ポールの曲: 『たそがれのロンドン・タウン(London Town)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲: 『たそがれのロンドン・タウン(London Town)』

ポールの曲: 『たそがれのロンドン・タウン(London Town)』

意外とアルバム『ロンドン・タウン』のファンが多いようなので、今日はこの曲を取り上げてみたい。

甘く、優しく、感情豊かで、メロディアスなポップチューン。僕が最も好きなポールの一面を代表するような曲である。1978年発売。シングルとしても発売され、アメリカで39位、イギリスでは60位までしか上がらなかったが、僕は昔から楽に1位を取ってもおかしくない曲だと思ってきたし、その考えは今も全く変わらない。僕自身はこの曲をビートルズと同列に扱い、発売以来愛聴し続けている。

それにしても『アイム・キャリング』とのカップリングがまた挑戦的で極めて興味深い。当時世界でも指折りのロックバンドとしてウイングスを売ってきたポールが、次なる一手として『夢の旅人』『幸せの予感』と立て続けに比較的スローな路線で勝負をかけてきたのはそれだけで十分に挑戦的だったと思う。幸いそれらはセールス的には成功を収めたのだが、ポールにロックを期待するファンからは支持を得られなかったことは想像に難くない。しかしポールは事もあろうに『別れの時』を挟んで、『たそがれのロンドン・タウン』でまた同じ路線に戻ってきたのだった。しかもB面はスローバラードの『アイム・キャリング』…。この路線、僕などはまあ大歓迎なのだが(笑)、冷静に考えると少しマーケティングを見誤ったかな、という気がしないでもないのである。逆にいえばポールだからこそできた芸当ともいえると思うが…。

しかし、この曲のメロディは本当に美しい。イントロからこれでもかと畳みかけるように美しい旋律が続いてゆく。曲の展開やアレンジにも趣向が凝らされていて、最初から最後まで聴くものを飽きさせることがない。まさにマッカートニー節全開の名品といえる。リンダ、デニーとの息の合ったコーラスも秀逸である。

果たして今の世の中、1年にたとえ1曲でもこの曲に類するような曲が生まれているだろうか?いや、ないと思う。それどころか、ポール自身でさえこんな曲はもう長いこと書けていないとさえ思える。つまりこの曲はそういう意味でも極めて貴重な作品なのである。

管理人の日記再開しました。よろしければお越しください。
Macca Go Go Go管理人の日記

コメント
非公開コメント

ロンドンタウンの味

いつも楽しく拝見させて頂いております!さて、ロンドンタウンが発売された78年という時代は、ハードロックやパンクといったニューウェーブにオールドウェーブがどう対抗するか、という構図があったと思います。かくいう私も、ロンドンタウンの良さに気付いたのも、お恥ずかしながら、社会人になって、ポールの全アイテムを落ち着いて聴くことができてからでした。大学時代はビートルズのサウンドと比べてなんと大人しい音なのか、と、生活の為に売ってしまいました。耳がまだ幼稚だったのでしょうね。今は、ロンドンタウン~セーヌのカフェテラス~アイムキャリングという必殺の曲順にノックアウトされています。

2014-03-06 13:07 │ from マーサURL

マーサさん
コメントありがとうございます。な、なんとこのアルバムを売るとは!(笑)でもこのアルバムのよさに気付けてよかったですね。ディスコやニューウェーブに押された感のあったこの時代のポールでしたが、良いものはやっぱり良いです。

2014-03-06 17:25 │ from 管理人URL

私も大好きな曲です!

こんばんわ。『ロンドンタウン』、ホントに素敵な曲ですよね!ゆる〜く作られてるPVも大好きです。
いつの日か、イギリスに行って『ロンドンタウン』を聴きながら、ロンドンの街を散策するのが、私の夢の一つです。
いつでしたか管理人さんの記事にあった、淹れたてのコーヒーを飲みながら聴くには最高の曲ではないですか??

2014-03-06 20:53 │ from 幸せのアンサーURL

幸せのアンサーさん
コメントありがとうございます。休日の朝においしいコーヒーをすすりながら聴くと幸せな気分になれそうですね。今度やってみよう(笑)。

2014-03-07 01:43 │ from 管理人URL

この曲は霧が立ち込めたロンドンの町が想像できます
PVに出てくる道化師の動作が好きです

2014-03-07 08:39 │ from URL Edit

雨さん
コメントありがとうございます。実際にロンドンでこの曲を聴くとどんな感じがするんでしょうね。

2014-03-07 20:13 │ from 管理人URL

「たそがれのロンドンタウン」
ポールのメロディアスな作風が全開の佳曲ですね。私も大好きな曲です。
ポールがソロで初来日公演を果たした時に テレビ番組でポール特集をやっていて その中でこの曲のプロモーションビデオが 放送されました。
もう 一発で気に入ったのですが、当時 アルバム『ロンドンタウン』は未CD化で 歯痒い思いをした事を覚えています。
この曲を通じて アルバム『ロンドンタウン』ってどんな作品なのか 非常に興味を持ちました。

「たそがれのロンドンタウン」はデニー・レインとの共作ですよね。
この曲を含めて アルバム『ロンドンタウン』は、ポールのイギリス回帰的な作風と デニーのフォーク・伝承音楽好きが合わさり ウイングスとしては独特の雰囲気を持った作品に仕上がりましたね。

70年代後半から 新しいムーヴメントが起こり 時代の分岐点とも言える重要な時期、「たそがれのロンドンタウン」の穏やかさには その後のポールの試行錯誤を思うと 複雑な気持ちもあります。でも だからこそ愛しさも感じでしまいます。
ポールが新しいムーヴメントの荒波に立ち向かう その直前に咲いた一輪の花と言った印象が 「たそがれのロンドンタウン」にはありますね。

2014-03-14 02:25 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。忘れていましたが、この曲はデニーとの共作でしたね。考えてみればデニーとの共作が最も多いのがこのアルバムの時で、けっこういい曲を残していると思います。

2014-03-14 09:05 │ from 管理人URL