ポール、米シングルチャートトップ5に返り咲き - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » ポール、米シングルチャートトップ5に返り咲き

ポール、米シングルチャートトップ5に返り咲き

リアーナ、カニエ・ウェストとの共作『フォー・ファイヴ・セカンズ』がアメリカ・ビルボードのチャートで先週6位から今週4位に上昇し、ポールのアメリカシングルチャートでのトップ5へのランクインが確定した。

これによりポールは1983年の全米No.1ヒット『セイ・セイ・セイ』からなんと31年1か月と1週間ぶりにトップ5に返り咲いたことになり、これはビルボードのチャート史上最長のブランクでのカムバック記録になるという。またまたおめでとうポール!しかし31年とは長かった。

ここまできたらやはり全米No.1を狙ってほしいところだが、チャートの伸びは鈍化しており、トップ3はあるかもしれないがさすがに1位は難しいかもというのが個人的見解である。尚、先週4位を記録したイギリスチャートでは今週は5位に下がっている。ともかく英米で5位以内に入ったというのはすばらしい事で、改めて素直に大ヒットを喜びたい。

さて2月14日ニューヨークで1夜限りのサプライズコンサートを開き、またしても世間を驚かせたポール。この日のチケットは全席40ドル(約4800円)、支払いは当日現金のみという破格の条件、会場のキャパは数百人から多くても千人程度であったという。このスペシャルコンサートにはメリル・ストリープ、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス、エディー・マーフィーなど数多くの有名人が観客として顔を揃え、なんとアメリカの現国務長官ジョン・ケリーまで現われたというから驚きだ。
この日のコンサートは通常よりも少し短めの2時間ほどで、ポールは全26曲を熱唱した。残念ながらセットリストは『アウト・ゼア・ツアー』を基調としたもので目新しい曲は披露されなかったが、変わったところでは『ワン・アフター・909』『マッチボックス』『イッツ・ソー・イージー』『ドライヴ・マイ・カー』などが演奏された。
コンサートの模様はユーチューブで”Paul McCartney Irving Plaza”などと入力すると見ることができる。やはりステージとの距離が極めて近いことに驚かされる。この日のライヴが見れた人は本当に幸運だ。

とにかく変わらず元気な姿を見せてくれたポール。当然の事ながら日本公演への期待は高まるばかりだが、僕自身は最後の最後まで悩みに悩んだあげく、今回はやはり行かないことに決めた(汗)。といっても、また途中で気が変わるかもしれないが(笑)、ともかくWEB先行チケットだけは支払い期限が過ぎてしまったのでもはや無効である。というわけで今回はライヴの観戦記事などが書けないのが残念だが、ファンの1人として外側から応援させたいただくつもりである。

尚、チケットは引き続き発売中。2月26日までプレリザーブ2次受付中となっている。

参考:チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2015 チケット購入ページ
icon
コメント
非公開コメント

お久しぶりです。恐らく当日引換券、当日券も発売されるでしょうから、一日位行きましょう。
私もまだ購入していません。しかし、来日するポールと、同じ場所を共有しない手は無いですよ。

2015-02-21 01:45 │ from nabiURL Edit

nabiさん
今のところはないですが、まだ日にちがあるので気が変わるかもです。

2015-02-21 19:45 │ from 管理人URL