ポールのアルバム:『オフ・ザ・グラウンド』 その1 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム:『オフ・ザ・グラウンド』 その1

ポールのアルバム:『オフ・ザ・グラウンド』 その1

僕にとって『オフ・ザ・グラウンド』は、ポールの全アルバム中最も評価が難しいアルバムかもしれない。なぜなら発売からゆうに20年以上が経過した現在になってもなお、僕はこのアルバムに対する評価を定めることができず、その時々の気分により好き嫌いの振れ幅が大きく変動してしまうからである。正直言ってこんなアルバムは他にはない。

たとえば極めて大雑把に、ポールの全アルバムを好きなほうの50%(Aグループ)と、嫌いなほうの50%(Bグループ)に半々に分けよと言われたとする。僕は大抵のアルバムを即座にAかBに分けることができるだろうが、『オフ・ザ・グラウンド』だけはどちらかをすぐに決めることができず、AとBの数のバランスを見てあとから帳尻合わせに数の少ないほうに入れる、というような事になってしまいそうな気がするのである(笑)。つまり僕にとって『オフ・ザ・グラウンド』は好きなほうのグループに入れることも可能だし、嫌いなほうのグループに入れることも同様に可能なアルバムなのである。まさに可もなく不可もなし。これといった欠点もない代わりに、決定的な長所もないといった具合である。

アルバム『オフ・ザ・グラウンド』は1993年2月に発売された。オリジナルアルバムとしては前作『フラワーズ・イン・ザ・ダート』から3年8か月ぶりのリリース。ポールは『フラワーズ・イン・ザ・ダート』発売後に行なわれたワールドツアーを大成功させており、何度目かのピークのさなかにあった。

『オフ・ザ・グラウンド』の発売を待つ間、ポールの完全復活はもう目の前だ!、と当時僕は思っていた。『フラワーズ・イン・ザ・ダート』は一般的には高い評価を得ていたが、僕の目にはその時点ではポールの完全復活にはまだ何かが足りないと映っていた。そうポールはアメリカでNo.1に返り咲いていなかったからだ。『フラワーズ・イン・ザ・ダート』はイギリスでは1位を取ったが、アメリカでは21位までしか上がらなかったのだった。

僕は理解に苦しんだ。『フラワーズ・イン・ザ・ダート』はたしかにポールの最高傑作ではなかったが、それでも全米で楽にトップ5に入るだけの資格は持っているように思われたからだ。それがアメリカでは20位内にさえも入れなかったのだ…。

しかし、それでもポールはかつて戻ることはないだろうと思われたステージに、あまりにも鮮やかに完全復帰を果たしていた。これは僕のようなオールドファンにとっては奇跡以外の何物でもなかった。そしてワールドツアーは全世界熱狂のうちに大成功を収めた。アメリカでNo.1を取るとすれば、きっとその次のアルバムになるにちがいない。僕はそう確信していた。

そして1993年1月、ニューアルバムからのファーストシングルカット『明日への誓い』が届けられ、僕の確信はさらに深まった。『明日への誓い』はまちがいなく1位になるだろう。そして、ニューアルバム『オフ・ザ・グラウンド』もきっと…。

だが僕の予想は無残にも打ち砕かれた。『明日への誓い』は全米最高89位、アルバム『オフ・ザ・グラウンド』は全米最高17位に終わった。悪夢だった。チャート1位に返り咲くのにこれ以上の完璧な流れはないと思われたのに、ポールはその流れには乗れなかったのだった。あらゆる栄光と名誉をいとも簡単に手にし続けたポールにとって、これは数少ない敗北、しかも完全な敗北であるように僕には思われた。ツアーでの観客動員数はもはやレコード売り上げには以前ほど反映されてはいないようだった。ポールはもはやアイドルではなかった。時代は確実に変わっていたのだ。

しかしながら、上記はポールを偏愛する一人のファンの勝手な妄想以外の何ものでもない。当のポールはといえば、またしてもバンドとしての音にこだわっていたのである。『オフ・ザ・グラウンド』のレコーディングセッションにおいて、ポールは彼のバンドと共に入念なリハーサルを繰り返し、ほぼ全ての曲をオーバーダビングなしの一発録りという手法で録音したと言われている。レコーディングの期間は7か月にも及んだ。

言われてみれば、たしかにこのアルバムの音はポールの他のアルバムの音とは一味も二味も違う。それはアルバムの曲をポールの他の曲と一緒にランダムでシャッフルしながら聴いてゆくとその違いが非常によくわかる。特にいくつかの曲で聴かれるギターの音は衝撃的なほど新鮮な響きを伴っていて目の覚めるような思いがする。

