に収録されているのがおそらくこの時のヴァージョンと思われるのだが、なるほどポールの言う通りその完成度は現在のヴァージョンには遠く及ばない。ポールの判断は正しかったと思う。

そして、ポールはさらに最低2度はこの曲のレコーディングを試みたと言われている。しかし、いずれのヴァージョンにもポールは満足せず、最終的にフレイミング・パイのセッションまで持ち越されたというわけだ。

そして、そのセッションでこの曲をリンゴ・スターと一緒にやることにより、名曲『ビューティフル・ナイト』に新たな命が吹き込まれた。この完成版『ビューティフル・ナイト』に僕が感じるものは、リンゴとの共演による明らかな化学反応である。ポールのヴォーカルに力が増し、ビートルズの時のような独特な「場」もしくは「フィールド」がこの曲の周囲を取り囲んでいる。実のところ、この曲を「ビートルズの曲」と言われても、僕は何の疑問も抱かないであろう。

ポールとリンゴはこの曲を完成させるために、長いセッションを行なったらしい。二人は旧交を温め直し、レコーディングは極めて楽しいものになったということだ。この曲におけるリンゴの功績は大きい。

今回この曲の再公開と同時に、YouTubeでプロモーションビデオも公開された。個人的にはビデオ自体の出来は今一つという印象だが、ビデオにはリンダとリンゴも登場する。特にリンダについては、おそらくこれが公式には最後の映像となるのではないかと思ってしまった。そういう意味でもこのビデオは貴重である。

YouTubeのビデオはこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=7x5OLojSJMo

さて、いよいよ7月31日の発売まであと2週間だ。

フレイミング・パイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2DVD付)

フレイミング・パイ スペシャル・エディション(2CD 生産限定盤)(日本版)

Flaming Pie Special Edition(2CD)(海外版)

関連記事

今日の1曲について

今日の1曲:ベートーヴェン ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13《悲愴》 第二楽章/ダニエル・バレンボイム


約2カ月ほど前から、ブログの冒頭に「今日の1曲」というものを入れている。

これは何かというと、僕が過去40数年間に聴いてきた音楽の中で、特別好きな曲であると同時に、かつ「いつ、どんな時に聴いてもいいと思える曲」、さらに「何度聴いても飽きることがない」というかなり厳しい基準で選びに選び抜いた曲だけを紹介している。

この「いつ、どんな時に聴いてもいいと思える曲」というのがミソで、そのときの自分の気分、感情に左右されない名曲ということになる。

この基準で曲を選んでみると、ものすごい大ヒット曲であっても簡単に落選してしまったり、逆にアルバムの中の目立たない1曲であっても絶対に落とせない曲というのが出てくるから不思議である。

これらの曲は2020年7月17日現在640曲、45時間8分あり、僕が常日頃から愛してやまないアマゾン・ミュージック・アンリミテッド(Amazon Music Unlimited)の「プレイリスト」という形でスマホ内に保存している。そして、僕は毎日暇さえあれば、このプレイリストをランダム再生で何度も繰り返し繰り返し聴き続けているのだ。これが、ほんとうに信じられないくらい楽しいのである(笑)。

IMG_1620.jpg


さて、このリストは今現在も日々増え続けているのだが、同時にほんの少しでも僕の設定した基準に達していないと感じた瞬間、いとも簡単にリストから外されるということも日々繰り返されている(笑)。

こうして、このリストはより厳しい基準を満たした「僕にとって真の意味で最高の曲ばかりを集めた名曲集」となっているのだ。

とはいっても、音楽の好みは人の数だけ存在するから、僕はけっして自分の趣味を読者の皆さんに押しつけようなどとは思っていない。これは、あくまでも40年以上も洋楽を中心に音楽を聴き続けてきた一人の人間の究極の音楽カタログであるにすぎない。だから、僕と同年代の人々には懐かしさと古き良き時代の郷愁を込めて、そして若い人々には、過去に存在した信じられないほど素晴らしい名曲の数々をそのほんの一部でも知ってもらいたい、というささやかな願いを込めて「1記事、1曲」をこれからも紹介し続けてゆきたいと思っている。

自分で言うのもなんだが、歌謡曲からクラシックに至るまで、それなりに広いジャンルをカバーしていると思う。が、全体を通して言えるのは、僕は結局聴きやすいポップス系の曲が好きなんだな、ということ。ロックじゃないんだよなあ(笑)。

アマゾン・ミュージック・アンリミテッドの会員であれば、スマホでリンクをクリックするだけで、アマゾン・ミュージック・アプリで即座に曲を聴くことができる。きっといろいろと新しい感動や、発見があることだろう。最高の音楽は、このすばらしい人生をより豊かにしてくれる!

6500万曲以上が聴き放題 Amazon Music Unlimited

関連記事

『フレイミング・パイ』デラックス・エディションの内容(7)

今日の1曲:『恋はこれっきり(We Don't Talk Anymore)』/クリフ・リチャード

さて、CDの次はDVDである。今回のデラックスエディションにはDVDが2枚付いてくる。内容的にはDVD1が1本もののドキュメンタリー。DVD2がシングルのプロモーションビデオを中心とした短編映像集といったところだろうか。

1990年代半ばのポールを映したこれらの映像がどれも貴重なものであることは言うまでもない。が・・・、近年はYouTubeのおかげで、ひと昔前には考えられなかったような珍しい映像が誰にでも簡単に、しかも無料で観れるようになった。情報がほとんど音楽雑誌のみで、たった1枚の写真でさえも宝物のように大切にしていた僕の学生時代と比べると、ほんとうに時代は変わったものだと思う。「動くポール」「動くビートルズ」が見れるだけでテレビにかじりついていたあの頃・・・がほんとうに懐かしく思える(笑)。

そんなアナログな時代を知っている僕でさえ、もはや「動くポール」というのは当たり前のものとなってしまった。だから、「ワールド・トゥナイト」のようなドキュメンタリーも、昔ならばまちがいなく10回も繰り返して観たであろうが、今ならば1度観れば十分という感想を持つに違いないと思ったりするのである。これは果たしていいことなのか・・・。はっきり言って自分でもわからなくなるときがある・・・(笑)。

DVD1
イン・ザ・ワールド・トゥナイト(ドキュメンタリー)

