ポールの曲:『サリーG』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『サリーG』

ポールの曲:『サリーG』

大ヒットシングル『ジュニアズ・ファーム』のB面で、ポールにしては非常に珍しい本格的なカントリー・ソング。

今年11月に発売される『ヴィーナス・アンド・マース』アーカイヴ・コレクションのボーナスディスクにも収録予定だが、これまではなぜか『スピード・オブ・サウンド』のボーナス・トラックとして収録されていた。そのため、この曲が『スピード・オブ・サウンド』と同時期にレコーディングされたと思っている人もいるかもしれない。

しかし、実際には『ジュニアズ・ファーム』と『サリーG』は共にアルバム『ヴィーナス・アンド・マース』のレコーディング直前にアメリカ・テネシー州のナッシュビルで録音されたものであり、同アルバムの先行シングルとして1974年10月に発売されている。つまり『スピード・オブ・サウンド』とは録音時期が完全にずれているのだ。

特筆すべきは『ジュニアズ・ファーム』と『サリーG』がアルバム『ヴィーナス・アンド・マース』には収録されず、シングルのみで発売されたという点である。たしかに宇宙をコンセプトにしたアルバムのカラーには合わなかった等の説明は可能だが、これだけの名曲をアルバムに入れない決断をするには普通なら相当な勇気が必要だと思う。もしこれら2曲がアルバムに収録されていれば、アルバムセールスはさらに伸びただろうし、ポールの最高傑作という評価にさえつながったかもしれない。結局アルバムの価値を決めるものは、大抵の場合収録曲の質の高さだからである。

アルバム・アウトテイクの数の多さ、そしてそれらの異常なまでのクオリティの高さという点では世界でポールの右に出る者はいないだろう。普通ボーナス・トラックとかアウトテイクといえば、ごく一部のマニアックなファン向けのサービスか、あるいはオマケ程度のものでしかない。しかしポールの場合は全く違う。ポールの場合、それらのクオリティはいわゆる「正規発売品」と同等であることが非常に多いばかりではなく、時に「正規品」を凌ぐことさえあるのである(いやこれホント)。

そして今回特に『ヴィーナス・アンド・マース』のボーナスディスクは充実している。上述の2曲以外にも、既発売曲としては『ランチ・ボックス/オッド・ソックス』『ウォーキング・イン・ザ・パーク・ウィズ・エロイーズ』『ブリッジ・オン・ザ・リヴァー・スイート』の3曲のインストゥルメンタル・ナンバーは埋もれさせておくにはもったいない佳曲だし、『マイ・カーニヴァル』も実に楽しい小品だ。それ以外にも掘り出し物があるかもしれないから、たとえボックスセットは買わずとも、やはり『ヴィーナス・アンド・マース』のリマスター盤は買いである。

さてさて『サリーG』に話を戻そう。

僕が初めてこの曲を聴いたのは高校生の頃で、購入したのはアナログのシングル盤(ドーナツ盤)だった。だがそれもリアルタイムではなく、おそらく3年から4年遅れで買ったのだと思う。当時はポールやウイングスに関する情報があまり、というかほとんどなかった。だから、このシングルがチャートで何位になったのかだとか、どんな評価がされたのか、などといった情報を全く知らない状況で毎日毎日このシングルを繰り返し聴いていたことを思い出す(情報過多は時に不幸をもたらすのだ)。

しかし当時から、僕はこのB面の『サリーG』という曲が大好きだった。その頃はこの曲がカントリー風だということさえ知らずに聴いていたものだが、とにかく曲の良さに惹かれたのだった。シングルのA面がいい曲というのは当たり前だったが、B面というのは地味でつまらない曲が多いというのが当時でも常識だったから、僕はとても得をしたような気分になっていたものだ。

言っておくが僕はカントリー・ミュージックが嫌いである(笑)。けっして頭から決めてかかるつもりはないのだが、ほぼ全く生理的に受け付けないのである。そんな僕がこの曲だけは昔から例外的に好きだというのは、やはり本格的なカントリー・ソングといえども、そこにはやはりポールならではの味付けというものがあるからなのだろうと思う。何をやらせても自分の手の内に入れて完璧にこなしてしまうポールの底力。これもまたマッカートニーマジックなのだろう。こういったいわばロックからはみ出た曲の数々(そしてポールにはとても多い)を好きになれるのならば、ポールの音楽はきっと一生の友となってくれるだろう。

バックにはカントリーの本場ナッシュビルでプロのミュージシャンを起用しただけあって、演奏はとてもすばらしいものとなっている。ポールのヴォーカルも円熟の極みである。

参考:
『NEW』コレクターズ・エディション(CD 国内盤)
『NEW』コレクターズ・エディション(CD 海外盤)

