ポールの曲:『あの娘におせっかい(Listen To What The Man Said )』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『あの娘におせっかい(Listen To What The Man Said )』

ポールの曲:『あの娘におせっかい(Listen To What The Man Said )』

ポールは数えきれないほどのいわゆる“名曲”を世に送り出しているが、ことポップソングという括りで考えたなら、僕は『あの娘におせっかい』がある意味永遠にベストソングであり、誰もこの曲を超えるポップソングは書けないのではないか、と思うことがある。

もちろん実際にはそんなことはないだろう。世の中はすばらしいポップソングに満ち溢れているから。しかし、この種の幻想というのはポール・マッカートニーの音楽に心底魅せられてしまった僕のようなファンの頭の中に何度も何度も浮かんでは消え、消えてはまた浮かぶ蜃気楼のようなものなのである。

「この曲こそが最強だ!」、「この曲に勝るものなど世界に一つもない…」、「ポール自身この曲を超える曲は絶対に書けないだろう」などなど…。僕自身そのように思った曲というのはなにも『イエスタデイ』『ヘイ・ジュード』『レット・イット・ビー』のような超有名曲に限ったことではなく、実際に何十というポールの曲について瞬間的にこのような思いが脳裏をよぎるのをどうしても止めることができないのである。それは生きてポールの曲を聴き続ける限り、きっと永遠に循環を繰り返すのであろう。ポールは本当にすごいソングライターだ。

先日もなにげなく『ミセス・ヴァンデビルト』を聴いていたら、そのセンス溢れるベースプレイと、完璧ともいえる手作り感覚のギターワーク、そしてすばらしい歌声と必殺のメロディーが怒涛のように僕の聴覚を刺激し、至福の極みとしか言いようのない状態を生み出したのであった。「ああ、こんなにもすごい曲がシングルカットもされていないなんてぇぇぇ…」。僕はただただ溜息をつき、ポールの驚くべき才能に呆れ果てるばかりだった。たしかにあの瞬間に関していえば『ミセス・ヴァンデビルト』は僕にとって世界最高の名曲であったのだ。

さて『あの娘におせっかい』に話を戻そう。冒頭で述べた通り、この曲は完璧なポップソングのお手本のような曲である。理屈抜きに聴いていて楽しいし、自然と身体が動いてしまう。そして、訳もなく幸せな気分にさせてくれる。ポールの底抜けに明るい性格がそのまま曲になってしまったような曲という気もする。

まずイントロの主題で完全に昇天(笑)。この短いフレーズの中にマッカートニー・ミュージックの精髄が凝縮されていると言ってもあながち間違いではあるまい。続いてポールのヴォーカルが入ってくるやいなや、あれよあれよという間に明るく楽しいポール・マッカートニーの音楽世界へと引きずり込まれてしまうのである。歌詞などわからなくても、この曲が人生を肯定的に歌ったものであることがビシバシ伝わってくる。これが音楽の素晴らしさだ。

しかし、ポールはこの曲のアレンジには苦労したのだという。そして最終的に行き着いたのがデイヴ・メイスンのギターとトム・スコットのサックスをフィーチャーしたテイクであった。たしかにこれは大正解と思われる。盤石と思われた当時のウイングスのメンバーでさえ何かが足りなかったのだ。特にトム・スコットのサックスは完全な即興演奏だそうで、たったワンテイクで録られたというから恐れ入る。

ポールは70年代のツアーでこの曲をレパートリーに入れていたが、その後長らくツアーでは聴く機会がなかった。しかし、現在の『アウト・ゼア・ツアー』のセットリストにこの曲が加えられたことは皆さんご存じの通り。演奏はポールのピアノをベースにした70年代のアレンジではなく、よりオリジナルに近いギター主体のスタイルになっていて個人的にはこちらのほうが気に入っている。

チャートではアメリカでは1位を記録しているが、イギリスで6位止まりというのはどうにも納得がいかない。しかしアメリカでも1位は1週のみ。個人的な感覚では『心のラヴ・ソング』(アメリカで5週間1位)と同じくらい売れても不思議はないとずっと思ってきたのだが、このあたりは一般人と僕との感覚の違いなのかもしれない。とにかく僕にとってはなにがあろうとベストソングの一つなのである。

『Macca Go Go Go!管理人の日記』再開しました。よろしければお越しください。

参考:
『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 日本盤
アマゾン楽天ブックスHMVicon

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 海外盤
アマゾン 未掲載/楽天ブックス 未掲載/HMViconAmazon.com(アメリカ)Amazon.ca(カナダ)

コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-01-17 07:50 │ from URL

あのマッカートニーに指摘するメロディメーカーってどれくらいいると思いますか?
もちろん曲といってもいろんなジャンルがあると思いますが、
ふたつに分けると 良い曲かそうでない曲かになると思います

自分的にはオサリヴァンかビリージョエル、ブライアンウィルソンです
でもこの三人に詳しいわけではありません

あと邦題はどう思いますか?