DVD2-ボーナス・フィルム
ビューティフル・ナイト
メイキング・オブ・ビューティフル・ナイト
リトル・ウィロー
ワールド・トゥナイト [Dir. アリステア・ドナルド]
ワールド・トゥナイト [Dir. ジェフ・ウォンフォー]
ヤング・ボーイ [Dir. アリステア・ドナルド]
ヤング・ボーイ [Dir. ジェフ・ウォンフォー]
フレイミング・パイ EPK 1
フレイミング・パイ EPK 2
イン・ザ・ワールド・トゥナイト EPK
フレイミング・パイ・アルバム・アートワーク・ミーティング
TFI フライデイ・パフォーマンス
デービッド・フロスト・インタヴュー

というわけで、これまで7回に渡ってデラックス・エディションの内容を検討してきたが、読者の皆さんはどのような感想を抱かれたであろうか。僕個人の感想としては、アーカイヴコレクションは依然として質・量共にポールの歴史上最高のコレクターズアイテムだと思うし、今後もこのシリーズを超えるセットは現れないと思っている。ただ、「ポール自身が深く関わり、監修もしているはず」のこのアーカイヴコレクションが、今やファンの気持ちを萎えさせるような価格設定になってしまったことに一抹の寂しさと悔しさを感じてしまうのである。

なぜなら、ポールはビートルズ時代を含め、人気絶頂のウイングスの時でさえ、けっしてファンの気持ちを裏切るような価格設定をしてこなかったからだ。事実、2010年代以降に武道館をはじめとする日本公演のチケット高騰が始まるまで、ポールは厳密な意味で商業主義に走るようなことは絶対になかった。これは過去40年以上彼をリアルタイムで追いかけてきた僕自身の偽らざる証言である。

それは、「いったいポールに何が起こってしまったのか?」と思えるほどの変貌ぶりなのである。今後もこの傾向は続いてゆくのだろうか・・・。これは告白だが、正直言って悪い夢なら覚めてくれと思いたい気分だ。

兎にも角にも『フレイミング・パイ』アーカイヴコレクションの発売まであと2週間となった。ファンの皆さま一人一人がこの名盤を再び心ゆくまで楽しまれんことを。

フレイミング・パイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2DVD付)

フレイミング・パイ スペシャル・エディション(2CD 生産限定盤)(日本版)

Flaming Pie Special Edition(2CD)(海外版)

関連記事

『フレイミング・パイ』デラックス・エディションの内容(6)

今日の1曲:『三国駅』/aiko


CD5 フレイミング・パイ・アット・ザ・ミル
さて、5枚組CDの最後は『フレイミング・パイ・アット・ザ・ミル』。なんとこのCDの内容が非常にわかりにくい(笑)。僕はこれまでユニヴァーサル・ミュージック・ジャパンのポール・マッカートニー公式ページの情報をもとに紹介をおこなってきたのだが、このCD5については”ポールが自身のスタジオを1時間ツアーしている内容”という説明しか載っていないからだ。

この説明から推測するに、ポールはおそらく自身が所有するレコーディングスタジオの紹介を約1時間かけて行ったではないか?、と思われるのだが、映像なしの音声だけでスタジオの紹介に果たして1時間もかかるものなのか??僕は大いに困惑してしまった。要するに説明が足りないのである。

仕方がないので、ネットを一生懸命探して見つけたのが、以下の情報である。

CD5 – Flaming Pie At The Mill
1. Intro – Paul chats about instruments from Abbey Road Studios
2. Paul Demos
3. Mellotron And Synthesizer / Mini Moog
4. Harpsichord
5. Celeste
6. Piano
7. Bill Black Bass
8. Drums
9. Höfner Bass
10. Guitar
11. Spinet
12. Bells
13. Control Room

おお、これだ!!と僕は思わず叫んでしまった(笑)。UMJのページにはこのリストが欠けていたのである。どうやらポールはスタジオ内の各楽器について、実際に自ら音を出しながらスタジオ内を説明して回った、というのが本当のところであるらしい(これもまだ推測の域を出ないのだが・・・)。だが、これである程度は内容がイメージできるようになったと思う。

それにしても、もしもこのリストが正しかったらの話だが、1.を見ると「アビイ・ロードスタジオにて、ポール楽器について語る」となっているから、ひょっとしたらこのツアー自体が「自身のスタジオではない」可能性も出てきてしまった。まあこのあたりは実際に音を聴いてみるしかない。開けてからのお楽しみということで(笑)。(続く)

フレイミング・パイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2DVD付)

フレイミング・パイ スペシャル・エディション(2CD 生産限定盤)(日本版)

Flaming Pie Special Edition(2CD)(海外版)

関連記事

『フレイミング・パイ』デラックス・エディションの内容(5)

今日の1曲:『リッチ・ガール』/ダリル・ホール&ジョン・オーツ


CD4 フレイミング・パイズ
CD4は通常で言うところの、ボーナストラック&アウトテイク集といったところだろうか。このディスクにはかなりコアなポールファンにとってもこれまであまりお目にかかることのなかった曲が5曲と、1995年にポール自身が製作したラジオショー『Oobu Joobu(ウブ・ジュブ)』の編集版(パート1~パート6)が収録されている。

収録曲は以下の通り:
1. ザ・バラッド・オブ・ザ・スケルトンズ
2. ルッキング・フォー・ユー
3. ブルームスティック
4. ラヴ・カム・タンブリング・ダウン
5. セイム・ラヴ
6. ウブ・ジュブ パート1
7. ウブ・ジュブ パート2
8. ウブ・ジュブ パート3
9. ウブ・ジュブ パート4
10. ウブ・ジュブ パート5
11. ウブ・ジュブ パート6

まずは1曲目の『ザ・バラッド・オブ・ザ・スケルトンズ』。この曲を実際に聴いたことのあるファンは相当なものであると思う。事実、僕自身今までこの曲の存在すら知らず、このリリースを機に初めて聴くことができたのだから・・・。
この曲はアメリカの詩人アレン・ギンズバーグの詩と彼の朗読に、ポールがギターで伴奏を付けたという、かなり異色な作品となっている。CDではポールはドラムスも担当しているという。
この曲についての解説と、なんとその共演動画までが以下のリンクに詳しく紹介されているので、ぜひ一度確認してみていただきたい。

http://musique2013.hatenablog.com/entry/2018/10/19/223452

Amazon Music Unlimitedの会員の方は以下のリンクから『ザ・バラッド・オブ・ザ・スケルトンズ』が聴けます。

The Ballad Of The Skeletons [Explicit]


