『ヴィーナス・アンド・マース』リマスター盤の感想 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ソロ・リマスター日記 » 『ヴィーナス・アンド・マース』リマスター盤の感想

『ヴィーナス・アンド・マース』リマスター盤の感想

11月5日に発売された『ヴィーナス・アンド・マース』リマスター盤の現時点での感想とボーナス・ディスクの内容などをまとめておこう。

まずオリジナル『ヴィーナス・アンド・マース』(CD1)の出来ばえは素晴らしいの一言。これまでに発売された同アルバムのCDは何種類かあるが、僕が持っているのは一番古い世代のCDだからだろうか…、その音は同じレコードとは思えないほど。あまりにも劇的に、そして鮮やかに生まれ変わったという印象である。とにかくこれまで気付かなかった微妙な音のニュアンスが細部に至るまで確認できるのが嬉しい。ポール自身のプロデュース作品にありがちなサウンドのデコボコ感(バランスの悪さ)も見事に改善されており、僕は約40年の年月を経てついにこの珠玉の作品が完成の時を迎えたという深い感慨に浸っている。ズバリ、リマスター効果という点では『ラム』『マッカートニー』を超え、個人的にはこれまでで一番の出来という評価だ。

リマスター盤の発売と共にこのアルバム自体の評価もきっと上がることだろう。

ボーナス・ディスク(CD2)も質、量共にこれまでで一番だ。考えようによっては『ヴィーナス・アンド・マース』は2枚組で、ボーナスディスクをディスク2と考えることもできるほどに充実している。

オープニングを飾るのは大ヒットシングル『ジュニアズ・ファーム』(全米3位)。以下『ヴィーナス・アンド・マース』第2部をお楽しみください!

『サリー・G』はどうしても取り上げずにはいられないほどすばらしい出来。ポールの艶のある伸びやかなヴォーカルと、ニュー・オーリンズのカントリー・ミュージシャンたちによる完璧な演奏が心に染み入る。以前から好きな曲ではあったが、僕は改めてポールのベストソングの1曲にこの曲を入れねばなるまいと心に決めたしだい。

『エロイズ(Walking in the Park with Eloise)』はポールの父ジェームズが作曲した作品、『ブリッジ・オン・ザ・リヴァー・スイート(Bridge on the River Suite)』はポールが作曲した作品だが、共にインストゥルメンタル・ナンバーで演奏はウイングスとクレジットされている。曲調は違うがどちらも甲乙つけ難い魅力があり僕は昔から愛聴している。古いCDの解説によれば、これら2曲はポールがカントリー・ハムズというバンド名で1974年10月にシングルとして発売したらしいが全くヒットしなかったという(A面は『エロイズ』)。当時はロックバンドとしてウイングスを売り出していたポールであったが、前述の『サリー・G』やこのインストゥルメンタル作品など、ポールの音楽性は常に型にこだわらない奥行きと広がりを見せていたことがよくわかる。

『ヘイ・ディドル』はよほどポールのお気に入りなのだろうか。正直「またか」という気がしないでもなかったのだが(笑)、ミックスが違うとのことで『ウイングスパン』『ラム』リマスター盤のボーナスディスクに続き3回目の登場である。今回はストリングスがフィーチャーされているところがこれまでとは大きく異なる。が、個人的には『ラム』版で十分に完成はされていたと思うし、僕自身はそっちのほうが好きである。さすがにこれ以上はないと思うが、今後も同じ曲の進化過程が時系列でボーナスディスクに収録されるということはあるのかもしれない。

『レッツ・ラヴ(Let's Love)』は1974年にポールがペギー・リーのために書き下ろした曲。プロデュースもポール自身が行ない、シングルとしても発売されたがヒットしなかった。デモ用の簡単な弾き語りのように聞こえるが、こういう曲調のポールの曲はどんなものであれ僕はもろ手を挙げて大賛成なので、ありがたくポールの新曲としていただきますという気分だ(笑)。

