FC2ブログ

ポールの曲 “Little Lamb Dragonfly(リトル・ラム・ドラゴンフライ)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Little Lamb Dragonfly(リトル・ラム・ドラゴンフライ)”

ポールの曲 “Little Lamb Dragonfly(リトル・ラム・ドラゴンフライ)”

僕の記憶が正しければ、ドラゴンフライ(とんぼ)という名前の子羊が死んでしまったことに心を痛めたポールが書いた曲と言われている。
動物をこよなく愛するいかにもポールらしいタイトルだ。

特に詩を意識しなくとも、十分に切なく美しいメロディーを持つ名曲なのだが、その詩の内容を理解しながら聴くとより感動が深まる。

ドラゴンフライが窓の外を飛んでいる
君と僕には、まだ未来がある。
どうして今もドアの前をうろうろしているの?
僕はもうここにはいないのに…
君がいなくなって、僕はどうなってしまったのか。
人生は続くけど、君のことが忘れられない。


この曲は意外にもポールファンの間ではかなり人気の高い一曲である。
僕にとっても、この曲は好きな曲というよりは、人知れず大切に心の中にしまっておきたい、というような一曲である。

この曲が発表されたアルバム“Red Rose Speedway”の頃までのポールは、どちらかといえば甘さや優しさが前面に押し出されており、散漫だとか、ビートルズとは比較にならないなどと云われることが多い。
だが、実際この曲のような素晴らしい作品も残されていることを考えれば、ソロ初期の作品群は特別な意味合いを持ち始めることに気付く。
事実、この曲のように優しさと癒しに満ちたタイプの楽曲を、その後のポールの作品に見いだすことは難しい。
結果的にポールの全音楽人生という観点からみれば、ソロ初期の作品群はポールの幅広いレパートリーをさらに拡大させる役割を果たした、と言っても良いような気がする。
コメント
非公開コメント

大人になってからわかる曲

RED ROSE SPEEDWAY。
中一の頃に買ったと思います。
当時印象に残ったのはジャケット!
曲のほうではMy Love、ファンキーなBig Barn Bedと最後のメドレーが好きでした。
Little Lamb ・・・がいいと思ったのは高校に入ってからですね。
曲ももちろんですが、ポールのヴォーカルがすばらしいと思います。
個人的にはライブでは絶対にやらないで欲しい曲のひとつですね。まずやらないと思いますが・・・

2006-05-15 19:42 │ from wonderlastURL Edit

Re:大人になってからわかる曲

wonderlastさん

じわ~っと好きになっていく曲ですよね。
他にも目立つ曲があるので、たしかに若い頃は僕もそれほど好きではありませんでした。
なぜこの曲がA面のラストなのか、なんて考えたこともありましたから。
でも30過ぎてから、徐々に好きになり、今ではレッドローズでは一番好きな曲になってしまいました(笑)。この曲の良さがわかる人とは絶対友だちになれます!

2006-05-15 22:51 │ from 管理者URL

ジョン・レノンに向かって歌っている曲と言われていますが
多分そうではないでしょうか。ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロードの
延長線上にある歌。なんとかまた一緒にやりたい。やりたかった。
そんなジョンへの思いが素直に出ていると思います。

2009-02-05 22:39 │ from はしもと こういちURL Edit

はしもとさん
コメントありがとうございます。
なるほど、そう思って聴くと、たしかにジョンに対する呼びかけのようにも聞こえますね。とんぼ、というところもメガネをかけているジョンに掛けているのかも?

2009-02-06 10:26 │ from 管理人URL

No title

私は、この曲を、寝転んで聴くと、頭痛とか体の不調がすっと消えます。
癒しですかね。
red roseのget on the right thingも合わせて大好きです。

2018-03-05 20:22 │ from ちゃおURL

No title

ちゃおさん

優しい曲ですね。

2018-03-05 20:23 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/78-6804dccc