2015-01-17 14:26 │ from 雨URL

失礼します。

この曲は、ことポップス系の楽曲においては、ビートルズ以降のポールでも一、二を争う出来だと思います。アルバムのコンセプトである豪華さを体現していることで、次作の『Speed of sound』における『Silly love songs』のように浮いた存在にならないのも良い点です。

ただ、実を言うとこの曲のライブバージョンはあまり好きではなかったりします(苦笑)
というのも、この曲のサウンドの主役はサックスであり、スタジオ盤の演奏が良すぎてライブではどうしてもそちらと比べて味気なく感じてしまうからです。

僕が去年…いや、もう一昨年になるのか…にライブに行った時は、この曲に代わりまさかのJetを演奏してくれたのは、僕の為だな、などと不遜にも思った次第です(笑)


ところで、雨様のコメントをお読みしまして、ポールに匹敵するメロディメーカーを考えてみたのですが…正直、全体的に匹敵する人物は浮かびませんでした(笑)
ブライアン、ビリージョエルも大好きなのですが、至玉のメロディをササッと作ってしまう境地にまでは至っていないかな、と思います。
星新一のショートショートのような手軽かつ名作、というのは真の腕前を求められるのかもしれません。湯水のごとくアイディアを使っていくポールには、感心を通り越して呆れてしまうくらいです(笑)

蛇足ながら、匹敵までいかずとも自分の好きなメロディメーカーもいるので紹介しますと、キンクスのレイ・ディヴィス、ザ・フーのピート・タウンゼント、そしてクイーンのメンバー全員(全員が1位の曲を作れるのは奇跡的ですね)です。特にフレディなんかは、『うつろな日曜日』のような素晴らしい小曲を作れるあたり、ポールに次ぐ才能の持ち主、と言えるかもしれません。

2015-01-17 18:53 │ from 村正URL

雨さん
個人的にはポールに匹敵するメロディメーカーはエルトン・ジョンしかいないと思ってます。

2015-01-18 10:25 │ from 管理人URL

村正さん
たしかにこの曲はスタジオヴァージョンが素晴らしすぎて、私もライヴでやると少し見劣りする気はしますね。でも長年のファンには『ジェット』はもういいやという人が多いんですよ(笑)。

2015-01-18 10:28 │ from 管理人URL

「あの娘におせっかい」

この曲も大好きです。2013年の来日公演で初めて生で聴けた時は感激しましたね。ポールのヴォーカルが好調でしたし、ポップで弾ける様な雰囲気が ライヴでも上手く表現されていたと思います。

ポールの特長として ポップでメロディアスな曲が多い事が挙げられますけど、「あの娘におせっかい」はポールの名曲の中でも 一二を争う最高のポップソングだと思います。
この曲では トム‐スコットと、デイヴ‐メイソンが 多大な貢献をしていますよね。特にイントロの印象的なリフを作ったのはメイソンだと思うのですが ギターでキャッチーなリフを奏でたデイヴ‐メイソンは素晴らしいと思います。あのリフで曲の印象が決定的になりましたよね。トム‐スコットもあの伸びやかなサックスの音色が無かったら あそこまでポップな曲調には ならなかったかも。二人とも どちらかと言うと ジョージ‐ハリスン寄りの人脈だと思うのですが、ここではポールが二人の持ち味を上手く引き出していますね。ポールの楽曲で ゲストミュージシャンが大活躍した最高の部類の曲だと思いますよ。

ポールのヴォーカルも曲調に合った生き生きとした歌声ですね。メロディ、サウンド、どれを取ってもポップ要素満載で 正しくポールならではの名曲、この曲を聴く度にポールが好きで良かったと思えます。「~kisses girl♪」の後のキスの音とか遊び心も良いですね。こういう小技が様になるのも この頃のポールならではです。

でも こんな名曲なのに‐‐ ポール史の中では いささか扱いが低い様な気もします‐‐ この後に発表された「心のラヴ‐ソング」の特大ヒットで 存在感が薄れてしまったか? いや、この曲も もっとヒットしても不思議では無かったですよね。全米1位は当然として 英国ではTOP5に入らなかったのは 残念すぎます。
それにウイングス時代のベスト盤『ウイングス‐グレイテスト‐ヒッツ』には「あの娘におせっかい」が収録されていないなんて あり得ない‐‐と思うのですが(泣)

ライヴでも 長い間、セットリストから外れていて 不思議ですね。でもYouTubeで検索して見ると 80年代後半 ポールが、テレビ出演等で「あの娘におせっかい」を歌っている映像も何本かありますので ウイングス時代の代表曲という意識は ポールにもあったと思います。
今回のアーカイヴ‐シリーズでの再発、アウトゼアーツアーでのセットリスト入りで「あの娘におせっかい」が再評価される時が来て嬉しいです。

あとこの曲は ベスト盤も良いけど 是非アルバム『ヴィーナス‐アンド‐マース』で聴いて頂きたいです。「あの娘におせっかい」が終わった後 ほぼメドレーの様な形で「トリート‐ハー‐ジェントリー~ロンリー‐オールド‐ピープル」へと続くのですが、あのポップな曲調から一転してバラードへと移り変わる展開が また秀逸ですね。強引な力業ですが それでも甘いサックスの音色とオーケストラを配して無理なく聞かせる所が ポールの凄い所だと思います。

