ポールのライヴは新たな段階に入ったのか? - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのライヴ » ポールのライヴは新たな段階に入ったのか?

ポールのライヴは新たな段階に入ったのか?

ライヴで『テンポラリー・セクレタリー』が初演奏されたことが今ファンの間で大きな話題となっている。というよりは、大きな衝撃が走っている(笑)。

その理由は、ひとつにはこの曲が『マッカートニーⅡ』という比較的評価の低いアルバムからの選曲であり、もうひとつにはこの曲自体が長らくファンの間でも評価が真っ二つに分かれる楽曲であったという点にある。恥ずかしながら僕自身、発売から10年以上はこの曲の良さを認めることができずにいたし、そもそも『マッカートニーⅡ』というアルバム自体が、ポールがあまり気合を入れずにお遊び感覚で作ったという印象が強いのである。

しかし、発売当時の大きな違和感は時代の流れと共にどんどん薄まっていった。そして『テンポラリー・セクレタリー』は当時シングルカットされ全米1位となった『カミング・アップ』さえをも抑えて、僕の中でアルバム中1、2を争う好きな曲にどんどん昇格していったのである。ポールは時代の先を行っていた…。これが僕の偽らざる感想である。

『テンポラリー・セクレタリー』はアルバムからのサード・シングルとして発売されたが、当時のポールにしては珍しくほとんど全くヒットすることなく終わった。やはり世間一般も最初はこの曲が受け入れられなかったのである。
しかし、今ではポールに対して常に辛口なことで有名なアメリカのローリングストーン誌でさえ、「ビートルズ解散後(のメンバーによる)最も優れた楽曲(2013年)」の36位としてこの曲を挙げていたり、イギリスのニュー・ミュージカル・エクスプレス誌では批評家が選ぶ歴史上最も偉大な曲の167位(2014年)にこの曲が選ばれていたりするのだから世の中わからないものだ(以上ウィキペディア英語版より引用)。

時代と共に評価が上がっていった曲、それが『テンポラリー・セクレタリー』という曲なのだ。

この曲が『アウト・ゼア・ツアー』のコンサートの前に流れていたことは皆さんご存じの通り。また、妻のナンシーさんがお気に入りの曲だという情報もある。

以上を総合すると、『テンポラリー・セクレタリー』が今回ライヴで取り上げられたことは、必ずしもポールにとっては「マイナーな曲を演奏する」という意図があってのものではなかったかもしれない、ということになる。オールドファンにとっては「おっ、ポール渋いところを狙ってきたね」と単純に思いたいところなのだが、実はこの曲は思っていた以上に人気曲であったことを考えれば現時点ではあまり過度な期待はしないほうが…なのかもしれない。

ただ、この曲をやったことにより、今後ウイングスやソロ時代のシングル、または人気曲をライヴで取り上げる可能性はずっと高くなったとは言えると思う。とにかく(ポールが作曲した曲で)ビートルズでやっていない曲がもう数えるほどしかなくなってしまった現在、今後の焦点がソロ時代に移ってゆくのは極めて自然な流れであろう。またそうなってくれないとファンとしても面白くない。ポールにはもうひとがんばりしてもらって、ぜひとも新たなる伝説を作ってもらいたい。

さてさてポールのライヴはこれからさらに新しい段階に入るのか?それとも、これまでの流れを踏襲するのか?その答えはこれから夏にかけてのツアーがひとつのカギになるだろう。ファンの一人として興味深く、また楽しんで見守っていきたい。まずは5月28日故郷のリバプールで行なわれるライヴに注目だ。

参考:マッカートニーII(CD)

コメント
非公開コメント

私なりの長々妄想ですが・・・

 先の記事「TemporarySecretary」にてコメントすればよかったのですがこちらで!個人限定FBのに記載したこと変えて書きますね。

「Paulのライヴは新たな段階に入ったのか?」との表題で思うのはファンの皆さん願っていることと思います。

 まだやってないヒットしたソロナンバーなど少しは入れて欲しいと思いますよね。しかし長く続く"Out There"の中で7月は何故かfestival系の出演が決まっています。その辺りを思うと大きな期待はさてはダメですが軽い夢はみたいものですね。