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 日本盤
アマゾン楽天ブックスHMVicon

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 海外盤
アマゾン 10/8現在未掲載/楽天ブックス 10/8現在未掲載/HMViconAmazon.com(アメリカ)Amazon.ca(カナダ)

『スピード・オブ・サウンド』ボックスセット 日本盤
アマゾン楽天ブックスHMVicon

『スピード・オブ・サウンド』ボックスセット 海外盤
アマゾン 10/8現在未掲載/ 楽天ブックス 10/8現在未掲載/HMViconAmazon.com(アメリカ)Amazon.ca(カナダ)

コメント
非公開コメント

失礼します。

以前もコメントさせていただきましたが、僕はこの曲が大好きです。また、僕も管理人さんと同じで本物のカントリーは聞きません(笑)
こういう時いつも思うのは、僕が好きなのは、悪い言い方ですが、「似非」ジャンルものなんです。
例えばキス・オンザ・ボトムでもジャズのスタンダードナンバーよりも「似非」ジャズのベイビーズ・リクエストであったり…他のミュージシャンですがスティングのソロなんかも「似非」ジャズなものが好みだったりします。(まあ、これらは演奏面はジャズのプロ中のプロがプレイしているのですが)

また、それに加えてポールという人の特徴として、他のジャンルのテイストを自分のサウンドにしてしまうことがとても得意であるということが挙げられます。
ビートルズ期のハニーパイなんかもそうですが、素人の僕なんかが考えるステレオタイプな曲のようで、実はポールサウンド以外の何者でもないというとても不思議な現象、あれは一体何なのでしょう(そう感じるのは僕だけでしょうか 笑)

第二に、ポールのソロの本質は実はバンド・オンザ・ランやヴィーナス・アンド・マーズのような隙のない名盤ではなく、この曲やロンドンタウン、パイプスオブピースのような落ち着いた暖かみのある曲調にあるということです。ポールファンというのは、多かれ少なかれこの側面に惚れ込んではいないでしょうか?そういう意味では、この曲はポールの面目躍如たる名曲であると、僕は声を大にして断言します!(笑)

…あまり評価のされない曲なのでついつい熱く書いてしまいました(苦笑)長々と失礼しました。

2014-10-09 20:31 │ from 村正URL

村正さん
ポールは触れるもの全てをゴールドに変えてしまう、いわば音楽の錬金術師のような尊いお方だと僕は今では考えています(笑)。ポールのカヴァー曲にはオリジナルを超えてしまったものが何曲もありますし、ポールがジャズやカントリーをやれば、そこには必ずと言っていいほどプラスアルファが生まれていますね。

2014-10-10 18:59 │ from 管理人URL

「サリーG」

アルバム未収録にしておくには 勿体ない佳曲ですよね。ポールが取り組んだカントリー曲という点でも特筆すべき曲だと思います。

「サリーG」って シングル「ジュニアズ・ファーム」のB面曲だったのですね。(なんと言う魅力的なシングル盤!)後追いである私にとっては アルバム未収録曲って 発売時期を勘違いしてる事も多く 未だに新たな発見が多いです。

盟友であるリンゴ・スターは カントリー好きで、本場ナッシュビルまで乗り込んで 『カントリー・アルバム』をレコーディングしたり、ビートルズ時代も カントリー&ウエスタン担当 みたいな立場で カントリーのカヴァーなどレコーディングしていましたが、まさかポールもカントリー&ウエスタン?と初めて聴いた時は驚きましたね。

リンゴの『カントリー・アルバム』は ゆったりとした曲調が多くて 正直 途中で飽きそうになるのですが・・(ファンの方 ゴメンなさい!)それと比べてポールの「サリーG」のなんとポップな事か。
ボブ・ディラン、バーズ、ストーンズと並んで カントリーの良さを教えてくれたのが ポールの「サリーG」でした。
後にリンゴの『カントリー・アルバム』やビートルズ時代のカヴァー曲も好きになりましたが やはり上記に挙げたアーティストからの影響が強いです。

ポールの音楽性の幅広さは 本当に素晴らしいの一言ですが、久しぶりに「サリーG」を聴き 改めて その事に気付かせてくれました。
この曲 ライヴでも盛り上がりそう。サビの箇所とか合唱できそうですもんね。
ポールは 色んなジャンルの音楽に触れながらも そこにポップなエッセンスを欠かさない所が凄いと思います。本当に不世出のメロディーメイカーですよ、ポールは。