そして皆さんが思われている事だと思いますが、「あの娘におせっかい」という邦題と歌詞の内容が全く合っていない(苦笑)この邦題を考えた方は 何を思って「あの娘におせっかい」に決めたのか?? でも不思議と「あの娘におせっかい」悪くないなと思えます。曲の雰囲気と合ってる気がしますね。ちなみに歌詞の方は いかにもポールらしい前向きな愛の讃歌といった趣でメロディも含めて 正しくポールならではの快作ですね。大好きです。

ポールに匹敵するメロディメーカーですが‐‐ 個人的に敢えて挙げるとすれば ブライアン‐ウイルソンですね。ポールも絶賛した名曲「神のみぞ知る」を発表した時でまだ弱冠23歳。あの崇高な雰囲気さえ感じるメロディはとても印象的です。しかもプロデュースも兼ねていたのですから凄いですね。
昨年発売された ポールのトリビュート作品では 「ワンダーラスト」を取り上げて歌っていましたが、ブライアン自身お気に入りの曲だったそうです。さすが!分かってるなぁ~って感じで嬉しかったです。

2015-01-19 03:17 │ from テツURL

テツさん
『トリート・ハー・ジェントリー』へのメドレーはポールならでは。すばらしいですね。邦題は個人的には好きですね。原題は日本人には長すぎです(笑)。

2015-01-19 19:34 │ from 管理人URL

「あの娘におせっかい」というタイトルは確かにいただけません(笑)。

本来は「あの男が言ったことを聞け」という内容のタイトルですからね。

歌詞を読むと「あの男」というのはジョンのことではないかと推察されます。

And love is fine for all,we know.

For all we know,our love will grow.

That's what the man said.
So won’t you listen to what the man said?

愛は誰にとっても素晴らしいものだと僕たちは知っている。もしかしたら僕たちの愛は発展するかもしれない。あの男もそう言っていたよ。だから、あの男が言ったことに耳を傾けよう。

こういう歌詞ですが、この曲が発表される2年前の1973年、ジョンはリリースした曲「Mind Games」の中で
Love is the answer.And you know that for sure.
Love is a flower.You got to let it,you got to let it grow.

愛があれば解決する。それが確かなことだとわかっているよね。

愛は花なんだ。どんどん育てよう。

というメッセージを世界に伝えました。


ポールが「あの男もそう言っていた。あの男が言ったことに耳を傾けよう。」と述べているあの男とはジョンのことで、言ったことというのは「Mind Games」に込められたメッセージなのではないでしょうか?

2015-01-20 16:53 │ from ゆうURL

ゆうさん
The man については、キリストとか神を指しているという意見もあるようですね。僕自身はポールの歌詞というのはジョンほどのメッセージ性はないと考えています。聴き手がどう取ろうと自由というような。ちなみに私はポールの歌詞に注目することはほとんどないです(笑)。

2015-01-21 18:20 │ from 管理人URL

ブライアン・ウィルソンですね〜

以前から訪問させていただいている小川と申します。Press to Playからのファンです。

私としては、やはりブライアン・ウィルソンがポールに近い気がしますね。
ブライアン・ウィルソンのソロ(1988年)に収録されている「Love and Mercy」とか「Let It Shine」はまさに「Wanderlust」のような名曲だと思います。

PS 「Wanderlust」は名曲なのですが、あのメドレー形式がなかなかよいのでブロードストリートバージョンも結構いいですよね〜あと、「ロング&ワインディングロード」もブロードストリートバージョンが結局一番妥当な気がします〜〜あそこまでAORに振り切れてくれれば誰も文句は言わないだろう〜〜って感じで。80年代のポールは風当たりがきつかったですからね〜

2015-01-22 02:43 │ from HoURL

Hoさん
ブライアン・ウイルソンのファン多いですな~。私もブロード・ストリートの『ロング・アンド・ワインディング・ロード』は高く評価しています。

2015-01-23 16:14 │ from 管理人URL

the manはキリストや神のことという説もあるんですか?それは知らなかった!

この曲が発表される1年ほど前、1974年にロサンゼルスでジョンとポール、スティーヴィー・ワンダーなどによる極秘セッションが行われたり、この曲が収録されたアルバム「ヴィーナス・アンド・マース」のレコーディングにジョンが参加する予定だったけど、時期早尚だという結論に達して取り止めた(※メイ・パンの証言。ジョンは「またポールと一緒に曲を書いて発表し、世界中をあっと言わせる」と意気込んでいたらしいです。)など、ジョンとポールの関係が解散前後にくらべて、かなり改善されてきた時期に書かれた曲なので、ジョンを肯定する内容の歌詞をポールが書いても不思議ではないとボクは思っているんですけどね。

2015-01-23 22:15 │ from ゆうURL