いや~、ポールってほんとにいろんな事やっているよな~、と僕はひどく感心してしまった。僕は最初アマゾン・ミュージックでこの曲だけを聴き、「まあ、1回聴けばいいかな」ぐらいに思っていたのだが(笑)、上記の動画を見たらとたんに印象がガラリと変わってしまったから恐れ入る。ポールのギタリストとしてのセンスが光るお宝映像である。ギンズバーグとの息もピッタリで、とにかく、これは見るだけでも価値がある動画だと思う。

続いて特筆すべきは、ポール自身がホストを務める「ラジオ・ショー」として1995年に発表した『Oobu Juube(ウブ・ジュブ)』である。
ここには以前『フレイミング・パイ』からのシングルCDに数回に分けて収録されていたパート1からパート6までの編集版が収録されている。だが、実際のラジオショーの完全版は約1時間ほどの番組が15回というかなり膨大なものである。だから、正直言って、これはあまりにも惜しい・・・。せっかくの機会なのだから、ダウンロードのみでもよいからウブ・ジュブ完全版を公開してもらいたかった・・・というのが個人的な感想である。
さてそのラジオショーの内容だが、ポールファンならばただ聴いているだけでもきっと楽しくなること間違いなし。なにしろ全編がポールの曲と、彼のトークだけで埋め尽くされているのだからファンにとってはまさに夢のような番組である。また単独のアーティストが製作したものとしては、今や歴史的に見ても大変に価値のある貴重な記録であると思う。ポール偉大なり。(続く)

フレイミング・パイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2DVD付)

フレイミング・パイ スペシャル・エディション(2CD 生産限定盤)

関連記事

『フレイミング・パイ』デラックス・エディションの内容(4)

今日の1曲:『ヴァロッテ』/ジュリアン・レノン


CD3 イン・ザ・スタジオ
3枚目のCDは「ホーム・レコーディングス」から一歩進んで、スタジオでのラフな録音が計10曲収録されている。たとえば、すでに公開されている『ワールド・トゥナイト』のホームレコーディングとスタジオ・ラフ・ミックスを聴き比べてみればその違いは歴然である。さらに完成版を続けて聴いたならば、ポールが1つの曲を完成させるまでの過程を僕たちはかなり詳細に追いかけることができるであろう。どうせ聴くのならば、これら3つのヴァージョン(もしくは、ないものは2つのヴァージョン)を続けて聴くのがオススメだ。

Amazon Music Unlimited会員の方は、以下のリンクから『ワールド・トゥナイト』の聴き比べができます。

Flaming Pie (Archive Collection)/ Amazon Music Unlimited

このCD3はCD2とは違い、曲順はオリジナルアルバム通りではない。また、『カモン・ダウン・カモン・ベイビー』『ホール・ライフ』という未発表曲も含まれているから、なんとなく『もう一つのフレイミング・パイ』のような感覚で聴くと面白いかもしれない。
CD3の曲目は以下の通り。(続く)

1. グレイト・デイ [アコースティック]
2. カリコ・スカイズ [アコースティック]
3. カモン・ダウン・カモン・ベイビー
4. イフ・ユー・ウォナ [デモ]
5. ビューティフル・ナイト [ラン・スルー]
6. ザ・ソング・ウィ・ワー・シンギング [ラフ・ミックス]
7. ザ・ワールド・トゥナイト [ラフ・ミックス]
8. リトル・ウィロー [ラフ・ミックス]
9. ホール・ライフ [ラフ・ミックス]
10. ヘヴン・オン・ア・サンデイ [ルード・カセット]

フレイミング・パイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2DVD付)

フレイミング・パイ スペシャル・エディション(2CD 生産限定盤)

関連記事

『フレイミング・パイ』デラックス・エディションの内容(3)

今日の1曲:『チェンジ・ザ・ワールド』/エリック・クラプトン


今回のデラックス・エディションはCDが5枚、DVDが2枚となっており、これまでのアーカイヴシリーズと比べてもかなりのヴォリューム感である。ではさっそくCDのほうから内容を見ていこう。

CD1 リマスター・アルバム
まずはオリジナルアルバム全曲のリマスター盤である(曲目リストは割愛)。これまで同様に音質がよくなっていることはまず間違いないが、『フレイミング・パイ』が初めて発売されたのが1997年。すでに時代はデジタルに完全移行しており、1970年代~1980年代中期に発売されたアルバムに比べれば明らかな違いを認めるのは難しいかもしれない。

僕自身、ファーストソロアルバム『マッカートニー』のリマスター盤を聴いたときの衝撃といったら、それはすごいものがあった。それは、ほとんどアルバム全体が完全に生まれ変わったといえるほどのものだったからだ。たとえて言えば、ゴツゴツした角が取れて、音全体が滑らかになり、クッキリとまとまりある美しいサウンドに変身したかのような鮮やかさがあった。『マッカートニー』から『ヴィーナス・アンド・マース』に関しては、誰でもその明らかな違いを実感することができるだろう。まだリマスター化されていないタイトルに関しても『バック・トゥ・ジ・エッグ』と『ロンドン・タウン』は僕自身非常に楽しみにしている。

今回の『フレイミング・パイ』に関しては、そういう意味で上記ほどの驚きは少ないであろうということができる。もともとサウンド的にも完成度の高いものであるだけになおさらである。


CD2 ホーム・レコーディングス
CD2からCD5までは蔵出し音源のオンパレードである。

まずCD2は「ホームレコーディングス」と名付けられ、ポールがギター1本(もしくはピアノ1台?)でおそらくカセットテープに録音したであろうと思われる初期のデモがアルバムの曲順に並べられている(ただし全曲ではない)。