 そしてLondonO2アリーナ初日にて公的に演奏され日本のファンでは「わ!聞きたい!」という選曲。これどうも英国のAudienceには響かなかったという話もチラホラと。

「TemporarySecretary」の私の妄想(FB掲載)を夢みたいに書いてみました。


 2014年5月にショッキングな公演中止。たった一年で再来日公演を成功させた訳ですが、やはり妄想として私の下手書きレポートにも書きました。開演前にはBeatlesナンバーやらCoverされたBeatlesナンバー、そしてPaulの楽曲が流れていくところです。"SillyLoveSongs"が流れていき上手くcrossしながら"TemporarySecretary"へと続く。

 大阪初日にてあの流れの中"TemporarySecretary"で皆さん手を叩きはじめた。2013年の福岡公演では発生してななかったと思う。しかし今回はただファン皆"TemporarySecretary"まで来たらPaulが出来ると分かっていたのかと思ったいたりです。それが手拍子だったのかと。

 再度私の妄想ですよ。2013年映像作品である東京ドームでのこと。バックステージでジョン・ハメルからベースを渡されようとして冗談を言ってるPaulの後ろでは既に"SillyLoveSongs"の音が聞こえている。あの段階でPaulはステージ手前まで来ている訳で会場でのAudienceのノリはまさしく聞こえていたことと思います。Paul自身も"TemporarySecretary"で「なんか凄いことなってるなぁ~」と思ったのかもしれない(東京での観客のウェーブもPaul意外と見えていたのかも)

 もしやロンドン O2 Arenaで公的に"TemporarySecretary"を演奏しょうか? と思ったきっかけってJapanから? なんてです。しかしPaulと言う人一体何するか分からない時があるのが嬉しいし、80年リリースのアルバム"McCartneyⅡ"からやっと2曲となりました。快挙ですね。


 ちなみに私は大阪しか行っておりませんが、一応まだ校正が完璧でないレポート掲載しました。長々と読みにくいものですので少しご気分が良い時に流し読みして頂ければ幸いです(宣伝みたいで申し訳ございません)

2015-05-27 11:52 │ from HiroURL Edit

たしかシングル「Temporary Secretary」は25000枚の数量限定盤だったはずです。(そのせいでB面の「Secret Friend」は文字通りの「秘密の」曲となりましたねw)

2015-05-27 17:11 │ from TWICEURL

失礼します。

この選曲がセットリスト新時代の布石となるかは微妙なところですが、コアなファンとしましてはどうしても期待せざるを得ませんよね。

ただ、Silly Love Songs等はコアなファンでなくとも、むしろビートルズ以降に疎い方でも唯一知っていてもおかしくないような曲なので、解禁される可能性は高いと睨んでいます。他に知名度や人気で言えば、『No More Lonely Nights』『With A Little Luck』でしょうか。

ファンの妄想としては(笑)、『Daytime Nightime Suffering』や『Back Seat Of My Car』、『Loveliest Thing』あたりが演奏されたらもう死んでもいいです(笑)

2015-05-27 19:11 │ from 村正URL

Hiroさん

大阪公演行けたんですね。よかったです。詳細なライヴレポートですね。Hiroさんなら当コメント欄で宣伝されても全然オッケーですのでご自由にどうぞ。

2015-05-28 02:44 │ from 管理人URL

TWICEさん

マニアックな情報ありがとうございます。数量限定でしたか。しかしB面は秘密にするほどの曲ではなかった・・・かな(笑)。

2015-05-28 02:47 │ from 管理人URL

村正さん

『デイタイム・ナイタイム』なんてライヴ向きだと思うんですがね。アーカイヴがらみでは『テイク・イット・アウェイ』『ボール・ルーム・ダンシング』『パイプス・オブ・ピース』『ソー・バッド』あたりが候補でしょうか。

2015-05-28 02:50 │ from 管理人URL