初めてのハイレゾイヤホン - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » お買いもの » 初めてのハイレゾイヤホン

初めてのハイレゾイヤホン

ポールのアーカイヴシリーズ(ボックスセット)もだんだんと数が揃ってきた(残るは『McCartney』と『McCartneyⅡ』のみ)。ボックスセットを購入する大きなメリットの一つはハイレゾ音源がポールの公式サイトから無料でダウンロードできることである。アーカイヴシリーズ発売初期はハイレゾ音源自体がまだそれほど一般的ではなかったから比較的軽視されていたところがあった。しかし、せっかくCDをはるかに凌ぐといわれる最高音質の音源が提供されているのにこれを使わないというのはあまりにもったいない話である。

というわけで、ハイレゾ音源対応のイヤホンを購入しようと思い立ったのだが、なんせハイレゾ対応の製品というのはとにかく高いという印象があった。1年ほど前に購入を検討したときも一番安いもので1万円を少し切るような価格だったと記憶している。ところが今調べてみると5千円を切る製品でもハイレゾ対応のものが手に入ることがわかった。これなら懐もたいして傷めずにハイレゾを体験することができるではないか、というわけで購入したのが以下のイヤホンである。

ELECOM ハイレゾ対応 ステレオヘッドホン カナルタイプ 9.8mmドライバ CH1000 ゴールド EHP-CH1000GD

ELECOMのイヤホンを買うのは初めてだったが、最近ヘッドホン関係ではこの会社の製品がかなり高い評価を得ているのは知っていたからそのあたりはあまり気にならなかった。実際に届いた製品を手に取った感想は、5千円以下とは思えないなかなかの高級感である。

さて肝心の音のほうだが、ハイレゾ音源以外でも僕が持っているどのイヤホンよりもいい音を鳴らしてくれる(使用機器はハイレゾウォークマンNW-A16)。とても素直で聴き疲れしない音だという感じがする。これならば大丈夫だろうと、半ば安心してハイレゾ版『タッグ・オブ・ウォー』を聴き始めた。正直言って最初は違いがよくわからなかったのだが、聴き込むにつれて音に深みと柔らかさを感じるようになってきた。そして音量を大きくしても耳に刺さらない。ひと言でいえば昔聴いたアナログレコードを彷彿とさせる心地よい音である。曲によっては今まで全く聞こえなかった音が聞こえたりというような経験もした。なにしろファイルの容量だけ比較しても14倍ほどの開きがあるのだから、それも当たり前なのかもしれない。まだまだ聴き込みが足りないが、音量をかなり大きくしてもうるさいと感じないのが今のところ一番大きなメリットだと感じる。

5千円以下の下位製品でもこれだけの音の違いが感じられたのだから、やはりハイレゾはすばらしいということになるだろうか。それにしても、さらに高い製品ならばどんな音を聴かせてくれるのだろうか。オーディオの世界は昔も今も深いのである。

参考:
ELECOM ハイレゾ対応 ステレオヘッドホン カナルタイプ 9.8mmドライバ CH1000 ゴールド EHP-CH1000GD
SONY ウォークマン A20シリーズ 16GB ハイレゾ音源対応 2015年モデル NW-A25 PM

コメント
非公開コメント