1. ザ・ソング・ウィ・ワー・シンギング [ホーム・レコーディング]
2. ザ・ワールド・トゥナイト [ホーム・レコーディング]
3. イフ・ユー・ウォナ [ホーム・レコーディング]
4. サムデイズ [ホーム・レコーディング]
5. ヤング・ボーイ [ホーム・レコーディング]
6. カリコ・スカイズ [ホーム・レコーディング]
7. フレイミング・パイ [ホーム・レコーディング]
8. スヴニール [ホーム・レコーディング]
9. リトル・ウィロー [ホーム・レコーディング]
10. ビューティフル・ナイト [1995デモ]
11. グレイト・デイ [ホーム・レコーディング]

CD2からは今のところ『ヤング・ボーイ』と『ワールド・トゥナイト』の2曲が試聴できる。Amazon Music Unlimited会員の方は以下のリンクからどうぞ。

ヤング・ボーイ(ホーム・レコーディング)

ザ・ワールド・トゥナイト(ホーム・レコーディング)

2曲共に聴いて思うことは、天才ポール・マッカートニーの巨大な才能の前に凡人はただひれ伏すのみ、であるということだ(笑)。こんなにいい曲をギター1本でいとも簡単に紡ぎ出してしまうとは恐れ入る。実際はそんなに簡単なことではないのかもしれないが、簡単に聴こえてしまうところがまたすごいところなのだ。きっと鼻くそほども努力してないよね、ポールさん(笑)。

頭に浮かんできたものを、ただギターで伴奏付けてある程度形にしておけば、もうそれだけでレコーディング用の素材が次々と出来上がってゆく・・・。そんな感じさえ受けてしまう。まさに無から有を生み出すリアル錬金術。実質元手ゼロ円でチャリーン!、チャリーン!、ザクザク、ガッポガッポというわけだ(笑)。いや~、すごいわ。

さて、『ヤング・ボーイ』はまだサビが付く前のバージョンだが、これはこれで十分に聴くに値するし(好きです)、『ワールド・トゥナイト』はデモでありながらも、もうすでにポールの頭の中では完成版ができているといった印象。僕はこの2曲だけでほんとうにポールがギターを使いこなしていて、ギターと会話しながら曲を作っているのだな、という感じを強く受けたのであった。別に悲観するわけではないが、努力することがアホらしくなるほどのポテンシャルの高さである(笑)。今さらですが。

ちなみにこのCD2は「ホーム・レコーディングス」と名付けられてはいるが、『ワールド・トゥナイト』などは、波の音などもかすかに聴こえるような気がするから、実際は屋外で録音されたものもけっこうあるのかもしれない。

6/29現在、『フレイミング・パイ』アーカイヴ・コレクションからは、合計8曲が試聴できるようになった。Amazon Music Unlimited会員の方は以下のリンクから聴けます。

『フレイミング・パイ』(アーカイヴ・コレクション)

そんな感じでCD2の他の曲もたくさん楽しませてくれるであろうと想像している。(続く)

フレイミング・パイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2DVD付)

フレイミング・パイ スペシャル・エディション(2CD 生産限定盤)

関連記事

『フレイミング・パイ』デラックス・エディションの内容(2)

今日の1曲:『微風』/岡村孝子


さあ、それでは気を取り直して(笑)『フレイミング・パイ』デラックス・エディションの内容について見ていこう。

全体の構成は以下のとおり:
・CD5枚+DVD2枚
・128ページの豪華ブックレット
・ポールの手書き歌詞のレプリカ8曲分(封筒入り)
・ポールのファンクラブ会報「クラブサンドウィッチ」の復刻版
・フレイミング・パイのピック
・「The Flame」新聞
・ジョン・ハメルがスタジオでつけていたメモのファクシミリ
・リマスター・アルバムと32曲のボーナス・トラックの96kHz/24bit ハイレゾ・オーディオが聴けるダウンロード・カード

以上の内容物をすべて収納する豪華ボックス(シリアルナンバー付き)・・・という構成となっている。

基本的にはこれまでのボックスセットと似たり寄ったりの構成となっている。が、写真などで見るかぎり収納ボックスは少し厚めで、高級感のある仕上げがされているように感じられる。これは僕個人の感想だが、これまでのボックスセットはポール個人の各アルバムに対する思い入れがそのままパッケージの完成度にも反映されていたように思う。

これまでのボックスセットベスト3を僕なりに挙げるとすれば・・・
1位 ラム
2位 ウイングス・オーヴァー・アメリカ
3位 フラワーズ・イン・ザ・ダート となるが、今回の『フレイミング・パイ』もそれらに負けず劣らずの内容の濃いセットになっているように思われる。(まだ現物を見ていないので、あくまでも想像です、笑)

このところあまりにも値段が高いので難クセばかりつけているようだが(笑)、実はこのボックスセット、ファンにとってはけっしてお金には代えられない価値がある。それは現代最高の音楽家、そして一人の人間としてのポール・マッカートニー、その人となりに直に触れることのできるアイテムに溢れているからである。

けっして他では手に入らぬものであり、ひょっとしたら今後も二度と手にする機会が訪れないかもしれないもの・・・。特に僕がファンの一人として毎回最も愛着を感じるのが、ポール直筆の手書き歌詞のレプリカである。

ポールが実際に曲を書くときに使用した原稿が、毎度その紙の質感までをも含めて忠実に再現されていることには本当に驚かされる。そのリアルさは、まるでポールが今書いたものをひょいと自分に手渡してくれたかのような錯覚さえ覚えるほどである。しかも歌詞だけではなく、そこかしこに子供たちの落書きや、ポールが即興的に描いたデッサンなども頻繁に登場する。そこには生活のにおいさえ漂っていて、ポールの温かな人柄をとても身近に感じることができるのである。

だから、どんなに値段が張ろうとも、ポールと彼の音楽を本当に愛する人にとっては、やはりボックスセットはなくてはならないものであると僕は考える。究極的にはお金の問題ではないのである。(続く)

フレイミング・パイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2DVD付)

フレイミング・パイ スペシャル・エディション(2CD 生産限定盤)

関連記事

『フレイミング・パイ』デラックス・エディションの内容(1)