『7月4日(4th of July)』も1974年にポールがジョン・クリスティというシンガーに提供した楽曲でシングルとして発売されたが、こちらも全くヒットしなかった。前述のペギー・リーとは違い、ジョン・クリスティはアルバム1枚とシングル数枚を発売しただけのほぼ無名に近いシンガーだが、ポールがどういう経緯で彼に曲を提供したかは不明。曲もけっして悪くはないし、ポール独特のアコースティックギターのアレンジも光る。ただ『レッツ・ラヴ』もそうだが欲をいえばもう少しいい音で録音を残してほしかった。

『ソイリー(Soily)』と『ベイビー・フェイス(Baby Face)』は1974年に制作されたテレビ用のドキュメンタリー『ワン・ハンド・クラッピング』から音だけを抜き出してCD化したものと思われる。特に『ソイリー』はスタジオテイクがこれまでに存在していなかったことから貴重だし、出来のほうもかなりイイ線をいっていると思うのだが、いかんせん『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』のライヴバージョンがあまりにも出来が良すぎてしまう。というわけで僕個人はまだライヴバージョンのほうに軍配を上げる。

『ランチ・ボックス~オッド・ソックス(Lunch Box/Odd Sox)』は3曲目のインストゥルメンタル・ナンバー。僕の中では昔から隠れた名曲の1つだ。こうしてボーナスディスクに収録された曲を俯瞰してみると、ロックという枠に縛られないポールの多様な音楽性がくっきりと浮かび上がってくる。同時期にこれだけいろいろな曲を作り、録音していたことは改めて驚嘆に値する。音楽家の中の音楽家、天才の中の天才。それがポールという人なのだ。

『ロック・ショー(オールド・ヴァージョン)』はお好みでどうぞ(笑)。『ワインカラーの少女(シングル・エディット)』はいかにもシングル用の軽い仕上がり。僕は重厚なアルバムヴァージョンのほうが好きだが、聴き比べると楽しいだろう。

参考:
『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 日本盤
アマゾン楽天ブックスHMVicon

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 海外盤
アマゾン 11/17現在未掲載/楽天ブックス 11/17現在未掲載/HMViconAmazon.com(アメリカ)Amazon.ca(カナダ)

『スピード・オブ・サウンド』ボックスセット 日本盤
アマゾン楽天ブックスHMVicon

『スピード・オブ・サウンド』ボックスセット 海外盤
アマゾン 11/17現在未掲載/ 楽天ブックス 11/17現在未掲載/HMViconAmazon.com(アメリカ)Amazon.ca(カナダ)

コメント
非公開コメント

スーパーデラックス買ったのでちょっとショック

こんにちは
私も大好きなアルバムなので楽しんでます
ハイレゾも抜群ですね

ただ私まだ確認してませんが、2chで気になる書き込みがありました
CDの方ですが、磁石屋とチタン男の2分45秒あたりで音飛びがあるそうです
うっかりすると聞き逃すレベルらしいのですが、知ってしまうと気になるという....
ハイレゾは問題ないとのこと 
これは世界中同じようで製造プレス上の問題ではなく、CD用のリマスター音源に問題があったようです 確認してみてください

ユニバーサルには非がない雰囲気の対応が取られてるとのこと(今のところ)
交換するのか、追加プレスで暗黙の内に修正されるのか?
今後の対応が気になるところです

2014-11-17 15:44 │ from chusanURL

ええ!?
『『ワインカラーの少女(シングル・エディット)』はいかにもシングル用の軽い仕上がり。』
ということはアランパーソンズがリミックスしたアナログシングルテイクではないということですか?

