ポールの曲:『ザ・マン(The Man)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『ザ・マン(The Man)』

ポールの曲:『ザ・マン(The Man)』

美しい曲である。

今回のリマスター盤発売で『タッグ・オブ・ウォー』よりもむしろ『パイプス・オブ・ピース』の良さを再認識したファンはけっこう多かったのではないだろうか。そして僕がもう1つ再確認したのはポールとマイケル・ジャクソンのコラボレーションのすばらしさだった。

純粋に共作という観点からみれば、僕はポールとマイケルのほうがスティーヴィーとのそれよりもはるかに成功したと思っている。一人のアーティストとして見たならば僕はスティーヴィーのほうがマイケルよりもずっと好きなのだが、ことポールとの共作に関してはスティーヴィーは「なくてもよかった」ぐらいにさえ思っているのである。『エボニー・アンド・アイヴォリー』はポールのソロで十分だし、『ホワッツ・ザット・ユー・ドゥーイング』に至っては特に入れなくてもよかった、いや他の曲に差し替えたほうが『タッグ・オブ・ウォー』はもっといいアルバムになったぐらいに思っているのである。つまり共作という作業に関して言うならば、ポールとマイケルは極めて相性がよかったということなのだ。

『セイ・セイ・セイ』と『ザ・マン』、この記念すべき共作(1981年5月頃)の直後、マイケルは『スリラー』というモンスターアルバムを制作し(1982年4月~7月)、一躍時の人となる。マイケルに人並み外れた才能があったのは疑う余地はないが、このポールとの共作活動が世界で最も売れたアルバムの誕生に大きく寄与したことは間違いない。しかも、『ガール・イズ・マイン』という共演作まで収録されているのだからなおさらである。つまり、ポールという存在がなければ、『スリラー』という名作はけっして生まれなかったということなのだ。それぐらいの大きな化学反応が『セイ・セイ・セイ』と『ザ・マン』の制作過程で起こったのではないかと僕は推測する。

だが運命とは時に思いもよらぬ方向に進むものだ。およそ人として考えうる限りの名声と富を手にいれたマイケルは日本流に言うならばいとも簡単に「恩を忘れて」ポールにほぼ無断でビートルズの版権を手に入れる。そして様々な奇行やスキャンダルで世間を騒がせるようになり、ついに2009年ポールとも絶縁状態のまま50才という若さでこの世を去るのである。

もし『スリラー』というアルバムがなかったなら、ポールとマイケルの関係はその後も長く続き、さらなる名曲を生み出したのではないか、そしてマイケル自身ももっと長生きしたのではないか、などと僕はつい考えてしまう。それほど音楽的にはポールとマイケルは相性が良かったと思うのだ。

さて、前置きが長くなってしまったが『ザ・マン』である。

なんといっていいのか、この曲はとても特殊な曲だと思う。冒頭で「美しい曲」とだけ書いたのも、この曲がジャンルを超えた名曲と思うからだ。ポップスでもない、ロックでもない、またブラックミュージックでもない、いろんな要素を含んだとても独創的な曲だと思う。今回のリマスターによってサウンドがよりクリアになり、音圧も修正されてアルバムの中の1曲として違和感なく聴けるようになった。

ジョージ・マーティンによるオーケストラのストリングスで始まり、ポールによるものと思われる印象的なギターリフからポールのヴォーカル⇒マイケルのヴォーカル⇒2人のハーモニー⇒ヴォーカルの掛け合いと続くゾクゾクするような展開。そして、なんとそこにリンダのヴォーカルとコーラスが大胆にも加わってくるのである!この曲をとても特別にしているもの、その理由の1つはこのリンダのヴォーカルにあると僕は思っている。

よく聴いていただきたい。リンダはただコーラスだけではなく、あるパートではマイケルとヴォーカルを分け合ってさえいるのである。しかも、記録によればこれはマイケル自身が進言したというのだから天才の感性、感覚というのはわからないものだ。ともかく、少なくともこの曲においてはリンダのヴォーカルは非常に効果的で、一種独特の雰囲気を醸し出すのに成功していると僕は思う。

