ポールの曲:『ディストラクションズ(Distractions)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『ディストラクションズ(Distractions)』

ポールの曲:『ディストラクションズ(Distractions)』

アルバム『フラワーズ・イン・ザ・ダート』収録。1989年発売。
『フラワーズ・イン・ザ・ダート』は1990年のソロ初来日公演の直前に発売されたアルバムであり、ファンにとっては非常に思い出深い作品である。日本公演と連動していたこともあり、僕も発売当時は数えきれないくらい繰り返し聴いたものである。

にもかかわらず『ディストラクションズ』という曲は僕にとっては長い間好きでも嫌いでもない、どちらかといえば中途半端な作品であり続けた。なかなかいい曲であることは認めるのだが、どちらかといえば退屈で、どうしても心の底から好きな曲とは言い切れない歯がゆさを感じていたのである。

そんな僕がこの曲のすばらしさに「突如として」気付いたのは、50才を過ぎたある日のことである。久しぶりにこの曲をヘッドフォンで、音量をやや大きめにして聴き始めたときにそれは起こった。イントロの演奏を聴いて鳥肌が立った。それは全く予期せぬ驚きだった。「すごい、これはこんなにもいい曲だったのか…。」

これだからポールファンはやめられない。長く付き合ってゆくと、思いがけず曲の評価が180度ひっくり返ってしまうことが本当によく起こるのである。ポールの音楽は世間一般に考えられているよりも遥かにバリエーション豊かで奥が深い。それは凡人の常識を超えている。たかが数回聴いただけで気に入らないからとお蔵入りになどしてしまうととんでもない宝を見逃すことになるから皆さんもお気をつけあれ。

さて50才を過ぎてようやくわかったこの曲のすばらしさ。うーん、渋い。そして心地良い。ちなみにポールがこの曲を発表したときの年齢が47才だから、僕が今までこの曲の本当の良さがわからなかったというのもなんとなく合点がいくのである。年齢と共に曲の好みも変わってゆくというのは確かにあることで、たとえば40才を過ぎてから僕はカーペンターズの『マスカレード(This Masquerade)』という曲が突然好きになったりしたのだが、その時と今回はなんとなく似ている気がしている。やはり僕もギンギンのロックよりも、しっとりと落ち着いた曲が年々好きになる傾向にあるようだ。

曲調はポールにしては珍しくジャズ&ボサノヴァの雰囲気がたっぷりだが、なんといってもクレア・フィッシャーなるアメリカ人アーティスト(兼作曲家、アレンジャー)によるオーケストラのアレンジと演奏が圧巻である。この味付けがなければこの曲の魅力はきっと半減したに違いない。(残念ながらクレア・フィッシャーは2012年に亡くなっている)
ポールのヴォーカルも低音からファルセットまでを駆使して聞きごたえ満点。そして、いかにもポールらしい滑らかなアコースティックギターの響きが曲に華を添えている。

ともかくポールが『キス・オン・ザ・ボトム』を発表する23年も前にこのような完成度の高いジャズテイストの曲を発表していたことは注目に値する。その音楽性の広さには改めて脱帽だ。

参考:
フラワーズ・イン・ザ・ダート(アマゾン・デジタルミュージック)
マスカレード(アマゾン・デジタルミュージック)

コメント
非公開コメント

ポールがこう発言しています(以下コピペ)
「よく人からこう聞かれるんだ。『君が何故悩むことがあるんだ? 君は金持ちじゃないか!』 みんなの夢だと思うよ。僕も学生の時は思っていた。たくさんのお金を稼いで金持ちになって、毎日ずっと休日なんだ。でも、実際にそうなったら、人生うまくいかないって分かるよ。おもしろくとも何ともない。そして『僕は何をしているんだろう?』って思うよ。」
ちなみにシングルカットされる予定がありましたが、実現されませんでした(PVはあります)

2014-07-03 12:30 │ from 雨URL

はじめまして。
現在自分は52歳、ポールの「Flowers in the Dirt」は念願の初来日と相まって思い出深いアルバムのひとつです。冒頭の「My Brave Face」はじめ「Put It There」、「This One」、「Figure of Eight」、「Rough Ride」など久々のポールらしい曲が並んでおり、当時よく聴いておりました。リハーサルの様子を映したビデオ「Put It There」もありましたね。久々に観たポールの楽しそうな姿が嬉しかったですね。このビデオのなかにも「Distractions」のプロモが収録されていて、あれ、こんな曲あったけ?てな感じでしたが、調子のよいときのポールらしく?自然と入ってくるメロディはさすがです。この記事を拝読し、今日家に帰ったらまたあらためて聴いてみたくなりました。

2014-07-03 16:13 │ from FreeRideURL

雨さん
そのポールの発言は私も読みました。つまり金持ちになって、毎日遊んで暮らせたとしてもそれはたいして面白くはないことなんですね。これは自分で体験しないとなかなかわからないでしょうが(笑)、参考にはなりますよね。

2014-07-03 21:04 │ from 管理人URL

FreeRideさん
ポールの音楽を真に理解するには人間的な熟成も必要なようです(笑)。同年代ですね。これからもまたコメントお寄せください。

2014-07-03 21:06 │ from 管理人URL

「ディストラクションズ」
渋い!ポールのバラードの中でも 隠れた名曲ですよね。
個人的に アコースティックな曲やバラードが好きなので この曲は 初めて聴いた時から ずっとお気に入りでした。

よくポールのバラードについて 一般的なイメージとして 長年定着していた 「甘ったるい」といった印象を 覆していく切っ掛けになった曲が「ディストラクションズ」だった気がします。
ポールは 比較的淡々と歌っていますし、アレンジもあまり大袈裟に感じません。40代後半に差し掛かった ポールの円熟した歌声が、今までのポールのバラードとは少し違った印象を与えている気がします。

少しずつ衰えていく歌声 声量、それを逆手に取って、渋い味わいで勝負する 新たなマッカートニー・ミュージックの誕生がこの「ディストラクション」だったと思うのです。
近年では 「マイ・ヴァレンタイン」がその系譜になるのでしょうか。

個人的には この枯れた味わい・・ 大好きなんですよね、ポールには もっとこの手の曲をやって欲しいと思います。
今のポールにしか出来ない 表現出来ない 味わい深い楽曲を期待しています。

2014-07-04 01:56 │ from テツURL

テツさん
自分がわからなかったから、というわけじゃないんですが、若くしてこの曲のよさがわかる人というのはすごいなと思いますね。最近の曲でいえば『アーリー・デイズ』などは私にはまだまだという気がします。

2014-07-04 23:31 │ from 管理人URL