ポールのニューアルバムは2017年!!その3 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » ポールのニューアルバムは2017年!!その3

ポールのニューアルバムは2017年!!その3

さて今日はポールの最新インタビューから一部を抜粋してお届けする。

Q:今回のツアーではソロアーティストとして初めて『ハード・デイズ・ナイト』と『ラヴ・ミー・ドゥ』を披露されていますね。それらを今までやらなかった理由は何なのでしょう?

ポール:以前は自分の曲でないものをやることに抵抗を感じていたものだよ。『ドライヴ・マイ・カー』ならやるけど、『ヘルプ』は避けるといったぐあいにね。というのも、それはどちらかといえばジョンの曲だからだ。でも、そういった堅苦しいことは考えないで済むようになったよ。ただ単にいい曲だからやってみたいと思えるようになったんだ。あるときラジオから『ハード・デイズ・ナイト』が流れてきてね。「ワォ、なんていい曲なんだ」って思ったんだよ。そしてジョンと僕はこの曲で2人がリードヴォーカルを取ることにとても興奮していたことを思い出したんだ。というのも、当時はそういうことは誰もやっていなかったからね。イントロのコードだって最も有名なものの一つだしね。

Q:前回ニューアルバムを出してから約3年経っていますよね。作曲するときに何か決まりのようなものはあるのですか?曲は座って書くのですか?

ポール:今年はツアーが多いから、問題はどうやって時間を作るのかということだね。たしか去年サンパウロにいた時だったと思うけど、丸1日全く何もすることがない日があった。そのときは妻のナンシーもいなかったし、僕は朝ゆっくり起きてぶらぶらしていたんだ。すると突然3、4時間全く何もすることがない時間があることに気が付いた。そういうときが理想といえば理想だね。結局そのときに1曲書いたから。

Q:そのあと曲を発表できるレベルに仕上げるプロセスもありますよね?

ポール:時々レコーディングスタジオに入ってデモをチェックすることがあるんだ。とにかく未完成の短いデモが数えきれないくらいあるんだよ。携帯用の録音機や、ボイスメモなんかができたおかげでとても便利になったわけだけど、実際はそうとばかりは言えないんだ。なにしろ数が多すぎて収拾がつかないからね。

Q:iPhoneを持ち歩いて、それで録音するなんてこともあるんですか?

ポール:そうだね、いいアイディアが浮かんだときはね。何かを見たときはそのときの状況を思い出せるようにノートパッドに書き残したり、ボイスメモに録音したりもするよ。ただ大変なのはそういった細切れをいかにして一つに繋ぎ合わせるかなんだ。だから今年僕はプロモーターにこう言ったんだ、「今年のツアーは10月で終わりにしよう」とね。なので今年はそれ以降何も予定を入れるつもりはないよ。来年中にアルバムを出したいからね。

『ピュア・マッカートニー』の選曲について
Q:選曲にはどのように関わられたのですか?

ポール:本当の事を言うとね、このアイディアはニューヨークオフィスの女性従業員から出たものなんだ。彼女はすごい音楽ファンでね。しかもいい耳を持っているから僕も一目置いているほどなんだけど、彼女があるときこう言ったんだ、「あなたの曲を聴き込んでプレイリストを作ってみました」とね。そんなわけで彼女がそのプレイリストを僕に渡し、僕もそれに加わったというわけさ。

Q:一つだけ文句を言わせてください。『フラワーズ・イン・ザ・ダート』です。あのアルバムがどれだけすばらしいか、僕は何時間だって語ることができますが、あのアルバムからただの1曲も選ばれていませんよね。

ポール:それはアーカイヴリリースが理由だね。次のボックスセットがあのアルバムだったから。僕たちはあのときあのアルバムの準備で忙しかった。だから彼女は外したんだと思う。

Q:そのリリースは完全版になるのでしょうか?あなたはエルヴィス・コステロとたくさん曲を書き、その多くが公式にリリースされていませんよね?

ポール:それらのデモは本当にエキサイティングな目玉の一つになるだろうね。僕たちはこのパッケージでそれらを発表する。これはまだ言っていいかどうかわからないんだけど・・・。君が『フラワーズ・イン・ザ・ダート』のファンなら、このリリースは本当にすごいことになると思うよ。というのもその内容がすばらしいからだ。エルヴィスにこのパッケージを見せたら、彼とても喜んでいたよ。(続く)

参考:
『ビートルズ・ライヴ・アット・ザ・ハリウッドボウル・ライヴ』
アマゾン
国内盤 / 海外盤 

タワーレコード
国内盤 / 海外盤

HMV
国内盤icon / 海外盤icon


コメント
非公開コメント

ニューアルバムを引っ提げて来年秋に来日ですかね?

ジョンがメインで書いた曲を演奏することに抵抗感がなくなったなら、ぜひ、オープニング『抱きしめたい』、2曲目『シー・ラブズ・ユー』をやってほしいものです。異常に盛り上がると思うんですけどね。

2016-08-25 20:08 │ from ゆうURL

ゆうさん

前回NEWの発売後、初めてツアーをしたのが日本でしたからね。十分にありえるのではないでしょうか。

『抱きしめたい』『シーラヴズユー』やってくれないかな~。

2016-08-26 05:26 │ from 管理人URL

ビリー・ジョエルとニューヨーク・シェア・スタジアムのライブで共演したとき、ビリー・ジョエルが『シー・ラブズ・ユー』をやろうと提案したら、ポールは断ったらしいですね。

でも『ア・ハード・デイズ・ナイト』をオープニングナンバーとして取り上げるくらいだから、もうわだかまりもないのでしょう。

期待したいですね。

2016-08-27 16:40 │ from ゆうURL

ゆうさん

ポールはジョンとの曲を他のアーティストとやることに抵抗があったのかもしれないですね。今のバンドなら何をやっても不思議ではないので期待しましょう(笑)。

2016-08-27 20:08 │ from 管理人URL