2015日本公演観戦記 その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 日本公演2015夢日記 » 2015日本公演観戦記 その2

2015日本公演観戦記 その2

前回は当日の音響があまりにも悪かったという点を指摘したが、それについてはいろいろな意見があり、また場所によってもバラつきがあると思われるため、あくまでも個人的な感想ということで記録に残しておこうと思う。考えてみれば、あの広いドームの中で、どの場所においても均一な音響のクオリティを求めること自体に無理があるのかもしれない。これは僕の勝手な推測だが、毎日のサウンドチェックもおそらくアリーナ席やスタンド前列あたりをメインに音質、音量の調整が行なわれているのではないだろうか。思い起こせば、僕が過去に行ったポールのコンサートの中で、全7回中5回はアリーナ、前回が初めてのスタンド席だったが、その場所は今回に比べればかなり前のほうだった。つまり今回座った席が今までで最もステージから遠かったのである。

「アリーナ最前列でもなければ、どこに座ったってどうせポールは豆粒なのだから同じ」

以前はこのように思っていたものだが、今回それが全くの間違いであることを身をもって実感させられた。まず、ステージから遠い席は観客の熱気と一体感とノリがまったく違うのである。そこには疑いなく明らかな温度差が存在する。なんと今回僕は最初の3曲とアンコールを除いて、すべて座ったままでポールのライヴを鑑賞したのである。こんな事は初めてだった。なにしろ前からどんどんほとんどの人が座っていくものだから、自分一人だけ立っているわけにはいかない状況に置かれてしまったのである。そんな状況の中でも一人立って応援し続けるだけの根性は僕には・・・ない(笑)。

だが実を言うと、僕は一度でいいからポールのライヴをゆっくり座って鑑賞したいと思っていた。だから、それはそれで良かったのであるが、前述のように音が悪かったためにライヴを楽しむどころではなかったのである。ライヴはただなんとなく、まるでバーチャルリアリティーの空間で行なわれている仮想イベントのように淡々と進行していった。

今考えれば、僕の周囲の観客が皆座ってしまったのも、ひょっとすると音が悪いことにある程度は原因があったのかもしれない。なぜなら、本当に感動するとき、人はとても座ってなどいられないからだ。だが少なくとも当日僕の周囲にいた人たちのほとんどは座るという選択をしたのである。それはたしかに事実だった。

やはりライヴというのはステージに少しでも近いほうがいいのかもしれない。

感動はステージからの距離×2乗に反比例するとか?(笑)

ともかく僕にとっての2015年日本公演は不完全燃焼のまま終わった。帰りの電車の中も、家に帰ってからも、僕はあれだけ楽しみにしていたポールのコンサートに行ってきたのだという実感が全くなかった。信じられないことだが、その日はいつもと変わらぬありふれた一日(another day)にすぎなかった。信じられないことだが・・・。

だが、そんなネガティブな感情も今はもう気にならない。ポールは僕たちとの約束を果たし、2015日本公演は大成功のうちに終わった。特に最終公演の武道館でポールは新たな伝説を作った。それらの事実のほうがよほど重要だからである。ポール・マッカートニー伝説は続くのだ。ありがとうポール!

コメント
非公開コメント

アリーナとスタンドの温度差はかなりありますよね

管理人さん同様、私もスタンドの場合、周りにあわせて着席してます。。(本当はスタンドでも立って盛り上がりたいですが)
何度かスタンドを経験していますが、座ってライブを聴くと、豆粒のポールよりも大きな映像に映るポールと盛り上がるアリーナ席を外部から眺める事になり、冷静に戻ってしまったら、本当にバーチャルリアリティーの空間で行なわれている仮想イベントのように淡々と進行しているのを客観的に観てしまう事になってしまいますよね。
私の場合そうならない為に、豆粒でもポールを眼視し、ライブ音楽に集中するようして、スタンドなりの楽しみ方をとるようにしています。
けど、それで音に満足出来なかったら、確かに不完全燃焼になってしまいますね。
思い出したのですが、初日の大阪で、アリーナの前の方でも1曲目のマジカルミステリーツアーは、最初何の曲か分からない程、音がよく理解出来ませんでした。
耳が慣れてなかっただけかも知れませんが、その後も何度かポールのピアノがボーンと外れたような音を出したかのような異音に聞こえたりと、PAシステムが安定していなかったと思います。
それを思えば、音楽専用で、箱が小さい程、一体感が生まれるんでしょうね。
今回東京ドームを見送ったのも、東京ドームはもうええか、という思いからでした。
ポールクラスでは武道館は例外で公演回数が限られている以上、スタジアム級の箱でしかやれないのでしょうね。
ライブハウスは無理でもフェステバルホールの数千人クラスの箱でポールを体験してみたいです!!
夢のまた夢でしょうけど(笑)