今日の1曲:『迷い道』/渡辺真知子


7月31日に発売が決定した『フレイミング・パイ』アーカイヴ・コレクション。今日から数回に分けてデラックス・エディションの内容について見ていこうと思う。

ちなみに「デラックス・エディション」とは、高価なボックスセットのことである。以前はなぜか日本版のみ「スーパー・デラックス・エディション」という名称が付いていたのだが、僕の知る限りオリジナルの海外版にはスーパー・デラックスという名称が付いていたことは一度もない。これは僕がずっと以前から指摘していたことなのだが、今どき日本版のみ名称を変えるというのは購入する側から見ればとてもわかりずらく、はっきり言って全く不要な対応だった。どういう意図があってのことかは知らないが、とにかく販売元のUMJには価格設定を含めていろんな意味でずっと不信感しかないというのが正直なところなのだ。ファンを大切にしていた東芝EMI時代が懐かしい・・・。

しかしまあ、今回やっとのことで海外版と名称も統一されわかりやすくなったのはよかったと個人的には思っている。今後はこのまま名称統一でお願いします。

というわけで、デラックス・エディションの内容について・・・と言いたいところなのだが、やはり価格について素通りするわけにはいかない。ここは今一度しっかり見ていこう。

まずオリジナル海外版の価格が255.98ドル。日本円にして約27000円だ(1ドル106円換算)。今回はそもそも元が高いわな。

今アメリカのアマゾンに行って調べてみたら、値引きはまったくなかったので、今のところ実売価格も約27000円ということになる。

さて、日本版だが、UMJの公式サイトに表示されている定価が41800円である。上記海外版との価格差が14800円。つまり約1万5千円の価格差があるということだ。ブックレットや歌詞の対訳等、日本版だけの付属物を考えたとしても「今どき」1万5千円もの価格差はやはり法外と言わざるを得ない。

で、改めて日本のアマゾンでのデラックス・エディションの価格を確認してみたら、6月23日現在約7500円引きの34,277円であった(いちおうインポートの表示がないので日本版だと思われる)。アマゾンよくがんばっているな、とは思うが、それでも3万5千円のボックスセット。僕がこれまでのアーカイヴ・コレクションの中で最も豪華と感じた『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』でさえ1万8千円だったから、いかにボックスセットがもはや高嶺の花となりつつあるのかがわかろうかというものだ。僕個人は残念ながら日本版のボックスセットはパスである。

あとは海外版の価格しだいなのだが、今のところアマゾンには海外版デラックス・エディションはアップされていない。

というわけで、第1回目は文句だけで終わってしまったが(笑)、次回からはセットの内容について見ていこうと思う。

フレイミング・パイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2DVD付)

フレイミング・パイ スペシャル・エディション(2CD 生産限定盤)

関連記事

ポール78才に

今日の1曲:ターン・トゥ・ストーン/エレクトリック・ライト・オーケストラ


今日6月18日はポール・マッカートニーの78回目の誕生日である。

おめでとう、ポール!!

最近いろいろとありますが、現代最高の音楽家にして偉人、サー・ポール・マッカートニーが今この瞬間も生きて、我々と共にあられるという奇跡を僕はほんとうに心の底から幸せに思っております。

これからもますますお元気で、ご活躍されんことを!Long live, Sir Paul!!


昨年末に立ち上げた新ブログ『昭和・平成・令和 そして今を生きる』もよろしくお願いいたします。

関連記事

映画『The Beatles: Get Back』の公開は2021年8月に延期

今日の1曲:『天国への階段』/レッド・ツェッペリン


当初2020年9月に公開が予定されていた、ピーター・ジャクソン監督による映画『The Beatles: Get Back』の公開が2021年8月に延期になることが正式に配給元のディズニーから発表された。

理由は新型コロナによる影響とのことだが、ある程度の延期は予想していたものの、丸1年というのは個人的にはかなりショックである。というのも、果たして1年後に世界はどうなっているのか・・・その予想が僕にはまったくつかないからだ。

ひょっとしたら、もう僕たちがコンサートや、スポーツ観戦や、映画など、大勢の人が集まる場所に出かけるということ自体がなくなってしまうかもしれない。少なくとも数年は、飛行機に乗って海外旅行に出かけることもできなくなってしまうかもしれない。

だからこそ、来年8月には皆で何事もなかったように映画を観に行けることを祈って・・・。


今日の1曲:『天国への階段』/レッド・ツェッペリン

関連記事

『フレイミング・パイ』リマスター盤のラインナップ

今日の1曲:カーペンターズ/『タッチ・ミー』


コレクターズエディション日本版の14万円という途方もない金額に未だ興奮冷めやらぬ今日この頃・・・皆さまいかがお過ごしでしょうか(笑)。

今日は、そろそろアマゾンでも商品ラインナップが揃ってきたので、ここでいったんまとめておきましょう。さすがにコレクターズエディションは全世界3000セット限定ということで、買えるのはユニヴァーサル・ミュージックのサイトのみになりそうである。お金持ちの皆さんは予約を急がれてください(笑)。

ユニヴァーサル・ミュージック:コレクターズエディションの特設ページ

さて、一般庶民の僕は、アマゾンで安いほうの商品を確認するとするか!(笑)

まずは、デラックス・エディション。こちらは定価の41800円なので、日本版である。この値段でもアマゾンランキングではロックのカテゴリーで1位とはさすがである。
『フレイミング・パイ』 デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2DVD付)

僕はBOXを買うなら海外版と決めているのだが、今のところアマゾンにはアップされていないようだ。

続いて、2CDのスペシャル・エディション(日本版)。こちらも定価の3960円。
『フレイミング・パイ』 スペシャル・エディション(生産限定盤)

価格的にはかなりお得な2CDのスペシャル・エディション(海外版)
『フレイミング・パイ』 スペシャル・エディション(海外版)

あとは参考までに2LPと3LPのアナログ盤を2種類。
『フレイミング・パイ』(2LP)(完全生産限定盤) [Analog]

『フレイミング・パイ』(3LP)(完全生産限定盤) [Analog]

しかし、コレクターズエディションは海外版でさえ600ドル(約6万円)とほんとうに高価である。ボックスセットも最初は1万円前後とけっこうリーズナブルだったんだが、最近は作る側も、もう完全に感覚がマヒしてるんじゃないかといった感じだ。

コレクターズエディションの詳細は以下をご覧ください:


