『The Beatles 1+』クイック・レビュー - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ・リマスター日記 » 『The Beatles 1+』クイック・レビュー

『The Beatles 1+』クイック・レビュー

アマゾンから本日『The Beatles 1+』(海外版)が到着した。日本版ではデラックス・エディション(完全限定生産盤)となっている赤いパッケージのやつである。うちはまだブルーレイがないのでDVDのバージョンだが、最終的な価格は4,705円だった。これはかなりいい買い物になったと思う。

まずはリミックスされたCDの感想・・・、というか今回はこれが書きたくて急遽記事を書くことにしたのだが。
はっきり言ってこれはひどい、聴くに堪えないというのが個人的な感想である。なんというか、生気がまったく感じられない、魂の抜けた安っぽい音になり下がってしまったというのが正直な印象なのである。しかし初めから期待はしていなかったとはいえ、まさかここまでひどいとは思わなかった。僕は今まではどちらかといえばジャイルズ・マーティン擁護派だったのだが、今回のリミックスを聴いて、この仕事は彼にとって汚点とさえいえるものになってしまうのではないかという危惧さえ感じてしまう。これでは改善どころか、むしろ改悪である。そしてこの音がビートルズの入門盤になってゆくこと自体が許せないと思ってしまう。というわけで僕はおそらく2度とこのCDは聴かないだろう。これから買おうと思っている皆さんには水を差すようで悪いが、これが僕自身の偽らざる感想である。個人的には2009年のオリジナルリマスター盤シリーズを推奨したい。

だが、ブルーレイ/DVDについてはCDのマイナス面を補って余りある内容であることに間違いはない。僕もまだ飛ばし見しかしていないが、特に後期のカラー映像は初めて見るかのような新鮮な感動を与えてくれる。付属のブックレットも驚いたことに99%がビデオの解説に費やされているから、やはり今回のリリースは映像がメインということなのだろう。

ポールファンとしては、若き日の彼の勇姿に改めて惚れ惚れしてしまう。アイドルとしても、ヴォーカリストとしても、ベーシストとしても、彼は常に超一流であったことを僕はまざまざと再確認したのであった。ビデオはこれからゆっくり楽しみたいと思う。

参考:
ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション~(完全生産限定盤)(CD+2Blu-ray)
ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション~(完全生産限定盤)(CD+2DVD)
ザ・ビートルズ 1(初回限定スペシャル・プライス盤)(CD+Blu-ray)
ザ・ビートルズ 1(初回限定スペシャル・プライス盤)(CD+DVD)

コメント
非公開コメント

まあ、LPレコード時代も、
色んなマスタリング違いやミックス違いがありましたからねぇ。
各人、好きなバージョンを楽しめばよいのではないかと思います。
CD初期は音源統一というお題目があったと思いますが、
商品を売っていくためにはリマスター/リミックスは仕方ないのですよ。
自分は単純に、楽器の出方とかが違っていて面白いな、という感じですかね。
ちなみに、イエサブソングトラックや、LIBネイキッドは肯定派です。
クリアな音質は単純に、好きです。

2015-11-08 01:01 │ from zakmotmuyURL

アナログ時代から
(自分を含め?)いわゆるマニアという人は
テイク違い、ミックス違いを躍起になって探してましたから
YS SONG TRACK や LIB NAIKID は衝撃的でした。
ここまで違えていいのか?みたいな。
(売るため、海賊版対策、諸々あるとは思いますが)

私は単純にどちらも好きなんですよ。
だってオリジナルはもう数百回、数千回 聴いているわけで
どうしたって飽きが来ますから。
いい悪いじゃなくてただ単にそれだけ。
だから新しい音、として純粋に受け入れてます。
古くからの友人は、いくら勧めても「NACKEDは邪道!」と取り合ってくれませんけどね。

で、ここに来て「1」のリマスターということで
期待して早速購入して聞きながらの投稿です。
PAULのTUG OF WARの後だけに
どれだけ変わってるのか、いないのか大変興味を持って聴きました。

