『The Beatles 1+』オリコンで1位に - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ・リマスター日記 » 『The Beatles 1+』オリコンで1位に

『The Beatles 1+』オリコンで1位に

『ビートルズ1+』が11月16日付けオリコンチャートで1位を獲得した。

『ビートルズ1』は15年前の初回発売時にもオリコンで1位を獲得しており、今回15年ぶりに同じアルバムで再度1位を獲得するという快挙も同時に達成した。ビートルズが成し遂げたこと=ポールが成し遂げたことでもあるから、ポールにも新たな記録・勲章が書き加えられたことになる。

そして今回改めて日本でのビートルズ人気を再確認した。いくらリストアされたビデオが付いてくるとはいえ、けっして価格も安いとはいえない再発盤が1位を獲ってしまうのだから恐れ入る。まさにビートルズフォーエバーであり、ファンとしてはもちろん嬉しいのだが、いっぽうアメリカでは初登場6位、イギリスでは5位と順調に売れてはいるものの日本ほどの盛り上がりがなかったことがわかる。

日本のレコード会社はさぞや喜んでいることだろう。今アマゾンで見ると、ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション~(完全生産限定盤)ブルーレイは12,200円、CDは9,667円という値段が付いている。僕は同じアマゾンで海外盤のCDバージョンを4,705円で購入できたから半額以下ということになる。日本のレコード会社はビートルズ人気にあやかるだけでなく、価格設定ももう少しなんとかしたほうがよい。毎度のことながらあえて苦言を呈させていただく。

音については前回の記事に様々なコメントをいただきありがとうございました。あの記事はCDを一聴して「これはイカン」と思い、瞬間湯沸かし器の状態で書いたものであり(笑)、今自分で読み返すと少し恥ずかしい思いもするのである。しかし、これも管理人の偽りなき思いの断片として記録に残しておこうと思う。好意的な意見も多いので、「もう二度と聴かない」などとは言わず、クールダウンしてまた2度、3度と聴き直してみようかと今は思っているしだい。ちなみに僕は『イエロー・サブマリン・ソングトラック』『レット・イット・ビー・ネイキッド』『タッグ・オブ・ウォー・リミックス』については肯定派である。

コメント
非公開コメント

ぐぐって辿り着きました初めまして。
CDについてはどちらかというと管理人さんと同じくガッカリ派です。
理由はリミックスがあまりにも父親のミックスを意識しすぎて消極的に感じたからかな。『イエロー・サブマリン・ソングトラック』の様な斬新さを期待して聞くには耐えないものだと思います。
『レット・イット・ビー・ネイキッド』は継接ぎだらけで批判も多かったですが新しいミックスを作ろうとする方向性は共感出来て肯定派です。シングルヒットをリミックスするという重圧はマーティン親子から離れて他の豪腕Pに委託すれば良かったのかな、マスターは既に24ビット以上でトラックリダクション以前の細分化もされているわけですから(『ラブ』の時に)

映像については良かったと思います。やはり映像メインだからでしょう。これを中途半端にCD付属みたいに売るからいけない。映像ONLYで販売すべきです。
特出すべきはブルーレイは音源が24ビット96のハイレゾである点。MV音源はCDより格段に音が良い(再生できる環境が必要ですが・・・)

2015-11-20 20:11 │ from hiroURL Edit

hiroさん

私もどうせならもっと思い切って冒険してほしかったですね。これではどうも中途半端です。映像はすばらしいですね。私にはビートルズ再発見でした。ポールかわいい。

2015-11-21 00:45 │ from 管理人URL