私はこのシングルテイクが大好きで、なかなかCD化されないのを残念におもっており、今回の目玉の一つだったんですが・・・・残念です。

アルバムテイクも良いですが、シングルとくらべるとなんかソフィスケートされてしまっていて物足りないのです。
シングルは冒頭からオルガンが聞こえてきてまずびっくりしますが、ボーカルもノンエコーで実になまなましい。全体にラフな感じもこの曲にいっそうふさわしい。いつCD化されるんでしょうか?
それともアナログシングルを後生大事にするしかないのか(泣)

2014-11-17 18:12 │ from ゆうみんURL Edit

chusanさん
音飛びの件は、以前ゆうみんさんからも情報いただきました。私も昔のCDと聴き比べましたが、あるのはたしかです。不思議なのはこういう事に関しては日本よりもっとうるさい海外の掲示板でこの問題が議論されていないことです。私が懸念しているのは、発売が延期されたのはこの問題を差し替えるためで、日本はなぜか対応されなかったのではないかということ。そんな事があってはならないですが…。昨今の状況を見ていると疑わざるをえないのが悲しい現実ですね。

2014-11-17 20:00 │ from 管理人URL

ゆうみんさん
いや今回収録されたシングルヴァージョンはアランパーソンズがプロデューサーとしてクレジットされているので、おそらく間違いないと思います。ご安心を。今までアナログシングルでしか聴けなかったのだから、やはり貴重ですね。

2014-11-17 20:02 │ from 管理人URL

安心しました!!
なるほど管理者さんと感じ方が全然ちがうわけですね。
たしかにエコーがきいていないぶん軽くきこえるのかもしれません。
私の場合、シングルを先にきいているので思い入れが過剰な可能性もあります。

しかし 音飛びがわかっている物をわざわざ買うのは気が引けます。
しばらく様子見ですね。

私の友人は輸入盤を買いましたが音飛びしているそうです。
iTunesは音飛び無し、ハイレゾも無しとなると、cdプレス用のマスターのみに傷があったのか?

2014-11-17 20:30 │ from ゆうみんURL Edit

もし日本は対応しなかったとしたらショックですね
そして交換措置もとらないでしょうね

海外盤買った方の情報知りたいです
問題ないようなら海外の通常盤買ってしまいそうで.....
悪い癖がでそうです
ビートルズのステレオアナログセットもPPMが反っていたので単品買って完品にしました(馬鹿ですね)

2014-11-17 21:42 │ from chusanURL

このアルバムはなんだか仕掛けが細かいので、磁石屋とチタン男の音飛びもわざとやってるのかと思ってました笑。あれっと意識をもってかれる感じ。
ちなみに僕はコールミーバックアゲインが一番好きになりました。

2014-11-18 00:03 │ from ふーてるURL

「「磁石屋とチタン男 」の音飛びにつきまして、
2014年にアビーロード・スタジオでリマスタリングされたものですが、
オリジナルマスターに起因するものです。
国内盤CDは、テストプレスをアビイ・ロード・スタジオに送ってチェックして、
OK頂きました。当社としてはそれを信じてリリースしています。

宜しくお願いします。

ユニバーサルミュージック カスタマーサービスセンター」

ということだそうです。
この対応はひどすぎる、無責任すぎるとおもうのですが、皆さんどうおもわれますか?
ハイレゾやituneダウンロードが正常なら、cdが欠陥商品なのはあまりに明らか、しかもいままで発売されてきた旧cd(ホフマン盤も含)は音飛びがありません。
欠陥商品を売り出しておいて、責任はスタジオです、知りません、ではいくらなんでも通らない。むろんアビーロード側の責任が重大なことは当然ですが・・・MPLの品質管理もいいかげんですね。
気持ちの良い解決を望みます。

2014-11-18 12:52 │ from ゆうみんURL Edit

ゆうみんさん
情報&UMJへの確認ありがとうございます。困りましたね。海外と比べても勝手に高い価格をつけておきながら、明らかな欠陥が見つかってもそれを認めることさえできない。販売元なんだからMPLに交換などの交渉をし、対応を迫るのが本当でしょう。「うちはOKをもらったから関係ない」とは情けなすぎます。最低でも郵送によるCDの交換対応はすべきと考えます。

