ポールのアルバム:『ラン・デヴィル・ラン(Run Devil Run)』 その4 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム:『ラン・デヴィル・ラン(Run Devil Run)』 その4

ポールのアルバム:『ラン・デヴィル・ラン(Run Devil Run)』 その4

収録曲についての僕個人の感想を簡単に述べておこう。

記事の前半にも書いたが、1曲目の『ブルー・ジーンズ・ボップ』から4曲目の『ラン・デヴィル・ラン』までは完璧である。これでもかと畳み掛けるようにゴキゲンなロックナンバーが続き、興奮は1度『ラン・デヴィル・ラン』で頂点に達する。この『ラン・デヴィル・ラン』という曲はカバーアルバムに収録ということもあってか一般にはあまり知られていないのだが、僕自身は『ロング・トール・サリー』『アイム・ダウン』に並ぶポールのロックンロール曲の最高峰として高く評価している。

問題は5曲目の『ノー・アザー・ベイビー』である。この曲をどう捉えるかで、このアルバムに対する評価もかなり変わってくると思うからだ。僕自身に関していえば、発売当時ポールが無名かつ、ある意味冗長なこの曲をシングルカットしたことが許せなかったというイヤ~な思い出がある(笑)。しかも、両A面でカップリングされた曲がこれまたこのアルバムの中では比較的平凡な出来と思える『ブラウン・アイド・ハンサム・マン』だったから、その事がこのアルバム自体の評価を下げてしまったという側面を否定できない。

そして予想通りというかシングルはヒットせず(英:最高42位)、アルバムも中ヒットに終わった(英:12位、米:27位)。

僕はなぜ『ラン・デヴィル・ラン』をシングルにしなかったのかと不思議に、また悔しく思っていたものだ。『ラン・デヴィル・ラン』をシングルにしていればアルバムの注目度や与えるインパクトの大きさもまた全く別のものとなっていたはずである。ポールはまだこんなにもシャウトできる、ロックできるのかと世間の人はきっと驚いたにちがいない。そして仮に『ラン・デヴィル・ラン』ではなくとも、『ブルー・ジーン・ボップ』だって『ハニー・ハッシュ』だって『パーティ』だってよかった。他にもいい曲はいっぱいあったのにと思う。

『ノー・アザー・ベイビー』は全く無名の曲の発掘という点ではそれなりに意味はあったということになるだろうか。今では『ノー・アザー・ベイビー』と『ロンサム・タウン』はコンサートでいえばトイレ休憩、おっと失礼(笑)、ホッと一息タイムと捉えている。『ロンサム・タウン』はヴォーカルがすばらしい。ちなみに今は『ノー・アザー・ベイビー』はそれほど嫌いではない。

中盤から後半にかけてはロックンロールとはいってもかなりバラエティに富んだタイプの曲が楽しめる。このあたりはいかにもポールらしい。そしてアルバム後半だからと軽く見ていると損をするから注意。『アイ・ガット・スタング』『ハニー・ハッシュ』『パーティ』の3曲は冒頭の4曲に負けず劣らず破壊力抜群のナンバーだからだ。

僕はこれらカバー曲のオリジナルをほとんど知らないが、このアルバムにおけるポールの選曲は非常にセンスが良いと思う。たとえ有名ではなくてもこんなにもいい曲があるのだということをポールは僕たちファンに教えてくれたのだ。

最後に、ポールはこれらの曲を携え、伝説のキャバーンクラブで数十年ぶりにライヴを行なうというオマケまで残してくれた。もちろんライヴの出来は最高なので、このアルバムが気に入った人は是非ご覧になることをおすすめする。(完)

参考:
ラン・デヴィル・ラン(CD)
ライヴ・アット・キャバーン [DVD]

コメント
非公開コメント

お邪魔します。

ポールのシングル盤戦略というのは、近年特に外しっぱなし、という気はしますね。
(古くは 「ノー・モア・ロンリー・ナイト」「プレス」 あたりから始まっていますが)「フレイミング・パイ」 でも同じ 「ヤング・ボーイ」「ザ・ワールド・トゥナイト」 で何種類も、しかも違うアルバム未収録曲をカップリングして、マニアに全部買わせようとする。 その結果売り上げが分散してチャートに反映されなくなる。
「ラン・デヴィル・ラン」 も管理人様のご指摘の通り、シングルカットする曲の選択を間違ってる。 ここは思い切ってポールのオリジナルでしょう。
「ドライヴィング・レイン」 ではどうしてコレ?レベルの(笑)「フロム・ア・ラヴァー・トゥ・ア・フレンド」。 どうもリンゴがお気に入りだったらしいけど、それでシングル第1弾にするかね(トホホ…笑)。 いや、断っときますがいい曲ですけど、シングル第1弾としてはパンチに欠け過ぎ(ハハハ…)。
これが 「裏庭の混沌」「メモリーズ…」 と同じ傾向が続いて、あまりにも外しまくったせいか、最新アルバム 「NEW」 では同名曲をただ単に配信のみ。 これではチャートインすらしません。 せっかく油のノってるマーク・ロンソンのプロデュース作品、これはシングル第1弾でしょう! feat.ブルーノ・マーズの曲が大当たりしているのを横目で見ながら、ちょっと臍を噛みたくもなる、というものです。

まあ、ポールくらいの実績を持ってしまうと、あまりチャート戦略に神経が行かなくなるのかな、とも思いますが、ここはどうかひとつ!スタッフに!気合を入れ直してほしいものですっ!(笑)

ブルーノ・マーズつながりの話になっちゃいますが、「テンポラリー・セクレタリィ」。 もしかするとポール、今年の流行のファンクに乗ろうとしているのかもしれませんね。 「マッカートニーⅡ」 はほかに 「カミング・アップ」 が結構ファンクだし、ファンク色の強いアルバムだ、と思うんですよ。 「フロント・パーラー」 などは今リリースしても結構インパクト強い気がする(笑)。

毎度毎度、ダラダラと長話をして誠に申し訳ございません…。

2015-06-03 10:14 │ from 橋本リウURL

リウさん

いやいや、さすがのコメント。見事に私が記事で書ききれなかった部分を補足していただいた気がいたします。近年のポールに欠けているのは実はシングルヒットだけだと思うのは私だけでしょうか。

2015-06-03 11:40 │ from 管理人URL

いつも楽しく拝見しております。
確かに私のプレーヤーへの登場頻度はかなり低いアルバムではありますが、安心して聴ける佳作だと思います。ただ、上手すぎる(落ち着きすぎている)がゆえに、ビートルズ初期のような危うさが無いところがやや物足りないでしょうか。やっぱりロックンロールの主役はティーンエイジャーなんだなと改めて思わされます(笑)
私のお気に入りは、リンダの追悼コンサートで歌うポールの動画を見た時から、Lonesome Town です。何度聴いても胸が締め付けられてしまいます…。

2015-06-10 16:46 │ from tommiiURL

tommiiさん

『コンサート・フォー・リンダ』は映像見れるんですね。おかげさまで初めて見ました。『オール・マイ・ラヴィング』もよかったです。

2015-06-11 07:46 │ from 管理人URL

思わぬ情報提供ができてよかったです。やっぱりAll My Loving ですよね。コステロとハモっているところも好きです。色々ご意見はあろうかと思いますが、私はポールがリンダというパートナーに巡りあえて本当に良かったなと思います。
(あと、今更ですが 楽曲Run Devil Run は懐メロ感漂うアルバム(スミマセン!でもオールディーズ集ですもんね…)の中で、最高にロックでカッコいい曲だと思います。)度々失礼いたしました。

2015-06-14 11:27 │ from tommiiURL