『ピュア・マッカートニー』収録曲レビュー その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » 『ピュア・マッカートニー』収録曲レビュー その2

『ピュア・マッカートニー』収録曲レビュー その2

『ピュア・マッカートニー』の収録曲を見て多くのファンが感じることは、「この曲を入れるなら、なぜあの曲が入っていないの?」というあたりだろう。もちろん曲の好き嫌いは人それぞれだし、特にポールのようなアーティストのベスト曲を選ぶ場合、万人を納得させるようなことは不可能なのだが、それにしてもあまりにバランスが悪いというのが僕の正直な感想である。

ポールは彼のチームと共に「ただ純粋に楽しめるものを」という基準で収録曲を選んだということだが、この収録曲リストを見るかぎり本当に心の底からポールの音楽が好きで、彼の全キャリアの曲を聴き倒した人が果たしてそのチームの中にいたのか??という疑問が当然のように湧き上がってくるのである。もしくは少し穿った見方かもしれないが、実際のところ選曲はほぼポール自身が行ない、ポールに意見できる人が誰もいなかったためにたとえば『Bip Bop』のような曲が入ってしまった、というような考え方も可能であろうと思う。

とにかくこのトラックリストを見て、改めて自分だけのベスト曲集を作ろうと思った人はきっとかなりの数にのぼるのではないだろうか(笑)。

問題点その1は、前回の記事でも書いた通り、ベスト盤なのにかなりヒットした曲が外されていることである。単純にチャートの順位だけで考えても英米で10位内に入った曲が4曲も外されている。これは他のアーティストならば考えられないことだろう。

『メアリーの子羊』(米28位、英9位
『愛しのヘレン』(米10位、英12位)
『テイク・イット・アウェイ』(米10位、英15位)
『スパイズ・ライク・アス』(米7位、英13位)

特に『メアリーの子羊』、『スパイズ・ライク・アス』、『愛しのヘレン』はアルバム未収録シングルであるから外すべきではなかったと思う。

問題点その2:アルバムごとの収録曲数に大きなバラつき
まずアルバム『フラワーズ・イン・ザ・ダート』『ラン・デヴィル・ラン』『ドライヴィング・レイン』からは1曲も収録されなかったこと。反対に『フレイミング・パイ』からは8曲も収録されている。このバラつき自体がポールの好き嫌いを直接的に反映しているように僕には思えてならない。『フラワーズ・イン・ザ・ダート』からは『マイ・ブレイヴ・フェイス』か『フィギュア・オブ・エイト』、『ラン・デヴィル・ラン』からは『ラン・デヴィル・ラン』、『ドライヴィング・レイン』からは『フロム・ア・ラヴァー・トゥ・ア・フレンド』か『ロンリー・ロード』か『ヘザー』のうちそれぞれ最低1曲は収録すべきだった。『フレイミング・パイ』に名曲が多いのは認めるが、それでも8曲は多すぎる(他のアルバムは多くても5曲)。しかも『ヤング・ボーイ』が入っていない!ここは『ソングス・ウィー・ワー・シンギング』、『グレイト・デイ』、『リトル・ウィロー』、『フレイミング・パイ』は外して『ヤング・ボーイ』を入れるべきだったというのが僕の意見だ。

問題点その3:アルバム未収録曲が少ない
今回のベスト盤。まあ入門者、初心者向けにはよしとしても、やはり長年ポールを追いかけてきたファンにとってはわざわざダブりの曲を買い直すだけの理由が欲しいものだ。よって以下のようにオリジナルアルバムには収録されていなかった名曲はぜひとも収録してほしかった。

『Vanila Sky』、『(I Want to) Come Home』、『サリーG』、『ワンダフル・クリスマス・タイム』、『ガールズ・スクール』、『アイルランドに平和を』、『カット・ミー・サム・スラック』

また欲をいえば、スカッとするような新曲を1曲入れてほしかった(昔のポールならそれができたと思うが、さすがにこれは贅沢か)。

最後によかった点を。
なんといってもアルバム『プレス・トゥ・プレイ』以降の曲が初めてベスト盤に収録されたことが嬉しい。最新アルバム『NEW』からも5曲も収録されていてただの集大成的なベストではなく現役感いっぱいのところもよい。ポールが今現在も現代最高のソングライター&パフォーマーであることを若い世代にも知ってもらいたいと思う。

参考:
Pure McCartneyデラックスエディション国内盤
HMViconAmazonTower Records

Pure McCartneyデラックスエディション海外盤
HMViconAmazonTower Records

コメント
非公開コメント

お初です。
最近、時々拝見させていただいています。
自己紹介させていただくと、ビートルズファン、ジョン、ポール同じくらいスキですね。

ビートルズでは
アビーロード、リボルバー
ジョンでは
ジョンの魂
ポールでは
ヴィーナスアンドマーズ
フラワーズインザダート

こんな感じでしょうか


今回のベスト、ファンであればあるほど触手が動きませんね。
新録音がでるまでのつなぎなのでしょうか?
つなぎならせめてライブ盤が欲しかったところです。
フラワーズから選曲がないのはポール自身がこのアルバムに愛着がないわけではなく、
ちかぢかリマスター盤が発表されるからに相違ありません!!