2015-05-05 21:05 │ from abbeyroadURL

abbeyroadさん

私も今回の経験からライヴに対する考えが少し変わりました。あまり多くを期待しないようになるでしょう。今後はポールが元気なのが確認できればそれでいいかなと(笑)。

2015-05-06 08:33 │ from 管理人URL

お邪魔します。

え~、実は今回、甥にくれてやったチケットだったんですが、当日甥が急病になりまして。 で、仕方なくそのクズSチケットの席で見たのでした。
でもこれだけの音の違い。 結果オーライと申しましょうか。

ただ、やはり2階席ともなると、だ~れも立ちませんよ。 最初から最後まで。 特に1年半前の席は2回の中段でもほぼ中央だったのに、まるきり音が小さくて、そのせいか客席はかなり白けムード。 そりゃそうですよ、スペシャルパッケージを除けばいちばん高い席なのに、ポールははるか彼方。
今回も音は大きかったけど、誰も立たなかった。 どうも 「S席でこれかよ」 というムードが充満しているんですよ、2階エリアは。

2階席のいいところは、「ミスター・カイト」 でレーザービームの模様が天井に描かれるのがよく見えた、ということくらいで(笑)。 1階スタンド席なんかより、バーチャル感はハンパないです。 遠くで何かやってる、みたいな。

でも、「今日は巨大スクリーンを見に来た」 くらいのつもりで、「入り待ちのときに近くで見たからいーや」 という気持ちで見たのがよかったのだ、と思います。 でなきゃ、2階席の 「ボッタクラレ感」 というのは克服できません。

つまらない余談になりますが、私、夢のなかでは渋谷公会堂クラスの場所で、何度もポールのライヴを見てるんですよね~(ハハ)。 すごいでしょ、夢の中で何度も見るなんて(笑)。

で、結局2万円程度が余ってしまったんですが(当日券買うための資金)、やはりビンボー症で余計なグッズとか買うまでに至らず、「アーカイヴ資金…」 みたいな(笑)。 でも皆さんお金持ってますよね。 グッズ売り場でも平気で2万3万が飛び交ってましたから。 私はTシャツ1枚とパンフだけ(7千円也)でした。

2015-05-06 14:42 │ from 橋本リウURL

リウさん

なるほど、参考になりました。2階席は誰も立たないんですね(それで同じS席とはやはりヒドイ)。今回リウさんが「意外と」冷静だったのも前回の経験があったことが大きかったのでしょうね。それと入り待ちの感動も。次回こそアリーナで見たいものです。お互いに(笑)。

2015-05-06 15:55 │ from 管理人URL

はじめまして

はじめまして。初めて書き込ませて頂きます。
ポールが離日して、その寂しさから、ネットで検索してて偶然拝見いたしました。
私の周囲には、両親を除いてビートルズ、ポールファンがおらず、寂しい思いをしてきましたので、こちらを拝見して、是非、ご挨拶をと思い、書き込ませて頂きました^^;
皆様に比べると知識も浅薄で、高校生までは地方在住だったこともあり、生ポールを観たのは2013年の来日時でした。
その時に、初めてライブを観戦していて自然と涙が出た事が自分でも衝撃的で、以来、それまで以上にポールの虜になっています(遅いか^^;)。
今回は大阪、東京初日・・そして武道館に行ってきました。
やはり、皆様が仰る通り、私も大阪、東京初日は2013年の感動は得られず、自分でも釈然としないままでしたが、管理員様をはじめ、皆さんのコメントを拝見して、なるほどと得心する部分も多々ありました。有難うございます。
でも武道館は両親を故郷から招待(と言っても、私も兵庫在住なんですが^^;)して、初めて両親とライブ観戦できました。
40才になって、初めて親孝行らしきものができて、両親も泣きながら歌ってて、私もその光景と名曲の数々で最近ではないほど涙して、且つポールのヴァイタリティ溢れる姿からから、もの凄くポジティブな力を貰いましたし、一生の思い出を手にした気持ちです。
ポールには無理はしてほしくないけど、ファン歴が浅い私としては、一方では近いうちにまた来てくれないかなと身勝手な気持ちで散り乱れております^^;
取りとめもない文章となってしまいましたが、これからもこのブログを楽しみに拝見させて頂きたいと思っておりますので、管理員様も無理なく、末永くお続けになってください。
長文、失礼致しました。







2015-05-06 19:58 │ from keiserURL

keiserさん

ご両親と泣きながらポールを観れたなんてすごいことですね。武道館はやはりそれほど凄かったんですね。いやあ、よかったよかった。ぜひまたコメントお寄せくださいね。細々とですが長くやってますので、過去記事もよろしくお願いします。