聴いたのはインナーイヤヘッドホンですが
Yesterdayあたりまでは一枚靄がかかったように感じました。
レコーディング時のチャンネル数にも関係あるのかもしれませんが
今回の目玉は管理人さんがおっしゃるように映像。
その音を作る上でリマスターの発想があったのではないかと想像します。

結論、CDは映像のサントラという感じで、
聴かせるためだけに作ったのではない、おまけみたいなものかもしれないですね。(だとしたらそれを単独で売るんだから商魂というかなんだかな)
DTSの立体的な音をCDの2chに変換したということなら
ボーカル・楽器がモヤっとしているのは致し方なしかもしれません。
スピーカーから出てる音を拾った、生録(笑)いわゆるモニター音みたいな。
お金をかけたシステムで"映像を聞けば"いいのかもしれないですが
私は無理です(笑)

リマスターCDとして聴くなら
ALL YOU NEED IS LOVEの最後のフェードアウトの雑音や、
Hey JUDEのちょん切れといったら聴くに耐えません。
LET IT BEに至っては全編にサーというヒスノイズ?
コリャないわ、ですね。。。
まぁ映像の音なら納得なんですが。

090909で、「音が見えた!」とかマスコミの踊らされて騒いでいた人たちはどう捉えるか、楽しみです(汗)

映像はこれからゆっくり観ます
かつてこの時期の音楽TV番組は
BEATLES特集が溢れてましたから懐かしい(笑)

2015-11-08 03:45 │ from PANURL

ポールの「Tug of war」「Pipes of peace」やらQueenのライヴ盤やらELOの新作やらで所詮「再発」の今作には金が省けず、I tunesで試聴&数曲をダウンロードするにとどまっている僕ですが、このリミックスは好きです(特に「Get Back」は凄い)。

それは僕がまだ二十歳にもなっていないガキだからなのかもしれませんが、このリミックスは聞きやすいです。期待外れなトラックもありますがね(「All you need is love」「Let it be」のこと)。

2006年の「LOVE」で、「Help!」のリミックスに感動して以来、いっそこのまま全アルバム全曲全バージョンをリミックスしてくれと思っていましたが、これがその先駆けになってくれることを期待します。
もしかしたら「Yellow submarine song track」の「Hey Bulldog」のように、新たなマジックが起こるかもしれません。

2015-11-08 11:31 │ from TWICEURL

改悪

こんにちは。
CDに関して言えば、まさにおっしゃる通り、魂の抜けた安い音に成り下がっていて、なんというか悲しくなりました。古き良きビートルズの魂を感じませんでした。リマスターというかただ現代風にリミックスしただけです。
映像もcome together、eight days a weekなど1に合わせた今回だけのために作ったものが混じっていてスッキリしません。どうせならDVDは、ミュージックビデオ全てとコンサートのベスト集的なものの二枚にして欲しかったです。

2015-11-08 13:50 │ from たいしURL

私はリミックスは否定しないのですが、マスコミもフル稼働した今回のレコード会社の盛り上げ方が気に食わなかったので、おかげさまで未だ購入にいたっていません。60年代当時ビートルズ側のステレオミックスの力の入れなさは今や有名な話になっていますが、それを現代の音にリミックスしたことでイヤホンやヘッドホンで聴く若い世代にもアピールするサウンドなのだと推測していました。09年のリマスターではオリジナルマスターに倣ったものでしたから。
巷では好評のようですし、売れているようですからレコード会社の戦略的には成功したのだと思いますが、リミックスはテクノロジーに左右されるので暫くしたら、またオリジナルに回帰していくんだろうなって思います。
今回のリリースは映像集がメインでしょうからサウンド的にはCDでは期待していなかったのですが、来月に出るアナログの方が聴きやすいように思います。

正直、今回のサウンドに評論家もビートルズファンも大絶賛だったとしたら今後に心配でしたので、管理人様のようなご意見も大変貴重なものだと思います

2015-11-08 15:56 │ from クリントハリガンURL Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-11-08 19:08 │ from URL

