今ひとつ盛り上がらないOne On One Tour - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのライヴ » 今ひとつ盛り上がらないOne On One Tour

今ひとつ盛り上がらないOne On One Tour

ファン待望の新しいツアー、One On One Tourが始まってから約1か月が経過したが、個人的には全くテンションが上がってこない・・・。理由はけっこうハッキリしている。一つはツアータイトルは変わったものの、実質的には前ツアーOut There Tourと内容的にほとんど変わらないと思われること。もう一つは今のところポールの声の調子が今ひとつであるということである。

このままの状態でもし日本公演が決まったとしても、正直言って行くかどうかはわからない・・・と思えるほどの状況なのである。ポールが元気でツアーを続けてくれるのは嬉しい限りだが、コンサートに足を運ぶファンのおそらく半分以上はリピーターなのだから、やはり曲目や演出には気を配ってほしいというのが本音である。『ハード・デイズ・ナイト』と『ラヴ・ミー・ドゥー』を聴くだけのために2万円を払うというのは一般庶民の感覚からはかなりかけ離れていると思わざるをえない。

じゃあ、行かなければいいじゃんと言われてしまえばそれまでなのだが、ファンの心理というのはそんなに単純なものでもないからそこがまた面倒なのである(笑)。

しかし、一歩下がって事を見直してみると、ポールが1966年から1990年までなんと24年間も日本に来ていなかったという歴史的事実があり、2002年から2013年まで11年間も日本に来ていなかったというもう一つの事実があるのである。そう考えれば来てくれるだけでありがたいと思わないわけにはいかない。特にアジアでは日本だけが特別なのだから。

もう一つツアーをつまらなくさせてしまっているのは、今やネットで簡単にライヴの様子が確認できてしまうというところにある。ライヴのわずか数日後にはショーの初めから終わりまでが無料で見れてしまったりする事もいつの間にか当たり前のようになってしまった。これでは感激が薄れてしまうのも無理もない。

こうしてイエスとノーの狭間で葛藤を繰り返す僕がいる。行くのか、行かないのか・・・。まだ日本公演が決まってさえいないのに(笑)。そして、もう一方では未だに『ピュア・マッカートニー』を購入する理由を見つけられない自分がいる。なんだかスッキリしない今日このごろなのであった。

参考:
Pure McCartneyデラックスエディション国内盤
HMViconAmazonTower Records

Pure McCartneyデラックスエディション海外盤
HMViconAmazonTower Records

コメント
非公開コメント

たしかに、動画サイトで簡単にライブが見れてしまうのは、感動を薄れさせる要因だなと読んで改めて感じました。
僕は、今大学生なので、生まれた時にジョンレノンはもう他界していました。物心がついたころにはジョージも亡くなり、当然その時は名前すら知らないので悲しむこともないです。
中学になり父の影響でファンとなり、ポールやリンゴと同じ時間で生きてるというのがとても誇らしく、感激したと同時に最高の2人とは共有できなかった悲しみもありましたね。
若い頃のポールも見たことがないですし、今はもう良いおじいちゃんのポールです。個人的に会えるというだけでも僕は買ってしまうな~と思いますねw

『ピュア・マッカートニー』に関してはジャケがかっこいいので迷わず買います。
ウィングス時代のポールというのはあまり聴いてきませんでした。理由はビートルズ時代の声とだいぶ違うし、サウンドもその年代に合うサウンドで個人的にビートルズ時代のほうが好きだったからです。
しかし、踏み込んで聴くと、ぜんぜんかっこよくて聴いてて楽しいです。

最近駄作はあるのか?という記事がありましたが、逆の、これはすごい!というのも知りたいな~と初心者としては思います。 

2016-05-21 08:52 │ from こうURL

こうさん

素直なコメントですね。ありがとうございました。生まれたとき、すでにジョンは他界していたなど、ハッとさせられるものがあります。私は物心ついたときはすでにビートルズは解散していて、それだけでもかなりショックでしたが、ジョンが生きていたときや、ウイングスをリアルタイムで知っていただけでも恵まれていたのだなと思います。すごいという話は過去記事でたくさん書いてますので、よかったらまた読んでみてくださいね。

2016-05-21 20:09 │ from 管理人URL

大変お久しぶりです。 管理人様宛てにはいったん引退宣言をしたのですが、このところアップが久しいので(自分のブログも同じだが…笑)ちょっと喝を入れようかと戻ってまいりました(メーワクでしたら削除のほどをお願いいたします…笑)。

