僕の好きな曲: 『俺たちの旅/ただお前がいい』 by 中村雅俊 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲: 『俺たちの旅/ただお前がいい』 by 中村雅俊

僕の好きな曲: 『俺たちの旅/ただお前がいい』 by 中村雅俊

僕がビートルズに出会う前、小学5年生ぐらいのときに初めて自分のお小遣いで買ったシングル盤(もちろんアナログのドーナツ盤)が『俺たちの旅/ただお前がいい』のカップリングだった。作詞・作曲は小椋佳。

『俺たちの旅』は昭和30年代、40年代生まれであれば誰もが知る青春ドラマの名作である。このドラマの主題歌である『俺たちの旅』に僕はたちまち虜になった。僕が音楽に目覚めた瞬間だった。

来る日も来る日も僕はこのレコードをひっくり返し、ひっくり返し何度も繰り返し聴いた。それはA面の『俺たちの旅』だけでなく、B面の『ただお前がいい』もびっくりするくらいにいい曲だったからだ。両A面にしても全く不思議ではないくらいに…。僕は今でもこのシングルは日本の音楽史上に残る最強のカップリングの一つだと勝手に思っている。

まずは天才小椋佳による楽曲、詩のすばらしさ。そしてストリングスを基調にしたいわゆるトランザム・サウンド。これが癖になる。発売から40年近く経っても古さを感じさせないのは全く驚くばかりだ。爽やかでありながら、どこか物悲しいサウンドは昭和という時代と相まって完全にドラマの中に溶け込んでいた。この2曲があったからこそドラマは光り、このドラマがあったからこそ曲はより多くの人に受け入れられたのだ。

そして若き日の中村雅俊はかっこよかった。当時小学生だった僕は彼のようなお兄さんになりたかった(笑)。中学2年の時にビートルズ・ショックを受けるまで、僕は中村雅俊、風、イルカ、太田裕美、吉田拓郎、山口百恵などのレコードを買って聴いていた。

今回何十年ぶりかでこの2曲を聴けたのは、前回記事にもしたミュージックアンリミテッドのおかげである。遠い昔の記憶をたどりながら、僕は今自分の音楽遍歴を確認するという作業をしている。その中で「あっ」と思い出したのがこの曲だった。ずっと昔に聴いた音楽が現代のいい音で聴けるというのは本当にありがたい。そして実に楽しい。

改めてこの2曲を聴いて思ったのは、あれはホンモノだったということだ。なんと40年経っても僕をあの頃と同じように感動させてくれたのだ。そして過去の自分に向かって「お前小学生のくせになかなかやるな」と思った。

少し残念なのは、ネットで検索してもこの曲のことがほとんど語られていないことである(ウィキペディアにさえアップされていない)。100万枚近くも売れたシングルなのに…。つまりは忘れ去られようとしていることなのだろう。こんなにもすばらしい曲が完全に忘れられないためにも、せめて僕のブログの中で記事として残しておこう。

参考:SONYミュージックアンリミテッド 30日間無料体験icon

コメント
非公開コメント

時代をこえて残るものと残らないものの違いってなんなんでしょうね。

2014-03-31 18:10 │ from ふーてるURL

ふーてるさん
ほんと、なんなんでしょうね~(笑)。

2014-03-31 19:04 │ from 管理人URL

そんなことないとおもいますよ。YOUTUBEでは『ただおまえがいい』は60万回以上再生されていますし・・・・
コメントもめちゃくちゃおおい。みな熱く語ってます。
いまさらながら、このドラマの存在の大きさを感じます。

個人的には『ただおまえがいい』はピンときません(笑い)。アレンジはおもいきり時代を感じるし、曲自体にも霊感がかんじられないきがします。
A面『俺たちの旅』とくらべると月とすっぽん!!いかにもこの時代のB面的な味わいがなつかしくは感じます。

2014-04-01 11:48 │ from ゆうみんURL Edit

ゆうみんさん
You Tubeのコメントは場当たり的で私はあまり参考にはしないんですが、多くの人の記憶に残っていることはたしかのようですね。曲に対する評価も人それぞれでよいと思います。

2014-04-02 00:33 │ from 管理人URL

中村雅俊さん

管理人様、こんにちは。

おぉっ、今日は邦楽ですか?これは意外でした・・(笑)。
しかしやはり私と同世代ですね。
私もこの「俺たちの旅」、今でも大好きですよ。たまにカラオケでも唄いますからね(笑)。
小椋桂さんの作った曲、布施明さんの「シクラメンのかほり」や、梅沢富美男さんの「夢芝居」も好きです。
雅俊さんのナンバーも昔から大好きですよ。「ふれあい」、「盆がえり」、「心の色」、「恋人も濡れる街角」・・どれも名曲ですよね。