私は元々CDには期待してませんでしたので。。

今回CDのみなら絶対に買ってません。
先日コメントさせて頂いた通り、あくまでも初のPV集、それも映像をキレイに、しかも異なるバージョンも完全収録なので、デラックスしか興味ありませんでした(笑)
当然、購入後先に聴いた(観た)のはボーナスBRディスク、ですし、CDの方は飛ばし飛ばしで聴いた程度で、通常のBRディスクはまだ観てもしてません。。
一番楽しみにしていた「レボリューション」ナレーション無しで、全編通して初めて観れたのが大感動でした。
(もっと映像がキレイやったらもっとサイコーでしたが)
今回の話題のCDについてですが、ヒドイ、聴くに堪えない、というか、無感動でした。
ポールのアーカイブコレクションの音質に慣れてしまったのか、ポールのアーカイブコレクション程の感動が全くありませんでした。
確かにポール関連の初版の音質が低いので、その豹変さに驚いて当然なのかもしれませんが、ビートルズの場合、2009年のリマスター(ステレオ、モノ)に感動したので(昔聞いていた音響まわりの差もあるかもしれませんが)、今回はそれを超える音質でなければ感動は中々難しいのでは、とも思います。
ただ音質は十人十色、皆さん好みがハッキリ分かれるので、評価は難しいでしょう。
ただ私も管理人さん同様このCDは今後聴かないでしょう。
やはり聴くなら2009年リマスター、その時の気分でステレオ版、モノ版でしょうね。

2015-11-08 21:14 │ from abbeyroadURL

zakmotmuyさん

肯定派ですね。そうこなくちゃ面白くありません。私はいつも文句言ってるみたいですが(笑)、実はリミックスに関しては概ね受け入れています。『タッグ・オブ・ウォー』のリミックスも、まあこれはこれでいいかなと思っていたところです。が、今回のには参りました。どうせならもっと冒険してほしかった。

2015-11-08 21:25 │ from 管理人URL

PANさん

実は私最後まで聴いてません(笑)。『恋を抱きしめよう』まで聴いたところで、「こりゃアカン」と投げました。が、これは絶対いいというのがあったら教えていただきたいです。ともかくファンとしてこれは許せんというレベルだったということです。ビデオのリストアがあったのが救いでした。

2015-11-08 21:30 │ from 管理人URL

TWICEさん

ジェネレーションギャップを感じますぞ(笑)。これが今の若者に受け入れられる音だとしたら、ジャイルズへの暴言も私は撤回しなくてはならないかもしれません。素直なご意見ありがとうございました。

2015-11-08 21:34 │ from 管理人URL

たいしさん

なんか抜け殻のスッカスカビートルズという感じなんですよね。音が死んでいるというか。これが今風の音だとしたら、私は断固拒否します!(笑)

2015-11-08 21:36 │ from 管理人URL

クリントハリガンさん

私は通常評論家のレビューなどは一切読まないで記事を書いています。今回もそうでしたが、これが絶賛されているとしたら、まずは自分の耳を疑おうと思っています。もうけっこう年ですから・・・(笑)。

2015-11-08 21:39 │ from 管理人URL

abbeyroadさん

『レヴォリューション』のビデオやっぱりいいですね。個人的には全ビートルズ映像の中でベストワンかもしれません。以前はジョンの顔ののっぺり感が気持ち悪かったのですが、普通に見れるレベルにまで修復されましたね。よかった。

2015-11-08 21:42 │ from 管理人URL

ポールの『Tug Of War』のリミックスは微妙に感じたんですが、今回の『1』は好きです。
音の分離が良くなって、特に意識しなくてもどの音も聞こえてくる感じですね。
ひとつひとつの音が磨かれてクリアになってますし、音圧も上がってます。
それは本来の雰囲気を崩しかねないことですが、個人的には全然有りの範疇です。
そしてなによりビートルズの音楽が最高にカッコいい事。これに尽きます。
この音質なら、若い人にもおススメしやすいんじゃないかと思いました。
僕は20代なんですが、初めてビートルズを聞いた時、ヘッドフォンの片側からしか歌が聞こえてこないのは違和感がありましたので。
もちろん2009年のリマスターシリーズはたくさん聞きましたが、感動の大きさでいうと、今回の『1』の方が上だったような気がします。映像がありますしね。

