アルバム『NEW』 独断的レビュー その5 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » アルバム『NEW』 独断的レビュー その5

アルバム『NEW』 独断的レビュー その5

名作『NEW』のレビューもこれでとりあえずひと区切り。今日はボーナストラック4曲を取り上げる。

『ターンド・アウト』(マッカートニー)
プロデュース:イーサン・ジョンズ(&ジャイルズ・マーティン)
ポール・マッカートニー:ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムス、キーボード、シンセサイザー、チューブラーベル、パーカッション
イーサン・ジョンズ:ギター
ラスティ・アンダーソン:ギター
ブライアン・レイ:ギター
エイブ・ラボリエル・JR:ドラムス、コーラス

曲自体はポールらしい明るいポップチューンだが、楽器の使い方や特定のフレーズが強くジョージ(ハリスン)のそれを思い起こさせる。ポールがそう言っているのを見聞きしたわけではないが、この曲はジョージの事を心に想い描きながら作った曲なのではないだろうか。残念ながら最後まで実現はしなかったが、ビートルズ解散後にポールとジョージが共作・共演していればこんな感じの曲になったのかもしれない。ジョージの存命中にこんな曲を発表したら(否定的な意味で)いろいろと言われたかもしれないが、今やそんな事をいう人は誰もいない(時代は変わり、ポールをバッシングする人もずいぶんと少数派になった)。ポールが亡き友人を想い、明るい気持ちで作った曲が『ターンド・アウト』であり、「ジョージの事は忘れていないよ」というポールからファンへの熱きメッセージでもある。少なくとも僕自身はそう受け取っている。

ボーナス・トラックにしておくのはもったいない曲だし、ライヴでやってもきっと盛り上がるにちがいない。いつもながらポールのボーナス曲はレベルが高い。僕自身このアルバムは『セイヴ・アス』から『スケアード』まで全16曲で完結していると思っている。プロデュースはイーサン・ジョンズ。ジャイルズが追加でプロデュースを行なっている。


『ゲット・ミー・アウト・オブ・ヒア』(マッカートニー)
プロデュース:ジャイルズ・マーティン
ポール・マッカートニー:ヴォーカル、ギター、ンゴニ、ウオッシュボード&シンブル
ラスティ・アンダーソン:水差し
ブライアン・レイ:コンガ・ドラム、コーラス
エイブ・ラボリエル・JR:ジャンベ・ドラム、バス・ドラム、コーラス

一番ボーナス曲っぽいといえばこの曲だろうか。ポールがバンドメンバー達と共にセッションを楽しむ様子が目に浮かぶ。単純な曲だが、楽器のかぶせ方、後半の盛り上げ方などポール一流の音楽センスが光る。「オレはセレブだぞ。ここから出してくれ」というラインが面白い。


『ストラグル』(ポール・マッカートニー&ポール・エプワース)
プロデュース:ポール・エプワース
ポール・マッカートニー:ヴォーカル、ギター、ドラムス、チェレスタ、メロトロン、シンセサイザー、テープ・ループ

日本盤のみのボーナス・トラックで海外のファンからは非常に羨ましがられた。この曲のみのためにわざわざ日本盤を購入したファンも多かったようだ。ただ結果的に国によってこのような差別(?)がなされてしまうのは個人的には賛成できない。ポールの曲は国境を超えた人類の宝であるから、今後はすべての曲が公平に手に入るようにしてもらいたいものだ。(過去の曲にも入手困難なものがかなりある)

さて曲はポールとエプワース4曲目の共作であるが、これは他の3曲とは違い、例えて言えば『エレクトリック・アーギュメンツ』の作風を想起させる。ポールにしては難解というか、実験的というか、取っつきにくい印象だが、アルバムの中に1~2曲はこの曲のように聴き手を突き放したようなアプローチがあってもいいと思う。それがまたこのアルバムの良さにもなっているわけだから。

この曲も他のエプワースの共作曲と同じくドラムスはエプワースとばかり思っていたのだが、クレジットを見るかぎり楽器はすべてポールが担当しているようだ。


『スケアード』(マッカートニー)
プロデュース:ジャイルズ・マーティン

いわゆるシークレット・トラックであり、海外盤では『ロード』の後に十数秒の間隔を空けて収録されているが、日本盤では個別に収録されているのがありがたい。もちろん独立した曲としても十二分に成立するバラードの名品である。

