ポールの曲:『イフ・ユー・ウォナ(If You Wanna)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『イフ・ユー・ウォナ(If You Wanna)』

ポールの曲:『イフ・ユー・ウォナ(If You Wanna)』

ポールの来日間近ということで、今日は個人的にポールに1度でいいからライヴでやってほしい曲ということで選んでみた。左右のスピーカーから溢れ出す流麗なアコースティックギターの多重録音が何にも増して心地良いこの曲は、名作『フレイミング・パイ』の中でも特に好きな曲のひとつである。

何度聴いてもけっして飽きのこないこの独特の心地良さはいったいどこから来るのだろう?不思議に思ったので久しぶりに『フレイミング・パイ』のCDを引っ張り出してきて、クレジットを確認してみることにした。

『フレイミング・パイ』はE.L.O.のジェフ・リンが共同プロデューサーとして名を連ねているアルバムである。僕はおそらくこの曲もジェフがプロデュースした作品ではないかとまず推測した。しかし…、僕の予想は見事に外されてしまった。

この曲はポールとスティーヴ・ミラーのたった2人だけで録音された曲だったのだ。ヴォーカルも演奏も全部2人だけ。そしてプロデュースはポールのみ。ジェフ・リンは全く不参加だった。

クレジットは以下のようになっている。
ポール・マッカートニー:リード・ヴォーカル、ドラムス、ベース、エレクトリックギター、12弦アコースティックギター
スティーヴ・ミラー:ハーモニー・ヴォーカル、エレクトリックギター、アコースティックギター
プロデューサー:ポール・マッカートニー
エンジニア:ジェフ・エメリック、ジョン・ジェイコブズ

印象的なリード・ギターはおそらくスティーヴ・ミラーによるものだろう。しかし、それ以外は基本的にポールの自作自演のスタイルに近いものだ。だが何かが違う…。いったい何が違うのだろう。それでハタと気が付いた。鍵はエンジニアのジェフ・エメリックにあるのではないだろうか。そう左右のチャンネルから聞こえる豊かで心地良いアコースティックギターの響きはアルバム『バンド・オン・ザ・ラン』に相通ずるものがある。そうだ、きっとそうに違いない。

そう思ってジェフ・エメリックがエンジニアとして参加したポールのソロ作品を調べてみた。ジェフが主に参加した作品は『バンド・オン・ザ・ラン』『ロンドン・タウン』そして『フレイミング・パイ』の3作品であることがわかった。なるほどと納得した。これらの作品に共通しているのはサウンドに奥行きがあること、各楽器の音の輪郭がクッキリしていること、アコースティックギターの響きが豊かで心地良いことなどが挙げられる。どれも僕の好きなアルバムでありサウンドなのである(『ロンドン・タウン』はリマスター化できっと印象が一変してくるだろう)。
ビートルズの『リボルバー』から『アビイ・ロード』までのエンジニアを担当した彼の技術の高さを改めて認識させられた思いがする(僕の想像が的外れでなければの話だが)。

現実にはポールがこの曲をライヴでやることはおそらくないだろう。だが僕はそれでも夢を見続ける。『イフ・ユー・ウォナ』はアコースティック系のポールソロ期の名曲の一つであり、そのリラックスした感覚でライヴの雰囲気をぐっと盛り上げてくれるにちがいないのだ。

参考:『フレイミング・パイ』(Amazonデジタルミュージック)

コメント
非公開コメント

お邪魔します。

クズチケットについてはただいま、現在小6の甥にくれてやろうかと思案中です。 が母親(私の妹)がなんか拒絶する(笑)。 私みたいなビー中(ビートルズ中毒)になってしまうのを恐れているらしい(爆)。
でも私も小5あたりから聴き始めたし、小6の甥にとっては人生初のライヴ体験を、ぜひポール・マッカートニーでしてもらいたい、という気持ちが強くなっている今日この頃であります。 そのためには2万円なんか惜しくございません。

私? 甥にあげることが叶えば、私は当日券売り場に朝イチで並びます(クズチケットの座席の位置より確実に前であろう…笑)。

ところで 「イフ・ユー・ウォナ」。

かなり簡単なコード進行です(笑)。 つーか、「フレイミング・パイ」 の楽曲はほとんど鼻歌交じりでコードが分かるものが多い(笑)。 この曲もかなり即興でデキタっぽい感じがしますね。

でも、なんか曲全体に独特のダウナー感が漂っている気がする。 これは 「フレイミング・パイ」 のアルバム全体に言えることですが、やはりリンダの病気が大きく影を落としているんだ、と感じます。 しかしそれが却ってこの曲にブルージーな味付けをしている。

