2015年は大ブレイクの年となるか - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » 2015年は大ブレイクの年となるか

2015年は大ブレイクの年となるか

カニエ・ウェストとのコラボ曲『オンリー・ワン』に続き、リアーナ、カニエ・ウェストとのコラボ曲『フォー・ファイヴ・セカンズ』が今世界中でチャートを駆け上がっている。すでにイギリスでは4位、アメリカでは6位を記録。その他の国々でもスウェーデンで1位になったのをはじめ、フランス、ニュージーランドで2位、オーストラリア、ハンガリー、スイスで3位など軒並みチャート上位に食い込んでいる。

ポールは2月8日のグラミー賞当日のステージでリアーナ、カニエ・ウェストと共にこの曲を披露し大喝采を浴びたばかり。この日のパフォーマンスは各方面からも絶賛されており、今後さらなるチャートの上昇が見込まれる。この日のポールは完全に脇役に徹しており、逆にそれが僕には新鮮に感じられた(カッコよかった)。また顔色もよく元気そうで、年齢による衰えなどは微塵も感じさせなかった。この状態で日本に来てくれるならば、2013年の時と同等か、もしくはそれ以上の究極のパフォーマンスが見れるかもしれない、などと一人勝手に想像してしまったのであった(やっぱり行きたくなるネ)。

さてイギリスでの4位という成績だが、英シングルチャートで5位以内に入ったのが1984年の『ウィ・オール・スタンド・トゥゲサー』(3位)、『ひとりぼっちのロンリー・ナイト』(2位)以来なんと31年ぶりのこと。本当に久しぶりの大カムバックであり、ファンの一人として素直におめでとうと言いたい。

かわってアメリカでは現在6位だが、僕はまだもう少し順位が上がるのではないかと期待している。が、もしこのままだとしてもビルボードのシングルチャートで10位内に入ったのが1985年の『スパイズ・ライク・アス』(7位)以来こちらも約30年ぶりということになる!⇒正確には29年と2週間で、ビルボードの歴史上最も長いブランクがあってトップ10に返り咲いたアーティストになったということだ。おめでとう、ポール!尚、これまでの記録はサンタナの28年7か月と2週間との事。

アルバムについては現在もコンスタントに5位以内に入る作品を世に送り出し続けているポールだが、シングルはやはり当代若者の支持を得られないとなかなか結果の出せない世界であることを改めて痛感させられた。今回ポールがチャートにカムバックしたことで、ひょっとしたら「ポールは人気アーティストの力を借りて・・・」などという否定的な見方も生まれるかもしれない。しかし、2000年以降ポールは一貫してストイックなほど自作自演のスタイルにこだわり続け、また実際に結果も残してきた。だから、ここらで若いアーティストたちと自由に交流し、共同で作品を作ったとしても僕は何も非難される筋合いはないと思っている。むしろ、今や世界のトップアーティストたちから最大級の尊敬を集めるポールが、彼らの呼びかけに応えることのほうがよほど重要であるし、それが現在、そして未来の音楽界のためにもなると思うのである。(まあ72才なんだから、好きにやらせてあげてよ、というのが本音だ)

そしてさらに先日報道されたのがあのレディ・ガガとの共演である。まだ詳細は発表になっていないが、近いうちにポールとのコラボ作品が発売されるものと思われる。またポールは他にも数多くのシークレット・プロジェクトを同時進行形で抱えていると以前から噂されている。なんと2015年はまだ始まったばかりだから、これから日本公演を含めどんなサプライズが待っているのか・・・非常に楽しみになってきた。案外あとで振り返れば2015年はポール大ブレイクの年だったね、なんてことになるのかもしれない。

参考:
『フォー・ファイヴ・セカンズ』(iTunes)
『オンリー・ワン』(iTunes)
『カット・ミー・サム・スラック(Cut Me Some Slack)』/ポール・マッカートニー&ニルヴァーナ(iTunes)
『イフ・アイ・テイク・ユー・ホーム・トゥナイト』/ダイアナ・クラール(曲:ポール・マッカートニー)(iTunes)

コメント
非公開コメント

最近のポールの、ブラックミュージシャンとのコラボ、すごいですね、
レディーガガとも、共演したというし、チャートもいい塩梅にあがっているし
ガガ、 トニー・ベネットとの競演といい、まさしくジジ殺し

私も、ポールを聞くようになった時が、PRESS TO PLAYからだったもので
チャートがいまいち上位にいかないんで、苦々しく思っておりました
なにはともあれ、ポールの活躍、いちファンとしてうれしい、ポール売れろ!、売れちまえ!<チャートもろとも>

ブラックミュージシャンとのコラボ?  そういや、今年は TUG OF WAR と PIPES OF PEACE出るな
なるほど、流れはできているんだなぁ〜とおもいましたよ

