ポールの曲:『サム・ピープル・ネヴァー・ノウ(Some People Never Know)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『サム・ピープル・ネヴァー・ノウ(Some People Never Know)』

ポールの曲:『サム・ピープル・ネヴァー・ノウ(Some People Never Know)』

1971年に発売されたウイングスのデビューアルバム『ワイルド・ライフ』からの1曲。アナログLP時代は、僕はこのアルバムのA面を「ロック・サイド」、B面を「バラード・サイド」と考えていた。そしてA面は嫌い、B面は好きだったが(笑)、この曲はB面の1曲目に収録されていた。

ウィキペディア英語版によると、アルバム『ワイルド・ライフ』のレコーディングに費やされた時間はわずか1週間余り、『ビップ・バップ・リンク』と『マンボ・リンク』を除く全8曲のうちなんと5曲がワンテイクで録音されたそうである。『サム・ピープル・ネヴァー・ノウ』が1発録りであったかどうかは定かではないが、演奏も、ヴォーカルも、これが本当にポール・マッカートニーなのかと思うくらい雑でヘタクソな印象を受けてしまう。

前作『ラム』で聴かせた完璧に近いサウンドと比べると、まさに月とスッポン。昔からファンはこのあまりのギャップ大きさに驚かされ、悩まされ続けてきた。だが、ポールがこのアルバムをわざと未完成で、粗削りな作品として世に送り出したことは明白である。ポールは大切なソロキャリアの初期の段階において、大胆にも自らのブランドイメージをあえてぶち壊すという冒険に出たのだった。たとえそれが完全に真実ではないとしても、少なくとも一面的にはそれは事実であったと僕は考えている。(不思議な事に比較的新しいファンにはこのアルバムを評価している人が多い)

曲はリンダとの共作。ポールのヴォーカルはひょっとしたら音程が合っていないのではないかと思えるほど出だしからうわずって聞こえるし、演奏全体もなんとなくチグハグで切れがない(ちゃんと練習したのか?)。ポールとリンダのコーラスワークもこの曲に限っていえばあまり成功していないようだし、6分半という曲の長さも必要以上に長すぎるように思われる。

だがそれでも僕はこの曲が好きなのだ。なぜなら、この曲には必殺のメロディーラインが含まれているからである。

“Some people can sleep at nighttime, believing that love is a lie
I'm only a person like you, love
And who in the world can be right, all the right time
I know I was wrong, make me right, right”

冗長とさえ思えるこの曲の中に、突如として珠玉のメロディーラインが現われ曲の印象が一変してしまうのである。このメロディーの美しさは自分で口ずさんでみるとよくわかるだろう。自分で歌ってみて感動してしまう曲というのはそうそうあるものではない。

この手の甘ったるい曲は硬派のロックファンには毛嫌いされるのかもしれないが、僕のようなファンにとっては極上の逸品である。そして思う、やはりポールはソロになってよかったのだと。

『サム・ピープル・ネヴァー・ノウ』。この曲を僕は未完の名曲と呼ぼう。

参考: Wild Life(アマゾン・デジタルミュージック)

コメント
非公開コメント

お邪魔します。

この曲が収められている 「ウィングス・ワイルド・ライフ」 というアルバムは、中学生当時FMでまるまる聴く機会があり、確か録音もした、と思うのですが、あまりにも当時('78年くらいかな~)のポールのレベルから言って駄作としか考えようがなく、消した記憶があります。
それ以来このアルバムを買う勇気そのものがなく(笑)、ようやく買ったのがせいぜい10年か15年くらい前。 オッサンにとってはつい最近の出来事ですよ(笑)。
そしたらいいんだなコレが。
必要以上にこねくり回している印象のあった'90年代のポールの曲に比べると、なんてシンプルで、逡巡のあとが見えないんだろう。 そう感じました。
だから 「最近ファンになった人たちの評価が高い」、というのは、なんかすごく納得のいく話であります。
リアルタイムで追いかけていると、どうしてもポールにはビートルズ時代を含めたとても高いハードルを設定してしまう。 中学生時代の私には、当時のポールと言えば 「USAライヴ」 であり、「バンド・オン・ザ・ラン」 であり、「ヴィーナス・アンド・マース」 でしたから、そのレベルで考えると、「ワイルド・ライフ」 はもうすごく聞き劣りがしてしまったわけですよ。