この曲には参加してませんが、アルバムでリンゴと共演したのはこれが最後だった、と記憶しています。 でもまあ、「叩き過ぎる」 感のあるエイブより相性はいいんじゃないでしょうか。 「ハーフ・ビートルズ」 になりますもんね。 もっと共演してほしいな。

ちょっと物足りないのは、ビートルズ解散後のリンゴのドラムプレイには、あまり 「冒険心」「チャレンジャー精神」 が感じられないこと。 「やっぱりリンゴだ」、と感じたのは、「フリー・アズ・ア・バード」 だけだったような気がします(極論すれば)。

「涙の乗車券」 のときみたいに、ポールにしごかれてテンパっているリンゴ、というものを、もう一度見てみたいものです。

2015-03-02 08:33 │ from 橋本リウURL

Paulのアコギ

"If You Wanna" 詳しくはいつも橋本リウさんが詳しくお優しく書かれているので私は詳しくは無理としまして(笑)

この曲に焦点をもってこられたことで昔から私が感じることのみです!

Paulって8ビート的にアコーステックギターを弾く場合は何故にかミックスは大きく、且つアコギのストロークなのにロックしていることを、いつも感じております。

特にこの手前の隠れ名曲の"TheWorldTonight"も。あとは例のヘタウマのドラム(私は叩けませんが)。これがまたフィットしているのを感じます。

中々アコーステックの単なるストロークでロックを感じさせてくれるアーティストは意外と少ないのかと思っております。

こんなネタ意外と私のFBで書いていたりしております。

2015-03-02 13:30 │ from HiroURL Edit

リウさん

「あの時おじさんがチケットをくれたおかげで」と彼は一生感謝することになるかもしれませんね。若い人にとっては、ポールを生で見る機会はますます少なくなってくると思いますから。ぜひ当日券はいい席をゲットされますように。

2015-03-02 21:55 │ from 管理人URL

Hiroさん

私もポールのドラムは味があって好きです。

2015-03-02 21:56 │ from 管理人URL

「イフ・ユー・ウォナ」

心地よいアコースティックギターの音色に鋭く切り込んでくるスティーヴ・ミラーのリードギターが格好良くて大好きな曲です。
最近では「エヴリバディ・アウト・ゼアー」ビートルズ時代なら「今日の誓い」といったポールのアコースティック・ロックの系譜を受け継ぐ曲ですよね。
それにしても ジェフ・エメリックって、ポールのソロアルバムは3作品しか参加していなかったのですね。もっと参加している印象がありました。でも管理人様が仰る通り エメリックが参加しているアルバムはアコースティック・ギターの音色の心地よさ等 共通点がありますね。個人的にあまり意識して聴いてこなかったのですが、改めて聴いてみると「バンド・オン・ザ・ラン」のサビヘ移る時のアコースティックギターの爽快なストロークとか エメリックが関わっていると思うと 何か合点がいく気がしました。

私も「イフ・ユー・ウォナ」はライヴで演れば 盛り上がると思います。アルバム『フレイミング・パイ』発売時にツアーをしていれば新曲として きっとセットリストに加わっていたでしょうね。今回のアウト・ゼアーツアーのアコースティック・ロック枠(?)に加えてくれたら嬉しいですね。でも外す曲が無いかなぁ~ もうこうなったら ライヴは40曲でも50曲でも演ってくれ~(笑) アルバム『フレイミング・パイ』の収録曲でライヴに取り上げられた曲って少ないですよね。近年では 非常に不幸な作品の様に思えます。
個人的には 「イフ・ユー・ウォナ」と もう一曲「ビューティフル・ナイト」をライヴで歌って欲しい。聴くだけで 胸が締めつけられる 美しくて切ないメロディ、やはりポールは世界一のメロディメーカーだと思います。大好きです。 「美しい夜」「素敵な夜」ってのも ライヴの夜に相応しいと思いますので もし関係者の方がご覧になっていたら ポールに提案をお願いします(あるわけない・汗)
また話が逸れてしまって申し訳ございません!

2015-03-03 01:33 │ from テツURL

テツさん

『子供に光を』とか『ピンチをぶっ飛ばせ』なんかも同様のアコースティック感全開ですね。この持ち味は元々ポールのものとはいえ、やはり音になると違っている気がします。ちょっと大胆な推測でした(笑)。
『ビューティフル・ナイト』もやったら盛り上がることまちがいなしですね。

2015-03-03 13:33 │ from 管理人URL