2014-10-10 23:48 │ from テツURL

テツさん
『サリーG』はホントにポップでメロディアスな曲ですよね。

2014-10-11 08:26 │ from 管理人URL

お言葉ですが(笑い)
サリーGは
『自分の手の内に入れて』
というよりは
ポールがカントリーに身をひたして、カントリーウエスタンにどっぷりつかって、
ではないかと。

ナッシュビル訪問の記念に、なんて話しもあるし、
ミュージシャンの起用もそういう感じです、
カントリーを『自分の手の内』に入れて、存分に個性を発揮したのは『夢の人』ですね。
『サリーG』
はカントリーの本場でたっぷり楽しんだ感じで、大好きですが、個性的では全然ない。ポールがカントリーに敬意をしめして寄り添った、そういう気がします。これだけウイングスというバンドにこだわっているときに、
もし野心があるなら、こういう形態はとらない気がするのです。アメリカ公演目前に挨拶代わりともいえます。

2014-10-12 10:42 │ from ゆうみんURL Edit

タイトルがのっぽのサリーに似ていると思いました
やっぱりジュニアズガームよりこっちの方が好きですね

2014-10-12 11:42 │ from 雨URL

ゆうみんさん
『自分の手の内に入れて』というのはあながち間違った表現ではないと自分では思ってますが、そもそもナッシュビルに行った経緯などご存じの方また教えてください。

2014-10-13 08:47 │ from 管理人URL

雨さん
サリーつながりですね。何か意味があるのか?

2014-10-13 08:49 │ from 管理人URL

そもそもカントリーというとアメリカの若者がそっぽをむいた
『ダサイ』音楽だったわけですが、ストーンズやビートルズのような偏見のないイギリス勢がとりあげたことで逆輸入(?)のような感じになったのがおもしろいですね。ストーンズがカントリーを取り上げたのはなんといってもグラムパーソンズとの共演がきっかけなのは有名ですが、ビートルズはどうだったのでしょうか?
ポールはとくにカントリー好きですよね。『マザーネイチャーズサン』なんてカントリーの傑作だとおもいます(これはジョンデンバーが秀逸なカバーを発表しています)。
ポールはそれこそ手の内にいれてソフィスケートされたカントリー風味というような感じがおおかったのですが、サリーGはそうではない気がします。
いわゆるドカントリーというか土臭い泥臭いカントリーです。いわゆるポール流のひねりがほとんどない。意識的にそうしている節がある。

アメリカ進出目前にしてアメリカ音楽トリビュートともいえる『ヴィーナスアンドマーズ』をアメリカ録音したポールですが、それの直前にナシュビルで録音された数曲はもっとストレートなアメリカ音楽賛美といえるような気がします。

2014-10-13 17:44 │ from ゆうみんURL Edit

ジュニアーズファームとサリーGの発売は『ヴィーナスアンドマーズ』に先んじること半年。さらに『ヴィーナスアンドマーズ』はジュニアーズファーム/サリーGの発売後にセッションを開始してますので、全く別のプロジェクトになりますね。
もっともそういうのを一緒くたにしてしまうことはポールのお得意?『レッドローズスピードウエイ』とか『フラワーズインザダート』とか。
しかしさすがに半年以上前に発売済みでしかも別プロジェクトの曲をいれるというのはありえないかも。

2014-10-14 15:25 │ from ゆうみんURL

ゆうみんさん
このあたりの時系列を理解しておくことは必要ですね。私も『ジュニアズ・ファーム』は『ヴィーナス・アンド・マース』の先行シングルという理解だったのですが、たしかにちょっと時間が空き過ぎてますね。ポールは初めからこのシングルを次のアルバムに入れる頭はなかったのだと思います。
それと発売が『バンド・オン・ザ・ラン』のシングルカットから6か月後(アメリカ)ですから、シングルを繋げるという意味合いもあったのかもしれません。ただあれだけヒットしたシングルだから半年ぐらいであれば並のアーティストであれば、次のアルバムに入れるという選択肢もあったとは思います。ポールはそうしなかったというだけで。

2014-10-14 18:04 │ from 管理人URL

なんか『愛しのヘレン』と『バンドオンザラン』みたいな関連と勝手に思ってしまいがちですよね。ヘレンとバンドオンザランはセッションも同じで発売時期も近接で完全に先行シングル。ヘレンはキャピトル版のバンドオンザランに入ってましたね。
『ヴィーナスアンドマーズ』の先行シングルは『あの娘におせっかい』ということになるのでしょうか。たしか半月ぐらい前にでてますね。

2014-10-16 21:08 │ from ゆうみんURL