アメリカでのアルバム売上データ(2) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » アメリカでのアルバム売上データ(2)

アメリカでのアルバム売上データ(2)

読者の方々から1点重要なご指摘をいただいたので、先に進む前にその点について確認しておこうと思う。

「『ヴィーナス・アンド・マース』は大ヒット『バンド・オン・ザ・ラン』のあとで期待も十分、また実際に期待を裏切らない内容であったにもかかわらず120万枚は少なすぎるのではないか?」

「『ヴィーナス・アンド・マース』はアメリカで予約だけで200万枚いったのでは?」

なるほどなるほど、これは非常にごもっともなご指摘である。というわけで、ウィキペディアで調べてみたら以下の事実が判明した。

日本語版ウィキペディアには「アメリカでは予約だけで200万枚を超える大ヒットとなった。」という表記があるが、英語版には全くそのような表記がない。

日本語版: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B9_(%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0)

英語版: https://en.wikipedia.org/wiki/Venus_and_Mars_(Wings_album)

さらに英語版の「Certifications & Sales」の項目にはハッキリと以下の通り明記されている。

United States (RIAA)  Platinum  1,000,000

これはアメリカレコード協会(RIAA)がこのアルバムをプラチナアルバム(100枚以上)と認定したことを示している。もし200万枚以上であれば「2×Platinum」等の表記となる。たとえば実際に『バンド・オン・ザ・ラン』のページに行ってみると、「3×Platinum」の表記があったので各自ご確認いただきたい。

というわけで、あくまで可能性、推測の域を出ないのだが、「アメリカだけで予約200万枚」というのはなぜか日本でだけ流れた噂、もしくは意図的な宣伝であった可能性がある。もう一つ、当時は売り上げを出荷枚数でカウントしていたので、当初200万枚の注文があったが、出荷前に半分ほどはキャンセルされた、ということが「あくまでも可能性」としては考えられるのだが、この線は非常に薄いだろう。

よってウィキペディアの情報を見る限り、今回のデータに大きな誤りはなかったと考えられるのだが、もしさらに反証するようなデータ、事実等々があればコメントをいただければありがたい。

ただ、上記の事実云々は別にしても個人的には『ヴィーナス・アンド・マース』は『バンド・オン・ザ・ラン』に勝るとも劣らぬロック史上の名盤であり、当時の盛り上がりやウイングスの人気などを考慮すると100万枚程度の売り上げでは到底納得のできない部分があることだけは付け加えておきたいと思う。本来300万枚以上は売れてしかるべきアルバムなのである。

参考:ヴィーナス・アンド・マース (スーパー・デラックス・エディション)(DVD付)

コメント
非公開コメント