2014-11-18 19:40 │ from 管理人URL

『ヴィーナス・アンド・マース』のリマスター盤ですが、リマスターされた音・内容に関しては 非常に満足しています。しかし音飛びの件だけは どうしても不満が残りますね。
発売を延期された挙げ句 届けられた音に欠陥があったとは ファンとして失望しました。これはプロの仕事では無いですね。製作者側 そして 然したる処置も取らない販売者側にも猛省を促したいです。
CDのみ音飛びがあると言うことは マスターの問題ではなく、製作過程で問題があった ミスが見過ごされていた と言う事ですよね。 然るべき部署へクレームを言う事も出来ますが こう言う場所で発言させて頂く事の方が 影響も大きいと思い 敢えて苦言をコメントさせて頂きます。

我々ファンにとって アーカイヴ・シリーズは もう永久保存版とも言うべき 大切な商品なのですよね。私は後追いのファンですが、それでも ポールの過去音源が 素晴らしい音質で聴けて しかも充実したポーナス・トラックが聴けるアーカイヴ・シリーズは 一昔前では考えられなかった夢の様な企画です。

ジャケットやライナーにミスプリントがあったとか そんな次元ではなく、今回は肝心要の音に欠陥があった事について もっと深刻に受け止めて欲しいですね。ちょっと聴いただけでは気付かないとか そんな問題ではないです。
ハイレゾ音源は大丈夫だ… CDは海外盤も全滅だ…等と言った情報のやり取りでなく 純粋に作品についてファンの方が語り合える品質管理、商品対応を 関係者の方々にお願いしたいです。

今は非常に多様な情報が 凄いスピードで配信され続けています。如何に良い情報を早く得るか そんな時代ですが、音飛びの件を知らない方が これから商品を購入して 欠陥を知ったら、どんな気持ちになるか。全ての方々が情報の有無に関わらず 最低限 商品について楽しめる環境だけは 守って頂きたいですね。

今回は 文句ばかりになってしまいました… 申し訳ないです…

2014-11-27 02:11 │ from テツURL

テツさん

全く仰るとおりだと思います。私も何度かこの件についてきちんと記事にしたいと思ったのですが、最近体調不良が続いてましてできていません。こういう事について書くのってエネルギーいるんですよね。しかし言いたいことの骨子はテツさんとほぼ同じです。残念なのは、これまでの経緯からUMJさんには「どうせ言ってもダメ」「ファンの気持ちなど考えてはくれない」という諦めの空気とでもいったものが知らぬまにできてしまっていることです。EMI時代なら同じ事が起こってもきっと何かが違っていたことでしょう。でも我々ファンもあきらめてはいけませんよね。

2014-11-27 18:14 │ from 管理人URL

失礼します。

今回は見送ってやるなどと啖呵を切ったものの、NEWコレクターズエディションの2曲ですっかりポール気分が復活してしまった僕は、
「やっぱりヴィーナスアンドマーズだけでも買おうかしら」などと思ったりしています。なんともまぁ女々しい(苦笑)

が…そんな気分にまたしても水を差すようなことをしでかしてくれやがったようですね…
まあ音飛びは仕方ないとします、百歩譲って。いや、本当はあれだけ延期しておいてこのザマかよなど、言いたいことはたくさんあるのですが。

しかしまあ、対応がいくらなんでも悪すぎる。欠陥商品を売りつけて、知らん顔。こういうの、世間では詐欺、悪徳商法と呼ぶ類なんじゃないんです?
春の出来事も引っ張り出しますが、奴ら(敢えてこう呼ばせて頂きます)ポールを盾にして自分たちはこそこそと逃げてるだけですね。ポール気分は高揚したままですが、せめて、今後は一切日本版を購入する検討すらもやめようと思いました。

ただ、ハイレゾでは平気だということなので、普段PCで音楽を管理している自分としては、実害自体は(精神面を除いて)ほぼないだろうと判断しまして、今回海外版を購入しました。

こんだけ文句タラタラこいててなんですが(笑)、音楽自体は素晴らしいです。仰る通り、今までのアーカイヴでもトップの出来であると思います。
本編は、今までのすこしモヤがかかったような?音から、幻想的な印象は残したままクリアになりましたし、Disc2のJunior's Farmは持っていなかったので感動し、Sally Gはより一層素晴らしくなっていて大満足でした。

