- Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 

リベンジ2 ぐちゃぐちゃだけど観てしまうその魅力(笑)

【本記事はポールマッカートニーとは関連のない記事となります】

⇒ 続きを読む リベンジ2 ぐちゃぐちゃだけど観てしまうその魅力(笑)

関連記事

社会が個人を抹殺する国

【本記事はポールマッカートニーとは関連のない記事となります】

⇒ 続きを読む 社会が個人を抹殺する国

関連記事

僕の好きな曲:『最愛』 by 柏原芳恵

【本記事はポールマッカートニーとは関連のない記事となります】

⇒ 続きを読む 僕の好きな曲:『最愛』 by 柏原芳恵

関連記事

ポールのカタログ・リイシュー盤明日発売!・・・だけど

明日5月18日は、ポールのカタログ・リイシュー盤4タイトルの発売日である。

UICY-78803_Zvw_extralarge_jpg.png


本来ならばバンザーイ!と大喜びしたいところなのだが、同じタイトルを再購入する側にしてみれば何のメリットもない「ただの再発盤」であり、何度考えても煮ても焼いても食えない企画であることに変わりはない。

それに、日本語としてまだ十分に認知されているとは思えない「リイシュー」という言葉を使って「なんとなくファンを誤魔化そうとしている雰囲気を感じてしまうレコード会社の戦略」もまたまた気に障ってしまうのである(ごめんねポール)。

せめて新しいファン向けに価格だけでも安くしてほしかった。だが日本盤がこれまたバカ高いので、新しいファンの方々には海外盤の購入をオススメしておきます!

ケイオス・アンド・クリエーション・イン・ザ・バックヤード(海外盤)

NEW(海外盤)

ウイングス・グレイテスト・ヒッツ(海外盤)

スリリントン(海外盤)

というわけで、残念ですがこの話題はスルーさせていただきます(笑)。


代わりにといってはなんだが、もうすぐ発売50周年を迎えようとしているビートルズのホワイトアルバムの再発売について少しだけ思うところを書いておきたい。

なんといってもあの『サージェント・ペパーズ』のリミックスで世界中の度肝を抜いたジャイルズ・マーティンが「次はホワイトアルバム」と明言したのだから当然期待してしまう。

なにしろ天下の『サージェント・ペパーズ』様である。

ビートルズのまさに全盛期、偉大なる親父(ジョージ・マーティン)が死ぬほど時間をかけて完璧に作り上げた名盤中の名盤である。

言ってみれば全人類にとっての宝である。世界的文化遺産である。

その完璧な作品に、わざわざ手を入れて再構成し直そうとしたのだから恐ろしや・・・。並みの神経の持ち主には到底引き受けられる仕事ではない。もしも失敗した場合には世界中に何億人もいるビートルズファンの集中攻撃を受けるであろうし、仮に万が一成功したとしても、特にマニアと呼ばれる人々の批判からはどっちにしても逃れられない運命にある。なぜなら、彼らビートルマニアは絶対に細かい欠点を見つけては、あーでもないこーでもないと永遠に論じ続けるだろうからだ。

だが結果的に『サージェント・ペパーズ』リミックス版は、大方の予想を裏切って高い評価を得たと思うし、僕などはもろ手を挙げて大絶賛。過去記事にも書いたが、もうリミックス版しか聴かない、とさえ思えるほどの激しい惚れ込みようだった。

参考記事:21世紀のビートルズ ジャイルズに全権を与えよ!

とにかく、少なくとも「もう一つのサージェント・ペパーズ(Alternative Sgt. Pepper's)」と呼べるほど高いクオリティのヴァージョンが出来上がったことだけはたしかだ。

今にして思えば、この仕事は子供の頃から父親ジョージ・マーティンはもとより、常にビートルファミリーのそばにいて家族同然の付き合いをしてきたジャイルズだからこそ成し得た偉業ではなかったかと僕は思っている。

そんな彼が『サージェント・ペパーズ』に続いてあの『ホワイト・アルバム』のリミックスを手掛けるというのだ。

これはもう期待しないほうがおかしいだろう。

特にホワイト・アルバムにおけるポールの活躍ぶりを完全に神懸かっていると評価し、かつてはオカルト論まで展開したことのある僕にしてみれば、いったいどんな音でこのアルバムが生まれ変わってくるのかを本当に楽しみにしている。

4人の個性が最も際立つこのすばらしいアルバム・・・。その異様な空気感、息づかいまでもがリアルに再現されることを僕は期待しているのだ。

参考:サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)

広告リンク
中高年の為の恋愛応援サイト
【まずは無料体験!】


便利がいっぱい!生協の宅配サービス お申し込みはコチラ

関連記事

無料でコンテンツを楽しみ尽くす!(動画編)

【本記事はポールマッカートニーとは関連のない記事となります】

⇒ 続きを読む 無料でコンテンツを楽しみ尽くす!(動画編)

関連記事

有料級の情報です

今インターネット上にはひと昔前には絶対に考えられなかったような情報がゴロゴロしている。

時代の流れを強く感じてしまう・・・。

で、今日僕が読者の皆さんと共有する情報というのも僕にとっては信じられないような類いのものである。

というのも、僕自身が最初信じられなかったからだ。

内容的にもあまり拡散すべきものでもないかもしれないので、ある日突然記事を削除することもあり得る。

ということを前置きした上で、以下のページをご覧ください。

https://www.youtube.com/user/JimmyMcCullochFan/videos?disable_polymer=1

ひと言でいえば宝のような音源が山盛りである(笑)

音もよいし、本当に聴きごたえがある。では、お楽しみください!!

