『シェア・スタジアム・ライヴ』のセットリスト - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ » 『シェア・スタジアム・ライヴ』のセットリスト

『シェア・スタジアム・ライヴ』のセットリスト

まだ日本でだけ公式発表されていないのが少し気になるが、海外の公式サイトでは『シェア・スタジアム・ライヴ』は9月に公開されるビートルズ映画の一部としてお披露目されることが正式にアナウンスされている。

http://thebeatleseightdaysaweek.com/

4K映像として完全修復された『シェア・スタジアム・ライヴ』は30分のコンサートフィルムとして生まれ変わった。今回の発表は栄光のビートルズの歴史に新たな1ページを書き加えるものとなるだろう。特に僕のようなオールドファンには涙がちょちょ切れるような出来事である(笑)。
セットリストは以下の通り。

Twist and Shout
She’s a Woman
I Feel Fine
Dizzy Miss Lizzy
Ticket to Ride
Everybody’s Trying To Be My Baby
Baby’s in Black
Act Naturally
A Hard Day’s Night
Help!
I’m Down

あとは日本での公式発表を待つのみだ。

参考:
ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years公式サイト

オンラインチケット予約・購入 ローチケHMV icon

オンラインチケット予約・購入 チケットぴあicon


コメント
非公開コメント

シェア・スタジアム・ライヴ

こんばんは。

昨日、新宿のシネコンへ行った際、Eight days a weekのフライヤーを手に入れました。(ムビチケはすでに購入済みです)
そこには、「劇場限定で『シェア・スタジアム・ライヴ』の上映も決定」と載っていました。
よかったです^^

また、本作の公式ツイッターによれば、
「公開に先駆け、UK時間9月15日(木)18:00から、イギリス・ロンドンのレスター・スクウェアで、ワールドプレミア・レッドカーペットイベントが開催決定!
レッドカーペットには、本作の監督ロン・ハワードのほか、ポールマッカートニー&リンゴ・スターも登場!!その他豪華ゲストも予定されています。
そのイベントの様子を、日本でも9月16日(金)AM2:00からライブビューイングすることが決定いたしました。さらに、9月22日(木・祝)の日本公開よりひと足早く、映画本編もご覧いただける上映会付きでの開催となります!!」
とありました。
会場は東京・新宿と大阪・梅田の二館。料金は2,500円(税込)。
チケットは、ネットなら9月3日(土)0:00~(9月2日(金)24:00~)発売だそうで、私はぜひチケットをゲットしたいと思っています^^

2016-09-01 01:07 │ from 千尋URL Edit

千尋さん

情報ありがとうございました。早速記事でシェアさせていただきました。チケット取れるといいですね。私もトライしてみたいですが即完売になってしまう気もします・・・。

2016-09-02 05:15 │ from 管理人URL

シェアスタディアム

初めまして。
 もう40年は経っているが、中学のころ、まだパソコンや携帯のない時代、どうやってみたか忘れたが、シェアスタディアムの映像には熱狂した。
ヘリで球場に向かう4人や嬉々として球場に入る観客、前座がやたらバカっぽく、早くビートルズを出せと叫ぶ観客。
エド・サリバンのアナウンスで、ステージまで走る4人を包むカメラのフラッシュ。ネットにしがみつく少女たちや運ばれる意識のない少女。
グランドを走るおばさんを見ておどろくジョン。。
これらの映像がよみがえるのは大変楽しみ。。

2016-09-06 11:55 │ from TakeURL

Takeさん

ほぼ同年代でしょうか。楽しみですね。昔は映像を見れること自体が滅多にないことでした。

2016-09-06 20:47 │ from 管理人URL

また昔の話。中学か高校のころ、夜中に「空飛ぶ宇宙船」というFM番組があり、何と海賊版(bootleg)のハリウッド・ライブをやってました。
堂々とbootlegを流していましたが、興奮とともに、bootlegを流していいのかという疑問。ご存知のように、これを基に、ジョージ・マーティンは
公式ライブ盤を作ったのでした。最後のlong tall Sallyは圧巻です。

2016-09-07 10:21 │ from TakeURL

shea stadiumの前座"sounds"

shea stadiumの前座"sounds"は
https://www.youtube.com/watch?v=ypJdKqw3FpQ
" Around The Beatles " (1964)
ジョンの後ろ観客席2階で踊っている人達
"shout"の場面で映る、ナイナイ岡村似の人がボーカル?
ではないかと思うのですが、どうなのかな。

2016-09-07 13:11 │ from nabiURL Edit

Takeさん

昭和の時代は今から見れば何でもありの時代でもありましたね。懐かしい。

2016-09-08 05:12 │ from 管理人URL

nabiさん

前座はSoundsと言うのですね。長年ビートルズファンやってきて初めて聞きました(笑)。

2016-09-08 05:14 │ from 管理人URL

いつもロムってます

ちょっと気になったので。
海賊盤をもとに作ったというのはちょっと誤解を生むかもしれません。
公式にライブアルバムが発表されていなかったビートルズ。
そんなか『ウイスキーフラット』等の海賊盤がヒットし、市場を荒らされます。
さらに追い討ちをかけたのが『スタークラブライブ』の公式発売(ビートルズ側は訴訟しますが敗れます)。
ビートルズ側(EMI/キャピトル)はEMI倉庫に眠っていたハリウッドボールライブのテープを引っ張り出し、ジョージマーティンが入念にリマスターし発売したというのが事実です。メンバーは最後まで録音状態の悪さ(だからオクラになっていた)を理由にいい顔しなかったといわれていますね。

ハリウッッドボールの海賊盤は流出音源がもとかもしれませんが公式のハリウッドbowlライブはれっきとした正規音源です。

余談ですが、ウイスキーフラットはフィラデルフィア公演といわれていますが、この録音が正規で残っているなら公式発売してほしいですね。すごい演奏です。

2016-09-08 11:58 │ from ジョシュURL Edit

今はポール1人で、3時間近く

一度書いたかも知れませんが、1976年11月
ロッテの懸賞で当籤し、中野サンプラザで鑑賞。
ポールに惚れた。この時も、MMTの曲の場面を観ました。
二度目は、1977年夏だったか
http://eiga-chirashi.jp/view_item.php?titleid=251
新宿京王地下で、MMTと二本立て。
前座のバスドラムに、"the Sounds"と有った記憶が。
今はポール1人で、日本でも2時間30分以上、英国だと
MCも長くなるので3時間!演ってくれるから有難いです。
当時も、ポールはもっと演りたかったのでは無いかな。

2016-09-08 13:49 │ from nabiURL Edit

ジョシュさん

詳しい解説ありがとうございます。海賊版対策という側面はあったということですね。

2016-09-09 05:10 │ from 管理人URL

nabiさん

私は関西出身なので、昔の東京の思い出話などを聞くと「カッコイイなあ」と思ってしまいます(笑)。実は私ビートルズ解散してよかった派です。他のメンバーがいるとポールの出番が減るから(笑)。私にとってはレコードもライヴもすべてポールで良いのです。

2016-09-09 05:15 │ from 管理人URL

ジョシュさんに感謝

海賊版についての解説、ありがとうございました。
今日発売のライブ盤もいいのですが、ツイスト アンド シャウトからのユーキャントドゥザットの流れが好きです。
bootlegでの順ではこうでした。

2016-09-09 16:20 │ from TakeURL