至福のパッケージ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ソロ・リマスター日記 » 至福のパッケージ

至福のパッケージ

2014年9月24日ついに『ヴィーナス・アンド・マース』と『スピード・オブ・サウンド』のリマスター盤が発売される。ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション・シリーズとしては『ヴィーナス・アンド・マース』が第6弾、『スピード・オブ・サウンド』が第7弾ということになる。

前アーカイヴリリースの『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』の日本盤発売日が2013年5月28日だったから、約1年4か月ぶりの登場である。正直言ってかなり待たされた感はあるのだが、1年4か月で2作品の同時リリースだから、1枚あたり8か月かかったという考え方もできる。このまま最低でも1年に1枚のペースを守ってくれれば、今後10年で『フレイミング・パイ』までは到達できるし、8か月に1枚のペースなら最新作『NEW』にもかなり近づける計算になる(もしそこまでアーカイヴ・シリーズが続いていたらの話だが)。逆にいえば、我々ファンはあと少なくとも10年やそこらはポールから定期的に届けられるこの超極上の贈り物を享受できるということになる。なんという幸せだろうか。生きててよかった~♪。

さて発売されるセットの種類だが、今回はボックスセット(日本盤ではスーパー・デラックス・エディション)、2CDセット(日本盤ではデラックス・エディション)、アナログLPセットの3種類となるようだ。しかし、アナログLPセットは今のところ日本盤の正式アナウンスがなく、海外盤のみとなっている。
価格は日本盤のボックスセットの定価が12,960円、2CDセットが3,996円、そしてアナログLPセット(海外盤)iconの参考価格が約4,000円となっている(いずれも税込価格)。

注目の日本盤の実売価格だが、ボックスセットは8月5日現在アマゾンが10,529円、楽天ブックスが10,627円でほぼ互角、HMVが11,016円でわずかに遅れを取っているという格好だが、ポイントやキャンペーンなどの利用により実際の購入価格は変わってくるので単純な比較はできないことは指摘しておきたい。また価格は今後変動が考えられるし、場合によっては品切れとなることも頭に入れておきたい。

日本盤については、2CDセットが極端にバランスの悪い価格設定となっているのだが、8月5日現在アマゾン、楽天ブックス、HMVいずれもが値引きなしの3,996円で売られている。もし2CDセットを買うのならば、海外盤がHMViconで2,065円、アマゾンで2,274円(いずれも8/5現在)と圧倒的にお得である。

ただ個人的にはどうせ買うのならばボックスセットが絶対にお勧めだ。理由はいろいろあるのだが、たとえばボックスセットには同じCDのハイレゾ音源をダウンロードできる権利が付いてくるのだが、これだけでもネットショップで購入すれば約4,000円もするのである(過去記事参照)。将来的により良い音で作品を楽しむためにも、また同じレコードを2度と買わされないためにも、この際ハイレゾ音源は絶対に持っておいたほうがよい。よってハイレゾ音源を除いた残りのパッケージを約6,000円と考えれば、ボックスセットは決して悪い買い物ではない。むしろファンにとっては非常にお買い得感のあるアイテムに様変わりするのである。たしかに1作品1万円という価格はけっして安いものではないが、これまでのセット内容から判断すると、ファンならば購入を遅らせてでもボックスセットを買うべきというのが僕個人の結論である。とにかく長い間ファンをやっていて、ボックスセットの中身ほど胸躍らされるものは今まで皆無なのであるから!

今回もたくさんの写真や、ポールの手書き原稿のレプリカ(これ好きです)、各種復刻版アイテム、ボーナストラック、秘蔵映像など、ファンを唸らせるすばらしい内容に仕上がっていることは一目瞭然である。ただ僕としては、あまり発売前に詳しい内容について調べ上げることは好きではない。なぜなら、単純に楽しみがなくなるからである(笑)。今の世の中、ひょっとすれば今回ボーナストラックに収録される曲なども事前に聴くことが可能かもしれない。しかしそれでは面白くないから、パッケージの詳細について発売前にあれやこれや書くことは極力控えたいと思っている。というわけで、パッケージの内容についてはユニヴァーサル・ミュージック・ジャパンのサイトをご覧ください。至福のパッケージを開く日が本当に楽しみだ。

ハイレゾ入門機はこちら:SONY ウォークマン Fシリーズ 32GB ブラック NW-F886/B

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 日本盤
アマゾン
楽天ブックス
HMVicon

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 海外盤
アマゾン 8/5現在未掲載
楽天ブックス 8/5現在未掲載
HMVicon 

『スピード・オブ・サウンド』ボックスセット 日本盤
アマゾン
楽天ブックス
HMVicon

『スピード・オブ・サウンド』ボックスセット 海外盤
アマゾン 8/5現在未掲載
楽天ブックス 8/5現在未掲載
HMVicon

コメント
非公開コメント

管理人 様
お世話になっています、おじゃま致します。管理人様、読者の皆様、暑い日が続いて居りますが如何お過ごしでしょうか、、、私はもう夏バテでへろへろでございます。私はまだアーカイブの2種類予約して居りません、LPもずっと買って来ましたのでLPもオーダーしないと、、、やはりハイレゾは時代の趨勢なのでしょうか、ハイレゾのインフラも整えないと、、、ハイレゾは確かに音は良いと思いますがアナログに比べると 冷たい 印象を持ちました。過去に橋本様が書かれていましたがアーカイブシリーズを始めたと言う事は旅立の時を意識したから取り組み始めたと言う事は私達も見送りの時が来ると言うような事を書かれて居られました。私はブロードストリートまでで充分ですが、、、水をさすようなコメントお許し下さい。でも考えてみれば70才を超えて3時間近いライブをやれていること事態が奇跡のような事だと思うのですが、、、ありがとうございました、失礼致しました。