広告リンク
カープライスの「独自オークション」は、中間業者なしで高額買取できる

在宅ノンアダルトチャットレディ募集中★

関連記事

ネットで車を売ってみた

【本記事はポールマッカートニーとは関連のない記事となります】

⇒ 続きを読む ネットで車を売ってみた

関連記事

米ドラマ『リベンジ』とエミリー・ヴァンキャンプ

【本記事はポールマッカートニーとは関連のない記事となります】

⇒ 続きを読む 米ドラマ『リベンジ』とエミリー・ヴァンキャンプ

関連記事

今後はますます自由に記事を書いてゆきます

当ブログは、言わずもがなポールマッカートニーのファンブログである。

しかしながら、近年ポールとはまったく関係のない話題も書きたいと思うことが多くなった。

以前はブログを分けて書いていた時期もあったのだが、それも管理がけっこう面倒だったりするのです・・・。

というわけで、今後はポールと関係のない記事は冒頭でその旨を明記し、読者の利便性を図ることにした。これによりポールの記事以外に興味がない人は記事をまったく読まずにスルーすることが可能になる。

これで僕もますます自由に記事が書けるようになるということで、一石二鳥のアイディアだと思っている。今後ともよろしくお願いします。

関連記事

ポール、名誉勲章を授与される

2018年5月4日、ポールはイギリスのエリザベス女王より、名誉勲章を授与された。

ポールが今回授与された勲章の名称は「コンパニオンズ・オブ・オーナー勲章(Order of the Companions of Honour)」

ご存知の通り、ポールは過去イギリス王室より、ビートルズ時代にMBE勲章、そして1997年にナイトの勲章を授与されており、今回が3度目の受勲となる。

DcXkr2sW0AAUalH.jpg

DcWYH-dXcAABZfV.jpg

meiyojyukun1.jpg


ちなみにイギリスの勲章についてはよく知らなかったので調べてみたところ、勲位は基本的に5段階あり、ポールがビートルズ時代に授与されたMBE勲章はよく知られているように5段階中の最下位に位置付けられている。僕が子供の頃に読んだ本には、MBE勲章があまり価値がないような書かれ方をされていたが、とんでもない。5段階の最下位であってもこれだけですごいことに違いはない。

ポールが2度目に受勲したナイト(ナイト・コマンダー)は上から2番目の2等勲に当たる。この時点で、この上はあと一つ、1等勲の「ナイト・グランド・クロス」だけと思われそうなのだが、実は1等勲と2等勲の間に位置するものとして今回ポールが受賞した「コンパニオンズ・オブ・オーナー勲章(Order of the Companions of Honour)」があるらしい。

というわけで、序列としてはポールは今後1.5等勲(あたり?)に位置することになるというわけだ。

ちなみに英国第1等勲「ナイト・グランド・クロス」(すげえ名前だなぁ、笑)の受賞者は、ざっと見たところそのほとんどが政財界の有名人、大物ばかりで、音楽家、芸術家と思われる人は見当たらなかった(全員を確認したわけではないので、いるかもしれないが)。つまりは現在はここが大きな壁になっていると思われ、ある意味妥協案として1.5等勲的なコンパニオンズ・オブ・オーナー勲章が存在しているのではないかと一般市民の僕などは想像する。(が、この考えは全く間違っているかもしれない)

結論として、ポールは英国勲章の観点からしても、現状ロックスターとして考え得る最高位、頂点に登り詰めてしまったということになる。つまり、生きながらにしてまた一つ伝説を作ってしまったということだ。

ほんとうにおめでとう、ポール!!


Macca Go Go Go!管理人も参加し、収益を上げている副業ビジネスはこちら

関連記事

『人志松本のすべらない話』はやっぱりオモロイ!

【本記事はポールマッカートニーとは関連のない記事となります】

⇒ 続きを読む 『人志松本のすべらない話』はやっぱりオモロイ!