音楽は世界一のPaul McCartneyであるだけに、外野の不誠実さがとても悪目立ちする格好になっていました。
まぁ、こんな態度ばっかり取っていると、いつか酷い目に遭うでしょう。ファンはポールを応援しているのであって、会社を応援しているのではない。死ぬのは奴らだ。

長々と、そして黒々としたコメント失礼いたしました。不快になられましたら消去してください。

2014-11-27 18:50 │ from 村正URL Edit

村正さん
ホント2014年は腹立つことばっかりでしたね。来年はいい年になるといいですね。

2014-11-28 18:23 │ from 管理人URL

いい音で聴きたい

もう我慢できませんっ!!
時は熟したようです!
「ビーナス&マーススーパーデラックスエディションを
開封しますっ!

2014-12-12 22:35 │ from uooURL

uooさん
よくガマンしましたね(笑)。また感想などお聞かせください。

2014-12-13 16:46 │ from 管理人URL

どこまでがどの曲か―領土権を争う問題のようで看過できない。
『ウイングス・ワイルド・ライフ』に、「ビップ・ボップ・リンク」「マンボ・リンク」とう曲がある。曲というより断片と呼ぶにふさわしいこの2曲はLP時代には存在しなかった。CD化の際、「追加」されたのである。つまり、「音」としてはLPの溝にも刻まれていた。「マンボ・リンク」と後から称される曲を、私は「ディア・フレンド」(のアウトロ)として聴いていたのである。
『マッカートニー』の「燃える太陽の如く/グラシズ」もLP時代では、それぞれ独立した曲だったが、CD化に際して1曲のメドレーとして扱われるようになった。
1曲減り2曲増えた結果1曲増などということがあっていいのか。つながっている曲はどこまでがどの曲かわからなくなる。『ホワイト・アルバム』の「バンガロー・ビル」も勘違いしていた。「ヘーイ、バンガロー・ビル」といういきなりのコーラスからが始まりと思っていたのに、フラメンコ風のイントロからだとは!
 さて、『ヴィーナス・アンド・マース』。「ヴィーナス・アンド・マース」と「ロック・ショー」の切れ目はどこか?LP時代から当然「ダダダ・ダーダダー」からが「ロック・ショー」と疑わなかった私は、CDで切れ目を確認して愕然とした。(もっとも気づいたのは後になってから)。「ダダダ・ダーダダー」までが「ヴィーナス・アンド・マース」だったのだ。そんな馬鹿な、と思い、YouTubeなどでブートレグをあたってみると、確かに「ダダダ・ダーダダー」まで演奏して「ヴィーナス・アンド・マース」を終えているのである。(大げさではなく)曲の世界観が揺らぐとはこのことだ。「ダダダ・ダーダダー」とつけ加えることでポールは「ヴィーナス・アンド・マース」の幻想を断ち切ったのだ。創造と破壊の男ポール・マッカートニーの面目躍如たる構成ではないか。私はさらにポールが好きになった。
 しかし、今回のエディションでは「ダダダ・ダーダダー」からが「ロック・ショー」と普通の耳で聴く通りの変更になっている。「やっぱりそうだったのか」といったことではすまされない。また自分の耳の概念を変えなければならない。いったいどっちが本当?
 そこで結論。「ヴィーナス・アンド・マース」と「ロック・ショー」は一つの曲、つまり「「ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショー」というメドレーだったのだ(と思うことにしよう)。だって、シングル・ヴァージョンはそうなっているから。
 『ヴィーナス・アンド・マース』―大好きです。特に私は「メディシン・ジャー」が一番好きという変わり者。

2014-12-20 13:58 │ from 穂吉URL

穂吉さん
私もCD時代になって、曲が細切れになってしまい困る時があります。特にMP3にしてしまうと『アビイ・ロード』のB面などもメドレーとして聴くことができない(笑)。私も『ヴィーナス・アンド・マース/ロックショー』は2つで1曲としてとらえています。

2014-12-21 10:15 │ from 管理人URL