それにしても過去ポールの曲でここまで暗く、時に痛々しいほどの印象を与える曲があったろうか。ポール・マッカートニーという人はどんなにマイナー調の曲であってもけっして暗い曲にはならない、というのが僕個人の一貫した意見である。実際ポールが書き、レコーディングした500曲近い曲の中で、暗い曲を挙げよと言われてもすぐには思い浮かばない。『ユー・テル・ミー(You Tell Me)』か、はたまた『フロム・ア・ラヴァー・トゥ・ア・フレンド(From A Lover To A Friend)』か、『ディア・フレンド(Dear Friend)』か…。いや違う。たしかに暗めの曲ではあるが、ポールの場合「暗さ」はいとも簡単にに叙情性に置き換えられてしまうからである。

だからポールのしゃがれたヴォーカルのせいも少しはあるとしても、今回『スケアード』で見せた一種独特の暗さは我々が知るポールとはかなり異質のものであると僕には感じられたのだった。それは違和感とさえ呼べるほどのものである。50年以上もやっている人だから、時々はこんな曲があっても不思議はないはずなのだが、驚くべきことに実際なかったのである。だからポールはこの曲によってまたしても新しい一面を見せてくれたということになる。衝撃度という点ではこの曲が一番なのかもしれない。

参考: 『エレクトリック・アーギュメンツ』(国内盤 スペシャル・プライス)

コメント
非公開コメント

やっぱりポールは、こういう風に隠しトラック入れるの好きですよね

2014-02-06 09:09 │ from URL Edit

失礼します。
ボーナストラックの曲はStruggle以外はいつものポール、といった所でしょうか。
特にTurned out、この曲はシンプルで正直な音で、コーラスはオフザグラウンド期の曲を彷彿とさせます。
しかし、佳曲ながらやはり本編の緻密な音の構成の中にあっては浮いてしまう印象があります。僕としては本編になくて正解かな、と思いました。
そして、Scaredは本当に暗い曲ですね。
メモリーオールモストフルのThe end of the endは思わせぶりな歌詞で話題となりましたが、歌詞や曲自体は明るいもので、ポール特有のポジティブさが感じられました。
しかし、こちらは題の通り、正に恐怖の表れです。誤解を恐れず言えば、死への恐怖ではないでしょうか。
メモリー…期のポールは、ヘザーとのゴタゴタも済み、心中では「思い残すことは何もない」といった心地だったのでしょう。しかし、今は音楽では新時代のプロデューサーとの交流、プライベートでは愛する奥様のナンシー、可愛い盛りの愛娘ベアトリスちゃんと、恐らくやりたいことが山積みではないかと思います。自分に残された時間を計り、かなり焦っているのではないでしょうか。
いくら元気なポールとはいえ、もう71歳。矢のように過ぎる時間の中で、ポールは自身の恐れを告白したのだと思います。
この自分の中の弱さを愛する人へ吐露する様はまるでジョンのようではないでしょうか。
長文失礼しました。

2014-02-06 14:03 │ from 村正URL

村正さん
コメントありがとうございます。誰も口に出して言いたくはない、周囲も口をつぐんでいる。でも終わりの時は着実に近づいている…。そんな苦しいジレンマから自己脱却を図るポールの心境が現われているのかもしれませんね。ファンもまたポールが永遠にはここにいないのだという事実を胸に「今この時」を大切にしなくてはなりません。恐怖を認め、それを表現できるポールはホントに立派です。

2014-02-07 10:20 │ from 管理人URL

凄く反感買うし失礼な質問なのですが、ソロになってからウィングスを含めてポールの「金字塔」 「万人が認める最高傑作」というアルバムはあったと思いますか?

ディープなファンもライトな音楽リスナーも皆、「個人の思い入れとは別にこの作品の完成度は認めざるをおえない」 「ポールのソロに興味があるけど何から聴けばいいか?だったら、とりあえずこれを聴かなきゃ話にならない」みたいな事が一致するような。

各時代ごとに傑作・名作はあると思うのですが、皆さんはどう感じますか?

2014-10-06 16:18 │ from kobaURL Edit

kobaさん
個人的な好き嫌いは脇に置いておくとして、私は「万人が認める最高傑作」というのはやはり『バンド・オン・ザ・ラン』だと思いますね。その次に来るアルバムはそれこそ何枚もありますが(笑)。

2014-10-07 09:24 │ from 管理人URL

kobaさんへ

管理人さんを飛び越えて失礼します。
一枚薦めるなら、"Ram"です。
何故、ウクレレでここ迄哀愁を醸す の"Ram On"を始め、お薦め曲満載です。

2014-10-15 01:11 │ from nabiURL Edit