無から有を創り出す - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » その他ポールの話題 » 無から有を創り出す

無から有を創り出す

先日ポールの演奏面にだけ焦点を当てた映像作品が1つぐらいはあってもいいという提言をさせてもらったが、そんなファンの願いを少し叶えてくれるような映像を見つけたので紹介しておきたい。

パート1:http://vimeo.com/19325764

パート2:http://vimeo.com/19326620

映像はアルバム『エレクトリック・アーギュメンツ』のレコーディング風景を映したホームビデオとの事だが、たった一人で様々な楽器を黙々とこなしてゆくポールの真剣な姿が映し出されている。しかし、一人ですべての楽器とヴォーカルを担当するというのはなんと気の遠くなるような作業なのであろうか。はっきり言ってシロウトの僕などには全く想像さえできない世界であるが、この映像を見るとポールがたしかにすべてのパートを独力で行なっていることがよくわかる。ポールは曲の完成形が既に頭の中に入っているという話を聞いたことがあるが、たしかにそうでなければ同じ曲に繰り返し繰り返し音を重ねてゆくという作業はまさしく「永遠」に近いものになるにちがいない。(しかしなんと地味な作業であろうか!)ここには「無から有を創り出す」神のごときマッカートニーミュージックの秘密の一端を垣間見ることができる。僕はありがた~い気持ちになってしまったのであった。

参考:『エレクトリック・アーギュメンツ』(CD:日本語解説付き国内盤)

コメント
非公開コメント

観させて頂きました!

こんにちは。
私もポールが好きで好きで
ヒマさえあれば動画や記事を観ていたいタイプなので
上に紹介して頂いた動画は、貴重でありがたくて
食い入るように観させて頂きました!
そのまま「ポール・マッカートニーの芸術」での動画も…
最高でした。ありがとうございます!

記事には丸ごと賛成です!
本当に、昔の映像等を見ると
「指を見せてくれ〜!」って嘆きたくなります^^;
ポールの指使いは優雅で、余裕があって
まるで弾いてないみたい(笑)
ピアノは、結構無骨でぶっきらぼうは弾き方で
それなのにどうしてあんなに弾けるのか、
ピアノを長らく習っていた私にはむしろ不思議です。

音楽の神に愛された男、ポール・マッカートニーには
演奏の出来に「弾き方」なんて関係ない
そんな魔法がかかっているのでしょうかね?
(って最近ちょうど自分のブログにも書いたところです笑)

2014-09-20 14:51 │ from MaquiURL

Maquiさん
楽器を弾ける方もやっぱりそう思うんですね。またコメントお寄せくださいね。

2014-09-20 20:04 │ from 管理人URL