はっきり言って音だけ聴くなら、アマゾン・ミュージック他、ストリーミングの会員になるだけで十分だと思う。今回もアマゾン・ミュージックでは追加料金なしでCD1~CD4までが聴けることになるようだし。あとはファンとして、どこまでを「モノ」として持っておきたいかということになると思う。

しかし、僕も年令と共にますます物欲が薄まりつつある(笑)。おそらく今が30代であれば、余生をボックスセットに囲まれて幸せに暮らそうか・・・などと考えたであろうが、自分自身があと何年生きられるのかと考えると、モノは持つだけ重荷になるだけと思うようにもなった。子供に形見として残しても粗大ゴミ扱いされるだろうし(笑)。

そんなわけで、結局2CDに落ち着くのかな、などと考える今日この頃でした。


今日の1曲:カーペンターズ/『タッチ・ミー』

関連記事

『フレイミング・パイ』7月31日発売

今日の1曲:ザ・ムーディー・ブルース/『出帆の時は来た』


ポールの新しいアーカイヴコレクション『フレイミング・パイ』が7月31日世界同時発売されることが決定した。

それにしても、7月31日とは・・・(笑)。

とりあえず、当初の予定であった2020年7月発売をギリギリ守った形となったわけだが・・・。

こうなってくると、このあとに控えているビートルズ『レット・イット・ビー』のリミックス盤発売、および映画『ゲット・バック』の公開も年内に実施される可能性が高まったと個人的には考えているところだ。しかし、お小遣いの配分をどうするのか・・・本当に頭が痛い(笑)。


しかし、とにかく発売が決定したのはめでたいことだし、ファンとしては嬉しいニュースであることにはまちがいない。

だが、問題はそのお値段である・・・。

現状、最も詳細な情報が掲載されているのはユニヴァーサル・ミュージックの公式サイトである。そこを覗いてみたところ・・・(怖)。

相も変わらず、恐ろしい価格が目に飛び込んできたのであった(ホラ~)。

はっきり言わせてもらうが、いつものことながらファン、購入者、消費者の気持ちをまったく無視しているとしか言いようがないこの日本盤の価格設定ときたら・・・。

海外盤とのあまりの価格差にはとにかくあきれるばかりだ。

まず最も高価な「コレクターズ・エディション」が定価140,800円。(海外盤参考価格:600ドル=約64,000円)
PDCT-3002.jpg

「デラックス・エディション」(BOXセット)が定価41,800円。(海外盤参考価格:255.98ドル=約27400円)
UICY-79171.jpg

そして「2CDエディション」が定価3,960円。(海外盤参考価格:19.98ドル=約2,140円)
UICY-79172.jpg


まあ、ため息が出ますな(笑)。

内容については、これから少しずつ検討してゆこうと思うが、まずはこの目の飛び出るような価格に慣れなければ・・・(笑)。

とりあえずはアマゾンでの価格を調べようと思ったのだが、今のところ掲載されているのは海外盤の2CDのみのようである。

『フレイミング・パイ』2CD 海外盤

実はアマゾン・ミュージックでは昨日あたりから『ヤング・ボーイ』『ヤング・ボーイ(ホーム・レコーディング)』『ルッキング・フォー・ユー』『ウーブ・ジューブ part1』の4曲が試聴できていて、僕もひと足先にそのすばらしさに酔いしれていたところだった。そんなわけで、公式アナウンスも近いだろうとは予想していた。

アマゾン・ミュージックの会員なら以下のリンクから4曲が試聴できます。

『フレイミング・パイ』4曲試聴できるリンクはこちら

今回、またしても怒りから入ってしまったが(笑)、次回からは気を取り直してアーカイヴセットの内容について検討してみたい。


今日の1曲:ザ・ムーディー・ブルース/『出帆の時は来た』

関連記事

フレイミング・パイを待つ間・・・

今日の1曲:『マイアミ2017』/ビリー・ジョエル


ポールの次回アーカイヴ・コレクション・シリーズに発売が予定されている『フレイミング・パイ』の公式アナウンスがなかなか出てこない・・・。

当初は2020年7月リリース予定とされていたが、6月の声を聞いてもまだ発売日が発表されないところをみると、おそらくコロナウィルスの影響等でリリースが遅れていることが考えられる(僕自身はもう7月発売はなくなったと見ている)。そして、今後のリリース予定はこのあとに控えている『レット・イット・ビー』のリミックス盤発売&映画『ゲット・バック』の公開に大きく左右されるのではないかと思っている。

というのも、ポールサイドとしてはできるだけビートルズ関係のリリースとは日程がぶつからないようにしたいからだ。もちろん、それは購買層がダブっているからで、ただでさえ高額出費になるであろうアーカイヴに、ビートルズのリミックス盤が重なった日には・・・。

それゆえ、ポールサイドとしては、できれば『レット・イット・ビー』のリリース数カ月前に『フレイミング・パイ』を発売したいし、実際そのようにスケジュールされていた。ただ、こうなると問題は『レット・イット・ビー』がいつ発売になるのかということである。

もし『レット・イット・ビー』のリリースが予定通り2020年9月であるとしたら、『フレイミング・パイ』のリリースはその直前の8月、それが無理なら大幅にリリース日をずらして2021年以降ということになるであろう。

ただ、現状『レット・イット・ビー』リミックス盤の発売、および映画『ゲット・バック』の劇場公開もなんとなく延期になりそうな雰囲気だよなぁ、と個人的には思っている。なぜなら、こちらもそろそろ大々的なプロモーションがあっても不思議はないからだ。

まあ、なんにしてもコロナの影響で、世界中のあらゆる業種において製造や、発売の遅延が生じていることだけはまちがいない。

ここで今僕たちにできること・・・。それは、この状況になんらイライラすることなく、影響されることなく、現状の生活の中に楽しみや、喜び、小さな幸せを見つけてゆくことである。

たとえば、僕は今毎日アマゾン・ミュージックの膨大な音楽ライブラリを使い倒すことに無上の喜びを感じている(笑)。特に最近ワイヤレスイヤホンを購入してからはさらに楽しさが倍増したと感じている。

