ポールのアルバム:『ラン・デヴィル・ラン(Run Devil Run)』 その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム:『ラン・デヴィル・ラン(Run Devil Run)』 その2

ポールのアルバム:『ラン・デヴィル・ラン(Run Devil Run)』 その2

アルバムの内容に入る前にもう少しこのアルバムが制作された背景について確認しておこう。

『ラン・デヴィル・ラン』は愛妻リンダ亡きあとに初めて発表されたアルバムである(ファイアーマンは除く)。つまり、ポールにとっては単に音楽のみならず彼の人生において最大の危機ともいえる状況を経て生み出された作品なのである。リンダが亡くなった衝撃と影響の大きさについてはけっして第三者にはわからないだろう。リンダはビートルズ解散直前から1998年に乳がんで亡くなるまで、実に30年もの長きに渡って公私の両面でポールをサポートし続けた。

リンダはポールにとって「もう一つの最大の危機」であったビートルズ解散からポールを立ち直らせ、ファンや批評家たちから多くの非難を浴びながらもウイングスのメンバーの一員となる道を選んだ。これはただただポールを陰から支えるためであった。それほど当時のポールにはリンダという存在が必要だったわけだが、彼女が果たした役割というのは誇張抜きに観音様か、はたまたマリア様のような「無償の愛のかたまり」のようなものであったと僕は思う。なにしろ音楽的にはほとんどシロウトの一般人が世界最高のミュージシャンのバンドに加入するのである。並の人間であれば足が震えてステージに立つことさえ不可能だろう。普通に考えればまず絶対にあり得ないことだ。だが、ポールとリンダはそのあり得ないことを行動に移し、実際に成功させてしまったのだった。これは音楽史に残るひとつの奇跡であり、偉業である。

ここから先はかなり突拍子もない解釈になるかもしれないが、話半分で聞いていただきたい(あくまで個人の独断的な解釈です)。
ポール自身気付いていなかったかもしれない・・・だが、『レット・イット・ビー』の聖母マリア(mother Mary)とは実はリンダの事だったのではないか。つまりあの曲はビートルズ解散という未来をポール自身が予言(予見)した曲だったのではないかと僕には思えるのである。(実際にリンダがこの曲のレコーディングに参加しているのも単なる偶然とは思えない)
さらにオカルト的な解釈をするなら、リンダは不世出の天才ミュージシャン、ポール・マッカートニーを支えるために天から遣わされた観音様のような存在だったのかもしれない。

話が予想外に脱線してしまったが(笑)、アルバム制作の背景に話を戻そう。
『ラン・デヴィル・ラン』発売までの経緯を時系列で見ると以下のようになる。

1997年5月 アルバム『フレイミング・パイ』発売

1998年4月 リンダ、アリゾナの農園にて死去(享年56才)

1999年10月 アルバム『ラン・デヴィル・ラン』発売

アルバム『フレイミング・パイ』の成功ののち、ポールはクラシック作品『スタンディング・ストーン』を1997年9月に、ファイアーマン名義のアルバム『ラッシズ』を1998年9月にそれぞれ発売しているが、レコーディングはいずれもリンダが亡くなる前に行なっている。

そして『ラン・デヴィル・ラン』のレコーディングを始めたのが1999年3月。ポールは実に丸1年近くも完全に音楽活動から離れていたことになる。言葉を代えれば喪に服していたともいえるが、この間ポールは毎日泣いて過ごしていたとも、1度も歌を歌わなかったとも伝えられている。

そんなポールが活動を再開するきっかけとなったのが、リンダが生前ポールに語っていた「ビートルズではやらなかったロックンロールをやってみれば」という言葉だった。そして彼は再び立ち上がるのである。

ゆえにアルバム『ラン・デヴィル・ラン』はポールの音楽人生にとって極めて重要なターニングポイントとなる作品なのである。そう思ってこのアルバムを聴くだけでも、きっとこのアルバムに対する思いが変化するにちがいない。

余談ながら、英語版ウィキペディアの情報を元に、アルバムジャケットに使用されたドラッグストアをグーグルストリートビューで見つけることができたので紹介しておこう。
場所はアメリカ、ジョージア州アトランタのブロードストリート(笑)である。

rdr.jpg

次回はアルバムの内容について見ていこう。

参考:
ラン・デヴィル・ラン(CD)
ラン・デヴィル・ラン(MP3)

コメント
非公開コメント

お言葉ですが(笑)、私は正反対の立場に立ちます。
つまり偉業どころか汚点である、と。リンダの努力は買いますが。
ポールはウイングスメンバーに入れるべきではなかったし、リンダ自身も固辞すべきだった。あくまで影からポールを支えるべきだった、とおもいます。
ウイングスの評価がながらく微妙だったし、いまでもそうなのは、このことに大きな原因がある!!とおもうのですが・・・ウイングスメンバーの不安定さはリンダにも一因があることはよくいわれてますし、脱退メンバーも指摘していますね。