バンドの音とはいっても、『スピード・オブ・サウンド』の時のように他のメンバーにリード・ヴォーカルを取らせている曲は1曲もない。また曲もすべてポール自身の手になるオリジナル曲ばかりで占められている。しかし、仕上がったサウンドはポールらしさを随所に残しつつも、いわゆるビートルズっぽいサウンドからはかなり離れたところにあるという印象である。考えてみれば、ポールのアルバムで傑作と呼ばれているものは、やはり多かれ少なかれビートルズの雰囲気を感じさせるものが多いということも事実だろう。

だからポールはバンド固有のライヴサウンドに徹したことでまた一つ新たな地平を切り開いたとも言えるし、ポールの新作にビートルズの再現を期待する人々の夢を見事に裏切ったとも言えるのかもしれない。(続く)

参考:『オフ・ザ・グラウンド』(アマゾン・デジタルミュージック)

コメント
非公開コメント

はじめまして。
私はAグループに入ります。さらにAグループを細分化すれば、A度は相当高くなります。
以下80年代以降のポールのアルバムの評価はこうなります。
過小評価2枚―『オフ・ザ・グラウンド』『プレス・トゥ・プレイ』
過大評価2枚―『フラワーズ・イン・ザ・ダート』『フレイミング・パイ』
『オフ・ザ・グラウンド』が嫌われている理由はわかります。ポールにしては「大きな言葉」が多すぎるのです。peace,changes,hope,earth,people。「お前はジョン・レノンか」と。また、環境問題に言及している歌に偽善を感じる向きも多いようです。
私は当時輸入盤LPを購入しました。昔の写真のように白い縁取りがなされたジャケットで、そのフレームの中にあの青いジャケットが収まっていました。アナログということもあり、“Looking For Changes”のようなロックでさえ柔和な響きがしました。このLPをカセットテープに取り、通勤電車の中でよく聴きました。
たしかに歌詞は大言壮語であり、大上段に振りかざしているかもしれません。あら探しをすれば、おそらくたくさんの矛盾が噴出するでしょう。しかし、ポールはそんなことなりふりかまわず、今自分が訴えたいことをストレートに歌っただけなのです。今や神格化された感のあるジョン・レノンもまた矛盾に満ちたメッセージ・ソングを世に送ってきました。やっとポールもジョンの苦渋が理解しえたのだと思いました。このアルバムでポールは、長年まとわりついていたジョンの幻影をやっとのことでふりほどくことができたのだと考えています。
“Golden Earth Girl”は屈指の名曲です。

2014-10-19 09:28 │ from 穂吉URL

僕もこのアルバムは相当好きです。ただし、本当に好きなのはコンプリートワークスの方ですが。
ポールがアメリカ復帰を狙っているのは事実だと思いますね。収録曲がアメリカンロックであふれていますから。
「Kicked Around No More」や「Calico Skies」などの佳曲がアルバムから漏れたのもそんな意識があったからでしょう。(バリバリアメリカンな「Style Style」が外れたのは疑問ですが。)

そして穂吉さんのおっしゃる、「ジョンの幻影」を振りほどくことができたというのも事実だと思います。
ポールは直前のツアーでジョンの作品3曲(クレジットはLennon McCartney)をメドレーにしたものを歌いました。
”Get Out Of My Way”は屈指の名曲です!

2014-10-19 20:02 │ from URL

ジョンの幻影を振り払ったというのはいかがなものでしょうか?
まったく反対のではないかと。
ジョンの幻影に翻弄されて自らの本分を見失った、といえば言い過ぎかもしれませんが・・・
もっとも私にとって詞はあまり関心がないです。
肝心の音楽は、まずまずというところか。
サウンドはとても良い!!、ただバラード系が平凡、いやそれ以下なものが多いと感じます。
Golden Earth GirlとかI Owe It All To You、Winedark Open Sea等凡庸の極み、これも言い過ぎですね(笑い)。なかでも最悪は『C'mon People』!!感動させてやろう、というのがみえみえで嫌な曲です。90年代のHEY JUDEなんてコピーがありましたが、今は誰もそんなことは言わない(笑い)。

最悪のこの4曲以外は結構すきです。とくにBiker Like An Icon、コステロとの2曲、Get Out Of My Wayはポールの全作品のなかでも上位にきます。あとの曲も積極的に好きな曲といえるものばかり。とにかくサウンドが良い!!
この時代のマッカートニーバンドが一番上手くて味があった。この時の東京公演は忘れ難いです、ドームでなっていたのはまさにこの音だった!!