2015-11-10 00:48 │ from なっつURL Edit

私も映像集目的で購入しましたのでCDを聴くのは後回しだったのですが・・・。CDを聴いた第一印象は「ギターの音が引っ込み過ぎではないか?」ということです。BDの5.1chでは気にならなかったのですが、聞こえやすい(耳につきやすい)音がボーカル・ドラム・ベースが中心で「存命中の方々の担当したパート」(笑)で音が構成されている感じがしてしまいました(彼らに気を遣ったわけではないと思いたいですが・・・)。魂が抜けている感じがするのは私も同感です。例えが良いかわかりませんが「本物の油絵を見てPCのイラストソフトで再現して描いたような感じ」でしょうか。筆のタッチから感情が伝わらないというか・・・。これなら「贋作」の方が良かった(笑)。ただし、TWICEさんのような若い方に受け入れられる音になっているのであれば今回の音はビジネス的には「正解」なのかもしれませんね。これから先もお金を払ってくれるのは我々オールドファンでは無く、若い方々ですから(笑)

2015-11-10 05:18 │ from にゃんパパURL

びっくりしました。

はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいてます。
実際聞く前にこちらのコメントを見ていて
あまり期待せずに聞いたのですが、、
びっくりしました。
いままでステレオ版にあった位相の違和感や
古くささがなくなって、最近のCDを聞いてるみたいでした。
特にEleanor RigbyとGet Backは音の厚み、奥行きが広がって
まるで目の前で演奏しているよう。
改めて、今回のようなステレオ版のリミックスはありだなと思います。
ちなみに、私、管理人さんと同世代(ちょっと上)です。
失礼しました。

2015-11-11 00:00 │ from masa3URL

再度のコメント失礼します。1+は携帯プレイヤーで4~5回聴きました。

今回のリミックスで、今まで埋もれていて聞き取りづらかった音がはっきり出てくるようになりました。これにより、こんなフレーズを弾いていたんだ、と気づくことがあります。一例としては、Let It Beの終盤れりび~れりび~に小音量でかぶさるようなギターソロなどです。こういう観点でも1+は楽しめると思います。聞き込んでみると新たな発見があるかもしれませんよ。

もし、1+がスカスカであると感じるのであれば、例えとして適切かわかりませんが、ラバーソウルのモノ版を聞いた後で、左右泣き別れミックスのステレオ版を聴いたときのような違和感かと想像するのですが、いかがでしょうか?

2015-11-11 00:59 │ from zakmotmuyURL

なっつさん

肯定派ですね。やはり若者に受け入れられる音なのでしょうか。私の感覚が古いだけなのか・・・(笑)。楽しんでくださいね。

2015-11-11 09:24 │ from 管理人URL

にゃんパパさん

いいたとえですね。同感です。しかし肯定派もいる。面白い展開になってきました。

2015-11-11 09:30 │ from 管理人URL

masa3さん

聴く前に期待値を下げてしまいすみませんでした。同世代でもYESという意見出ましたね。肯定派が盛り返しています。

2015-11-11 09:33 │ from 管理人URL

zakmotmuyさん

正規リミックスではなく別バージョン、alternate mixとして発表すれば受け入れ方も違ったかもしれませんね。細かいこと言わずに楽しめばよいのかも?と思い始めています(笑)。

2015-11-11 09:37 │ from 管理人URL

お久しぶりです。

忙しさにかまけて最近全く音楽を聴いていませんでした。
まさに心が亡くなった状態ですね。

そんな乾いた心を癒してくれるのは一にも二にもビートルズ。そして「1」は僕の少年時代のバイブルであり思い出にもなっております。
並大抵の音では思い出には勝てないでしょう。恐らくレコード世代、初期CD世代の方々も同様ではないかと思います。


