2015年のポール - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » その他ポールの話題 » 2015年のポール

2015年のポール

あと半月ほどで2015年も終わろうとしている。少し早いが2015年のポールの活動を簡単に振り返っておこう。

1月 ポールの再来日が決定。カニエ・ウェストとの共作曲『Only One』で、ポール26年ぶりに米トップ40入り。
     
2月 リアーナ、カニエ・ウェストとの共作曲『FourFiveSeconds』で、ポール31年ぶりに米トップ5入り。

4月 再来日公演。49年ぶりの日本武道館公演。

6月 ポール73才に

10月 『タッグ・オブ・ウォー』『パイプス・オブ・ピース』リマスター盤発売

11月 『ビートルズ1』ビデオリストア版再発売、日本で1位に

振り返ってみると、特に2015年前半は我々日本人にとって強烈な印象が残った1年になったと思う。それは再来日公演と、49年ぶりの日本武道館での公演。ファンにとってはとにかくこれに尽きるだろう。やはりホンモノのポールが日本に来ることの感動はなにものにも代え難いものがある。そういう意味で我々日本人は本当に幸せだ。
2014年悪夢の日本公演中止から、早くも翌年に約束を果たしての再来日、しかも武道館公演まで実現してくれたポールには感謝の言葉しか思い浮かばない。個人的には今年の東京ドーム公演は感動が薄かったのが残念だったが、武道館公演(スカパー録画版)はその印象をひっくり返して余りあるほどポール健在を強く印象づけるすばらしい内容だった。

ツアーについては10月22日のアメリカ、ナイアガラ公演を最後にポールはステージを離れている。また、今後のツアーについても今のところ発表はない。しかし、ポールのことだから来年もきっと精力的にツアー活動を続けてくれることだろう。我々日本人はもちろん2年連続での日本公演、できればアリーナクラスでの公演を期待したいところだ。

2015年もう一つの大きなニュースはポールがシングルチャートにカムバックを果たしたことである。ただ、チャートに入った2曲はいずれもポールがヴォーカルをとっていない曲。我々ファンとしては本格的なシングルチャートカムバックは2016年に持ち越しと考えたい。来年は願わくばオリジナルニューアルバムでシングル、アルバムの両方でチャート1位に返り咲いてほしい。

しかしながら結局のところ最も重要な事は今この瞬間にポールが生きて元気で僕たちと共にあることである。ファンにとってこれ以上の幸せはない。生きているだけでめでたい、サー・ポール万歳!

コメント
非公開コメント

しかしながら結局のところ最も重要な事は今この瞬間にポールが生きて元気で僕たちと共にあることである。ファンにとってこれ以上の幸せはない。生きているだけでめでたい、サー・ポール万歳!
→本当にそうですよね。僕は今20歳ですが、小学生の頃、あのビートルズのポールマッカートニーが生きていると知った時の驚きは忘れません。さらにまだ音楽活動をバリバリ行っている、、、それを知った時は嬉しくてワクワクが止まりませんでした。
今現在僕達と同じ時間を共有してることだけでも本当にめでたいことですよね。

2015-12-13 15:12 │ from たいしURL

たいしさん

わかっていただけますか。嬉しいです(笑)。100年後の人々はポールのような人がこの世に存在したことがきっと信じられないでしょう。僕たちは本当に貴重な瞬間を生きているのです。

2015-12-14 21:05 │ from 管理人URL

ご無沙汰致しております。

管理人さん、お元気ですか?ご無沙汰です。遠藤平吉です。
コメントはかなり超久々なのですが、ブログの方は欠かさず拝見致しております。

2015年も早いものであと十日となってしまいましたね。
今年もPaulやBEATLES関係、いろいろとありましたよね。

さて来年ですがまずPaulのArchive Collectionですが、何月かは分かりませんが、どうやら「フラワーズ・イン・ザ・ダート」のようですね。
1作だけですかね?ちと寂しいですね。
「ロンドンタウン」も出来ればお願いしたいところですね。

他には噂ですが来年はBEATLES来日50周年で、武道館ライブのBlu-ray&DVDが発売になるかもとか・・

来年も話題が尽きないと思います。
少し早いかもしれませんが、良いお年をお迎え下さいませ。
来年もまた宜しくお願い致します。


2015-12-22 00:56 │ from 遠藤平吉URL

上の遠藤平吉さんのコメントを見て今思いついたことを折角なので吐いてみます。

もし来年のアーカイヴコレクションが「Flowers in the dirt」の一作だけなのであれば、それは前後のアルバムである「Press to play」「Off the ground」のアーカイヴコレクションが単独で発売されることを意味します。しかし二作とも残念ながらポールの作品群では評価が低く、単独で発売されて売れるビジョンがまったく見えません。そして、よりによって両アルバムともアルバム未収録曲に重要な作品が多いです。特に「Pretty little head」のシングルバージョンはこのまま封印されるべきではない名バージョンです。。

また、おそらく「Flowers in the dirt」の目玉は例のフィルラモーンとのセッションの音源になることでしょうが、そのセッションの未発表曲「Return to Pepperland」は是非「Sgt. pepper's...」50周年に発表して欲しいと思っていたので残念です。


僕もこのブログを毎日チェックさせてもらっていますが、無理をなさらず、お体に気をつけてください。では良いお年を。

2015-12-24 19:21 │ from TWICEURL

遠藤平吉さん

お久しぶりです。いつも読んでいただきありがとうございます。よいお年をお迎えください。

2015-12-25 06:31 │ from 管理人URL

TWICEさん

いつも興味深いコメントありがとうございます。来年は記事更新がんばります(笑)。よいお年をお迎えください。

2015-12-25 06:34 │ from 管理人URL