2014-10-20 07:08 │ from ゆうみんURL Edit

コンプリートワークスのほうのi can't imagineについてなんですが、
これってジョンへのあてつけとか・・・?

2014-10-20 19:48 │ from 台風URL

『オフ・ザ・グラウンド』個人的には好きなアルバムです。確か 直前に発売日が延期になり、発売当日に買いに行ったものの 店頭で発売延期を知り とてもガッカリした事も 今では良い思い出です。
私も管理人様と一緒で 『オフ・ザ・グラウンド』のチャートには期待していました。でも先行シングル「明日への誓い」を初めて聞いた時の感想は 当時流行していた アンプラグドを意識したのかな?という程度で イマイチ心に響かなかった事を今でも覚えています。期待が大きすぎたのかも知れませんね。
続けてアルバム『オフ・ザ・グラウンド』を聞いた時も 最初の感想は 地味だなぁ・・と言った感じで すぐにピンときませんでした。聞き込んで行くと 良さが分かるのですが、すぐに傑作だ!とは思えなかったてす。
当時 一緒に活動していたバンド仲間とアルバムを作ったとあって 統一感はあるのですが、バンドメンバーが 良く言えば堅実て手堅いプレイを聞かせますが、悪く言えば ロックミュージシャンとしての強い個性が足りない様にも思います。
エルビス・コステロとの共作曲が含まれている以外は 特に目立った参加ミュージシャンがいないのも 地味な印象を与えている要因の1つかなと思いますね。
アルバム収録曲も 環境問題を扱った硬派な曲など じっくり聞かせるタイプの曲が多くて 実に渋い内容。そこが同じバンドのアルバムでも ウイングスと違う所かも知れません。
実際 『オフ・ザ・グラウンド』からのシングルのカップリング曲には ポップな佳曲が多く 何故これらの曲をアルバムに収録しなかったのか? 収録していれば アルバムの印象や質も変わっていたと思われるだけに 少し惜しい気もします。
アルバムには ライヴ感が漂うシンプルな曲を中心に収録して、シングルのカップリング曲は 比較的スタジオで作り込んだ曲を選んでいる様にも思えますが、どうでしょうか?
アルバムの選曲を もう少し変えていたら、バラエティーに富んだ もっとポールらしい作品になったと思いますが バンドメンバーの意見を尊重し過ぎたのかなぁ・・

でも何度もリハーサルを繰り返して 完成度を上げていっただけあって、どの曲もバンドサウンドとして 聞き応えがありますよね。前述した通り 個性的なサウンドではないですが、ポールが充実した音楽活動をしていた記録としては 貴重な作品だと思います。
そして ひっそりと(?)再発された『オフ・ザ・グラウンド』日本は高音質仕様のCDで再発されましたが やはり音は向上していて 今まであまり目立たなかった音も しっかり聞こえてきて ちょっと印象が変わりますよ。(個人的な感想ですが・・)
まだまだ『オフ・ザ・グラウンド』は奥が深そうです(笑)

2014-10-21 03:44 │ from テツURL

ホッピ・ルビ・ルビ

いつも、BLOG見させてもらっています

off the groundは好きなアルバムです、ポールのアルバムは
どれでも結局好きになるんですが、ホープ・オブ・デリヴァランスはクイズSHOWbyショーバイのエンディングに
使われていて、日本全国の茶の間に届いていたんですね。

あと、off the groundのジャケ良く見るとみんなの足垂れ下がっていて少し気持ちわりーなぁと思いました、生々しいというか
ポールの足は綺麗に両方ピ〜ンとさがって自己主張しております、、、

最近、某**offで、ポールのliverpool oratorio安く売っていたんで、購入してみたら非売品のminiCDがついておりました
ポールのオラトリオについてのコメントCDでした、私は聞けませんが初回特典みたいです

ポール<WINGS>全面参加の弟のマイク・マクギアのCDをぜひ紙ジャケリマスターで出してほしいと思っております。

2014-10-24 12:03 │ from ママ・ミス・アメリカURL Edit

ママ・ミス・アメリカさん
オラトリオはひょっとしたらレアアイテムかもしれませんね。マクギアのアルバムは私も今後の再発に期待しています。

2014-10-24 17:36 │ from 管理人URL