FC2ブログ

ポールの曲 “Back Seat of My Car(バック・シート)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Back Seat of My Car(バック・シート)”

ポールの曲 “Back Seat of My Car(バック・シート)”

長年ポールにどっぷりと漬かってきたようなファンならば、必ずやこの曲をお気に入りの一曲に挙げるのではないだろうか。

先日取り上げた“Little Lamb Dragonfly”と同じように、2、3回聴いたぐらいではこの曲の本当の良さはわからないに違いない。
だが一度好きになったが最後、“Little Lamb Dragonfly”や“Back Seat of My Car”のような曲は、おそらく一生聴き続けていける曲だと思っている。
少なくとも僕にとっては永遠に色褪せることのない不滅のスタンダードナンバーである。

この曲で特筆すべきは、やはりそのドラマチックな構成だろう。
たった4分半の間に聴きどころが凝縮している。マッカートニーならではの豪華な演出がたっぷりと堪能できる。
ゆっくりとなだらかな坂を登るように始まり、やがて聴く者は一気にエベレストの頂上まで連れていかれてしまうだろう。
このあたりポールお得意の盛り上げ方ではあるのだが、お決まりのオーケストラ主体のアレンジではなく、比較的ロック色の強いまとめ方をしているところが他の曲とは一枚も二枚も違うところだ。

そして、曲の中では“we believe that we can't be wrong”で転調するところが必殺のパンチラインである。
これぞマッカートニーの真骨頂といった感じだ。

面白いのは、発表当時はイギリスでシングルカットされたが全くヒットしなかったのに、ベスト盤の“Wingspan”にはきちんと収録されていることである。(CD2枚目の“History”にこの曲が収録されている)

話は横道にそれるが、この“History”のポールの選曲はとても偏っている(と思う)。
まず第一にウイングスではない曲が何曲も選ばれている(Wingspanなのに…)。なんと全22曲中半分の11曲がウイングス結成以前もしくは解散後の作品になってしまっているのだ。
なんというアバウトなこと…。(ポールらしともいえるが)
この選曲を見ていると、ポールが自分のアルバムをあまりまともに聴いていないことがよくわかる。また、ポールが好きな曲というのはけっこうファンや世間の評価とは違っているという気もしてくる。

細かいようだが、タイトルを“Wingspan”にするなら、ウイングスの曲だけで統一してほしかった。なぜなら、ウイングス名義だけでも他にいい曲がたくさんあるからだ。
というわけで、ソロ時代の曲も入れるのであれば、“Paul McCartney History”などのタイトルにして、3枚組でも4枚組でもいいからいい曲をもれないようにしてもらいたかった、というのが個人的な意見だ。

ついでに言わせてもらうと、“C Moon”はもうベストには入れなくてよい!と思う。
たしかに悪い曲ではないと思うのだが、僕自身はベスト盤に入れるほどの曲ではないと常々思い続けてきた。
だが、ポール自身は“C Moon”や“Live and Let Die”、“Let Me Roll It ”のような曲がよほどお好きらしい。
他にもたくさんいい曲を書いているのに惜しい…と思うことが多々あるのである。ポールの選曲の謎については、叩けばまだいろいろと話が出てきそうなので、今日はこの辺でやめておこう。

ともかく“Back Seat of My Car”はポールお気に入りの一曲に選ばれたということだ。これは嬉しいことである。しかも、リマスタリングされた音質は本当にすばらしかった。あの音は今まで聴いていたものとは全く別物である。ますますこの曲が好きになったというしだいだ。

参考:
『ラム』リマスター日本語盤まとめ
スーパー・デラックス・エディション(4CD+DVD)
デラックス・エディション(2CD)

『ラム』リマスター海外盤まとめ
デラックス・エディション・ボックス・セット(4CD+DVD)
スペシャル・エディション(2CD)


コメント
非公開コメント

ベスト10に入ります!

RAMを聞いたのは(も)中一の頃だと思います。
McCartneyの次に聞いて、いやあ良かったですねぇ。
中でもBack Seat of My Carは最初からハマりました。
The laze lights are pretty.
We may end up in Mexico city.
But listen to her daddy's song...
マッカートニー節炸裂じゃないですか!
ラストのシャウトも最高。
もう10日ぐらいこればっかり聞いてましたね。(アホや)
今でもポールバラードベスト10に入りますね。

2006-05-20 23:13 │ from wonderlastURL

Re: ベスト10に入ります!

やっぱり、そういう人たくさんいますよね。
wonderlast さんのように、最初からハマった方もきっといっぱいいるのでしょう。だが、私は聴き始めの頃はイマイチ好きではなかったんです。
曲の完成度はソロ全体の中でも相当上位の部類に入ると思います。ポール様をなめんなよ、って感じでしょうか。

2006-05-21 02:46 │ from 管理者URL

自分も大好きですよ!
この曲も、後でポールの曲としって、大喜びでした。
小学生の頃に、親父の車のラジオから流れてたんでしょうね。きっと。

2006-05-24 00:55 │ from SHOWURL Edit

Showさんへ

そういえば、若い頃は、あとでビートルズとかポールと知って「おおっ!」と感動することがけっこうありましたよね。
小学生でこの曲の良さがわかるとは早熟ですなあ(笑)

2006-05-24 21:24 │ from 管理者URL

お邪魔します。
とーぜん私もこの曲大好きなのですが、「ラム」 って、凄くアバウトな言い方で分かっていただけるか分からないのですが、「ドレミファソラシドォォォーッ!」 って曲、多いですよね(分かるかなあ?分カンネエダロウナア…って、ちと古すぎなギャグですね)。

例を挙げれば分かりやすいかと存じますが、「ディア・ボーイ」 の出だしの部分、「ゲスユーネヴァニューデイーボーイ」 のところとか、「アンクル・アルバート」 のヴァースおしまいの部分、「バッゼスノーワンレッタホーマライビリーマゴナウェエーイ」 のところとか、「ロング・ヘアード・レディ」 の最初、「ウェルウェルウェルウェルウェェェ~~!」(これってジョンの 「ウェル・ウェル・ウェル」 へのあてつけって感じですよネ…笑)の部分とか、そのほかにも、このアルバムのポールの使用音域は、異常ともいえる広さだと私はガキの頃から感じておるのです。 「ラム」 が狂気に満ちている、と私が考えるゆえんです。

「バック・シート」 もその例にもれず、「バレースントゥーザダーディサーイ」 のところは 「ドレミファソラシドォォーッ!」(音階違いますけど)って感じで。

この曲の最大の魅力は、なんつっても高速を真夜中にぶっ飛ばしているときに聴くと、もう涙がちょちょ切れる、という点です(笑)。 なんて、なんてぴったり合うんでしょう! みなさん、この曲はこうやって聴くのが絶対正しいですよ!(意見には個人差があります…笑)。

2010-09-22 07:04 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。なんとなくわかりますよ、ドレミファソラシド。『ラム』は狂気に満ちている、などリウさんらしい感性で受け止めておられますね~。歌詞のカタカナへの置き換えもうまいです(笑)。すばらしいアルバムですから、こちらも早くリマスター盤が聴きたいですね。

2010-09-23 06:20 │ from 管理人URL

No title

はじめまして

C MOONのもういいよ感とてもわかります笑

2017-12-31 18:56 │ from けんURL Edit

No title

けんさん

C Moonライヴでは最近はやらなくなったので、逆にやってもいいよという感じです(笑)

2018-01-01 04:31 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/89-f421f20c