しかし、今回のRemixは僕の思い出の更に上を超えてくれました。

僕たち若い世代がThe Beatlesに触れ、感動をしているとき、そこには「生きている音楽」と手放しには言えない部分がどうしても存在してしまうような気がします。
それも当然で、彼らが活動をしている時期からゆうに半世紀もの年月が過ぎているのです。
音楽の聴き方も当然変わってきます。僕自身も実はイヤホンで「Eleanor Rigby」を聴くのは少し躊躇ってしまうのです(どうしてもVoが片側に寄る瞬間に耐えられません。よって普段はYellow Submarine Songtrackのリミックスを聴いておりました)
ところが、このRemixは時空を超えて僕らと同じ時間軸にThe Beatlesを連れてきてくれた、とさえ思ってしまいます。
「ただ現代風にリミックスした」とコメントされていた方がいらっしゃいましたが、むしろ僕にとってはまさにそれ自体が重要だったのです。
まるでこの2015年、世界中で最も人気で最も偉大なロックバンド、The Beatlesが現れたかのようにすら感じるのです。


勿論、管理人様含めてリアルタイムな世代ではない方の否定的な意見があることは重々承知ではありますし、
そのような方々と僕らの世代に大きな隔たりがあるとも思えません。
それどころか僕らの世代でもこのRemixに否定的な人も多数いることでしょう(同じように上の世代で肯定的意見も間違いなくあるはず)。

それでも、僕にとってこのRemixへのとらえ方の違いは、このようなところから出ているのではないかなと思えてならないのです。

久々に来て長々と失礼しました(汗)
管理人様も無理なく(笑)楽しまれますよう…

2015-11-12 01:44 │ from 村正URL

お久しぶりです!

僕は今回の音はまあ肯定です。
こんなのもアリかな?細部の音がクリアで聞き取りやすいぞ、で楽しみました。ただ違和感もありましたね。年寄りの耳にはちょっと疲れは感じました。僕ら半世紀近く聴きまくって染み込んでる音色とはまた違ったこんなサウンドのビートルズですかね。
ただ今回のゲットバック好きです!
大音量で聴くと臨場感が凄い!
本当にビートルズ大好きだ、、
あらためて実感(笑)

2015-11-12 05:17 │ from リトルラックURL

若いファンからベテランのファンの皆様のご意見拝見させて頂いて、遅ればせながら聴いてみました。
私個人は、ま、ベテランの端くれ(笑)くらいでしょーか。

で、……悪くはないかって感想です。勿論、違和感は感じますし、これがステレオミックスの決定版とまでは思いませんけどね。あくまでもベストアルバムですし、このリミックスをオリジナルアルバムにまで行われたら悲しくなるかもしれません。少なくともオリジナルアルバムをリミックスする場合はオリジナルモノ、ステレオの再リマスター、リミックスとまとめた形でリイシューして欲しいです。そういう意味では今回ポールのダッグオブウォーをボックスとのみいう形とはいえ、二つ収めてくれたのは英断だったと思います。ま、これも賛否両論ありましたけどね。



2015-11-12 17:57 │ from クリントハリガンURL Edit

今朝、ウォーキングの時にiPodに取り込んだ今回のRemix『1』を聴いてみたのですが、スピーカーで聴いた時のような違和感があまり感じられませんでした。音楽の聴き方・スタイルが変化していく中でその環境に合わせた音作りを目指した結果が今回の『1』の音なのかなぁと思いました。家で聴くときはBD、イヤホンでは今回のRemixというように使い分けしようと思います。

2015-11-12 21:32 │ from にゃんパパURL

村正さん

個々の好みはあるとはいえ、やはり若い世代には賛成派が多いようですね。私も年を取ったなと!(笑)これはありがたい気付きであります。私も「2度と聴かない」などと言わず、再度引っ張り出してみようと考えている次第。

2015-11-13 09:56 │ from 管理人URL

リトルラックさん

『ゲット・バック』聴き直してみます。というか、前回はそこへ行く前に聴くのをやめてしまったので・・・(笑)。

2015-11-13 09:59 │ from 管理人URL

肯定派がやや優勢といったところですね。続編記事書こうかな(笑)。

2015-11-13 10:01 │ from 管理人URL

ザ・ビートルズ1

はじめまして。私は今年でビートルマニア歴39年の不惑サラリーマンです。今回のリマスターCDを聴いてあまりの音質の違和感に驚きネットを検索してみたら、ほぼ好印象の意見ばかりなのにこれまた驚いております。音像定位に関する仕事は素晴らしいと思いますが、全体としてぶっちゃけ音が良いか悪いかと問われれば、個人的に0点以下だと感じました。これは私的に昔のアナログ盤が基準ですので新しい時代のリスナーに抗うつもりはありませんが、例えば「I Feel Fine」のあのリフを聴くと、今回のはJ-160E+Vox Ac-30ではなく、安いトランジスタアンプで鳴らしたような粗い音に聞こえます。このリマスターをジャイルズが担当した事である意味マイルストーンになるかもしれませんが、老いぼれる前に?な物は?だと感じるということをお伝えしたく思います。なお、映像の方は反対にプラス10点でした。