最近とみに感じるのですが、ポールの声って、もう若いときのレベルは望まないほうがいいのではないか、という気がします。 ボイストレーニングは採用してるのかな? それでももうあのトシですからね。 ジョージマーティン、トニーバーロウなど先立つ人も目立ちます。 「ジ・エンド・オブ・ジ・エンド」 が近付いている。 哀しい現実。

6月に発行される最新のインタビュー本 「告白」 の表紙、ご覧になりました? 「ちょっとこの写真を使うのどーよ?」 と思うくらいシワクチャが強調されたポールのアップです(「フォー・ファイヴ・セカンズ」 PVのポール、ムチャクチャカッコいいのに)。 しかし私は予約いたしました。 ビートルズ本あさりのクセは止まりません(笑)。

「ピュア・マッカートニー」 の買い処は、「最新リマスター」 という部分だけでしょうかね(笑)。 しかもアーカイヴで出ちゃったヤツはそのままアーカイヴ音源で使うだろうし(笑)。 よーするにどーでもいい(意見には個人差がございます)。 ジャケは確かにカッコイイが、大昔のだしな~。

2016-05-23 07:52 │ from 橋本リウURL

リウさん

おかえりなさい。待ってましたよ!コメント返しは相変わらず薄いですが(笑)、よかったらまたご意見くださいね。『告白』はタイトルも意味深で、かなり気になります。内容よかったらまた紹介してください。

2016-05-24 05:24 │ from 管理人URL

思えば、あの「Another Girl」「Temporary Secretary」「Looking For Changes」が立て続けに披露された時期は夢がありました。

ポールはもう、選曲基準が「需要のある曲」から「声帯が耐えうる曲」へ遷移する時代なのでしょう。「Helter Skelter」が抜けた今、もう「Oh Darling」は期待できないということです。

2016-05-24 15:53 │ from TWICEURL

こんばんわ^^
確かに、昨今はすぐに映像を見ることができてしまうし、当日にはセットリストも出てしまうし、当日幕が開けるまでのドキドキ感、ワクワク感が薄れてしまってますね^^;
でも、私はポールが来てくれる限り、結果的には行くんだろうなぁと思います。
私もファン歴も浅い方で、ジョン・レノンが亡くなったときは、自分は6歳だったし、ジョージ・ハリソンの素晴らしさに気づいたのも彼の晩年の頃で、アルバムの殆どは後追い、来日公演にも行きませんでした。
なので、せめてポールについては、どんなに声が辛くても見届けたいなと思ってます。
ライブは一期一会ですし^^

今まで、海外アーティストで、また近々来るだろうなんて思って、見送った結果、それが最後になってしまった経験をしているので、ポールだけは絶対に、そんな後悔はしたくないと思ってます^^;

一昨日より邦楽では唯一大好きな氷室京介のライブを観に上京してました。
今回は、予めライブ活動からの引退を宣言してのライブでしたので、特に昨日の最終日はライブ開始直後から涙腺が崩壊し続けた状態でした^^;
でも終わった後は、みんな笑顔で、何だかさわやかな感じでした^^
上京ついでに、ライブ前に表参道で期間限定でやっているビートルズカフェに行ってきました^^
今度武道館で公演する『ザ・セッションズ』からの映像や、故ロバート・ウィテカーさんの写真などが飾ってあって、素敵なカフェでした^^

2016-05-24 22:04 │ from keiserURL

keiserさん

新しい記事にも書きましたが、同じファンとして最後まで見届けましょう。東京で楽しく有意義な時間が過ごせたようでよかったですね。

2016-05-27 22:21 │ from 管理人URL

TWICEさん

ポールは観客の反応にも我々ファンが思う以上に(異常に?)気を使うようですね。定番ソングを残すという傾向は今後も続いてゆくことでしょう。

2016-05-28 17:54 │ from 管理人URL

ライブは体力的にこれからもっと衰えていくと思いますが、アルバム『NEW』を聞く限り、創作意欲はまだまだ衰えていないハズ。
なのでライブより新譜を望んでいます。
もうあと何作出せるか…といった年齢ですし。
個人的には『NEW』の時にライブが見れて良かったと思います。
欲を言えば、全盛期のWINGSが見たかったですけどね(生まれてない)。

2016-06-05 17:11 │ from なつURL Edit

Re: タイトルなし

なつさん

私も個人的にはライブはもうやめて創作活動だけでいい派です。ただしこじんまりとしたスタジオライブは可。が、やはりライブは必要なんでしょうね。根っからのエンターテイナーですから。

2016-06-07 12:22 │ from 管理人URL