結局 ジョンへの対抗意識でしかない、そういう浅薄さがすけてみえる。浅はかさはポールの魅力でもあるのでファンとしては複雑ですが、これはやりすぎです。
どこかでどなたかも書いていたことですが、そもそもヨーコとリンダでは違いすぎる。ヨーコは音楽の高等教育をうけ、ジョンと出会う前に前衛音楽家として名をなしていたわけですから。なにせ最初の夫は一柳慧!!(そういえばヨーコの三人の夫は皆音楽家ですね)

2015-05-20 01:36 │ from ゆうみんURL Edit

お邪魔します。 長文になりますが、管理人様、なにとぞご容赦くださいまし。

うーん、ゆうみん様、どうなんでしょうねー(笑)。
作品至上主義、という観点からいくと、私はジョンにとってのヨーコも、ポールにとってのリンダも、どっちも余計なものであるのだろう、と思います。
ただ共通しているように思えるのは、20世紀最大のコンポーザーと評してもいいこのふたりが、いちばんの作曲のパートナーよりも、女房がいなくちゃどうしようもないほどだった、ということなのではないでしょうか。
ジョンの人生を俯瞰したとき、彼のポップミュージックへの興味は、「ラバー・ソウル」 あたりを頂点として急速にしぼんでいるように思えます。 それを牽引していったのがヨーコであったことは自明で、アヴァンギャルドな視点をポップミュージックに組み込むことでジョンの満足は得られている(ヨーコに出会う以前からその萌芽があったけれど)。 そして亡くなるときまで、ジョンの創作への意欲は、ヨーコが発生源であることは疑いのないことだと思います。
でも世間的に、ヨーコなんかと付き合っているよりポールと共作、もしくは自分だけでやった方がよほどいい音楽を作れたんだ、という一見もっともそうな意見が厳然とある。
私は違う、と思いますね。
少なくともジョンは、音楽に対する情熱を維持するのが難しい状況ではなかったか、と思うんですよ。
その核となる部分には、ポールへの対抗意識が潜んでいる、と私はにらんでいます。
なにしろポールの音楽的才能は、ジョンのそれをはるかに凌駕していますからね。
ジョンがそれに対抗するには、ポールとは違うアプローチの仕方で攻めるしかなかったんだ、と私は考えています。
結局ヨーコとの化合反応で出来た曲、というのは、芸術的な観点からいくとベターだけれども、けっしてベストではない、と私は思います。

ポールの場合もそれと一緒のような気がしますね。
リンダとの化合反応でつくられた曲は、けっしてベストな出来ではない。

でも、そうして出来た歴史というものが、ベストな作品に付き合わされるよりもずっと、私にとっては面白いんですよ。 個人的な意見ですが。
「ラン・デヴィル・ラン」 のコーラスに、死んだはずのリンダの声がする、というのはその最たるもので。
それって、ビートルズ解散後のポールの作品に、リンダの色が、その存在がひとつの特徴として聴く側の耳にこびりついてしまったからなんでしょう。

やはりポールにとってリンダは、たとえジョンとヨーコのマネっ子だったとしても(笑)いつもいつのときでもいなくてはならない存在だったのでしょう。 そのためには、一緒に音楽活動をすることがポールにとってのベストな選択だったんでしょう。

あと管理人様。

リンダが亡くなってから約1年から2年のあいだ、ポールはほとんどその音楽活動をリンダに捧げています。
まずリンダのソロ・アルバム 「ワイド・プレイリー」 を制作してますし、「ワーキング・クラシカル」 もこの時期だったかな。 「ガーランド・フォー・リンダ」 はポールの手によるものではありませんが、どっちかというとクラシックのほうで精力的にリンダへ捧げる日々を過ごしていた気がします。

しっかしどうなのかな~(笑)。

ここまでリンダに捧げておきながら、ヘザー・ミルズと再婚すんの早かったし(笑)。
ヘザーと別れてからも、恋愛はこりごりか、と思いきや、ナンシーでしょ(笑)。

要するにポールは、ひとりぽっちがすごくイヤなんだと思います(笑)。 ひとりの女性に愛を殉じたりしないのかな~、つーか(笑)。
でもそれで、ポールの創作意欲は湧きあがっている。

ただ、そのおかげでライヴで歌えない名曲も多数生み出される、つーか(「ユア・ラヴィング・フレーム」とか…笑)。

また、ダラダラと冗長なコメントを書いてしまいました。 平にお許しください…。

2015-05-20 08:12 │ from 橋本リウURL

リウさん

変わり身の早さは欧米的といえるんでしょうかね(笑)。ほんといつも女性がそばにいないとダメなんでしょうね(しっかりしろ~)。だからってバンドに入れるか?ってのもありますが(笑)。天才とはいろいろと複雑なようです。

2015-05-20 15:57 │ from 管理人URL