後追い世代には、ここらへんの縛りがない。 いきなりトータルで50年の歴史を俯瞰出来てしまうわけですから。 「プレス・トゥ・プレイ」 だって、「NEW」 とリズムセクションが似てるなあくらいの評価が出てくるだろう、と感じるのです。
これはビートルズのリアルタイム世代と同じでしてね。 リアルタイムでビートルズを聞いていた世代の多くのファンは、「サージェント・ペパーズ」 とか、たぶん 「これってビートルズじゃない」、と思ったんじゃないか。 最近ラジオで、誰だったかなァ、「ジョンの声は 『ツイスト・アンド・シャウト』 であって、『ストロベリー・フィールズ』 の声はジョンじゃない、と思った」 という(まあ回転数を下げてるから当然なのですが)、そんな話をされているかたがいました。 ビートルズ解散後にファンになった僕らからすると、その手の戸惑いというものがないんですよね。 「レット・イット・ビー」 もフィル・スペクターがプロデュースしたから今までのビートルズとは別物のアルバムだ、みたいなこだわりがない。 終わりを知っている立場から言うと、み~んなビートルズであって。

かように我々リスナーというものは、そのミュージシャンのイメージに縛られながらフォローしていくものですが、件の 「サム・ピープル・ネヴァー・ノウ」。 次の 「アイ・アム・ユア・シンガー」 と抱き合わせで好きになったので、2曲ともコードをコピーしたものです。 オッサンになるとなかなか歌詞が覚えられなくて四苦八苦するものですが、この曲と次の曲だけはきちんと歌える(笑)。
自分なりにコードをコピーしたから正式のものじゃないかもしれませんが、コードをコピーしていて感じたのは、「なんかジョージの 『ドント・バザー・ミー』 にコード進行が似ている」、ということ。 D-C-B-Aみたいな感じで(テキトーに書いてますが)下がっていくんですよ。 「ドント・バザー・ミー」 も、B-A-G-Emみたいな感じなんで(こっちもテキトーだ…笑)。 ジョージの 「ドント・バザー・ミー」 の影響が見られるのは、「ケイオス&クリエーション」 の 「フレンズ・トゥ・ゴー」 にしても同じで。 かなり独特のコード進行だったんで、ポールもとても印象に残っているのかもしれない、などと考えてます。 ジョージの初めてのオリジナル曲ですからね。 ポールは危機感を抱いたのではないか、と、自分のブログに持論を展開しています(笑)。

ついでに言うと、「アイ・アム・ユア・シンガー」 も 「ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット」 にコード進行が似てる気がする(こっちはレノン&マッカートニー作ですが)。 や、自己流のコードコピーだからスンゲーテキトーだけど(爆)。

ついでに言うと、次の曲 「トゥモロウ」 は、どうも手慣れた感じで個人的にはあんまり好きじゃないかな~。 この曲スキって人すごく多いんですけどね。 ちょっとヴォーカルが調子っぱずれなのは、こっちの曲のほうじゃないですか? メロディラインのダイナミックさにヴォーカルがついていってない感じがします。

P.S. 今度はアナログ盤のモノ・ボックスリリースとか…。 59800円プラス税、だとおお~~っ? 強気過ぎる価格設定。 マニアをナメすぎ。 ふざけんなよユニバーサル。 クソ、欲しいんだけど(笑)。 みんなビンボーが~みんなビンボが悪いんや~♪ チューリップーのアップリケ~(笑)。

2014-06-18 08:24 │ from 橋本リウURL

失礼します。

橋本リウさんの仰る通りで、50年まるっと後追い世代の僕にはこのアルバムは全く違和感なく受け入れられました。あー、ウィングス版プリーズプリーズミーだな〜といった印象でした(中身は割と違いますが意義という点において、です)。

そして、僕は管理人さんとは逆でどちらかというとA面、「ロック・サイド」の方が好きなんですよね(苦笑)。シンプルで音楽を楽しんでいる様子が感じ取れるからです。一番好きなのは実はLove Is Strangeだったりして…カバーなのですが、ツイストアンドシャウトがもはやビートルズの曲であるかのように、初期ウィングスのラフでファンクな代表曲のように思えますね。