関連記事

過去の人気記事を紹介(4)

GW特別企画も今日が最終日となった。皆さんよい休日だったでしょうか。

さて最終日の今日は、2008年にポールがサンデータイムズ紙に投稿した手記をお届けする。

記事は手元に英語しかなかったので自分で訳したのであるが、当時訳していて「ポールって意外といい文章を書くんだな」と感心しながら記事を書いていたのを思い出す。

そもそもポールの手記自体があまりお目にかかれるものでないし、また今回の手記の内容がリンダについて書かれたものとなっているのでファンにとっても興味深いのではないかと思い選んでみた。

ポール、リンダについて語る その1

ポール、リンダについて語る その2

広告リンク
出会いをプロデュースして26年!老舗の優良出会い系サイト『ミントC!Jメール』

関連記事

ポール、ジョージ、リンゴ最後の写真

皆さんはポール、ジョージ、リンゴが一緒に写った最後の写真というのを見たことがあるだろうか?

僕は今まで見たことがなかったのだが、ネットで見つけてしまったのでここに公開させていただく。


threetles2000.jpg


撮影時期は2000年。撮影者はなんとパティ・ボイドだという。

ということは、ビートルファミリーが一同に会したパーティーかなにかで撮影された写真、ということだろうか。

もし何か情報をお持ちの方がいれば教えていただけるとありがたいです。(ひょっとしたらポールの結婚式かとも思ったが2002年だった)


ジョージが亡くなったのが2001年だから、その約1年ほど前の写真ということになる。

いやあジョージ楽しそうだなぁ。リンゴに無理やり酒でも飲まそうとしているのだろうか(笑)

なかなか微笑ましいショットである。


ポールはそういえば当時短髪だったよね。当時付き合っていたヘザーの影響?あんまり似合ってなかったけど(笑)

ビートルズアンソロジープロジェクトのおかげで、スリートルズと呼ばれるポール、ジョージ、リンゴが一緒に写っている写真がかなりの数残されたことは、今思い返しても本当によかったと思う。見るたびになんかホッとしてしまうのは僕だけではないだろう。

ついでに3人が一緒に写ってる写真を2枚オマケでどうぞ。

thesunthreetles.jpg

リンゴの結婚式

広告リンク
新しい出逢いから、豊かでときめく人生を
もう一度はじめてみませんか?【登録無料】


【簡単3分】あなたにピッタリのお相手がわかる!IBJメンバーズ

関連記事

過去の人気記事を紹介(3)

GW特別企画、第3回目の今日はポールの日本公演関連の記事を2本ご紹介する。

2013年の日本公演「アウト・ゼア・ツアー」は、僕にとっては約20年ぶりのポールのライヴ参戦だった。(というのも、僕は2002年のライヴには行かなかったからだ)。

ライヴは演奏者側にとっては一つでも、観る側にとっては当日の様々な状況によって千差万別の印象、結果をもたらすもの、と僕は思っている。

当日の自分の体調、精神状態、会場の大小、座席の場所、音響設備、隣に座る人、そしてその日の演奏者の出来の良し悪し・・・。

それらすべての条件がある程度満たされた時、人はそのライヴが最高だったと思うだろうし、たとえば50%しか満たされていなかったとしたら、あまりよくないライヴだったと思うだろう。つまりはかなり運に左右される部分が大きいということだ。

そういう意味で、2013年の東京ドーム公演は、僕にとって上記の条件すべてが完璧に近いほどに満たされたライヴだったのである。

その感動をライヴ鑑賞直後の深夜、ホテルの机で一人パソコンに向かって興奮しながら書いたのが以下の記事である。

こんな人はもう出ない

もう一つの記事は、2013年の日本公演終了後、ポールに感謝の気持ちを込めて書いたものである。

ポールが残してくれたもの

2013年のライヴは本当にすばらしかった・・・。

広告リンク
出会い系SNSサイト『デジカフェ』

「エニシー」恋愛婚活マッチング。登録無料\0

関連記事

過去の人気記事を紹介(2)

2回目の今日は、ポールの愛息ジェームスに関する記事を2つ紹介する。

ジェームスについても日本ではあまり記事にされることがないと思うので、どちらもなかなか貴重な内容だと思う。

1つめの記事はこちら:『優しき父よ

2つめの記事はこちら:『ジェームス、挫折の日々と家族について語る


記事にもある通り、ジェームスは紆余曲折へ経て音楽の道を進むことを選んだ。B4の息子としてはジュリアン・レノンや、ザック・スターキー、ダーニ・ハリソンに比べると世間の注目度は低いようだが、実は僕自身は彼の才能を高く買っている。彼はルックスでだいぶ損をしていると思う。まずは痩せないとね。

とにかく歌えるし、曲も作れる。ポールゆずり?のギターの腕前もなかなかのものだ。

最後にこちらの動画を見ていただきたい。やはり天才の遺伝子を感じないだろうか?僕は単純にすばらしいと思う。がんばれジェームス!

https://www.youtube.com/watch?v=nhBzjIxHwvc

参考:ジェームス・マッカートニーのアルバム
Blackberry Train

Me

広告リンク
世界最大規模の音楽ストリーミング配信サービス【AWA】

dヒッツ/初回31日間無料

関連記事