コンプリートのCOLD CUTSをぜひ出してほしい、



2015-02-12 15:37 │ from ママ・ミス・アメリカURL Edit

相変わらず多忙を極めていますよね。近年、若手とのコラボが増えていますが、ま、ポールからしてみれば大概のミュージシャンは年下ですから(笑)またリアーナ、カニエファン、ガガファンがポールとのコラボを望んでいたかというと、?マークなんですけども。しかし、昔からのポールの得意技である、自分が興味あるものは共演したりしてパクる!という癖が健在なのである意味嬉しいです。

2015-02-12 16:24 │ from ハリソングURL Edit

ポールおめでとう~(涙)
約30年ぶりの 米シングルチャートTOP10返り咲き、ポールファンになって初めて経験するポールの米シングルTOP10入りにファンとして最高に嬉しいです。しかもイギリスでもTOP10入りですよね。リアルタイムでポールがシングルチャートで活躍する姿を見れて もう涙涙です~
たとえポール単独では無いにしろ ポールの名前がTOP10の中に刻まれている、この事実に嬉しさが止まりません。近年はブラックミュージックの台頭で シングルチャートの曲も昔とは様変わりして ポールのシングルチャート復帰は難しいかと思っていましたが ブラックミュージックのアーティストと共演しちゃいましたか(笑) ポールの音楽に足りない要素だと思っていたので ブラックミュージックをも取り込んで 躍進を続けるポールに 頼もしさを感じます。ママ・ミス・アメリカ様が仰る通り、次回のアーカイヴへの布石として ストーリーが組み立てられてる印象もしますね。

グラミー賞でのパフォーマンスも 脇役に徹するポールがクールで格好良かった!シングルチャート復活で 日本公演突入とは これも良いタイミングですね。心機一転 意外な選曲を披露してくれるのでは?と期待も膨らみます。

個人的に 今、ポールと共演して欲しいアーティストは ボブ・ディランですね。近年はダミ声が控えめになり 70歳半ばにして 未だ様々な歌い方が出来る事をアピールしてくれました。今の流れだと しばらく実現は無いでしょうが、この両巨頭の共演を二人が元気な間に見たいですね。

2015-02-12 23:42 │ from テツURL

「オンリー・ワン」も「フォー・ファイヴ・セカンズ」も普通にいい曲ですね。
作曲・演奏面で両方とも、ポールのアコースティックな個性が色濃く反映されていると思います。

カニエ・ウェストもリアーナも、売上・実績は申し分ないですし、彼らもまた、グラミーノミネート常連です。
リアーナは声に特徴があり、その声質は欧米でも多くのファンを惹きつけているようです。

カニエは先日のグラミーでも粗相をしでかしたようにトラブルメーカーではありますが、サウンドトラック作りにかけては世界中で賞賛を浴びている、極めて評価の高いミュージシャンです。
ラッパーでありながらラップの技術やリリック(詞)ではなく、音作りで絶賛されているという、よくよく考えてみるとかなりヘンなヤツなのですが(笑)、欧米の音楽関係者による彼の評価は絶大なものがあります。
グラミーの年間最優秀アルバムにもこれまで3度ノミネートされていて、グラミーに対するこだわりも人一倍強いものを持っています。

「オンリー・ワン」も「フォー・ファイヴ・セカンズ」も今回のコラボは、カニエの呼びかけから実現したものではありますが、結果的にいい曲ができて良かったな~というのが個人的な感想です。
また2人ともポールに対するリスペクトが感じられて、ポールファンとしては微笑ましいものがあります。
また、今後は何らかの形でガガとのコラボ(こちらはポールの方から声をかけたようですね)も明らかになるということで、こちらも楽しみです。

最後に、ポールのビルボード週間チャートトップ10入りは「スパイズ・ライク・アス」以来ということですが、個人的にはこの曲のB級っぽい感じと最後のたたみかける感じが非常に好きです。
ですが、ポールファンからはそんなに評判が良くないようですね・・・
いや、この曲はかなりいい曲だと思います(笑)

2015-02-13 02:16 │ from Golden MaskURL

ママ・ミス・アメリカさん
そうだポール売れろ、売れちまえ!(笑)

2015-02-13 09:41 │ from 管理人URL

テツさん
リアルタイムでは初めての経験でしたか(笑)。よかったですね。これを機にまだまだ記録を伸ばしてほしいものです。
ディランとのコラボですが、あのディランがポールのトリビュートアルバムに参加して敬意を表してますから、ポールもそれに応えないとですよね(笑)。

2015-02-14 09:30 │ from 管理人URL

Golden Maskさん
いつもながら当世アーティストの解説ありがとうございます。しかし、ほんとに2人はリスペクトしてるんですかね?(笑)いや、実は今回あんまりポールが特別扱いされていないところがとても新鮮でよいです(バックステージでもポールあんまり楽しそうじゃない)。脇役のポールもいいもんです。
『スパイズ・ライク・アス』は最初「あれっ?」って感じなのですが、聴き込むほどによさがわかってきます。ある意味とてもポールらしい不思議な曲だと思いますし、私ももちろん好きです。

2015-02-14 09:44 │ from 管理人URL