さて、この曲なんですが、僕はこの曲もアルバムの雰囲気に合うラフさが好きです。アレンジの未熟さ、ボーカルの不完全さなどはもちろん感じるのですが、不完全だからこそアルバム、ワイルドライフの曲に相応しいというか…(笑)そういう意味では、トゥモロウは確実に浮いてる曲になりますね。
ともかく、この曲は確かに未完の名曲でありますが、それと同時にある意味では完成された曲であるという矛盾を内包していると思います。

2014-06-18 11:11 │ from 村正URL

リウさん
私の記事を補完していただいたかのようなコメントですね。多くの方が納得されるでしょう。この曲と『アイ・アム・ユア・シンガー』は抱き合わせで好きで、『トゥモロウ』が今ひとつというところまで私と同じです(笑)。『ディア・フレンド』も大好きですが。やはり私はバラード志向なのかも。
ビートルズのアナログモノボックスはLP世代には涙ものなんでしょうね。最高のアナログ機器を買い揃えて聴いてみたい…。今の私には買えませんが、死ぬまでの夢としておきましょうか。

2014-06-18 19:24 │ from 管理人URL

村正さん
このアルバムのロックサイドが好きか、バラードサイドが好きかで、同じポールファンでもタイプが分かれるのかもしれませんね。たとえばロックサイドが好きな方は、私のブログ記事に同感しない事が多いとか(笑)。興味深いです。

2014-06-18 19:33 │ from 管理人URL

「サム・ピープル・ネヴァー・ノウ」

この曲が発表された1971年って ロック史の中では名作が数多く登場し 激動の時代だった様に思うのですが、その中で一服の清涼剤といった趣がある曲ですね。
メロディが美しいのは言うまでもなく ポールの歌声がとても美しい。
ウイングス版 「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」と言っては言い過ぎでしょうか。

ポールはリンダに寄り添う様に歌っていますね。きっと もっと上手く歌えたのかも知れませんが、まだバンドに加入して間もないリンダに 合わせてあげている様で 美しいメロディと相まって とても優しい雰囲気が感じられて 大好きな曲です。

私もずっと 収録アルバム『ウイングス・ワイルドライフ』のラフさ加減が不思議で仕方ありませんでした。
当時 四面楚歌の中で 非難を受ける様な作品を 何故敢えて発表するのか、腑に落ちなくて このアルバムは少し敬遠していました。

でも 今、個人的に思うには ポールは結成当時 ウイングスというバンドを もっとパーソナルな存在として受け止めていたのかなと感じます。
リンダと一緒に いつでも好きな時に演奏出来るバンド。それがウイングス。
世界制覇とかチャートNo.1といった名声は 当初はあまり求めていなかったのかも。

そして活動を願うも解散してしまったビートルズへの想い。その一番楽しかった思い出を もう一度辿る様に ファーストアルバムの『ワイルドライフ』は『プリーズ・プリーズ・ミー』同様に 短期間で収録。
ビートルズの下積み時代を思わせる 「どさ回り」ツアー。
ウイングスの誕生って、きっと華々しい物ではなく ビートルズ解散の傷心が癒えないポールの 心の拠り所として スタートしたのかなと思います。
そうであれば 『ワイルドライフ』のラフさ加減も何となく理解出来ます。

当時 ポールの内なる声として 『ワイルドライフ』そして「サム・ピープル・ネヴァー・ノウ」を聴いていた人は どれぐらいいたのでしょう?
アーカイヴシリーズの登場と作品の再評価が待たれますね。

2014-06-23 21:44 │ from テツURL

テツさん
この曲人気がないのかと思い取り上げてみたら、けっこう人気あったんですね。意外でした。

2014-06-24 16:23 │ from 管理人URL

リマスター待ちきれず、Amazonでワイルドライフ購入してしまいましたが、この曲凄いよかったです。というかB面は素晴らしすぎます。歌詞もいいですね。といっても英語あまりわからないのですが、「世の中馬鹿ばっかりだ。でも本当は僕のほうがまちがってるんだろうな。どうか僕をしっかりさせてくれ」みたいなことでいいのですかね。

2015-01-13 21:42 │ from ふーてるURL

ふーてるさん
あなたもB面派ですか。A面好きという人もけっこういるんですが、僕はいまだにダメですね。やっぱB面です。

2015-01-14 17:57 │ from 管理人URL