2015-11-15 23:26 │ from めるくすURL Edit

めるくすさん

肯定派やや優勢ですが、長年のファンにはやはり違和感ありますね。またコメントお寄せください。

2015-11-17 09:24 │ from 管理人URL

初コメです。

いつも拝見させていただいております。
どちらかというと私はジョン・レノン派(笑)かな。
ビートルが大好きでポールは勿論ジョージのCDを集めリマスター盤が発売されるに出費に悲鳴をあげながら
買わずにいられないサラリーマンです。
今回の1のCDの音に対して賛否両論ありますが
私は今回のリミックスは楽しめました。
ウォークマンで聴いているので音質は最高の環境ではないのですが、イエスタディはボーカルがクリアになり気に入っています。
エリナリグビーについては、このステレオバージョンはイエローサブマリンのサウンドトラック盤に感動した輩なので今回の1のリミックスに好感が持てました。
色々聴き込んだ諸先輩の域に達していないのかも知れませんが…。
当時のビートルズのスタッフを含めたメンバーの作品と今回のリミックスは別に分けて楽しめばいいのではないでしょうか?

2015-11-27 22:10 │ from 旧友ナイジェルURL

旧友ナイジェルさん

人それぞれの楽しみ方でよいと思います。私の意見は単なる1ファンの意見ですから。このCDを聴いてビートルズを好きになった人がオリジナルミックスを聴いてどんな感想を持つかが知りたいところです。

2015-11-28 13:11 │ from 管理人URL

色んな意味で肯定しますね。

お邪魔します。

私は50代半ばですけど、結論として、今回のジャイルズ・マーティンのリミックスは肯定します。
肯定派とかって派閥に入りたいわけじゃないですけどねwww

もうかれこれ40年以上聴いてますけど、ずっとPaperback Writerって曲が好きになれなかったんですけど、
今回のリミックスで初めて好きになれました。ので、受け入れたって感じですかね。

商法だとか、リミックスの是非とか、色々議論はあるでしょうけど、
ビートルズで販売方針が、「最終形」になったことなんて、過去1度だってあったでしょうかね?
すべては結果的に経過措置なんじゃないかと思います。
技術の革新は続いていくんですからね。

やっぱ、今現在の音楽と並べて聴いた時に、ビートルズの音源が、音圧で負けないってこともすごく重要な気がしますよ。
そこで負けちゃうと、ビートルズファンの高齢化に拍車がかかります。
やっぱ、ビートルズ遺産を継承していくためには、若いファンを今以上に獲得していくことも大切なんじゃないですかね。
そこでオリジナルに拘っちゃうと、自分たちはいいけど、先細っていっちゃうような気がします。
オリジナルってのは、中級編でいいんじゃないでしょうか。

それに音源自体の権利ってのは、国によって違いますが発表後70年とか50年です。
あと20年もすれば、今以上にワゴンセールで、非公式CDがあふれかえるでしょう。

公式では、どんどんリミックスやって、その辺の非公式CDに対抗していく必要もあるんじゃないでしょうか。

あ、今回の1で、ちょっとなって思ったのはジェフ・リンのリミックスの方です。
Real Loveはオリジナルもちょっとなってのあったんで、どっちがいいとは言えないですが、やっぱジョンの声のピッチは上げ過ぎですよ。
Free As A Birdはオリジナルの方がいいと思いました。

2015-12-03 07:57 │ from BCURL

BCさん

いろいろと面白い意見参考になりました。時代と共にビートルズの存在価値も変わってゆくんでしょうね。私はガンコおやじで通すかもしれませんが(笑)。

2015-12-03 14:32 │ from 管理人URL