とびきりのお気に入り曲ばかりを厳選した「マイプレイリスト」は最近ついに600曲を超えた。このリストを毎日ランダムで聴くだけでも、僕の心はこの上ない至福に包まれる・・・。好きな音楽を毎日好きなだけ、最高の音で聴くこと・・・それは僕の子供の頃からの夢であり続けたのだが、それが今叶えられたのだ!という超リアルな実感がある。月たった780円で味わえるこの幸せ・・・。だから、アマゾン・ミュージックのおかげで僕は今『レット・イット・ビー』も『フレイミング・パイ』も永遠に待てる気分になっているのだ(笑)。


今日の1曲:『マイアミ2017』/ビリー・ジョエル

6500万曲以上が聴き放題 Amazon Music Unlimited

関連記事

映画『ロケットマン』を観てわかったポール・マッカートニーの凄さ

今日の1曲:『愛ゆえに』/10cc

前回、映画『ロケットマン』についての記事を書いた。

僕にとってはある意味期待を裏切られた映画であった。がしかし、とてもいい映画だったと今は思っている。

だが、観終わってから僕の胸にググっと迫ってきたのは、他でもないポール・マッカートニーという人のそのとてつもない凄さであった。


実は、最初僕はポールの自伝的映画が未だ作られていないことに嫌悪感を抱いていた。いや、というよりは、ポールに先んじてあんな映画を作ってしまったエルトンにひどく嫉妬していたのである。

順番からいえば、絶対にポールの映画が先に作られるべきであった。なぜなら、現在存命中のアーティストたちの中で、ポール・マッカートニーこそが真の意味で最も偉大なミュージシャンであると僕は固く信じているからだ(ここはポールのファンブログだということで、独善的な表現になることを許していただきたい。あくまでも個人的意見です。)。だからなぜポールの映画が作られないのか、と一人腹を立てていたのである(笑)。

だけど、エルトンの映画を観終わったあとに僕が思ったことは、ポールの目もくらむような音楽的成功に比べて、彼の私生活はスーパースターにしては、ある意味退屈すぎるほどに普通であったということだった。

なにしろ、ビートルズ解散後、これといったスキャンダルがない。愛妻リンダを最後まで愛し通し、人気絶頂だった70年代初頭には子供たちとスコットランドの農場に引きこもった。世界的な成功を収めたウイングスのツアーには、常に子供たちが帯同していた。当時のスーパースターたちといえば、お決まりのように酒、ドラッグ、女に明け暮れ、数々のスキャンダルに浮名を流し、当たり前のように離婚、再婚を繰り返したものだ。

そんな中で、ポールのあまりにも平々凡々とした生き方は、当時の華やかなショービズ界においてはかなり奇異に映ったし、マジメすぎて面白くないとか、時にはあまりカッコよくないという印象さえ与えたものだったと僕は記憶している。

つまり驚くべきことに、ポール・マッカートニーという人はどんなに大きな成功を収めても、常に地に足がついていたのである。

そういう意味では特に1970年代、両者とも同じく世界的な成功を収めてはいたが、ポールとエルトンの日常生活は完全に対照的なものであった。そして、エルトンのそれは、『ボヘミアン・ラプソディー』のフレディー・マーキュリーと同じく、まさしく映画になりえるほどドラマチックなものであったのだ。

その人生が一般人とかけ離れていればいるほど、成功と挫折の浮き沈みが激しければ激しいほど、それはドラマを生み出し、観る者に感動を与える。基本的にはそれがドラマの何たるかだ。

だが、少なくとも表面上は、ポールという人はいつも明るく朗らかで、大きく道を踏み外すということがない。つまり、ドラマにするにはもう一つ何かが足らないキャラクターともいえるのだ(笑)。

だから、今までポールの映画が作られなかったのは、ある意味必然ともいえるのだ(といっても、いつかはできるだろうけど・・・)。

成功や名声に惑わされず普通の人生を生きること。実は、これが最も難しいことなのではないだろうか。

そういう意味で、僕は一人の人間としてポールを心から尊敬する。彼こそ真の偉人である。

今日の1曲:『愛ゆえに』/10cc

関連記事

映画『ロケットマン』

今日の1曲:『ステイ・ゴールド』/スティーヴィー・ワンダー


エルトン・ジョンの自伝的映画『ロケットマン』を観た。

過去にもブログに何度も書いているように、僕はエルトン・ジョンの大ファンである。ミュージシャンとしてはポールの次にエルトン・ジョン。ここまでは何があっても不動であり、3位以下がコロコロ変わるというくらいのファンなのである。

だけど、僕が好きなのはあくまでも彼の作る音楽であって、彼の私生活にはほとんど興味がなかったし、積極的に知ろうと思ったこともなかった。でも、結果的にそれがこの映画を観る上でプラスに働いたようだ。

この映画を観るまでは、僕はこの映画は単なる輝けるスーパースターの成功物語なのだろう、と漠然と思っていた。

だが、実際の映画はかなり僕の予想を裏切るものであった。

そこに描かれていたものは、僕たち一般人と同じく、あらゆる人間的な欠点や弱さを抱えながら、必死に生きる一人の人間エルトン・ジョンの姿だった。

はっきり言って、よくこの映画をエルトンがゴーサインを出したものだと思う。それどころか、映画のクレジットの最後には製作総指揮にエルトン自身の名前が連ねてあるのだ。つまり、エルトンの全面協力のもとに、この映画は製作されたことになる。

そういう意味で、この映画は実に驚くべき映画である。

普通の人間であれば、隠したいと思うようなすべてを、彼はこの映画でさらけ出しているからだ。これはなかなかできることではない。この映画をエルトン自身が生きている間に、しかも自らが参加して作り上げるとは・・・。僕はポールよりも先にこのような自伝的映画が作られてしまったことに、かなり嫉妬めいた感情を持っていたのだが、この内容であれば素直にエルトンの偉業を認め、彼を称えるしかないと思えるようになったのである。

ブラボー、エルトン!!

