ハイレゾウォークマンの実力 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » お買いもの » ハイレゾウォークマンの実力

ハイレゾウォークマンの実力

すでに日記ブログのほうには書いたのだが、3月初めにソニー、ハイレゾウォークマンの入門機であるNW-A10を購入した。購入後約3週間ほどになるが、個人的にはとても気に入ったので紹介かねがねこちらでも感想を書いておこうと思う。



まずこの製品ハイレゾ対応と謳ってはいるが、僕自身は特にハイレゾ音源を聴くことが目的でこの製品を購入したわけではなかった。というのも、僕はもうかれこれ10年近くもMP3プレーヤーで音楽を聴くというスタイルがメインになっているのだが、そろそろしっかりとしたプレーヤーに買い替えてみたいと思っていたからである(これまでは5000円以下のMP3プレーヤーが中心だった)。そこに来てソニーがハイレゾ対応、しかもmicroSDカードでの拡張性をも備えた廉価版のプレーヤーを発売するというので、僕はついにウォークマンの購入を決意したのであった。

NW-A10の実勢価格は24,000円ほど。コツコツ貯めた僕の小遣いでやっと買えるほどの金額だったが、ここで問題が発生した。そうポールの再来日公演である。これには本当に参った。僕の目の前に突き付けられたのは2つに1つの選択だった。ポールを取るか、ウォークマンを取るか…。ポールの公演に行きたいのはもちろんやまやまだったが、このタイミングを逃がすと現在の経済状態では次はいつになるかわかったものではない…。少なくともあと半年から1年は待たなくてはいけないだろう。というわけで、今回はエイッと気合いを入れてウォークマンを先に買ってしまうことにしたのである。

さて実際に音を聴いてみての感想は…とにかくすばらしいの一言。とてもMP3(320k)とは思えない豊かな響きと広がり。そして、やはり比較基準となるのは10代から聴き続けているビートルズということになるのだがこれが凄かった。はっきり言って人生最高のビートルズの音と今出会えたというのが率直な感想である。『サージェント・ペパーズ』や『アビイ・ロード』などは思わず最初から最後まで通しで聴いてしまったほどだ。まあ僕の場合はこれまでオーディオにお金をかけてこなかった分、自然とハードルが下がっていたということはあるだろう。しかし、それを差し引いても十分に魅力的な製品であることは断言できる。

今回一つラッキーだったのは、僕が今まで使っていたカナル型のヘッドフォン(ゼンハイザーCX175)とこのウォークマンとの相性が抜群に良かったことである。そこから出てきた音は自分が求めるサウンドに極めて近いものであった。あまりにも自分のサウンド嗜好とピタリと一致したものだから、単純に「これ以上の音があるのか?」「これだけでもう十分ではないか」などとさえ思ったほどである。ちなみにゼンハイザーCX175の実売価格は3千円台とヘッドフォンとしては最も安い部類に入るから、より高価なヘッドフォンではさらなる上積みが見込めるということになる。

僕がラッキーだったというのは、付属のヘッドフォン(MDR-NWNC33 こちらは実売価格4千円台)の音が僕が持っていたヘッドフォンに比べて音がかなり籠って聴こえたからである。もし付属のヘッドフォンだけで聴いていればここまで感動することはなかったのかもしれない。といっても、この付属ヘッドフォンの評価自体はそれほど悪いものではない(アマゾンのレビューでは星4つ)。だからこのあたりは結局個人の音の好みの問題ということになるのだろう。

今のところ僕はイコライザー等のエフェクターは一切使用せず出てきたままの音を聴いているのだが、そのサウンドはひとことで言って素直で嫌味がない。中高音はすっきりとクリアで伸びやか。あえて高音を強調する必要性すら感じさせないのは驚異的でさえある。低音は僕のヘッドフォンでは少々パワー不足という感じもするのだが、ビートルズのリマスター盤などを聴くかぎりベースの音が物足りないなどということはない。
しかし最大の特徴は全体的に音が柔らかいことである。よって長時間聴いていても全く聴き疲れすることがない。これは今のところ一番驚いていることだ。

その他まだまだ細かい点を挙げればきりがないが、NW-A10はソニーウォークマンブランドの復活を強く感じさせる素晴らしい製品だと思う。古いアルバムを聴き直すのが楽しくなった。これで2万円台は安いと思う。この流れを汲む上位機種が登場したら、僕はきっと欲しくなってしまうだろう(笑)。

参考:
ソニー ウォークマン Aシリーズ <メモリータイプ> 32GB ブルー NW-A16/L
【国内正規品】ゼンハイザー カナル型イヤホン CX175

コメント
非公開コメント

ヒーリングのハイレゾって興味あります(ヒーリングとは自然の音をそのまま再現したもので、曲ではありません)
やっぱり普段の自然の音がよりクリーンに聞こえるんですかね
あと、ウォークマン聞いたあとでyoutubeだとどのくらい差がありますか?

2015-03-25 16:10 │ from 雨URL

雨さん

ハイレゾ自体は言うほど違いがわからないという人もいるようです。私自身まだ体験していないので、このあたりはまたいつか記事にしますね。個人的にはYoutubeの音とは歴然の違いがあると思います。

2015-03-26 09:17 │ from 管理人URL

こんにちは。

中学生のころは、外で音楽が聴けることなど夢の話でした。
カセットウォークマンが出てからも高額で買えずにいました。
ようやくお年玉と小遣いを貯めてオートリバース機を購入。
しかし、乾電池の予備や替えのテープ等を持ち歩くと結構な荷物になったものでした(笑)

そんな時代を知るものとしては、データで数百曲も持ち歩け、ポケットのどこにあるかもわからないほどの軽さの音楽プレイヤーが当たり前の時代が来るとは…。

ここ数年は容量と普及の広さからipod派で、その音にも慣れてしまっています。
が、昨年度位からソニーのハイレゾが俄かに気になりだし、
そこで最高峰 ZX2 の発売、これはメモリーカードで容量を増やせるようですし、既存の音も良くしてくれるのですね。
ポールの来日がなければ確実に買ってます(笑)

海外の海賊版で、あのMFSL14BOXセットのハイレゾUSBを入手しまして。
ビートルズリマスターのリンゴ型USB、ポールのアーカーヴのDL、『NEW』も配信されてますね。
聴きたい音源がかなり揃ってきました。

管理人様の記事を拝読し、ますますどんな音なのか気になって仕方ありません(笑)
待っててくれハイレゾ音源!
小遣い貯めて最高のプレイヤー・ヘッドフォンを揃えて、いつか必ず聴くからな!って感じです。

2015-03-26 10:00 │ from PANURL

PANさん

私は入門機でこの感動ですから、ZX2となればどんな世界が広がっているのか・・・。ぜひ買ってくださいね。私はウォークマンから直接飛ばせるスピーカーにも注目しています。若い頃のオーディオブーム再来の予感があります。

2015-03-26 21:03 │ from 管理人URL