2016-04-08 22:18 │ from バッジョオURL Edit

バッジョオさん

リマスター盤が控えているからベスト盤から外したという意見はたしかにありますね。しかし、ベスト盤は後世まで残るものなので、やはり1曲ぐらいは入れるべきだったと個人的には思います。またコメントお寄せくださいね。

2016-04-09 07:15 │ from 管理人URL

はじめまして。
2年ほど前からこちらのブログの拝見しています。ポールの音楽が好きだという気持ちがすごく伝わってきます。

私はベスト盤「ウィングスパン」で、ポールの音楽に興味を持ちました。
今はアーカイヴコレクションで作品を集めています(デラックスで集めているので、管理人さんのスーパーデラックスを買ったという記事を読んで自分も買いたくなりました笑)。
今のお気に入りのアルバムは「ロンドンタウン」で、好きな曲は「しあわせの予感」です。
ポールの音楽は私をしあわせな気分にさせてくれます。

今回のベスト盤disc1~4まで曲をざっと眺めましたが、良い感じだと思いました。
なんだかポールが新しいファンに聴かせたい曲が並んでいるような気がしました。
「バニラスカイ」入ってたら嬉しかったですね。「ヤングボーイ」も好きな曲です。

何にしてもこのベスト盤で初めてポールの音楽を体験する方がうらやましいです。

2016-04-09 23:21 │ from tamiURL

tamiさん

スーパーデラックスはいいですよ(笑)。我が家の家宝です。ポールの音楽はホントに人を幸せにしてくれますね。

2016-04-10 20:33 │ from 管理人URL

難しい選曲

以前コメントさせていただいた事あったかもしれませんが、いつもこちらを見させてもらってるポールファンで、オーバーアメリカからリアルタイムの52の男です。

今回のベスト、賛否両論ありますが、まずは久々のベストを出そうとポールが思ってくれた事が嬉しく思います。特に90年以降の作品がエントリーした事はディープなファンとしては感激です。

80年代前半迄のチャートを賑わしていたころからの選曲が多くなりがちなのは仕方ないと思いつつ、最近の曲にもいいのはあるのにといつも思ってる自分は、来日公演では1日でもいいからビートルズ抜きのライブを夢見てしまいます。

しかし今回の選曲の偏りはちょっと疑問ですね。仰る通りポールの好み通りなのでしょうね? でなけりゃ、ロンドンタウンからDon't let it bring you downとかwild lifeからのbip Bopなんて選曲はあり得ないと思います。でも、そういう意味では今回C moonがないのは意外でしたね。

私もflaming pieは大好きですが、young boyの漏れは理解不能です。自分でpaul the best 100なんてプレイリスト作った経験を踏まえると、やはり67曲では網羅し切れないというのが答えかなと思います。

間も無くone on oneツアーも始まりますが、ビートルズよりも70年代以降作品からのセトリ入りにばかり興味は行ってしまってます。噂ではpipes of peaceやるとかsilly love songはまたも落選とか言われてますが期待は膨らむばかりです。

2016-04-11 21:02 │ from paul7829URL

paul7829さん

自分が作った曲の評価に関しては、ポールは昔から独特なものがありますね。ディープなファンはやはり自分なりのコンピレーション作成が答えでしょうか(笑)。

2016-04-12 05:54 │ from 管理人URL

いくらポール史において重要でも、未収録になった理由がわかる曲もあります。
(最近リストアップばかりしている気がしますね)。

1.期間限定の曲
「Wonderful Christmas time」

2.後に再発が控えている曲
「My Brave Face」「Put It There」「This One」

3.政治色がある曲
「Give Ireland back to the Irish」「Hope Of Deliverance」「C'mon People」

4.「ピュア」と言えるほどポールらしくない曲
「Rockestra Theme」「Spies Like Us」

5.ベスト盤には以前入れたし、もう一度入れるほどヒットしてないという曲
「Tomorrow」「C Moon」「Bluebird」「Daytime Nighttime Suffering」「Once Upon A Long Ago」

6.同じアルバムからもう沢山入ってるし、程々にしておこうという曲(じゃあ他のを落とせよという話だけど)
「Helen Wheels」「Young Boy」

「Getting Closer」「Take It Away」「Only Love Remains」の三曲についてはなにも思いつきません。多分ポールが嫌っているか、忘れているんだと思います。
明後日(日本時間)に控える「One On One Tour」では今回収録された曲目の演奏が期待できますが、逆に今回収録漏れした曲はライブで演奏される確率がぐんと減った気がします。

2016-04-12 16:40 │ from TWICEURL

最初は「なんでこのタイミングでベスト?」と思ったのですが、"MEMORY ALMOST FULL"が2007年だったことを考えると単純にヒア・ミュージックとの契約が10年で一区切りを迎えたということでしょうか。

予約はしたものの…選曲はかなり偏った印象で微妙な感じが捨てきれません。
CD2枚組の方の選曲で…曲順をちょっといじってライブをやってくれたら面白そうですけど。

まあ、今後もアーカイブ・コレクション以外の「新譜」もありそうなので、本当の意味でのオールタイムベストはまだまだ先、と思っておきます。

2016-04-12 23:29 │ from MARURL Edit

5月にBS11でポールのライブを放送するとのことです。2009年のシティフィールドスタジアムだそうです。視聴可能な方はぜひ。

2016-04-13 00:20 │ from zakmotmuyURL

TWICEさん

興味深いですね。ありがとうございました。

2016-04-13 06:01 │ from 管理人URL

MARさん

なるほどHearミュージック移籍10年というのは鋭い視点ですし、ありそうですね。昔も契約上の縛りで出したといわれる何チャラ・グレイテストなんかがありましたっけ(笑)。

2016-04-13 20:54 │ from 管理人URL

zakmotmuyさん

シティ・フィールドのはCD/DVDでも出てるやつと同じでしょうか?ポールのベストライヴの一つですから、これは盛り上がりますね。見れる人は見ましょう~。

2016-04-13 20:56 │ from 管理人URL