そうしてハタと気がついた。リンダもマイケルも、もうこの世にはいないのだと・・・。そして目には涙が・・・。ポールが今まだ僕たちと共にあることが奇跡のように思える。生きているということは本当にすばらしいことだ。

■『パイプス・オブ・ピース』スーパー・デラックス・エディション(2CD+DVD)
国内盤定価 16,200円(税込)
アマゾン / HMVicon/ 楽天ブックス / UMJ
海外盤
HMViconタワーレコード / KINGSROAD(海外サイト)

■『パイプス・オブ・ピース』デラックス・エディション(2CD)
国内盤定価 3.996円(税込)
アマゾン / HMVicon/ 楽天ブックス / UMJ
海外盤
アマゾン / HMViconタワーレコード / KINGSROAD(海外サイト)

コメント
非公開コメント

解りやすくて 詳しい解説 を
有難うございます。
これまで 数回ほどしか読んで
いませんでしたが、
これからは 毎回読ませて頂きます。
楽しみしています。♡♪♪♡♪♪♡♪♪
(^o^)/ ♪♪

2015-11-21 05:42 │ from takeURL

takeさん

最近は仕事が忙しくてなかなか更新ができないのですが、よろしくお願いします。

2015-11-21 12:10 │ from 管理人URL

更新いつも楽しく拝見させて頂いてます

ザ・マンに触れられてたので思わずコメント
させて頂きます!
私も常々、シングルヒットなセイセイセイよりもB面的なザマンが発表当時から大好きでした! 実際、レコードでもそうでしたが…

アルバム発売日前夜くらいに、ラジオのオールナイトニッポンの冒頭1曲目にいきなり
かかったのも衝撃的でした! パーソナリティは誰だったかは忘れましたが、意外な?選曲に心踊りましたことを思い出しました。
今回のアーカイブにもザマンのPVの存在も
期待してましたが…

それと発表当時、大好きだった一つ下の後輩に好きとは想いを伝えることは出来ずに
想いをカセットテープに込めてプレゼントしました! 今でも大切にしまってあるといいん
ですが… 気合い入れてインデックスに曲名を書きましたから!

2015-11-23 18:44 │ from コナカメURL

コナカメさん

カセットのインデックス懐かしいですな。一生懸命手書きで書いたインデックスは味がありました。私もかつて女性から何度かもらったものですが、女の人は文字がきれいで感動したものです。残念ながら手元には一本も残ってませんが(笑)。曲と共に古き良き昭和の1ページですね。

2015-11-24 09:56 │ from 管理人URL

the manのビデオでマイケルが着ているジャンパーに
japanの文字が!、これってwingsのツアージャンパーでしょうか?
say say sayやgirl is mineで、マイケルが着ていたジャンパーもこれか、気になる

pipes of peaceでthe other meが一番すき
tug of warやpipes of peaceはpopな曲が多めにある、最近ハードな曲が多いので
こういうpopな曲がききたいなぁ〜、ポールの鼻歌の延長みたいな曲が最強なのに

そろそろ、ニューアルバムお願いします、2枚組でもいいですよ

2015-11-24 15:15 │ from ママ・ミスアメリカURL Edit

ママ・ミスアメリカさん

まちがいなく1980に予定されていた日本公演のスタジャンでしょう。以前記事でも取り上げています。
http://loveawake.blog62.fc2.com/blog-entry-575.html

欲しい!

2015-11-25 18:34 │ from 管理人URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-12-04 18:18 │ from URL

管理人さん、見たことない画像もあり、ためになり
ポール力<りょく>もアップしました

本当、スタジャン復刻して売ってほしいですね。

2015-12-05 14:23 │ from ママ・ミスアメリカURL Edit