映画『ロケットマン』/アマゾン・プライム

『ロケットマン』/オリジナル・サウンドトラック

昨年末に立ち上げた新ブログ『昭和・平成・令和 そして今を生きる』もよろしくお願いいたします。

関連記事

レディー・ガガ『クロマティカ』

風邪引きのメカニズムとこれからの対策 永久保存版

新型コロナがひとまず収束した。ここで気を抜かないのはもちろんだが、新型コロナとは何だったのか?そして、家族や子供たちを守るために私たちはは何をすればいいのか?それらについて、武田邦彦先生がユーチューブの番組で非常に詳しく、そしてわかりやすく説明をされているので読者の皆さまと共有したいと思います。

特に冒頭の「風邪引きのメカニズム」、つまり、どうしたら人間は風邪を引くのか?そして、私たちの身体はそれに対してどのような防御態勢をしいているのか?これだけでもぜひご覧ください。自分と家族を守るための一生の財産となります。



関連記事

映画『ゲット・バック』の公開はどうなる?

今日の1曲:エンヤ『Only Time』

おそらくビートルズ最後にして最大級のプロジェクトと思われる映画『ゲット・バック』(1970年の映画『レット・イット・ビー』のリメイク)。

全世界のビートルズファンが固唾を飲んで待ちわびているこの映画の公開が危ぶまれている。もちろん新型コロナウィルスの影響により、僕たちの日常が一変してしまったためだ。しかも、この変化はけっして一時的、一過性のものではなく、今後地球的レベルでさらに加速してゆくことになると思われる。

僕たちが生まれてから当たり前のように親しんできた「映画を観に出かける」という習慣・・・。これさえもが近い将来完全になくなってしまう可能性がある。

実のところ、すでに今現在でさえ、僕たちがわざわざ映画館まで足を運ぶという必然性はなくなってしまっている。

なぜなら、技術的にはもうすでに映画は公開と同時にネット配信が可能になってしまっているからだ。


その昔、映画を観に行くことはお金持ちの贅沢の一つだった。それがいつしか庶民の娯楽となり、さらには僕たちの生活の一部となっていった。僕が若い頃には映画館は重要なデートスポットの一つだったものだ(笑)。

だが、現実を直視したならば、映画館はもうすでにその役割を終えたという見方も可能である。昭和世代としては悲しいかぎりだが、今後この流れは加速してゆかざるをえないだろう。


ビートルズと共に青春時代から現在までを生きてきた僕としては、この映画『ゲット・バック』を劇場で、すなわち映画館で観るということはとてつもない意味があると感じている。つまり、なんと言ったらいいのか・・・。この映画『ゲット・バック』は僕にとって過去と未来を分ける超重要なイベントになるという予感があるのである。

かなりオーバーな言い方になるのを許してほしいのだが、映画館という、いわば旧来の生き方の象徴ともいえる場所において、ビートルズという、まさに旧来の文化の象徴を目撃することにより、僕はまるでタイムスリップするかのように新しい時代へと自らを導いてゆくのだと・・・。つまり、映画『ゲット・バック』を映画館で観ることによって、僕は新しい時代の扉を開くのだ。

そして、僕自身も古い自分と決別するのだ・・・なんちゃって(笑)。


前置きが長くなってしまったが、映画『ゲット・バック』の劇場公開日は2020年9月4日とアナウンスされた。もちろん新型コロナが世界中で猛威をふるう前のことである。

9月4日といえば、あとわずか3ヶ月後のことになる。

作品はすでに完成しており、あとは公開を待つばかりという状態だが、僕にはこのまま予定通り劇場公開されるとは思えない、という思いが50%、そしていったんコロナが収束したこの間隙を縫って予定通り公開という思いが50%である。

おそらく、今年の秋から冬にかけてコロナ第二波が襲来すると思われるから、そこでまたしても今回のような自粛、都市封鎖、緊急事態宣言が発令されたら、旧来の映画産業は完全に息の根を止められることになるだろう。ひょっとしたら、もう二度と映画館で映画を観るということさえできなくなってしまうかもしれない。

だからこそ、個人的には9月6日はなんとしてでも劇場公開に踏み切ってほしいと思っている。ある意味9月というのはこれ以上ない最高のタイミングになるかもしれないから。


昨年末に立ち上げた新ブログ『昭和・平成・令和 そして今を生きる』もよろしくお願いいたします。

アマゾンでまとめ買い! 食品・飲料半額ストア

関連記事

映画『イエスタデイ』を観た

今日の1曲:『青春の傷あと』/ジョン・クーガー・メレンキャンプ


評判がよいのはわかっていたけれど、ついに映画館には足を運ぶことができなかった『イエスタデイ』・・・。

今なら時間もあるし・・・ということで、アマゾンのストリーミングビデオで視聴してみることにした。


以下は、ネタバレも含まれます。

まずは、交通事故に遭って、病院で目が覚めたらビートルズの音楽が存在しない世界になっていた(飛ばされていた?)という設定に関してはまずまずオーケー。もはや映画では定番ともいえるパラレルワールドへの次元移動的なノリで、僕はすんなりと入り込めた。

しかしながら、友人たちの前で『イエスタデイ』を弾き語りする場面や、主人公がネットでビートルズを検索してもヒットしないで困惑する場面などが個人的にはとても印象に残ったとはいえ・・・結果から言えばかなり不満が残る出来であったというのが正直な感想である。

作り方、見せ方次第でもっともっといい映画になり得たと思うだけに、これは個人的には非常に残念に思ったしだいだ。


それでも劇中に披露されるビートルズの各楽曲のすばらしさは圧倒的で、改めて彼らがいかにすごいグループであったかを十分に伝えることには成功していたと思う。

それにしても、解散後50年以上を経てますます段違いの輝きを放つのはやはりポールの楽曲である。

『イエスタデイ』『レット・イット・ビー』『ヘイ・ジュード』『ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード』

本作でもメインとなったのはすべてポールの手になる上記4曲であった。

あとは年々評価が高まるジョージの『ヒア・カムズ・ザ・サン』『サムシング』『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』の3曲。

もちろん、だからといってジョンの曲の価値が下がるというわけではないが、それでも相対的に見ればポールが作った楽曲の中に人類共通の宝となりえる、古典とも呼べる作品がより多く含まれていることはもはや歴史的事実といってもよいだろう。

なんて、またジョンのファンを敵にまわすような事を書いてしまった・・・。まあ、ポールのファンブログですからご勘弁を(笑)。ともかくビートルズファンにはオススメの映画です。

イエスタデイ(字幕版)/Amazon Prime Video

好きな音楽、好きなだけ Amazon Music Unlimited

関連記事