2015-05-06 21:11 │ from 管理人URL

東京ドームは音楽の生演奏用の施設ではないですからね。やはり、アリーナ前方とスタンドでは大きな差がありますよ。

でも1990年のポール初ソロ・ジャパン・ライブのころと比べたら、音響はスタンド席でも大分よくなっていると思いますよ。

あのときはスタンド席でしたが、音が回ってしまって、音響は本当にひどかったですからね。

音楽演奏会場としてつくられた横浜アリーナなら、問題ないんでしょうけど、ポールはやりそうもないですね。(ジョージは初日、横浜アリーナでしたが…)

2015-05-06 22:08 │ from ゆうURL

スタンド席…

皆様こんにちは。

確かにリウ様が仰られるように、
スタンド2階ともなると、
ノリもなんだかな〜的ですね(汗)

私は一昨年に悪名高き?最速先行抽選で
2階席を引かされ(前から2列目でしたが)、ヲイヲイ…
昨年中止になった長居もスタンド…
更に今年もスタンド…
(スタンド下段一番ステージ寄りの真横)

と、いうことで何か割りきれない思いが
ありましたので、
ヤフオクでアリーナを落札して、
返す刀で当初のチケットを
出品しました。

ポールのライヴともなると、
年齢層が多岐にわたるのは、
皆様ご存じのとおりですが、
やはりアリーナだと、
かなりご年配の方でも
ノリが違うように思います。


一昨年の京セラ2階は確かに
だ〜れも立ちませんでした…
オマケに私の前(つまり最前列)は
ママ+低学年の娘2人って感じでしたが、
娘ちゃんは途中から寝てましたね…

次回のロックショウがあれば、
今度は訳のわからない手数料で
1割増しのぴあの抽選はパスして
最初からヤフオク狙いでも良いかなとも
思っています。

テンバイヤーを儲けさせるのも
ちょっと癪にさわりますけど…

2015-05-07 10:10 │ from ヒロURL Edit

ゆうさん

1990年のスタンド席は今よりもっと音が悪かったのですね。あのときは私はアリーナ前方でしたが、とにかく音がデカかったのだけが印象に残ってます。家に帰ってもキーンという耳鳴りが止まらなかった(笑)。ただあの時は音がどうとかいうより、ただポールが見れるだけで幸せな時代でした。今はいろんな面で恵まれてますね。

2015-05-07 20:20 │ from 管理人URL

ヒロさん

最速抽選で2階席はサギですね。ポールのチケットを買おうと待ち構えているファンに対してこれはないと思います。最低でも1階スタンドでしょう。こんな当たり前の事ができていないチケット業界はいったいどうなっているのでしょうか。まったく腹立たしい。

2015-05-07 20:34 │ from 管理人URL

2013年の時は追加公演が決まってからの
最速先行で、発券されてから2階スタンドの表記を見て、まあ仕方ないかな…と
まだ諦めもつきましたが、
去年の長居で再びスタンドだった時は
正直「ナンデヤネン!」と思いましたね(>_<)



この時点でヤフオクでアリーナ入手→
手持ちを出品、も頭をよぎりましたが、
一時期噂になっていたように、
長居のチケットはダブついていたように
思います。

なんせスタンドはおろか、
アリーナの中央〜やや後方ですら
定価割れチケットが
ゴロゴロしてましたから…

例えば全体を3〜4ブロック位に割って
SS〜Bと言った料金形態にすること位は
簡単に出来そうに思います。
これならまだ訳のわからない手数料を
取られても、まだ我慢出来そうですが…

最速先行抽選は悪席から
割り当てるって噂も、
まるっきり見当違いでもないかもと
思ってしまいますね。

2015-05-09 12:54 │ from ヒロURL Edit

管理人さんは1990年のときはアリーナ前方だったんですか。それは、うらやましい!

あのライブのセットリストに「This One」が入っていましたが、スタンド席ではライブ全体の音がまるで「This One」のイントロ部分のように反響してしまっていました(※ちょっと大げさに言い過ぎているかもしれませんが)


ただ、あの当時は、ポールが日本に入国できるのかどうかに関心が向いていて、アリーナの前のほうがいいとか、スタンド席でがっかりだなどという贅沢なことは一切考えませんでしたね(笑)

ステージから遠かろうが、生のポールに会えるだけで大満足でしたよ。


実際のところ、いくらポールとはいえ、年齢的な問題もあるので、日本で観られるのは今回が最後になるかもしれないという心構えで臨めば、スタンド席での不満もやわらぐかもしれませんね。

2015-05-09 21:19 │ from ゆうURL