昔の歌は本当に良かったと思います。いつまでも心に残るといいますか…かぐや姫の「神田川」なんかは、初めて聴いたのは私はまだ小学生でしたが、スゴく感動したものです。
それがやはり名曲というもんなんでしょうね。

2014-04-02 12:03 │ from 遠藤平吉URL

遠藤平吉さん
同世代の方が多いので、たまにはこんな話題もと(笑)。『盆帰り』まで出るのはなかなかですね。私はその次の『時』までで中村雅俊ファン終了しました~。あとはビートルズ一色でした。

2014-04-03 08:43 │ from 管理人URL

お邪魔します。

「マッカートニー・ショック」 からなんとなく立ち直れずにいる今日この頃(笑)。 この過去記事でお茶を濁してみようかしら。

「時」 までが雅俊サンに注目していた時期、というのは、私も完全に同じですね。 「時」 の次は確か、私の記憶が確かならば、「ゆうひが丘の総理大臣」 の主題歌だったと思うんですが、結構売れたにもかかわらず、「ちょっとこの路線は雅俊サンじゃない」 と感じたものです。

ただやはり雅俊サンの真骨頂は、小椋佳作品でいちばん輝いていた、と感じるのですが、「ちょっとコレジャナイ」 的なものは、たしかに初期のころから存在していた気がするんですよ。 「ふれあい」 のB面だった 「青春貴族」 も、私は当時確か小学4年くらいだったと思うのですが、なんだか聞いててちょっとこそばゆい気がしたし(笑)。 なんか歌謡曲寄りに傾いちゃう傾向って、あったんですよね。 「白い写真館」 も、なんとなくダサい気がしてました。

それでも名曲 「いつか街で会ったなら」 の吉田拓郎サンとか、作曲チーム選択のセンスの良さはあった。 そこに来て、小椋佳サンですからね。

ただ小椋サンにしても、本当によかったのはこの時期くらいまで。 「夢芝居」 が出たときは、なんかかなり頭をガァ~ンと殴られたようなショックでした(ド演歌でしたからね…爆)。 小椋佳、終わったな(今風に言うと、「小椋佳オワタw」)…みたいな。

「俺たちの旅」 については、私も同名のドラマを欠かさず見ていたクチでありまして、これが小6の多感な頃だったのが人生に非常に悪影響を及ぼして(爆)、「普通のサラリーマン」 になり損ねました(こういう人、多いんじゃないのかな…)。

この曲、歌詞をよく読んでみると 「(寝て見る)夢の中の情景」 を描写しただけだということが分かります。 同時にこの 「夢」 は、「記憶」 のことだったりする。
つまり今までの流行歌には完全になかったパターン。 シュールな風景なんですよ。 こういう茫洋としたワケの分かんない歌詞の歌が、当時よくあれだけ売れたな、という気がする。
当時の自分も、「よくワカンネエなこの歌詞」 と思いながら、その漠然とした情景に酔いしれていたものです。

「ただお前がいい」 も、よく考えると、歌詞が茫洋としている。 「煩わしさに投げた小石の放物線の軌跡の上で通り過ぎてきた青春のかけらが飛び跳ねて見えた」 って、なんじゃソレ?みたいな(笑)。 「伝言版の左の端に今日もまた一つ忘れ物をしたと誰にともなく書く」 って、なんじゃソレ?みたいな(笑)。
でもそういうのが、当時の全共闘以降のハイティーンの青春のあり方なんだろうな、とも感じていたし。 そんな世界に、あこがれながら聞いていたのです。

雅俊サンで気に食わねえのは(笑)、近年のこの人の歌い方。 妙にクセをつけて歌うんですよ。 素直に歌えばいいっつーの(笑)。 「い」 を 「ひ」 みたいに歌う(笑)。 「たーだー、お前がヒヒー」 みたいな(爆)。 お前はヒヒか、みたいな(爆)。

2014-05-31 11:58 │ from 橋本リウURL

リウさん
よく聴いてるじゃないですか。驚きました。またしてもネタが多すぎて返答しきれませんが(笑)、ほぼすべてに同感です。小椋さんの歌詞は、ときによーわからんですが、妙に感動するフレーズがありますね。「その照り返しを、その頬に映していたお前」なんて鳥肌ものです。日本が生んだ天才の一人で、もう少しルックス良ければ2倍は売れたんでしょうね。しかし、「お前がヒヒー」はいかんですな。夢が壊れるので聴かないでおこうとおもいます(笑)。

2014-05-31 20:04 │ from 管理人URL