2014-08-05 23:56 │ from ジョージ ハーリーソングURL

ジョージ ハーリーソングさん
アナログ時代はオーディオ分野が面白かったですね。私はそちらにはあまりお金をかけないほうだったので、アナログの本当の良い音というのを知りません。でもデジタルの冷たい音というのはわかります。ハイレゾは昔の温かみのある音も再現できないと意味がないと思ったりもします。ジョージ ハーリーソングさんは立派なシステムをお持ちなのでしょうか。よろしければまたオーディオ談義(自慢?)などもお願いします。

2014-08-06 07:29 │ from 管理人URL

はじめまして。

初めまして!こんにちは。
ポール『ヴィーナス・アンド・マース』で
検索して訪問させて頂きました。

とても詳しくて充実した内容で
じっくり読ませて頂きました!
これからも過去の記事に遡って
読ませて頂きます。

私もポールの(そしてビートルズの)大ファンで
拙いながらも
ポール来日やビートルズについて思うことなど
ブログを書いたりしています。
日も浅く、とてもとても
こちらのような充実した内容ではないのですが…汗
かなりのBig Fanの一人ではあります♪

こちらのページは
複数の方が集まって(?)
記事を書いているのでしょうかね?
アメブロ以外はかなり初心者で
見方がおぼつかなく(汗)

また読ませて頂きます^^
よろしくお願いします!

2014-08-10 23:47 │ from MaquiURL

ポールのアーカイヴシリーズ発売日と同時期に ジョージ・ハリスンのボックスも発売されるそうですね。
はぁ・・ 困った(苦笑)ジョージのボックスの詳細については まだ分かりませんが、アップル時代のオリジナルアルバムがリマスターされて収録されるのと、DVDもつくそうです。
個人的には ジョージのボックスも凄く惹かれます。ポールのボックスは後回しにするか 取り合えず今は どれか1作だけにするか 迷いますね~

ジョージは 前回のダークホースのボックスでは、結局 後にバラ売りがされたので すが 今回のアップル・イヤーズはどうなるのかな?

それにしても 最近はボックスセットと言う売り方が 以前より活発になっている印象があるのは私だけでしょうか?
ビートルズの『ミート・ザ・ビートルズ』も話題になりましたが、こんなに単価の高い商品が続くと ファンとしては買いものを我慢するか 高い出費を覚悟するか どちらにしろ 厳しい選択となりそうです。

再発のアルバムや輸入盤が驚く安さで販売されてると思いきや この価格の2極化は極端ですね。
しかし ポールとジョージのボックスが競合するとはな~ 嬉しいけど 財布が悲鳴です。いつから こんなお金のかかる趣味に なっちゃったんだろう??

2014-08-11 03:47 │ from テツURL

Maquiさん
そう言っていただけると嬉しいです(笑)。記事はオリジナル感を大切に一人で書いてます。その分更新は遅いですが…。よろしければブログの宣伝などもコメント欄でしてくださいね。

2014-08-11 19:26 │ from 管理人URL

テツさん
ジョージのボックスセットは個人的にあまり魅力を感じないので記事にはしませんでしたが、ポールの発売日とかぶってるのですね。ジョージのほうが早く市場から姿を消す確率が高いでしょうから、とりあえず先にジョージをという選択肢もあるでしょうね。レコードが売れない時代だけにレコード会社も必死なのかもしれません。

2014-08-11 19:34 │ from 管理人URL

管理人 様
お世話になっています、おじゃま致します。テツ様のおっしゃる通りポールとジョージのboxどちらも魅力的で困ったものです、boxもののリリースが凄いといいますか異常?な位だと思います。管理人様からご指摘がございましたがレコード会社も必死なのかも知れません、アンダー
30才以下の方はパッケージものなどほとんど興味がないようですから40代以上のパッケージものが好きな人達はどんどん買ってくれるしメーカーもこの辺りの世代をターゲットととしているのでしょう。ネットの普及で多くの仕事がなくなったようにレコード会社も将来的にはかなり縮小されるかもしれません。テツ様がおっしゃっておられましたが趣味も軽くならいいのですが深くなって行くと仕事のようになってしまいます、楽しみではなく苦しみのようになってしまいます、、、ほどほどがいいのですがこれが案外むずかしいです。ありがとうございました、失礼致しました。

2014-08-12 10:18 │ from ジョージ ハーリーソングURL

ジョージ ハーリーソングさん
ジョージ ハーリーソングさんもジョージのボックスを購入予定でしたね。私は買う以前にお金が…(笑)。人それぞれに悩みは尽きませんね。ボックスセットは買ったが最後、それほど頻繁にあけてみるわけでもなく完全に道楽の世界だと個人的には思っています。でも楽しいですよね。

2014-08-12 18:20 │ from 管理人URL